茶道具

ブランド買取MARUKA

お問い合わせはこちら。お客様センター
0120-89-7875
お客様センターでできる事

受付時間 10時-19時

TOP 店舗一覧 事前査定 店頭買取 宅配買取 出張買取
茶道具の買取

茶道具買取について

茶道具は、茶道で使用する道具のことです。茶碗を始めとし、火を起こすための釜、柄杓、盆、水指などをすべて総称したものです。一口に茶道と言っても様々な流派があり、その流派によって使用する道具の種類も異なる場合があります。

そして、茶器は、茶道で使用する、抹茶を入れておくための容器のことです。
特に、薄茶を点でる時に使用するもののことを指すことが多いです。

当社マルカ(MARUKA)では、そんな茶器、茶道具買取を強化しております。世界でも、習慣的にお茶を飲む国は多いですが、そんなお茶を茶道という儀式でいただく国は日本しかありません。ですので茶道は日本の伝統的な文化とされているのです。また、そんな茶道で使用する茶道具はどれ一つ欠かすことが出来ないものなのです。マルカ(MARUKA)ではそれらの道具として終わらず様式美として芸術の域まで達した茶道具買取強化中ですので是非銘のあるものから練習用のセットまで茶道具買取を思い立ったらマルカ(MARUKA)へご相談ください。また重くてかさばるものですので茶道具買取は出張買取をお勧めしています、こちらも365日対応ですのでお気軽にお問い合わせください。

現代の日本では茶道の儀式をする機会が減ってきていますので、家に茶道具があるにも関わらず、使用をしていないという人も多いようです。茶道具(茶器)などの骨董品や美術品は、素人では一目で価値を知ることができず、価値が無いものだと思って大掃除やお引越しの際に捨ててしまうという話もよく聞きます。マルカ(MARUKA)では茶道具に関しお稽古道具から家元の裏書の入った作家ものまで経験と知識豊かな査定士がしっかりと鑑定し他社に負けない高額査定で茶道具買い取りをさせていただきます。

先日、マルカ(MARUKA)へ査定にお越しいただいたお客様があまりの高額な査定に驚かれていました。状態が悪くなってきて、処分しようかとも考えていたそうでした。ところが、あまりにも予想外の価格だったのか、何回か聞き直されていました。この例のように、もう使用していない茶道具が家にあるという方は、一度マルカ(MARUKA)へ茶道具買取のご相談してみてください。驚くべき価値があるかもしれません。茶道具買取はお茶碗一つから茶杓や茶筅などの本当の道具類。はてはお釜などに至るまで茶道具類の買い取りは多岐に渡ります。ご自分で処分される前に是非、ご来店お待ちしております。
もしかしたらあなたの持つ茶道具は歴史的にも美術的にも価値のある作品かもしれません。それが世に出ることなく埋もれてしまう事は日本の文化としても損失ですので是非使わなくなった茶道具類がありましたらマルカ(MARUKA)へお持ちいただき茶道具買取の相談をしてください。ただかさばったり重いので茶道具をもって街中まで出れない、という方。わざわざ家まで来てもらうのもちょとという方におすすめなのが写真を撮って送るだけのメール査定、LINE査定などの事前査定です。自分の茶道具が買取をしたとしたらいくらになるのか、名前も住所も必要なく査定が申し込めます。もちろん査定をしてもらったからといって絶対買取をしないといけないなんてことはありません。お気軽にご利用ください。

その他火入、掛け軸、鉄瓶買取など茶道具一式高価買い取り致します!

日本の茶道は、海外でもジャパニーズ・ティーセレモニー(Japanese Tea Ceremony)として注目を浴びる日本古来の代表的な無形文化です。

茶の歴史は古く、時は平安時代まで遡ります。中国の王朝が唐だったころ、日本から派遣された遣唐使によって茶の習慣と製法がもたらされました。烏龍茶に似ていた当時のお茶は、薬と同等に扱われていました。
時は過ぎて鎌倉時代。今度は複数の僧侶によって中国から抹茶がもたらされ、この頃から茶の習慣が一般に広まっていきます。
室町時代に入ると、飲んだ茶の銘柄を言い当てる「闘茶」という賭博が流行り、一方で大名たちは中国の茶器を収集しては、こぞって盛大な茶会を開きました。それに対して時の僧侶・村田珠光は、茶禅一味(禅と茶道は一体である)という観点から、もてなす側と客人の精神的な交流を重んじる、わび茶の基礎を築きます。
安土桃山時代には、茶人である武野紹鴎、その弟子・千利休によってわび茶の姿が完成されました。利休のわび茶は、時を同じくして生きる大名や武将などの武士階級にも浸透し、「利休七哲」と呼ばれる弟子を生んでいきます。さらに大名たちの中からは、わび茶を発展させた自分たちの流派を築くものも現れ、それは後に武家茶道と呼ばれるようになります。

江戸時代初期に、茶の湯はごく一部の上流階級層に親しまれていましたが、江戸時代中期に商業が栄えると、一気に町人階級へと広がります。その際、茶の湯への新たな門下生を受け入れたのが、千家系(表千家・裏千家・武者小路千家など)の流派です。大量の門下生を取りまとめるため、各流派には家元制度が導入され、その後に稽古法として花月・茶カブキ・且座(さざ)・数茶(かずちゃ)・廻り炭・一二三(いちにさん)・廻り花からなる七事式が編み出されました。

これらを背景とし、茶の湯は庶民の習い事として日本各地に広まっていくのでした。

そして来る明治時代。明治維新によって封建制度が崩れ去り、各藩より財政的な援助を受けていた茶道の各流派は、支えを失い困難に直面します。そんな最中、第十三代裏千家家元・円能斎鉄中は、茶道の復興に精を注ぎます。その努力が認められ、女子の教養科目として茶道が取り入れられることとなりました。こうして茶道は女子の基本的な教養の地位を確立し、今日までその流れは脈々と受け継がれています。

また茶道は一つの文化として落語、演劇、歌舞伎など他の日本文化でも取り上げられなにより「わびさび」の精神は絵画などその他の全ての日本文化の礎となっています。

茶の湯を行う上で欠かせないのが茶道具です。その代表格として、茶碗・茶釜・柄杓(ひしゃく)・茶筅(ちゃせん)・茶器などが挙げられます。ここではいくつかの茶道具についてご紹介致します。

茶碗…茶の湯では、四季に応じた茶碗を用いたり、もてなす人の趣向によって様々な茶碗が使用されます。

「一楽・二萩・三唐津(いちらくにはぎ さんからつ)」という言葉がありますが、これは昔から茶人に好まれてきた茶碗の格付けを表しており、京都の楽焼、山口の萩焼、佐賀の唐津焼のことを指しています。

焼きの種類だけでなく、茶碗の形状も碗型・沓形・端反など様々です。気温が低く茶が冷めやすい冬には、飲み口の形状が狭い筒茶碗。逆に暑い夏には茶が冷めやすいように平茶碗が好んで用いられます。

茶筅…材料には竹の一種である淡竹(はちく)が主に用いられ、根本側を細かく裂いて先端に丸みが付けられます。

先端の外側の穂数は16~120本と幅広く、標準的な本数は64本とされています。一般に穂数の少ないものは濃茶用、穂数の多いものは薄茶用として使用されます。
また、穂数が多いほどその製作に高い技術が求められ、格式高い茶筅として珍重されました。明治維新の前までは、80本以上が貴人用、最高の120本は時の将軍用として使用されたとか。

穂本にはからみ糸と呼ばれる糸が結ってあり、黒い糸が常用されますが、茶人の趣向や流派、または茶会の目的によって赤や白の糸を使った茶筅が用いられる場合もあります。

茶筅は茶道具の中でも非常に繊細で、一つ一つ丹精込めて作られる代物ではありますが、大切に使ったとしても数十回使用すれば穂先が折れてしまいます。そこで、茶人たちは使用できなくなった茶筅を供養するために焚き上げを行います。これは茶筅への感謝の気持ちを表すための儀式です。この風習は大正時代のころから見られるようになった、比較的新しい習わしと言われています。

風炉先屏風(ふろさきびょうぶ)…茶の湯の席で使用する二つ折りの屏風のことを指します。京間の畳に合うように作られた利休系と呼ばれる基本のものから、江戸間・中京間に合わせて作られたものなど大きさや模様などは多岐に渡ります。

茶杓(ちゃしゃく)…茶器に入った抹茶をすくい、茶碗に入れるためのものです。

かつては茶会のたびに作られ、保管する習わしがなく、余り古い時代のものは現存していません。しかしながら、豊臣秀吉に切腹を命ぜられた千利休が、最期の茶会用として自ら削り出した「泪の茶杓」は、貴重な文化遺産として今も保管されています。

マルカ(MARUKA)では骨董品、美術品、茶道具の取り扱いに定評があり、専門の査定士をおくだけでなく専門家を招いて勉強会を開催したり展示会などがあれば全員で参加するなど普段より全査定士が理解と知識を求め日々研鑽しております。

茶道具買取に関してはまさに入門用、練習用の安価な物から時代時代を代表する作の物まで様々な物が存在します。一般的な買取店、リサイクルショップへ持ち込まれますとどれもまとめておいくら、や価格がつかないと言われて破棄してしまう場合もあります。 是非茶道具の処分をご検討の際には茶道具買取専門の査定士が居るマルカ(MARUKA)へお越しください。

マルカ(MARUKA)は三代前が近江から京都へ出てきて開業したのが昭和28年、それ以来西大路七条を本拠地としながら60余年をかけ現在は京都市内に5店舗、東京銀座は晴海通りに面したマツモトキヨシ銀座5THビルに銀座本店を構え、そのビルの中とは思えない本物の御影石を使い京都の祇園をイメージした内装は話題を呼び多くのリピーターを獲得しています。2016年3月には若者の街渋谷の再開発著しい東側の宮益坂下交差点(渋谷駅各路線から1分)に渋谷店をオープンしこの渋谷店はモダンな雰囲気で京都の嵐山の竹林をイメージしているのですがジャズの流れる落ち着いた雰囲気となっています。また同様に京都の宮川町をイメージした内装で皆様をお待ちするのが福岡の繁華街、那珂川をはさんで博多の反対側にある天神地区にある福岡天神店。
こちらも買取のお客様だけでなく地元経済誌の取材が来るほど注目される店舗となっています。

またマルカ(MARUKA)では重くてかさばる茶道具買取にご利用いただける出張買取が便利です。京都のみならず大阪や兵庫、奈良、滋賀などから九州地区も長崎や大分、熊本などからも多数のご依頼をいただいております。特に東海地方ではさかのぼること信長の時代、茶の湯がもてはやされ名物が褒章代わりに贈られた事もあって旧家の蔵に眠る名物が出てくるなど「熱い地域」でもあります。もちろんマルカ(MARUKA)は京都だけであなく銀座本店でも出張買取に対応しており東京近郊全て出張可能地域ですのでお気軽にお問い合わせください。実際茶道具買取となって一式となるとなかなか人間の手だけじゃ運べないもの、是非マルカ(MARUKA)の出張買取をもうしつけいただきましたら社名の入っていないプライベートが守られた車でお邪魔し、茶道具買取だけではなくその他なんでも買取相談に乗らせていただきます。

マルカ(MARUKA)では先に紹介した銀座本店や福岡天神店だけでなく、四条通に面した大丸からもほど近い場所にある四条店では高級リゾートホテルをイメージした内装など「洗練された空間」で、専門的知識を積み豊富な実績から導かれる最新データを把握した「上質の査定士」が「最高の価格」で買取りをさせていただく「おもてなしの心で買取」を合言葉にしております。
単にお店をのぞきにくるだけでも楽しいマルカ(MARUKA)へ是非一度お越しください。

また大阪からも多数お越しいただけるお客様の為に大阪方面に関しては出張買取を強化するなど全てのお客様にマルカ(MARUKA)があってよかったと言っていただけるお店を目指しております。茶道具買取、茶器・茶碗買取をお考えなら是非信頼と実績、60余年の歴史のマルカ(MARUKA)をご検討ください。

もちろん茶道具買取といっても茶碗に釜(茶釜、風炉/ふろ)、炭十能に火起こしに風炉を囲う風炉先屏風、お湯を釜から掬う柄杓に盆、盆といっても色々あって千歳盆、花形盆、山道盆などがありお水を入れるだけでも水指、水注薬缶そしてお茶を点てるといえば茶筅が重要ですがこの茶筅も時代物であれば一つでびっくるするような買い取り価格がつく時があります。
お茶を入れておくだけでも茶巾、茶巾筒、巾筒、茶器、茶入、棗(なつめ)、薄茶器などがありまた流派によっても重宝されるものや様式が様々に存在します。
茶壷や茶筒、茶杓など特に茶杓は一見するとただの竹の棒に見えるため捨てられてしまう可能性もあります。これらも専用の入れ物に入っていてそれに有名な茶人の裏書などがあればものすごい価値がありますが、本体の茶杓だけでは何かわからない場合もあります。
過去地方の蔵の中に茶杓が無数にあり、また別にその茶杓の入れ物が多数あって専門家が長い年月をかけて鑑定をしながらひとつひとつ茶杓と入れ物を合わせていくことで家が何軒か建つほどの価値が生まれた、という話もあります。
ほかにも直接的な茶道具でなくても帛紗、古袱紗、扇子なども千家の裏書などがあると価値は跳ね上がりますし茶道具買取に関してはご自身で判断せずまずは茶道具買取のプロである私たちにお任せください。
茶道具買取のみならず美術品、芸術品、骨董品買取にも強いマルカ(MARUKA)ですから一緒に花入れや掛け軸など茶道に欠かせない美術品、工芸品もお任せいただければ最高の価格で買い取りをさせていただきます。ご連絡お待ちしております。

骨董品買取実績一覧

  • 美術品
  • 象牙
  • 絵画
  • 刀剣
  • 甲冑
  • 茶道具
  • 珊瑚
  • 掛軸
  • 翡翠
  • 中国骨董
  • 銀製骨董
  • 金製骨董

骨董品買取一覧

京都・大阪・奈良・兵庫・滋賀・和歌山に無料出張見積いたします! 0120-89-7875

※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

無料出張対応エリア

  • 関西エリア
  • 東海エリア
  • 四国エリア
  • 中国エリア
  • 九州エリア
宅配買取詳しくはコチラ
  • ブランド品買取のマルカに商品をお送りいただく時はもちろん、キャンセル時の商品のご返送時も送料は無料です!(貴金属を除く)

  • 梱包用の箱がご用意できなくても大丈夫です。ブランド品買取のマルカから無料で梱包キットをお送りさせていただきます。(貴金属を除く)

  • ブランド品買取のマルカでは、査定金額に納得がいかずにキャンセルされた場合にももちろんキャンセル料はかかりません。(貴金属を除く)

  • 宅配買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 手ぶらで店頭買取