茶道具買取、骨董品は京都の高価買取マルカ

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
茶道具 骨董品 高価買取はマルカ 茶道具 骨董品 高価買取はマルカ

マルカで茶道具の高価買取メリット

茶道具高価買取についてMARUKA'S BENEFIT

骨董品イメージ 茶碗から茶杓、茶筅、釜など茶道にまつわる道具は多数あります。MARUKA(マルカ)ではその茶道具買取を強化しており日本古来の伝統ある風習を後世に伝えるためにもご自宅で不要になっている茶道具がございましたら是非MARUKAへお持ち下さい。歴史ある質屋として古くから茶道具を取扱いしてきた当社ではあらゆる時代のあらゆる茶道具を高価買取しております。一般の買取店やリサイクルショップでは価値の判断がつきにくい茶道具買取なら是非創業65年のMARUKAへどうぞ。

骨董品イメージ 茶道具は、茶道で使用する道具のことです。茶碗を始めとし、火を起こすための釜、柄杓、盆、水指などをすべて総称したものです。また鉄瓶や金瓶など道具としてだけでなくそれ自体美術品・骨董品として価値ある物もたくさんあります。一口に茶道と言っても様々な流派があり、その流派によって使用する道具の種類も異なる場合があります。MARUKAではこの茶道具買取を強化中、一般のお稽古用といわれる安価なものから千家由来の千家十職といわれる作家物の作品や骨董的価値のあるものまで茶道具全般高価買取いたします。
そして、茶器は、茶道で使用する、抹茶を入れておくための容器のことです。
特に、薄茶を点でる時に使用するもののことを指すことが多いです。
当社MARUKAでは、そんな茶器、茶道具買取を強化しております。世界でも、習慣的にお茶を飲む国は多いですが、そんなお茶を茶道という儀式でいただく国は日本しかありません。ですので茶道は日本の伝統的な文化とされているのです。また、そんな茶道で使用する茶道具はどれ一つ欠かすことが出来ないものなのです。MARUKAではそれらの道具として終わらず様式美として美術品として芸術の域まで達した茶道具買取強化中ですので是非銘のあるものから練習用のセットまで茶道具買取を思い立ったらMARUKAへご相談ください。また重くてかさばるものですので茶道具買取は出張買取をお勧めしています、こちらも365日対応ですのでお気軽にお客様センター(0120-89-7875)へお問い合わせください。
現代の日本では茶道の儀式をする機会が減ってきていますので、家に茶道具があるにも関わらず、使用をしていないという人も多いようです。茶道具(茶器)などの骨董品や美術品は、素人では一目で価値を知ることができず、価値が無いものだと思って大掃除やお引越しの際に捨ててしまうという話もよく聞きます。MARUKAでは茶道具に関しお稽古道具から家元の裏書の入った作家ものまで経験と知識豊かな査定士がしっかりと鑑定し他社に負けない高額査定で茶道具買い取りをさせていただきます。
先日、MARUKAへ査定にお越しいただいたお客様があまりの高額な査定に驚かれていました。状態が悪くなってきて、処分しようかとも考えていたそうでした。ところが、あまりにも予想外の価格だったのか、何回か聞き直されていました。この例のように、もう使用していない茶道具が家にあるという方は、一度MARUKAへ茶道具買取のご相談してみてください。驚くべき価値があるかもしれません。茶道具買取はお茶碗一つから茶杓や茶筅などの本当の道具類。はてはお釜や鉄瓶・金瓶などに至るまで茶道具類の買い取りは多岐に渡ります。ご自分で処分される前に是非、ご来店お待ちしております。
もしかしたらあなたの持つ茶道具は歴史的にも美術的にも価値のある作品かもしれません。それが世に出ることなく埋もれてしまう事は日本の文化としても損失ですので是非使わなくなった茶道具類がありましたらMARUKA(マルカ)へお持ちいただき茶道具買取の相談をしてください。ただかさばったり重いので茶道具をもって街中まで出れない、という方は是非経費やキャンセル料などすべて無料の出張買取をご利用ください。わざわざ家まで来てもらうのもちょとという方におすすめなのが写真を撮って送るだけのメール査定、LINE査定などの事前査定です。自分の茶道具が買取をしたとしたらいくらになるのか、名前も住所も必要なく査定が申し込めます。もちろん査定をしてもらったからといって絶対買取をしないといけないなんてことはありません。費用・キャンセル料等すべて無料お気軽にお客様センター(0120-89-7875)へご連絡いただきご利用ください。

茶道具買取アイテム例

その他、火入、掛け軸、鉄瓶・金瓶買取など茶道具一式高価買い取り致します!

  • 茶碗 茶碗
  • 急須 急須
  • 棗
  • 花瓶 花瓶
  • 香炉 香炉
  • 茶入 茶入
  • 茶釜 茶釜
  • 茶杓 茶杓
  • 水指 水指
  • 五徳 五徳

骨董品・美術品の買取アイテム一覧BRAND LIST

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKA(マルカ)にお気軽にご相談ください!

茶道具高価買取ならマルカMARUKA’S BENEFIT

  • 豊富な経験と知識に裏打ちされた、
    プロによる正確な鑑定。

    鑑定イメージ
  • 直接お客様には販売しません。
    売り先は世界で一番高く売れる地域へ。

    地図
  • 1円でも高く売るために。
    専門部署による自社メンテナンス。

    店内イメージ

茶道具の高価買取は出張査定がおすすめですSYUCCHOU SATEI

出張査定

出張査定にお伺いいたします。
査定後にお売りいただくかお決めください。

出張お見積りならお品物を持ち出さなくても大丈夫です!ご自宅までお伺いして査定します。

  • 商品点数が多くてもOK!
  • 破損の心配なし
  • 出張費・手数料・キャンセル料など無料

全国無料
出張

全て
無料

出張見積の流れ

  1. 01

    訪問日を
    決定します。

    お電話にてお申込み

  2. 02

    指定訪問先に
    お伺いします。

    ご訪問

  3. 03

    お品物を
    査定いたします。

    査定

  4. 04

    お見積書を
    お渡しします。

    お見積のお渡し

無料出張対応エリア

※現在お問い合わせに関しましてはお客様センターで一括受付しております。

こんな方は是非マルカへRECOMMEND

茶道具の価値を知りたいと思っている方

  • 倉庫から茶道具が出てきたが、価値が分からないので一度見てほしい
  • 遺品の整理で出てきた茶道具の価値を知りたい
  • 高そうな茶道具だけど本物かどうか分からない

本当の価値に気付かないのはもったいない! 経験豊富な査定士がその価値をお伝えいたします

茶道具は、定価などの決められた価格がないお品物になりますので「美術的・ 歴史的な価値」での査定になります。もしお手元にそういった物があって価値がわから ない場合はまずはなによりご連絡を下さい。万が一無価値なものだとわかったらそこか ら処分すればいいだけで茶道具としての価値があれば何万円、何十万円になる 可能性もあります。

20倍の価値差!

価値のある茶道具なので、
高価買取して欲しいと思っている方

  • 有名作家の品なので、その価値をしっかりと査定してほしい
  • 他でも査定してもらったが、信用できないので本当の価値を知りたい

マルカの査定士は実績多数で
経験値が違います!
お調べしたお品物の歴史もお伝えし、
ご説明させていただきます

茶道具を買取りしているところは、リサイクルショップや質屋や道具屋などた くさん存在しますが実際の美術品としての価値を見いだせる査定士はあまりい ません。それは美術品買取をする為の鑑定眼は簡単には身につかず、知識だけ じゃなくどれだけたくさんの美術品を見てきたかによります。 京都で昭和28年創業、買取実績の多いMARUKA(マルカ)なら安心です。

あなたの大切な家宝をしっかりと査定します。

茶道具についてのコラム一覧COLUMN

茶道の歴史

日本の茶道は、海外でもジャパニーズ・ティーセレモニー(Japanese Tea Ceremony)として注目を浴びる日本古来の代表的な無形文化です。
茶の歴史は古く、時は平安時代まで遡ります。中国の王朝が唐だったころ、日本から派遣された遣唐使によって茶の習慣と製法がもたらされました。烏龍茶に似ていた当時のお茶は、薬と同等に扱われていました。
時は過ぎて鎌倉時代。今度は複数の僧侶によって中国から抹茶がもたらされ、この頃から茶の習慣が一般に広まっていきます。
室町時代に入ると、飲んだ茶の銘柄を言い当てる「闘茶」という賭博が流行り、一方で大名たちは中国の茶器を収集しては、こぞって盛大な茶会を開きました。それに対して時の僧侶・村田珠光は、茶禅一味(禅と茶道は一体である)という観点から、もてなす側と客人の精神的な交流を重んじる、わび茶の基礎を築きます。
安土桃山時代には、茶人である武野紹鴎、その弟子・千利休によってわび茶の姿が完成されました。利休のわび茶は、時を同じくして生きる大名や武将などの武士階級にも浸透し、「利休七哲」と呼ばれる弟子を生んでいきます。さらに大名たちの中からは、わび茶を発展させた自分たちの流派を築くものも現れ、それは後に武家茶道と呼ばれるようになります。
江戸時代初期に、茶の湯はごく一部の上流階級層に親しまれていましたが、江戸時代中期に商業が栄えると、一気に町人階級へと広がります。その際、茶の湯への新たな門下生を受け入れたのが、千家系(表千家・裏千家・武者小路千家など)の流派です。大量の門下生を取りまとめるため、各流派には家元制度が導入され、その後に稽古法として花月・茶カブキ・且座(さざ)・数茶(かずちゃ)・廻り炭・一二三(いちにさん)・廻り花からなる七事式が編み出されました。

これらを背景とし、茶の湯は庶民の習い事として日本各地に広まっていくのでした。
そして来る明治時代。明治維新によって封建制度が崩れ去り、各藩より財政的な援助を受けていた茶道の各流派は、支えを失い困難に直面します。そんな最中、第十三代裏千家家元・円能斎鉄中は、茶道の復興に精を注ぎます。その努力が認められ、女子の教養科目として茶道が取り入れられることとなりました。こうして茶道は女子の基本的な教養の地位を確立し、今日までその流れは脈々と受け継がれています。
また茶道は一つの文化として落語、演劇、歌舞伎など他の日本文化でも取り上げられなにより「わびさび」の精神は絵画などその他の全ての日本文化の礎となっています。

茶道のいろは
茶道の歴史
茶道具買取のプロにお任せください
茶道具以外もお任せください
MARUKAの強み
MARUKAについて
出張買取がおすすめです

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる