珊瑚

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » 骨董品買取» 珊瑚
珊瑚の買取
LINE@で査定

珊瑚買取

珊瑚買取について

当社MARUKAでは、珊瑚(サンゴ)の買取にも高価な提示が期待できます。価値をご存じいただく為に、少しご紹介いたします。伊豆諸島や小笠原諸島の海に潜ると、綺麗な珊瑚礁(サンゴショウ)を見かけることができます。珊瑚(サンゴ)は仏教における「七宝」の1つであるともいわれるほど美しいもので、鉱石のように見えますが、実は動物なのです。珊瑚(サンゴ)とは、クラゲやイソギンチャクと同じ刺胞動物門に属するサンゴ虫が、自分の身体を守るために作った、硬い殻なのです。装飾品に使われている珊瑚(サンゴ)は、いわば骨のアクセサリーといったところでしょうか。骨の、というとあまりよいイメージが湧かないかもしれませんが、しかしよく知られているように珊瑚(サンゴ)は加工するととても美しく輝きます。特に日本や中国など、アジア圏では真っ赤な色合いをした「紅珊瑚」を用いたアクセサリーが大人気です。もとが動物の殻であったとはとても思えないくらい艶があり、非常に魅力的です。MARUKAでは珊瑚(サンゴ)の買取需要が高いので、金額もかなり上向きです。品質の高い選りすぐりのものは特に高額がつきやすいですよ。もう使わないという珊瑚(サンゴ)をお持ちなら、MARUKAへ持ち込んでみてください。びっくりいたしますよ。是非、お近くのMARUKAへ。店舗はこちらから確認ください。http://www.7-7maruka.com/counter/

珊瑚について

珊瑚(サンゴ)と呼ばれるものには実際は宝石サンゴ、石サンゴ、軟質サンゴ、ヒドロサンゴなどの種類があるが、宝石として取り扱われるのはもちろん宝石サンゴと呼ばれるものだけである。

これは花虫綱八方サンゴ亜綱ヤギ目サンゴ科に属するいわゆる珊瑚虫で動物です。珊瑚が動物であると認定されたのは1700年代で石灰質で硬い攻殻を作り種別により色々な形状に成長するが、そのままの姿で希少性のあるのは枝状に伸びたものである。
サンゴの成長は、原木の周囲を漂っている珊瑚虫が、一定の大きさまで成長すると原木本体に吸着される事によって成長していきます。
まったくの偶然ではありますが珊瑚虫の中でも、感覚機能を持ったもの、平衡機能を持ったもの、外敵に対して保護機能を持ったもの、磨耗に対する保護機能を持ったものというようにそれぞれ役割を持ったものがランダムに一つの原木を成長させるのでまったく同じ形状、色、形、大きさをしたものはなくそれぞれが特徴的な枝ぶりを見せるのです。
またそれら珊瑚虫の性質だけでなく、潮の流れが枝ぶりに大きく影響します。潮の流れが速いほど、非常に美しい枝を作る為海底深くの潮の流れが速いところで成長したものが珍重されます。
尚、動物であるので寿命があり、寿命が尽きたサンゴはそのまま海中にいると朽ち果てて砂に帰ってしまいます。

それらの珊瑚の中でも貴重とされるのは「血赤」と呼ばれる真っ赤なサンゴで、むらや色の薄い部分がなく、また平べったいよりは球状でどこからみても変色がないものが最高とされる。もちろん同じ球状であれば直径が大きければ大きいほどよいとされ、また球状でもより色むらや傷が少ないものほど貴重で、指輪等に加工されるにしてもその装飾の仕方はより全体が見渡せる形にセットされその希少性を誇示する形となっている。

サンゴは水の汚れや海水温上昇にも弱く、年々減っていくいっぽうである。また過去人間による乱獲やオニヒトデによる食害などもサンゴ絶滅の危機に拍車をかけている。

宝石としてのサンゴは日本では3月の誕生石とされ、また結婚35周年を珊瑚婚ともいう。
人気としては中国や日本のみと考えられがちであるがヨーロッパでも需要は高く、ギリシャ神話によると珊瑚とは英雄ペルセウスが怪物メドゥーサの首を掻き切った時に溢れた血からペガサスが産まれ、地中海に滴り落ちた血の雫が珊瑚になったとされている。
歴史的にサンゴが世に現れたのは紀元前2万年頃まで遡るとされます。ギリシャ・ローマ時代には色々な装飾品が作られ、また壁画や花瓶の装飾に使われた様子が残っています。

古来ではそのヨーロッパでの人気は非常に高く、日本へは奈良時代以後、イタリア産でシルクロードを経てやってきた珊瑚を珍重していたが、土佐沖でサンゴが採れるということが発見されてからはイタリアなどの宝石商人がこぞってそれらを求めイタリアのみならずヨーロッパ全土へと送っていた。

前述の「血赤珊瑚」のは特に中国、台湾、日本で人気が高くアメリカではもう少しピンクがかった色が重宝される、それらは「エンジェルピンク」と呼ばれるが日本では「ボケ」と呼ばれており価値が低いものとされている。
ただこの本ボケサンゴの種類は、厳密に言うと桃色サンゴに入ります。原木全体が、ほのかなピンク色をしており、加工すると非常に優しい色合と光沢が出てきます。
現在では採取量も無く、幻のサンゴとなっています。
このサンゴに類似した「マガイ」と呼ばれる種類がありますが、本ボケサンゴと見間違う事からマガイと名付けられています、偽物という意味ではありません。

日本でこの赤珊瑚が取れるのは高知県沖で海底約300mもの深さにあるものが良いとされてます。乱獲とその採取の難しさから数は年々減り続け、またそこまで成長するに長い時間を要する珊瑚は絶滅が心配される種となっております。

MARUKAでは血赤珊瑚のみならず、色々な装飾に使われている珊瑚の価値を正確に査定します。指輪やネックレスだけではなく「和」の装いにあうサンゴは帯留めやかんざしなどにも使用されることが多く、また赤白のコントラストが美しいため、象牙の彫刻品を装飾するために使用されることも多いです。
ご家庭に使われずに眠っている珊瑚の製品があれば是非MARUKAへおもちください。宝石としてなのか、骨董品としてなのかあらゆる可能性をさぐりつつ限界まで高額査定で買取をさせていただきます。

リアルタイム買取実績速報

みんなは今、MARUKAに何を売りに来てるの?

※中古買取相場は参考価格になります。買取金額を保証するものではございません。

骨董品買取実績一覧

  • 美術品
  • 象牙
  • 絵画
  • 刀剣
  • 甲冑
  • 茶道具
  • 珊瑚
  • 掛軸
  • 翡翠
  • 中国骨董
  • 銀製骨董
  • 金製骨董

骨董品についてのコラム一覧

LINE@で査定

京都・大阪・奈良・兵庫・滋賀・和歌山に無料出張見積いたします! 0120-89-7875

※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

無料出張対応エリア

  • 関西エリア
  • 東海エリア
  • 四国エリア
  • 中国エリア
  • 九州エリア
金プラチナ買取価格

2017/11

22

(WED)


10:00更新

オススメ!事前査定

LINE@で査定

その他の事前査定方法

メール査定 求人情報

読むとちょっと得をする
ためになる

査定士ブログ

もっと見る>>>
エルメス物語 MARUKAお役立ちコラム 生前整理もマルカにお任せ 楽器やドラゴンゲート選手の私物オークション開催中!

その他コンテンツ

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ

おすすめ動画

マルカCMソング

マルカCMソング

運営