松田 権六(まつだ ごんろく)買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー

松田 権六(まつだ ごんろく)

MARUKA(マルカ)は松田 権六(まつだ ごんろく)の買取にこだわります。

松田 権六(まつだ ごんろく)

松田権六は石川県金沢市出身の蒔絵師です。
昭和30年に蒔絵で重要無形文化財(人間国宝)に認定されています。
国内だけではなく世界的に有名な松田権六はうるしの鬼とも呼ばれています。
その作品は、加賀の伝統的な蒔絵を中心に室町時代や桃山時代の古典である学問や芸術について知識が広かった為、伝統的な日本画の技術を習得したデッサンで、世界最高峰の蒔絵師にまでのぼり日本の漆芸に大きく貢献した事で知られています。
また中尊寺金色堂、日光東照宮、正倉院宝物、朝鮮遺跡で出土した漆器などの文化財の調査に修繕や宮内庁関連の作品の制作や修繕を行なったり、また国際的な贈呈品の制作や豪華船の室内装飾なども手掛けており、日本の漆工芸では非常大事な仕事をされた事でも有名です。
松田権六は明治29年に金沢市で生まれます。生家は農家を営んでおりましたが、兄や従兄弟が蒔絵師をしていた影響もあり、幼き頃から蒔絵師の道を歩んでいきます。
兄は仏壇職人であった事から漆芸の基礎などを学びます。
そして大正4年に東京美術学校に入学します。
東京美術学校では日本画を寺崎広業と小堀靹音に学び、彫刻をあの高村光雲から図案を渡辺香涯や島田佳矣などから油絵を岡田三郎助などから学んでおりその技術を磨いていきました。
その結果、卒業制作した草花鳥獣紋手箱が満点という優秀な作品を制作しております。
東京美術学校漆工科卒業後は戦時中でも有り陸軍に入隊します。
除隊後は六角紫水教授の推薦でパイロットコーポレーション(前株式会社並木製作所)に入社することになります。
万年筆や喫煙具関係などの漆工加飾品を手掛けるなど漆芸を広げていきました。
その後、ヨーロッパに行った際は、パイプの有名メーカーとして名を轟かせていたダンヒルで蒔絵装飾の指導を行っています。
パイロットコーポレーション(前並木製作所)を退社後は東京美術学校助教授に就任して後世の指導をしながらも、自身の制作活動を続けていきます。
そして 社団法人日本工芸会を設立して、蒔絵を通して多くの芸術界に尽力をします。
昭和61年に心不全で亡くなりますが、数多くの名誉だけでなく、常に自らの芸術を追求しつづけた松田権六は、これからも多くの蒔絵師の手本となり残りつづけて行く事と思われます。
松田権六の作品買取はマルカにお任せ下さい。マルカ(MARUKA)は京都で昭和28年から続く質屋が母体となっていますので美術品・骨董品買取に強く、また広い販路を持っていますのでどんな骨董品でも、日本刀でも甲冑でも茶道具や絵画・掛け軸などでも高価買取いたします。さらには楽器やお酒、毛皮に着物など最近のブランドショップでは扱わない物もお任せください。今や京都の5店舗だけでなく東京の銀座(銀座5丁目マツモトキヨシGINZA5THビル)渋谷(宮益坂下交差点)大阪心斎橋(御堂筋×長堀通交差点そば)神戸三宮(三宮センター街を抜け京町筋商店街入り口)福岡天神(国体道路×天神西通り、アップルストアそば)と全国の店頭でも出張買取でも骨董品・美術品高価買取しています。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる