ブランドアパレル高価買取|京都のマルカ

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ブランドアパレル買取

ブランドアパレル

ブランドアパレル買取ナンバーワン宣言

ブランドアパレル
高価買取専門店MARUKA(マルカ)

ブランドアパレル買取ならMARUKA(マルカ)にお任せ。せっかくのブランドアパレルをそのへんの古着屋やリサイクルショップで処分していませんか?こだわりのブランドを理解してもらえず悔しい思いをしてませんか?ブランドアパレル買取ならブランド品取り扱いの経験豊富なMARUKA(マルカ)にお任せください。MARUKA(マルカ)では有名アパレルブランドからマイナーながら今後日本で流行りそうなヨーロッパやアメリカブランドまでしっかりと査定して高価買取させていただきます。アパレルブランド買取は時代の最先端の情報を集めるMARUKA(マルカ)へお任せください。

LINE@で査定

MARUKA(マルカ)はブランドアパレル買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取実績速報

MARUKA(マルカ)で買取ご成約いただいた例をリアルタイムでご紹介いたします。

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

ジャンク品でも査定

できるだけ高く買ってもらうコツ

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    デザインが新しく1年以内のもの

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    品質タグがついているもの

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    シミ・ほつれ・破けていないもの

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    お家で眠っているブランド品は一日一日査定金額は下がっています。一日でも早い方が高額買取に繋がります。

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    サイズが標準的であるもの

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    お手入れが難しい部分は無理にご自身で手入れをせずにお持ち頂くかお送り下さい。商品のコンディションで査定額が左右されます。

買取サービスをご利用になったお客様の声

MARUKA(マルカ)は買取1位宣言!
たくさんのお喜びの声を頂いております。

  • 1.楽器の買取
    東京都
    40代/男性
    MARUKAのホームページを見て、楽器の買取もお願いしたいのですが、店舗が京都となってます。MARUKA銀座店が一番近いのですがそこでも買取はできますか?エレキギターやベース、エフェクターなどの売却を考えてます。

    (東京都/40代/男性)

    こんにちは、マルカ銀座店の塚田です。 銀座店でも楽器の買取は可能です!楽器店は京都に御座いますが、買取はどこの店舗でも大歓迎です。マルカ(MARUKA)は楽器買取も高いので是非お持ちくださいませ。塚田 哲也

  • 2.管楽器を出張買取お願いしたら、連絡してすぐに来てくれた。
    大阪府
    30代/男性
    管楽器を売りたくて高く買い取ってくれる業者を探していたらMARUKA楽器さんを見つけたので、利用しました。当方、大阪在住だったので京都まではいけないとお話したら「出張買取で良ければ即日行けます」という事ですぐにご対応いただきました。 スタッフの方も大変丁寧で好印象です。 3本くらい売ったのですが、点数があるので少しサービスもしてくれました(笑) この業者さんはとてもオススメです!

    (大阪府/30代/男性)

    この度はマルカ楽器の楽器買取をご利用頂きまして誠にありがとうございます。 当店は楽器買取に特に力を入れている中古楽器専門店ですので、関西圏の大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀、兵庫などは予定が問題なければ即日からでも出張買取に伺わせて頂いております。 スピード査定、スピード買取も自信がございます。 今回はお客様にもお喜び頂けましたようで、何よりでございます。 また次回もまた何か管楽器買取のご用命がございましたらいつでもLINEのかんたん査定をご利用くださいませ。 西村 弘樹

  • 3.以前こちらで買わせてもらったものを下取りしてもらいました。
    京都府
    26代/男性
    以前、店頭に置いてあったFenderのジャズベースを購入させて頂きましたものです。 二年前くらいに買わせて頂いたものだったんですが、大切に使わせて頂いておりました。 この前、新しいベースに買い替えるので買取してもらったんですけれど、とてもいいお値段がついたのですごく満足しました!他の所よりも全然高かったので、また何か売る時はMARUKA楽器さんに持って行きます!ありがとうございました!

    (京都府/26代/男性)

    この度はMARUKA楽器の楽器買取をご利用頂きまして誠にありがとうございます。 また、以前当店より楽器をご購入いただきましたことも、重ねてありがとうございます。 今回は特に人気の高いFender(フェンダー)のベースであったということも高価買取の秘訣でございます。 やはり人気の高いFender(フェンダー)、Gibson(ギブソン)製の楽器は、中古市場の需要も非常に多くあります為、特に高価買取させて頂くことが出来るのです。 もちろんお客様が大切にご使用いただけました為、状態が非常によかったというのももちろんございます。 やはり綺麗な状態の方が確実に高く買取させて頂くことが出来ます。 またいつでも楽器買取の際にはお気軽にお申し付けくださいませ。 出張買取や宅配買取でもご利用頂くことが出来ますので、併せてご相談くださいませ。西村 弘樹

アパレル ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
LINE@で査定

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在13店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

洋服の買取について

京都MARUKA(マルカ)ではアパレル(洋服、靴)の買取を強化しております。特にブランド物のアパレルについては元来ブランド品の買取、販売の実績、ノウハウのあるMARUKA(マルカ)では多様な販売チャンネルを持つからこそ出来る高価買取。 京都に5店舗、そして東京銀座に銀座本店を構え宝石、貴金属のみならず時計やブランドバッグ、小物と同様洋服の買取も全国有数の高額買取でお待ちしております。

ファッションの歴史

「オートクチュール」という言葉を耳にしたことはありますか?さまざまな定義がなされてはいますが、パリの高級注文服業界でつくられる服のことをそう呼ぶのが一般的です。最初のオートクチュールデザイナーは、19世紀後半に活躍したデザイナー、イギリス人のシャルル・フレデリック・ウォルトと言われています。これ以前のファッション業界の仕組みは、すべてが分業されていました。注文者が自分で生地や装飾品を集め、それを仕立て屋に持っていき、注文者の体に合わせて仕立て屋がデザインし、さらに縫制はまた別の担当者が行うというその仕組みを非効率だとウォルトは考えていました。 そこで彼は、新しいシステムを生み出します。それこそがオートクチュール。複数の服のサンプルをデザイナーが用意し、モデルに着せます。顧客はそれを見て選択し、自身のサイズに合わせて作る。この生産システムは、それまでのものより効率的でした。これ以降デザイナーの立場は、テキスタイルの選定、デザイン、そして仕上がりの見直しまで、一貫して管理する立場となったのでした。 このシステムにより、服が顧客に届くまでの時間が短縮。より多くの顧客に、服を届けることができるようになったのです。20世紀に入ると、それまでシルエットを支配していたコルセットを外し、20年代には既製服化への動きがはじまります。また、今でいうS,M,Lといった体系のカテゴライズも進みました。このようにファッションは、時代とともに移り変わってきました。

年代別ファッション

●1920~30年代

前述した既製服化の理由には、ファッションのシンプル化がありました。女性が社会進出するようになり、服に求められるものが動きやすさなど機能的な特徴になっていきました。パリでは知的や行動的など、「洗練されたモダンガール」を指すギャルソンヌ・ルックというスタイルが流行。また、モタニズムと呼ばれる芸術活動によって、装飾を排除し造形面でもシンプル化が進みました。

●1940年代

30年代後半から、アメリカンスタイルが誕生しはじめます。それ以前まではパリの影響が強かったアメリカが、徐々に自国のファッションやアメリカのスタイルを意識していきます。またこのようなスタイルの普及には、ハリウッド映画の影響もありました。 多くのファッションデザイナーがアメリカンスタイルを打ち出していくなか、最も活躍していたのがクレア・マッカーデルです。彼女の提案していたスタイルは、シンプルで性能性の高いファッション。スポーツウェア(カジュアルウェア)をベースにしていました。ヴィオネの影響を受け、着心地の良いデザインを追求していきます。マッカーデルは衣服の上下が分かれているセパレーツや、キッチンディナードレスという料理ができて来客にも対応できる服などを発表。男性用の素材や労働服にインスピレーションを受けているところや、装飾よりも機能性を重視しているところなど、彼女とシャネル(CHANEL)には共通点が多くあります。マッカーデルにはフランス留学の経験があるため、少なからずシャネルの影響を受けているとみられます。ただ決定的な相違点としては、シャネルはオートクチュールであり、マッカーデルは既製服を意識して幅広い層にファッションを発信していたこと。これはアメリカがファッションにおけるパリの影響下から抜け出したことを表しているかもしれません。 1947年、クリスチャン・ディオール(C.Dior)が発表した「ニュールック」という新しいスタイルは、世界的にセンセーションを起こし、「平和のシンボル」ともいわれました。

●1950年代

クリスチャン・ディオール(Dior)が引き続き中心に動き、毎年のように新しいシルエットが打ち出されていました。しかし1957年、ディオールが52歳という若さで亡くなり、シルエット時代の終焉を予感させました。 50年代は世界中にロックが知れ渡り、ビートニクスと呼ばれるスタイルがともに広がりました。エルヴィス・プレスリーの登場もこの頃です。

●1960年代

この時代では、ストリートファッションが登場し、若者が変化を生み出していました。ミニスカートやモッズ、ヒッピーファッションなど、若者自身がファッションによりアイデンティティを示し出したのです。 60年代後半にはイヴ・サンローランがパンツスタイルを積極的に提案。その根底には、女性は従来のようなスタイルで、女性らしく振舞わなくてもよいのではないかという発想がありました。

●1970年代

70年代からはトレンドが大きく変化。デザイナーは思い思いのコレクションを発表し、個人も自由に好きなものを着る。ファッションは多様化していきました。その代名詞ともいえるのが「パンク・ファッション」です。ロンドンのパンク・ロックの誕生とともに生まれ、労働者階級を中心に受け入れられました。 77年にカルバン・クライン(Calvin Klein)がデザイナーとしてジーンズを取り上げ、大ヒット。その火付け役となったのが、ブルック・シールズの「カルバンのジーンズと私の肌の間には何も入れない」というキャッチコピーでした。

●1980年代

ミニスカートが復活し、ボディコンやレイヤードが提案されます。70年代での多様化をきっかけに、従来のほぼ同じ方角を向いたファッションはなくなっていました。 この時代ではミラノニューヨークのファッションが成長。ジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)、ジャンフランコフェレ、ヴェルサーチ(VERSACE)などが活躍します。アルマーニはメンズウェアにレディースウェアの柔らかさを取り入れたり、逆にメンズウェアの機能性をレディースウェアに取り入れたりと、応用力をきかせて支持を集めました。

●1990年代

90年代大きく成長したのが、LVMHのルイヴィトン(Louis Vuitton)、その他グッチ(GUCCI)、プラダ(PRADA)、シャネル(CHANEL)、アルマーニ(ARMANI)。マスマーケットではトミーヒルフィガーやH&M、ZARA,ユニクロ等です。またナイキ、アディダス、プーマなどスポーツウェアも成長。このあたりは聞きなれたブランドが多いですね。 90年代は、80年代の特徴であった派手な装飾がシンプルなデザインへと変化していきます。またファッション産業のグローバル化が進展した時代でもありました。 さてあなたはどんなファッションスタイルがお好みですか? 時代の流行の最先端を行くスタイル?ひたすら自分の好みでまとめるスタイル? どんな時でもその役目を終えた洋服はどうなさってますか?誰かにあげる、古着屋に売る、捨てちゃう。そんな選択肢のなかに「MARUKA(マルカ)に売る」という事も追加してください。流行りの物なら「着ない」と決めたらなるべく早くお持ちいただけた方がいいでしょう。洋服は直接身に着けるのでまめにお洗濯することもお忘れなく。

今服で一番熱い買取商品はなんでしょうか?

MARUKA(マルカ)で一番お持ち込みいただくのはここ数年ではやはり「モンクレール(Moncler)」です。定番のデザインから最新のモデルまで数多くのモンクレールのダウンジャケットが持ち込まれ、また高額買取させていただいております。 季節的にいつ売るのがいいの?となると冬のシーズンが終わった後から秋にかけてでしょうか。でも実際はみなさんいつが多いと思います?実は冬のシーズンが始まってからお持ちいただく方が非常に多いです。 恐らくシーズンがはじまって衣替えをしたときに「うーん、やっぱり着ないな」と思ってもっていただくそうです。でもどうせ着ないならお早目に、年を越す頃にはその時買取っても販売できる頃にはもうシーズンが終わりかけ、そうなるとせっかくの最新作も「型遅れ」になってしまいます。特に流行に左右されるデザインや色の物は「着ない」と決めたらお早目にお持ちください。 元々洋服や靴(や指輪等)などサイズのあるものはお値段が付きにくいのが多いです。また時代によってはっきりと「それ」とわかるほど流行してしまったものは逆に現代では「ああ、あの時の・・・」と言われてしまうので高い評価は望めません。しかし今日本では人気がなくてもヨーロッパで、またはアジアで、もしかしたら南米で人気があるかもしれません。MARUKA(マルカ)の販路は国内にとどまらずグローバルに全世界の今のトレンドを捕え皆様方が愛用した商品を1円でも高く買い取る努力をしています。
LINE@で査定

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875