迷ったらまずはお気軽にお電話下さい

0120-89-7875

お客様センター受付時間

10:00-19:00(年末年始を除く)

カルティエ Cartier買取

買取アイテム別 特集

カルティエ

その美しいデザインによるアクセサリー、ジュエリーからボルドーが目に鮮やかなバッグや財布などの革製品。今では一つのメーカーとして確固たる地位を築いている時計までカルティエ高価買取なら是非MARUKA(マルカ)へ。高価なジュエリーでも時計でも、長年愛用してきたバッグでもMARUKAなら全てを高価買取します。店頭買取はもちろん出張買取や今人気の宅配買取でもあなたのカルティエを高く売るならMARUKAへどうぞ。日本全国無料の宅配買取ならもはや買取に地域格差なし、いつでもお待ちしております。

カルティエ
今月のニュース

NEWS of Cartier
update 20220629

  • 3月にもカルティエ×阿部千登勢の記事をお届けしましたが今回もsacaiのデザイナー阿部千登勢とのコラボによるカルティエの代表的モチーフ「トリニティ」を新解釈した限定ジュエリーが7月に販売となります。
    トリニティは言わずとしれたカルティエの代表モチーフでイエロー、ピンク、ホワイトのゴールドを別々のリングながら繋ぐことで自由に表現しているのですが阿部千登勢はこれを楕円の輪としてリングの場合は複数本の指でブレスもネックレスも素材は同じながら絶妙なカットで新しい世界観を表現しています。
    またイヤリングはつけ方も4種類で楽しめる遊び心溢れるデザイン。もうひとつのイヤリングはなんとリングとしても使用できるとまさにトリニティの新解釈といえるデザインとなっています。
    是非興味のある方はカルティエブティックへ、また7月7日から25日まで表参道に登場する限定ストアは建築家 藤本壮介が担当、表には3400枚のカルティエレッドのマグネットが配されてそれを一人一枚持って帰ることで壁面に何かが現れる、という遊び心もあります。

    ブランド買取MARUKAではカルティエのジュエリーはもちろんバッグなどの革製品、そして大人気の時計買取をおこなっております。是非LINE査定でも電話問合せでもお気軽にお尋ねください。MARUKAの場合は双方とも直接査定士との対話が可能。だから納得してお値段を聞き、安心できると大好評です。 (MARUKA/業務統括部長 三木聡)

  • NEWS of Cartier
  • MARUKAでは1953年(昭和28年)創業間もない頃からカルティエ買取の実績がございます。

    カルティエはフランスの高級宝飾ブランドですが、長きに渡り日本でもファンが多いです。ビスのデザインで「愛を封じ込める」といった感情を表現した「LOVE」。イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドと3種のゴールド素材が組み合わさった「トリニティ」。フランス語で「一本の釘」という意味の「ジュストアンクル」。「豹」をモチーフとした「パンテール」など他にも人気の様々なアクセサリーがラインナップされています。
    カルティエは時計も非常に人気が高く、戦車から着想を得た「タンク」、丸型のケースが印象的な「パシャ」、艶やかなシルエットが美しい「パンテール」、パイロットウォッチとして制作された「サントス」、「青い風船」という意味を持つ「バロンブルー」、「バスタブ」から着想を得た「ベニュワール」など他にも様々なモデルが展開され、近年では人気ながらも廃盤になったパンテールやパシャなどがブラッシュアップされ復活を遂げ脚光を浴びています。
    また、廃盤になったモデルが新たに生まれ変わりリリースされた事で、廃盤になった同モチーフのモデルの買取相場も上昇しておりますので高く売るチャンスかと思います。
    MARUKA(マルカ)ではカルティエのアクセサリー、時計、バッグなど高価買取しております。
    特に、ラブブレスレット、ジュストアンクルブレスレットなどはリセールバリュー率が高く高額査定が期待できます。
    カルティエ売却のご相談も、カルティエ高価買取のMARUKA(マルカ)にお任せ下さいませ。

    MARUKA査定士 松崎

  •  
 

高価買取ランキングRANKING

自信の高価買取実績。他社とお比べください。

買取ランキング 買取ランキング

カルティエ
今月の激アツコラム

  • パンテール ドゥ カルティエ

    カルティエの永遠のアイコンである、【豹】をモチーフに作られたモデルがパンテール ドゥ カルティエです。
    1983年に誕生し、タンクフランセーズと並んで人気があるモデルです。気品のあるデザイン、磨きぬかれた鏡面が表現する艶、しっとりと腕に馴染むブレスレットが、気高き【豹】を表現しております。
    サイズ展開は、ミニパンテール、パンテールSM、パンテールMMとあり、女性らしい表現をあらわすのはミニパンテール。ジュエリーウォッチらしいダイヤを装着したデザインが多い印象を受けます。ミニよりも一回り大きいサイズがパンテールSM、華やかさがあり一番ベーシックなデザインでバランスが良いです。MMサイズは視認性が高く、また薄さが6mmとなっておりビジネスシーンで活躍するモデルです。
    2008年に一度生産終了となりましたが、熱狂的なファンが非常に多く2017年に新モデルとして復活を果たします。新旧ではさほど大きな変化は無いですが、新モデルは全てがポリッシュ仕上げとなっており、旧モデルにはなかったリューズが新モデルにはセッティングされました。
    近年カルティエ相場が上昇しているので、買取となるとミニパンテール(ステンレス)で30万前後、パンテールSM(ステンレス)で28万前後、パンテールMM(ステンレス)で25万前後となっております。(※状態、付属品で前後があります。)
    カルティエ売却、パンテール売却のご相談も、カルティエ高価買取、パンテール高価買取のMARUKAにお任せ下さいませ。

  • 今月の激アツコラム

お客様の声 customer's voice

カルティエのジュストアンクル売りに行きました!

流行った時に買ってもう使わないかなと思いマルカさんに 指輪とネックレス、ブレス一式持って行きました。 一応他でもライン等で値段聞いてましたが それよりもマルカさんは実物見て高く値段付けてくれましたので良かったです! カルティエやジュエリーブランド他にも沢山ありますので 又お願い致します!

(大阪府/25代/女性)

カルティエ買取お任せ下さい!
ジュストアンクルは数年前に登場して一気に流行りましたね!
今もまだ人気で中古相場は安定しておりますので今売却するのは良い判断かもしれませんね!
流行りが廃れた時は相場かなり崩れますので使い終わったら早めの売却おすすめ致します!
他ブランドティファニーやハリーウィンストンなども高価買取り致します!
又ご利用下さい

(担当:富築)
安いと思っていたカルティエのピアス

家の近くのドンキホーテの中にあるマルカさんを利用しています。 少し前になりますが、自分のバッグと家族のアクセサリー類を売却するために行きました。 家族のもので、一つカルティエの古いピアスがあったのですが、20年近く前に買ったもの、しかも片方失くしているもので、安いだろうと思っていましたが、それでも需要があると高い金額を付けていただきました。 欠品があってもいつも高い査定をしてもらえるので、安心して利用できます。

(神奈川県/40代/男性)

横浜元町ドンキホーテ店をご利用いただきありがとうございます。

カルティエやヴァンクリーフ&アーペルといった人気ブランドのイヤリング類は、指輪などに比べて需要が高く、片方のみでも高価買取させて頂いてます。

古いものでも今需要が高まっていたり、一周回って流行っていたりしますので、タイミング次第でさらに高価買取させて頂いてます。

(担当:山本)
カルティエのイニシャルの入った結婚指輪や婚約指輪でも買取りできるのですか?

カルティエのイニシャルの入った結婚指輪や婚約指輪を手放そうと思っています。保証書とか鑑定書はあるのですが、指輪の内側にイニシャルの刻印を入れてしまっています。イニシャルがある場合でも買取りはできるのですか?買取りの価格もやっぱり安くなるのでしょうか?

(兵庫県/30代/女性)

イニシャルの入っているお品物であっても問題なくお買取り可能でございます。他のお客様がお持ち込み頂いたマリッジリングやエンゲージリング見させて頂いていてもリングの内側を見ると高い確率でイニシャルが刻印されております。そういったお品物だから買取りができないという事はございません。また基本的には買取り価格に大きく影響が出ないと思います。MARUKA(マルカ)ではカルティエの買取にも力を入れておりますので是非お気軽にお持ち込み下さいね!

(担当:川北)
カルティエのバッグも高価買取して頂きました!
カルティエのジュエリーを売りました。
カルティエの保証書って必要?

カルティエ高価買取ならMARUKAMARUKA'S BENEFIT

カルティエイメージ

カルティエと言えば?多くの女性はやはりジュエリーをあげると思います。また男性も含め時計、と答える方も多いでしょうし鮮やかなボルドーが目に焼き付く革製品を好む方も多いかと思います。
MARUKA(マルカ)ではカルティエにおいてブランドジュエリー買取も時計買取もそしてバッグなどの買取も全て業界屈指の高価買取でお待ちしております。古いもの、新しいもの、箱や保証書がなくなっちゃたものなどなんでもOK。是非「売ろうかな」と思ったらMARUKAにご相談ください。まずは簡単に電話でのお問い合わせでも結構ですし写真を撮ってLINEで送ればより具体的に買取価格をしれるLINE査定も好評です。これらは当然全て無料でご利用頂けます。
またやっぱり実際みて貰わないと、というお客様には発祥の地京都には西大路七条交差点西に七条店、向かいの路地にはMARUKAのベースとなっている質屋併設のMARUKA WATCH、四条烏丸交差点から河原町方向へ行くと北側にある四条店、そして地下鉄椥辻駅からすぐ、区役所横の山科店があります。またその他関西では大阪の大動脈御堂筋と長堀通の交差点、新橋交差点から長堀通沿いに四ツ橋方向へ少しの場所にMARUKA大阪心斎橋店があります。関東では銀座5丁目のマツモトキヨシビルの6階に銀座本店、二子玉川駅横の玉川髙島屋S/C店、そして横浜元町ドンキホーテ店がありますので是非ご利用下さい。
さらに近くに店舗が無い、あっても営業時間内にいけないというお客様には全国無料対応の宅配買取が便利。意外と宅配買取をご利用頂くお客様の半数が京都、東京、大阪及びその周辺の都道府県ですので皆様ご自身のタイミングでご利用頂いております。また遠方のお客様ほど宅配買取を一度ご利用頂くと「やっぱり家の近所とは全然買取価格が違う」と喜んでいただけます。MARUKAではどこからの商品でも京都本社、銀座本店、大阪心斎橋店の店頭と同じ基準で査定をしますので地方でお店が無く、競争原理が働かないところと比べるとビックリの高価買取となっています。今やブランド買取に「地方格差」はございません。是非カルティエ高価買取ならMARUKAをご利用下さい。

benefit

  • 豊富な経験と知識に裏打ちされた、
    プロによる正確な鑑定。

    鑑定イメージ
  • 直接お客様には販売しません。
    売り先は世界で一番高く売れる地域へ。

    地図
  • 1円でも高く売るために。
    専門部署による自社メンテナンス。

    店内イメージ

こんな状態でも買取可能です

  • 破損している例

    破損している

  • 剥がれている例

    剥がれている

  • シミ、汚れ、変色あり例

    シミ、汚れ、変色あり

  • 傷あり例

    傷あり

カルティエのジュエリー買取強化中THAT'S MARUKA

カルティエイメージ

カルティエ買取なら是非MARUKA(マルカ)へ。 カルティエはジュエリーはもちろんバッグ類など総合ファッションブランドとして世界中に知られておりまたカルティエを好きな人はジュエリーからバッグなどすべてカルティエで揃えていらっしゃる方も多いかと思います。
MARUKA(マルカ)では創業70年という長い歴史を持つ質屋が母体となっておりますのでバッグ、ジュエリー宝石などなんでも最高レベルで買取できるのが自慢。あなたの大切なカルティエはなんでもMARUKA(マルカ)へお任せください。 またカルティエのブランドジュエリーなどで箱や保証書などの付属品がない場合でもMARUKA(マルカ)なら安心して買取が出来ます。年間取扱数がずば抜けて多いMARUKA(マルカ)ならあなたの大切なカルティエを高価買取。京都(西大路七条、四条大宮、四条烏丸・河原町)、大阪心斎橋、東京(銀座・二子玉川)、横浜と展開しそれぞれの店舗から出張買取もおこなっております。また地方のお客様、お昼間にご都合の合わないお客様には宅配買取をオススメ。日本全国どこからでも送料無料、手数料無料、キャンセルの際の返送料なども全て無料です。そして通常の宅配買取業者と違いMARUKA(マルカ)では宅配のお荷物でもそれらを査定するのは日ごろ店頭に立っている現役査定士がローテーションで担当しますので北海道からのバッグでも、沖縄からの貴金属でも銀座本店や京都本社、大阪心斎橋店の店頭などと同じ手順、同じ基準で買取を行っております。

買取強化ブランド一覧BRAND LIST

others

MARUKAのカルティエ買取について

カルティエ買取りについて
いつの時代も世界中の女性の心をとらえて離さないカルティエ。それは宝石商であるカルティエが誇る宝石・ジュエリー類だけでなくバッグや財布などの革製品など装飾品すべてに渡り大人気でありいまや世界中のセレブリティだけでなくお洒落な男女すべての憧れのブランドとなっています。一般的な装飾品だけでなく結婚指輪などに男女お揃いでつけたりもされまさに世界中で愛されるブランドとなっています。
MARUKA(マルカ)ではそんなカルティエ製品を高価買取しています。もう使わなくなったカルティエのアクセサリー、ジュエリー、革製品は是非MARUKA(マルカ)へお持ち下さい。 MARUKA(マルカ)では昭和28年から続く老舗質屋として日本中・世界中に販路を持ち皆様の大切なカルティエを高価買取しています。それは少しでも高く売る事ができるからこそ高く買取りをすることができるからです。そして日々日本中、世界中の相場を把握、分析して最適な場所へ最適な商品をお届しています。 ブランドジュエリー買取ならMARUKA(マルカ)、カルティエだけでなくブルガリでもハリーウィンストンやバンクリーフアーペル(VCA)など全てのブランドジュエリー高価買取、カルティエ買取ならMARUKA(マルカ)へお任せ下さい。

カルティエの歴史
カルティエは、その輝かしい歴史の元で「王の宝石商、宝石商の王」と称されるようになった、フランス・パリ発祥の名門ジュエリーブランドです。 時は遡ること1847年、フランス人ジュエリー職人ルイ=フランソワ・カルティエが、師匠であるアドルフ・ピカールよりジュエリー工房を引き継いだところから始まります。
その後、経営は創業者のルイから息子のアルフレッド、さらには3兄弟の孫:ルイ、ピエール、ジャックへと、脈々と受け継がれていきます。 1899年、カルティエは創業から数年後に構えた個人顧客向けジュエリーショップを、パリのラ・ペ通りへと移しました。高級な土地柄に国際色豊かな人々が暮らす街。洗練されたデザインのジュエリーを提供するカルティエは、そんな世界中の著名人たちを虜にしていきます。 1902年、隣国イギリス・ロンドンに世界進出第一号となる支店を開き、次男ピエールが経営を任されることになりました。1904年、長男ルイと次男ピエールがロシアを訪問。その際に得たインスピレーションをもとにして生まれた新たなデザインのジュエリーたちは、ロシア貴族を瞬く間に魅了していきました。
またロンドン支店には英国貴族たちが足しげく通い、同年には英国王エドワード7世の御用達となりました。その後もスペイン国王、ポルトガル国王、ロシア皇帝、シャム国王など、数々の王族・貴族からの御用達を受け、名実ともに「王の宝石商、宝石商の王」となったのです。 数年後、ロンドン支店の経営が三男ジャックに受け継がれ、彼は栄華を極めていきます。ジャックは交流の輪をインドへと広げ、インドの王族たちとの絆を深めていきました。カルティエの確かな技術とオリジナリティ溢れるデザインに魅了されたマハーラージャたちは、宝石の原石をカルティエに託しました。カルティエは王族たちの要望に見事に応え、その宝石を最大限に生かしたモダンで最高に美しいパリュール(ジュエリー一式)を仕立て上げたのです。異国の地インドとの交流を深めるとともに、そのジュエリー文化に大きな刺激を受けたジャック。1911年にインドにもカルティエの拠点を構えました。時を同じくして1909年、ピエールはアメリカに進出しニューヨーク支店を開きます。この新天地では、ブロードウェイや映画のスター、実業家や銀行家などを顧客に取り込み、カルティエは不動の栄華を極めていくのでした。

パンテール(豹)
カルティエを象徴する動物として知られるパンテール。その存在はカルティエの歴史に古くから息づいています。初めてパンテールがモチーフとなったのは、1914年に発表されたパヴェセッティング(石を敷き詰めるように宝石を埋め込んだ装飾方法)の腕時計でした。宝石で表現された美しい毛並みは、誰もが見とれてしまいます。その後、「ラ・パンテール(女豹)」と称されることになるジャンヌ・トゥーサン(女性ディレクター)により、パンテールのデザインはさらに飛躍していきます。大胆かつ繊細、そして女性らしさを十分に発揮した彼女のデザインにより、パンテールは女性らしさの象徴となりました。そしてすぐに、カルティエに無くてはならないモチーフの一つとなり、シガレットケース、バニティーケース、ブレスレット、ブローチ、ネックレスなどに用いられ、世の女性を虜にしていきます。現在でもカルティエ買取において大人気のモチーフのひとつです。

1948年、立体的なパンテールのブローチが英国ウィンザー公爵夫人のものとなりました。パンテールに魅了された夫人はさらに翌年、152カラットのサファイアにプラチナ製パンテールが両前足を掛けたデザインのブローチを購入しました。また、パンテールの毛皮模様の部分にオニキスがあしらわれた美しいブレスレットも、夫人のコレクションの一つに加わりました。芸術作品のように写実的なパンテールは、カルティエを代表するデザインの一つです。

インドからの影響
1911年に初めてインドを訪問したジャック・カルティエは、その文明とジュエリー文化に魅了され、旅先から多くの刺激を受けて帰りました。その後カルティエ兄弟は、伝統的なインドのデザインと宝石をもとに、西洋と東洋のデザインを融合させたオリジナリティ溢れるジュエリーを創作していきます。インドの装飾品の虜となったカルティエは、未だ且つてない宝石色のマッチングに挑戦します。 赤・青・緑といった対照的な色を巧みに組み合わせ、花やフルーツをモチーフにしたジュエリーを次々に生み出しました。その豪華絢爛なジュエリーは、パリ・ロンドン・ニューヨークなどに拡散し、多くの人を魅了しました。1936年に制作された「ヒンドゥ・ネックレス」はその代表格です。プラチナにサファイア・ルビー・エメラルド・ダイアモンドをあしらったスタイルのネックレスは「トゥッティ・フルッティ」と呼ばれ、現在カルティエを代表するスタイルの一つになっています。

格式高いブランド、カルティエの人気と需要は計り知れません。またカルティエの魅力はジュエリーだけにとどまらず革製品のバッグや財布、小物類。ジュエリー以外のアクセサリーなども存在感を主張しています。 MARUKA(マルカ)ではカルティエの高級ブランドジュエリーからバッグ、他全てを熟練の査定士が正しく査定しカルティエ買取をさせていただいております。京都の西大路七条という下町からスタートした我々は70年近い歴史を経て、京都に4店舗そしてそして東京銀座他合計4店舗を構えることとなりました。それも我々の目指す「お客様の想いを大切にする」事が受け入れていただいた証拠だと自負しこれからも皆様の大切な思い出の品を鑑定させていただきます。 是非一度お近くのMARUKA(マルカ)へお越しください。また遠方であってもLINEで査定で店頭と同じレベルでの査定を受けていただけますしそのまま宅配買取をご利用いただいたり、出張買取もご利用いただけますので是非MARUKA(マルカ)をよろしくお願いいたします。

全国トップクラスのMARUKA(マルカ)
MARUKA(マルカ)は現在京都に4店舗、四条店は四条通の四条烏丸と四条河原町の間にあり、京都市街地のど真ん中、祇園からも近く寺町などのお買い物ストリートにも近いため京都の方のみならず観光で京都を訪れる人にもご利用いただいております。東京は銀座本店が晴海通りと並木通りの交差点、マツモトキヨシビルの6階にあり、すっかり銀座の街で「買取りと言えばMARUKA(マルカ)」と言われるようになりました。最近オープンしたGINZA SIXにも近くMARUKA(マルカ)でブランド品を売って軍資金を確保してGINZA SIXやその他の銀座のブランドブティックへ出撃されるお客様もたくさんおられます。また新宿や池袋方面からのお客様の為に渋谷駅から1分の宮益坂下交差点に渋谷店もあります(2021年9月閉店)。中目黒や代官山からも近く渋谷駅宮益坂口を出て1分という好立地ということもあり東京だけでなく北関東や神奈川からもたくさんのお客様にご来店いただけます。渋谷店のジャズがながれ合わせガラスを使った京都嵐山の竹林をイメージさせる素敵な内装が「いままでの”買取り屋”と違う」と話題です。 2017年にはMARUKA(マルカ)念願の大阪心斎橋にお店をオープン。長堀通と御堂筋が交差し、ルイ・ヴィトンやカルティエのブティックがある新橋交差点の西、最近ビル外装にポップな木の絵が描かれたビルの1階にMARUKA(マルカ)大阪心斎橋店がリニューアルオープンです。アメリカ村からも近く、ミナミの真ん中長堀通り沿いと立地は抜群です。さらには関東で2018年11月に横浜の新山下に新たにオープンした港山下ナナイロへの出店と二子玉川の玉川髙島屋S/C南館への出店、2019年3月に新宿マルイアネックス店(2022年3月閉店)がオープンと益々関東でも存在感を増すMARUKA(マルカ)でカルティエ買取を強化しております。 また簡単に今お持ちの商品の価値を知りたい時はメール査定やLINEで査定が便利です。特に猥雑な手続きが必要でなく簡単に写真を撮って送ればおおまかな査定がすぐに受けられます。

あなたの大切なカルティエを高く売るならMARUKA(マルカ)です。

(MARUKA/業務統括部長 三木聡)

0120-89-7875

お客様センター受付時間
AM10:00~PM7:00
(年末年始を除く)

  • お店を探す
  • LINE査定
  • 電話する
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランドLADY'S
オススメブランドMEN'S
ヘルプとサポート
閉じる