江里 佐代子(えり さよこ)買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー

江里 佐代子(えり さよこ)

MARUKA(マルカ)は江里 佐代子(えり さよこ)の買取にこだわります。

江里 佐代子(えり さよこ)

江里佐代子は昭和から平成にかけて活躍した京都出身の截金師です。
截金師として国内のみならず海外でも高い評価がある現代アーティストの一人です。
江里佐代子は昭和20年に京都の刺繍工芸を家業としていた家で誕生しています。
そんな江里佐代子は美術大学で染色や日本画などについて学びましたが、美術の道に進むことはしませんでした。
転機となったのが仏師であった江里康慧と結婚したことだと言えるでしょう。
彼の仕事を手伝っていくうちに段々と興味を持ちはじめ截金師であった北村起祥を師匠として、截金の技法を学んでいき、やがて截金を習得するまでとなりました。
元々は仏像の加飾荘厳技法であった截金を棗や結界、香合に飾筥そして衝立に屏風や壁面装飾に額装など截金の技術を応用してその独創的な発想で截金の作品を広めその斬新な発想で名を轟かしていきます。
独特な作品は芸術性が高く、球体などの様々な作品を制作しています。
江里佐代子は、どのようにしたら截金の魅力を最も多くひきだすのかを研究し試行錯誤した後に、箱の形を拘ることにより截金の魅力である光の反射が綺麗に映し出されることに成功します。
確かな技術力と独創的な構想で作り出される数々の作品は大変評価も高く、日本伝統工芸展では日本経済新聞社賞や日本工芸会総裁賞に高松宮記念賞などを受賞して京都工芸美術展においては市長賞など受賞していきその後も、数々の名誉ある賞を受賞していきます。 そして、截金技法を多くの人に知ってもらうために夫である江里康慧が彫刻した仏像に截金を施した作品展 仏像と截金などを開催して截金技法を普及したことで知られています。
また、龍谷大学や京都造形芸術大学で客員教授を東京芸術大学大学院で非常勤講師などを務めて後進への指導にも力を入れていました。
そして平成14年に截金で3人目となる重要無形文化財(人間国宝)として認定される事になります。
江里佐代子の独特で芸術的な作品はアート性が高い作品の売却はマルカにお任せ下さい。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる