象牙買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
象牙 骨董品 高価買取はマルカ 象牙 骨董品 高価買取はマルカ

マルカで象牙の高価買取メリット

象牙高価買取についてMARUKA'S BENEFIT

骨董品イメージ 読んで字のごとく象の牙である象牙、かつて乱獲されて今では取引に厳しい制限がかかっており身近なものでは印鑑などの材料から一本ものの牙の状態の置物、またそれに彫刻が施されたものや細かい物はそのままアクセサリーになったりとアジア圏の人々は象牙が大好きです。今制限がかかり取引量が減っている象牙の価格が高騰しております。
象牙買取は是非MARUKA(マルカ)へ。
象牙買取から登録証所得の指導までMARUKA(マルカ)にお任せください。
象牙買取なら大きなものから細かいアクセサリー、印材まで。

骨董品イメージ 当社の象牙買取ページをご覧いただき有難うございます。

象牙は、昔から加工品の材料として多用されています。 乳白系の独特な色味と、程よい吸湿性があって手に馴染むところから、現在でも印鑑や弦楽器の撥・ピックなどに用いる材料としてこれ以上のものはないといわれるほどです。

加工技術が今ほど発達していない時代でも、加工が容易で成形しやすかったということもあり、一時期は工芸品から遊具まで、様々なものに使用されていました。ワシントン条約の締結によって象牙の輸入が禁止された現在も、人工的に色や質感を際限した人工象牙を使うなど、象牙の魅力への憧れは未だやみません。不動の人気を誇る素材である為、象牙や象牙製品の買取を当社MARUKA(マルカ)でも強化しております。

象牙の買取実績では、人工象牙で作られたものよりもやはり天然の象牙製品の方が高値で査定させていただいております。
他では、天然の象牙製品であったとしても正しい査定が受けられない場合がありますが、その真贋を見極めることができる査定士が当社にはおりますのでご安心して査定をご利用ください。
一時期、大量に天然の象牙を用いた製品が作られたということもあり、押入れや蔵の中に眠ったまま忘れ去られていたものを見つけることもあるかと思います。
とても価値のあるものなので、是非MARUKA(マルカ)にて象牙買取をお任せください。お待ちしております。

原型を保持した象牙の売買には登録が必要です

登録票が必要

原型を保持した象牙

彫り物がある場合でも原型があれば登録票が必要です。

原型を保持した象牙

登録票のない象牙は買取ることができません。
登録票のない象牙の譲渡等は、種の保存法違反となりますのでご注意下さい。
その場合は当社の査定士にご相談いただければ登録の方法などをレクチャーさせていただきます。
遠慮なくお尋ねください。

登録票は不要

加工品の登録は不要

加工品の登録は不要です。高価買取いたします!

MARUKA(マルカ)では、
面倒な象牙の登録をサポート致します

書類イメージ 登録書類は複数枚記入が必要です。
しかも細かく象牙について記入しなければなりません。
「記入の仕方がわからない・・・」
「こんなに書類がいるなんて面倒・・・」

そんなご相談・要望に応えましてMARUKA(マルカ)では象牙登録を完全無料でサポートさせて頂きます!!
※MARUKA(マルカ)で登録する象牙買取契約していただける場合に限ります。

骨董品・美術品の買取アイテム一覧BRAND LIST

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKA(マルカ)にお気軽にご相談ください!

象牙高価買取ならマルカMARUKA’S BENEFIT

  • 豊富な経験と知識に裏打ちされた、
    プロによる正確な鑑定。

    鑑定イメージ
  • 直接お客様には販売しません。
    売り先は世界で一番高く売れる地域へ。

    地図
  • 1円でも高く売るために。
    専門部署による自社メンテナンス。

    店内イメージ

象牙の高価買取は出張査定がおすすめですSYUCCHOU SATEI

出張査定

出張査定にお伺いいたします。
査定後にお売りいただくかお決めください。

出張お見積りならお品物を持ち出さなくても大丈夫です!ご自宅までお伺いして査定します。

  • 商品点数が多くてもOK!
  • 破損の心配なし
  • 出張費・手数料・キャンセル料など無料

全国無料
出張

全て
無料

出張見積の流れ

  1. 01

    訪問日を
    決定します。

    お電話にてお申込み

  2. 02

    指定訪問先に
    お伺いします。

    ご訪問

  3. 03

    お品物を
    査定いたします。

    査定

  4. 04

    お見積書を
    お渡しします。

    お見積のお渡し

無料出張対応エリア

※現在お問い合わせに関しましてはお客様センターで一括受付しております。

こんな方は是非マルカへRECOMMEND

象牙の価値を知りたいと思っている方

  • 倉庫から象牙が出てきたが、価値が分からないので一度見てほしい
  • 遺品の整理で出てきた象牙の価値を知りたい
  • 高そうな象牙だけど本物かどうか分からない

本当の価値に気付かないのはもったいない! 経験豊富な査定士がその価値をお伝えいたします

象牙は、定価などの決められた価格がないお品物になりますので「美術的・ 歴史的な価値」での査定になります。もしお手元にそういった物があって価値がわから ない場合はまずはなによりご連絡を下さい。万が一無価値なものだとわかったらそこか ら処分すればいいだけで象牙としての価値があれば何万円、何十万円になる 可能性もあります。

20倍の価値差!

価値のある象牙なので、
高価買取して欲しいと思っている方

  • 有名作家の品なので、その価値をしっかりと査定してほしい
  • 他でも査定してもらったが、信用できないので本当の価値を知りたい

マルカの査定士は実績多数で
経験値が違います!
お調べしたお品物の歴史もお伝えし、
ご説明させていただきます

象牙を買取りしているところは、リサイクルショップや質屋や道具屋などた くさん存在しますが実際の美術品としての価値を見いだせる査定士はあまりい ません。それは美術品買取をする為の鑑定眼は簡単には身につかず、知識だけ じゃなくどれだけたくさんの美術品を見てきたかによります。 京都で昭和28年創業、買取実績の多いMARUKA(マルカ)なら安心です。

あなたの大切な家宝をしっかりと査定します。

象牙についてのコラム一覧COLUMN

象牙工芸品について
象牙工芸品 古くは奈良時代の象牙工芸品・装飾品が正倉院に残されており、
古来より翡翠などとともに珍重されていたことが伺えます。
その後、しばらく間をおいて江戸時代を中心に、盛んに根付けなどの装飾品が作られていました。素材としては、柔らかな乳白色が日本人に好まれたこと、職人側からも石などより柔らかく繊細な加工を施すことができることから素材として好まれ、男女用ともにさまざまな装飾品がつくられました。
ワシントン条約以前は、和の世界では男性は根付け、女性は帯留めなどがデパートや専門店でも数多く扱われていました。また、昭和の時代には、和の世界に限らず、日常的に装飾品等にも目にすることができました。
筆者の家庭でも父親が象牙のパイプを使用し、母親は象牙のイヤリングやネックレスをするなど、現在よりも一般的な存在でした
象牙の見分け方について
装飾金属について
美術品・骨董品としての価値
印鑑の高級素材としての象牙
日本の象牙の歴史

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる