山本 陶秀(やまもと とうしゅう)買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー

山本 陶秀(やまもと とうしゅう)

MARUKA(マルカ)は山本 陶秀(やまもと とうしゅう)の買取にこだわります。

山本 陶秀(やまもと とうしゅう)

山本陶秀は岡山県出身の昭和から平成にかけて活躍した備前焼の陶芸家です。
備前焼の重要無形文化財(人間国宝)と活躍した陶芸家の一人です。
また陶秀と言えば茶陶といわれるほどに茶の湯に用いる焼き物で素晴らしい作品を多く作陶した事で知られています。
山本陶秀は備前焼が沢山焼かれていることで有名で通称「伊部焼」とも言われている地域の備前市伊部市で生まれています。
陶芸の町で育った山本陶秀は自然と陶芸の道に歩んで行きたいと思い15歳の時に当時の伊部で最大の窯元と言われていた黄薇堂に見習いとして入りました。
黄薇堂で備前焼の基礎や技術を学び習得して行きます。
そして27歳の時に、ろくろの達人と周りから呼ばれていた山本陶秀は、自らの力で窯を築き独立することになり、本格的に備前焼作家と人生を歩んでいく事になりました。
勉強や研究に妥協しない性格だった山本陶秀は、大正名器鑑を購入して茶道について勉強して茶道具や稽古道具の知識を身に付けていき茶人達に求められる茶陶作りを目指しました。
因みに「大正名器鑑」は、当時高級車が買えるほど高価なものでした。
そして常に質の高い備前焼を作陶していくために陶芸家の楠部弥弌を師匠として技術を磨き続け釉薬について学びました。
山本陶秀は作品の評価高いとされる安土桃山時代の備前焼、通称桃山備前と呼ばれる作陶を目指しています。その桃山備前の第一人者で備前焼初代の人間国宝でもある金重陶陽に影響を受けて独自の技術と技で作陶を手掛けていきます。
そしてついに桃山備前の再現に成功して流れ胡麻や緋襷など、つり合いが取れて整った品がある作品を茶陶で展開していきました。
また、海外での活動も広げていきブリュッセル万国博覧会でグランプリ金賞を受賞してスペイン国王と王妃に花瓶を献上するなど備前焼作家として活躍をしていき国際的にも、その名を広めていきました。
その後も日本でも名誉ある賞を数々受賞していき 伊勢神宮に流れ胡麻三方花入を献納することになり国内において山本陶秀は重要な陶芸家として名を刻みました。
山本陶秀の作品をマルカは高価買取しております。山本陶秀の作品を売却はマルカにお任せ下さい。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる