甲冑買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
甲胄 骨董品 高価買取はマルカ 甲胄 骨董品 高価買取はマルカ

マルカで甲胄の高価買取メリット

甲胄高価買取についてMARUKA'S BENEFIT

骨董品イメージ 戦国時代を生き抜いた骨董的、歴史的価値も高い甲冑から工芸品として作られた飾り兜までMARUKA(マルカ)では甲冑買取を行っています。専門家が在籍し、どのような甲冑、鎧兜買取でも適切に判断し高価買取をさせて頂きます。ご自宅や蔵に眠っている甲冑、鎧兜。どのような価値があるのかわからない、という場合でもまずはご連絡いただければすぐに査定させて頂きます。本物の骨董的価値も高い甲冑であれば驚きの買取価格になりますよ。工芸品・骨董品買取のMARUKA(マルカ)ならあなたの甲冑・鎧兜を最高価格で買取いたします。

骨董品イメージ 当社MARUKA(マルカ)では骨董品の買取にも強化しておりまして、無料にて出張査定にお伺いする中で、甲冑(鎧・兜・日本刀・槍など)の査定買取は、とても高額な提示をさせていただくことが多いです。甲冑(鎧・兜・日本刀・槍など)は、戦闘合戦の際に身に付ける防具で、現代では見かけることはまずありませんが、戦国武将にとっては欠かすことの出来ないものでありました。また、近年は戦国武将などの武家文化が注目を集めていることから、甲冑(鎧・兜・日本刀・槍など)に関心を持っている人が多いです。中には、甲冑(鎧・兜・日本刀・槍など)の魅力に取り憑かれ、当時のものに真似て手作りしてしまう人もいるほどです。そんな甲冑(鎧・兜・日本刀・槍など)をMARUKA(マルカ)のスタッフはしっかりと鑑定させていただきます。もう置き場所が無く、箪笥や押入れの中に眠っているというお客様は当社MARUKA(マルカ)へ甲冑(鎧・兜・日本刀・槍など)の買取を依頼してはいかがでしょう。とても価値のあるものと鑑定され、高い価値がつくはずです。ホコリだらけや、状態が悪くてもMARUKA(マルカ)では査定を受けることが出来ます。京都で60年以上質屋としてやってきたMARUKA(マルカ)、美術品・骨董品と並びこういった甲冑類の買取には自信があります。是非、一本ご連絡ください。無料にて出張いたします。また写真を撮って送ればすぐに大まかな買取価格がわかるLINE(ライン)で査定が非常に好評。住所も名前も要りませんのでまずは簡単に査定をうけてから出張を依頼する方が増えています。

骨董品・美術品の買取アイテム一覧BRAND LIST

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKA(マルカ)にお気軽にご相談ください!

甲胄高価買取ならマルカMARUKA’S BENEFIT

  • 豊富な経験と知識に裏打ちされた、
    プロによる正確な鑑定。

    鑑定イメージ
  • 直接お客様には販売しません。
    売り先は世界で一番高く売れる地域へ。

    地図
  • 1円でも高く売るために。
    専門部署による自社メンテナンス。

    店内イメージ

甲胄の高価買取は出張査定がおすすめですSYUCCHOU SATEI

出張査定

出張査定にお伺いいたします。
査定後にお売りいただくかお決めください。

出張お見積りならお品物を持ち出さなくても大丈夫です!ご自宅までお伺いして査定します。

  • 商品点数が多くてもOK!
  • 破損の心配なし
  • 出張費・手数料・キャンセル料など無料

全国無料
出張

全て
無料

出張見積の流れ

  1. 01

    訪問日を
    決定します。

    お電話にてお申込み

  2. 02

    指定訪問先に
    お伺いします。

    ご訪問

  3. 03

    お品物を
    査定いたします。

    査定

  4. 04

    お見積書を
    お渡しします。

    お見積のお渡し

無料出張対応エリア

※現在お問い合わせに関しましてはお客様センターで一括受付しております。

こんな方は是非マルカへRECOMMEND

甲胄の価値を知りたいと思っている方

  • 倉庫から甲胄が出てきたが、価値が分からないので一度見てほしい
  • 遺品の整理で出てきた甲胄の価値を知りたい
  • 高そうな甲胄だけど本物かどうか分からない

本当の価値に気付かないのはもったいない! 経験豊富な査定士がその価値をお伝えいたします

甲胄は、定価などの決められた価格がないお品物になりますので「美術的・ 歴史的な価値」での査定になります。もしお手元にそういった物があって価値がわから ない場合はまずはなによりご連絡を下さい。万が一無価値なものだとわかったらそこか ら処分すればいいだけで甲胄としての価値があれば何万円、何十万円になる 可能性もあります。

20倍の価値差!

価値のある甲胄なので、
高価買取して欲しいと思っている方

  • 有名作家の品なので、その価値をしっかりと査定してほしい
  • 他でも査定してもらったが、信用できないので本当の価値を知りたい

マルカの査定士は実績多数で
経験値が違います!
お調べしたお品物の歴史もお伝えし、
ご説明させていただきます

甲胄を買取りしているところは、リサイクルショップや質屋や道具屋などた くさん存在しますが実際の美術品としての価値を見いだせる査定士はあまりい ません。それは美術品買取をする為の鑑定眼は簡単には身につかず、知識だけ じゃなくどれだけたくさんの美術品を見てきたかによります。 京都で昭和28年創業、買取実績の多いMARUKA(マルカ)なら安心です。

あなたの大切な家宝をしっかりと査定します。

甲冑についてのコラム一覧COLUMN

甲冑について

古くは出土した埴輪や古墳の埋葬品に挂甲など大陸からの影響が強く見られる甲冑(鎧・兜・日本刀・槍など)がみうけられます。平安時代からの武士の出現とともに大鎧(おおよろい)という日本独自の甲冑(鎧・兜・日本刀・槍など)がみられるようになってきましたが、日本の甲冑(鎧・兜・日本刀・槍など)はその後の武器や戦闘形式の変化により常に改良が加えられていたのですが明治維新により武士階級が消滅したことや軍備の近代化にともなって実用に使われることはなくなりました。
鎌倉時代ごろから端午の節句に飾る菖蒲が「尚武」に通じることから、また菖蒲の葉の形が剣を連想させること等から端午は男の子の節句とされて、五節句(1月7日の七種節供・3月3日の桃節供・5月5日の菖蒲節供・7月7日の七夕祭・9月9日の菊節供)の一つとして5月5日に鎧、兜、刀、武者人形や金太郎・武蔵坊弁慶を模した五月人形などを飾り男の子の成長・健康を祝い、祈るようになりました。この風習は5月5日のこどもの日として祝日に認定され今でも続いています。
現代では古美術品、工芸品的、歴史資料的に意味を持ち重宝されています。日本の甲冑(鎧・兜・日本刀・槍など)は、世界の防具、武具、刀剣類と比べても非常に美しく、微細な装飾に富み凝った作りがされています。中世、近世において武士が権力の中核にあったことや、特に戦乱の無い江戸時代においては一部の上級武士が権力の象徴として豪華絢爛な甲冑を珍重したためであり、その時代の金工・組紐など様々な装飾技術が惜しげもなく注ぎ込まれただけでなく基礎的な鍛鉄・皮革・漆工芸分野の技術も当時最先端の技術を駆使して製作されたものが多数残されています。
だだ江戸後期頃からは単に装飾品としての兜なども多数出回っており、当時江戸や長崎に訪れる外国人向けのお土産品や庶民にもその安価な今で言うレプリカが流行ったと思われますが、当然ながらこれらには歴史的にも美術品的にも価値はあまりありません。現在も甲冑の製造は続けられていますがこれもレプリカ同様歴史的・美術品的にあまり価値はありません。
「甲冑」とひとまとめに紹介してきましたが「具足」という呼び方もあったり、甲冑は様々な部位から成り立ちます。ここでは大鎧を例えに出し、部品についてある程度解説します。大鎧は「兜」「鎧(胴)」「袖」の三つの部品で一揃えとします。大鎧が使われていた平安時代は騎馬戦が主であり、弓の使用や矢による攻撃への防御を重視した構造となっています。「篭手」「袖」「脇楯」「草摺」「脛当」「鳩尾板(きゅうびのいた)」「栴檀板(せんだんのいた)」等の部品も付属します。
剣道などで聞き覚えがある篭手ですが、実は鎌倉時代前期くらいまでは左手にしか着用していませんでした。理由としては右手につけてしまうと弓矢を射つ際に邪魔になってしまうからです。鎌倉時代後期くらいになると長刀での戦闘が主流になったため、現在の一般的なイメージである両手に装着する形となったのです。
袖とは鎧の左右に垂下し、肩から上腕部を防御するための部品です。大鎧に使われる袖は全て大袖で左の袖を「射向けの袖(いむけのそで)」と、右の袖を「馬手の袖(めてのそで)」と呼び、射向けの袖の方は敵に向けている事が多いため堅牢に作られています。
脇楯は体の右に当てて鎧の間を塞ぐ部品で、壺板と呼ばれる鉄製の板の下に革製の蝙蝠付を付け、そこから草摺を垂らした構造をしている。前後左右の4枚からなり、前後左右それぞれに名称がある。前部の「前の草摺」と後部の「引敷の草摺(ひっしきのくさずり)」は最下部が左右二つに分かれて、騎乗の際邪魔にならないように設計されています。左部を「弓手の草摺(ゆんでのくさずり)」右部のものを「脇楯の草摺」と呼ぶ。大鎧の草摺は鞍の上での安定を考え、どっしりした設計になっています。
栴檀板と鳩尾板は元々は両方とも栴檀板と呼ばれていたのですが、作りが左右で違うためか草摺のように左右で名称が別になっています。栴檀板は右の肩から胸にかけてつけ、胸板の隙間を覆う札、仕立ての板です。高紐を切られるのを防ぐための部品で、弓を引いたり刀剣を振るう際に屈伸可能なように3段からなる革製、鉄製の小札で作られています。一方、鳩尾板の方は急所に近いため一枚の鉄板で作られている物が多いです。
大鎧の兜は星兜、筋兜が用いられます。大鎧に使われる兜は顔面の両側を防御する吹返しが大きく、頭部へ飛んでくる矢の防御に重きを置いている事がわかります。兜の下には?烏帽子(なええぼし)という柔らかい帽子を着用したりします。
「吹返し」の名前が出ましたが、兜にも多くの部品があります。「鍬形」「八幡座」「篠垂」「星」「獅噛び鍬形台」「眉庇」「据金物」「吹返し」「しろこ」「忍び尾」などがあります。鎧と違い兜の場合装飾用の部品が非常に多いです。兜につける飾りを立物といいます。鍬形の部分ですね、兜で一番目に付く部分であるとも言えます。
立物は鹿の角をデフォルメ化したものが起源と言われていますが、今では様々なデザインがあり、武将をイメージする時に兜の立物を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?当時の武将たちにとって兜は旗と同じように周囲の士気を高める大事なシンボルであったとも言えます。
これら全てがあって「大鎧」となるわけです。当世具足や腹巻、胴丸といった他の鎧にもまた違った特徴があり、ここでは言い表せない程部品の一つ一つに意味があり作った人の想いがこめられているのです。
また面白い話としてはこの日本式甲冑は琉球やアイヌ、台湾などにも輸出されていたと思われる物証も残っています、ただしそれらは本来の甲冑に比べいくらかは軽装であったと言われています。

有名な甲冑
MARUKA(マルカ)について

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる