原 清(はら きよし)

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » 骨董品買取 » 原 清(はら きよし)

原清は昭和から平成にかけて活躍する島根県出身の陶芸家です。
平成17年に鉄釉陶器で重要無形文化財(人間国宝)に認定されています。
その作風は長年の培われた釉薬研究で見事生み出された碧釉、柿釉、鈞窯など色彩感覚あふれる作品で、特に高く評価されているのが鉄釉です。
褐色と黒色の2種類の釉薬を使って大柄な文様を描いた作品が特徴となっています。
また原清が独自に研究、開発された翡翠に似ている発色の作品を翠磁と命名していることで知られています。
そんな原清は昭和11年に島根県斐川町で生まれています。
幼き頃から陶芸の道に興味があった原清は昭和29年に京都の石黒宗麿の内弟子として陶芸の基礎から学んでいきます。そして本格的に陶芸の道を究める為に清水卯一を師事していきます。
そして昭和40年に東京世田谷に工房を造り独立をします。その後、窯を埼玉県大里郡に移して本格的に陶作活動をしていきます。特に鉄釉の研究に力を注いでいき、試行錯誤を繰り返しながら茶釉と黒釉のコントラストによって動物や植物模様を浮かびあがらせる独自の作風を確立しました。
それが代表作の鉄釉陶器となります。
鉄釉陶器は人気が高く数々の名誉ある賞を受賞することにより原清の評価も、あがっていくことになります。
昭和41年には日本陶磁協会賞を受賞また日本伝統工芸展では入賞を見事果たします。
その功績が認められ監査委員としても活躍していきます。
そして財団法人日本工芸会理事なども兼任して陶芸活動の普及にも尽力しており、その後は常任理事として活躍する事になったのです。
また釉薬の努力を惜しまず研究も重ねており、それによって翠磁と言う翡翠のようなやわらかみのある深みのある翠磁を生みだしました。
こうして鉄絵陶器の作家として日本の陶芸界に大きく貢献している原清ですが後進の指導にも力を注いでおり、現在も、芸術性の高い作品を作陶し続けています。
原清の作品を売却はマルカにお任せ下さい。
原清の作品、高価買取ならマルカまで

骨董品買取実績一覧

  • 美術品
  • 象牙
  • 絵画
  • 刀剣
  • 甲冑
  • 茶道具
  • 珊瑚
  • 掛軸
  • 翡翠
  • 中国骨董
  • 銀製骨董
  • 金製骨董

骨董品買取一覧

京都・大阪・奈良・兵庫・滋賀・和歌山に無料出張見積いたします! 0120-89-7875

※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

無料出張対応エリア

  • 関西エリア
  • 東海エリア
  • 四国エリア
  • 中国エリア
  • 九州エリア
宅配買取詳しくはコチラ
  • ブランド品買取のマルカに商品をお送りいただく時はもちろん、キャンセル時の商品のご返送時も送料は無料です!(貴金属を除く)

  • 梱包用の箱がご用意できなくても大丈夫です。ブランド品買取のマルカから無料で梱包キットをお送りさせていただきます。(貴金属を除く)

  • ブランド品買取のマルカでは、査定金額に納得がいかずにキャンセルされた場合にももちろんキャンセル料はかかりません。(貴金属を除く)

  • 宅配買取
  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 手ぶらで店頭買取