磯井 如真(いそい じょしん)買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー

磯井 如真(いそい じょしん)

MARUKA(マルカ)は磯井 如真(いそい じょしん)の買取にこだわります。

磯井 如真(いそい じょしん)

磯井如真は香川県出身の明治から昭和にかけて活躍した漆芸家です。
また香川漆芸の代表でもある蒟醤で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。
磯井如真は地元の香川県立高松工芸高等学校を卒業すると大阪に行き山中商会に入社して、そこで中国漆器の修理に携わっていました。
その後、高松へ戻って製法が途絶えていた香川漆器の研究を重ねていき、やがて独学で香川漆器の復活に成功することになります。
香川漆器は別名香川三技法とも呼ばれており、その技法は彫漆(ちょうしつ) 、存清(ぞんせい)、蒟醤(きんま)の三種類に分けられています。
その中でも磯井如真はタイ国の植物の実の名前から取った蒟醤(きんま)が得意とされその工程は、漆を何層も塗り重ねた上に文様を線彫りして彫った模様を色漆で象嵌して埋めていき黄漆や朱漆の色ごとに彫りあげ充填させる作業を繰り返して全部の充填が終わると余分な漆を取り除いて表面を平らに研ぎ出して完成させる独特の技法です
また、さらに蒟醤の技法を進化させた凸版印刷をヒントで生みだされた点彫り蒟醤の技法を考え出しました。
これまでの蒟醤の技法では線彫りでしていた為、はっきりとした線での表現でしか出来ませんでしたが、点で彫る事によって線に強弱ができ、ボカシ効果や深みができ立体的な独特な風合いに仕上げる事が出来ました。
現在でも、素晴らしい漆芸家として語り継がれていますが磯井如真は香川漆器を復興させただけではなく、工芸学校などで香川漆器を世界に広めていくため後進の育成にも尽力しています。
その結果、三男の磯井正美や太田儔などの重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された弟子達も輩出しています。
また紫綬褒章や勲四等旭日小綬章など数々の賞も受賞しており日本の漆芸に功績を残しています。
これからも自由でありながらも、伝統を大事にして、現代的な感覚を忘れない磯井如真の精神は、弟子達にも引き継がれていて語り継がれていくでしょう。
磯井如真の作品をマルカでは高価買取しております。マルカ(MARUKA)は昭和28年の創業以来伝統ある質屋としてこういった美術品、骨董品、茶道具に日本刀や甲冑などの取り扱いを続け実績を重ねてきました。今ではブランド品買取や時計・宝石・貴金属買取だけでなく古くからの骨董品や美術品買取、さらには楽器やお酒など「なんでも扱える」買取店として京都・東京・福岡の皆様と出張買取・宅配買取をあわせ全国のお客様にご利用いただいております。磯井如真の作品の売却はマルカにお任せ下さい。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる