骨董品買取 九州エリア

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » 骨董品買取» 骨董品買取 九州エリア
確かな鑑定力で骨董品を高価買取
LINE@で査定

福岡・熊本・大分など九州エリアで骨董品・美術品を高価買取いたします!

骨董品を買取るお店はたくさんありますが、模造品としてのリスクを避けるために買取価格を低くしているところが数多くございます。しかしながら、京都で昭和28年から続く老舗質屋を母体とするマルカ(MARUKA)では実績・経験が豊富な鑑定士が、骨董品の本当の価値を見出します。そしてそういった骨董品買取の専門家がいる買取店が減る昨今、福岡の天神に福岡天神店を構える前から九州方面のお客様のご要望にお応えして福岡や熊本、大分や長崎などの九州方面へ美術品、骨董品、茶道具、日本刀甲冑などの出張買取をさせていただいております。専門の知識・経験からお客様にご納得いただける高評価をさせていただきますので、福岡・熊本・大分などの九州エリアで、骨董品の買取りをお考えの方は、高価買取ができる骨董品の買取は京都マルカにお任せください!

対応強化エリアについて

福岡県地域における対応強化エリア
朝倉郡/朝倉市/飯塚市/糸島市/うきは市/大川市/大野城市/大牟田市/小郡市/遠賀郡/春日市/糟屋郡/嘉穂郡/嘉麻市/北九州市/鞍手郡/久留米市/古賀市/田川郡/田川市/太宰府市/筑後市/筑紫郡/筑紫野市/築上郡/中間市/直方市/福岡市/福津市/豊前市/三潴郡/みやま市/宮若市/宗像市/柳川市/八女郡/八女市/行橋市/北九州市/福岡市
熊本県地域における対応強化エリア
熊本市北区/熊本市南区/熊本市東区/熊本市中央区/熊本市西区
大分県地域における対応強化エリア
宇佐市/臼杵市/大分市/杵築市/玖珠郡/国東市/佐伯市/竹田市/津久見市/中津市/速見郡/東国東郡/日田市/豊後大野市/豊後高田市/別府市/由布市

福岡・熊本・大分を中心とした九州地方に無料出張見積いたします! 0120-89-7835

九州に無料出張見積いたします! 0120-89-7835

関西エリア以外でも無料出張見積に対応しております。一覧はこちらから

買取実績

骨董品の買取実績としましては、以下のようなものを買取りさせていただいております。
美術品・象牙・絵画・日本画・洋画・茶道具・珊瑚・掛軸・翡翠・中国骨董・銀製骨董・金製骨董、等。
その他にも色々と買取させていただいておりますので、福岡・熊本・大分などの九州エリアにお住まいの方で、「こんなものも買い取れるの?」といったお問い合わせなどお気軽にご連絡くださいませ。また「京都からなんて、、、」とおっしゃっていただくお客様も少なくありませんが、マルカ(MARUKA)は去年九州の拠点となる福岡天神店もオープンいたしましたし、もともと熊本や長崎、佐賀、大分などへも出張買取をしていて福岡や熊本、大分県などへは巡回ルートのひとつとなっておりますのでお気軽に出張買取、出張査定をお申し付けください。

お客様の声

  • 福岡県福岡市:村上様女性(50代)

    先日、買取をお願いさせていただきました。スタッフの方の丁寧なご説明と我が家の金額などの要望に親身になって対応していただきとても感謝しております。無料査定などのサービスはとても便利でしたのでまた活用させてください。
  • 熊本県熊本市:橋本様男性(60代)

    大規模な引越しを先日しました。その際に祖父の代よりももっと昔であろうと思われる茶道具や食器などがたくさんあり、ダメもとで買取をお願いしましたが、買取金額にびっくりしました。おかげ様で引越し代金が浮きました。また親戚への説明も一品ずつ記された丁寧な買取控えをいただけましたのでしっかり説明がすることができました。
  • 大分県大分市:岡田様男性(20代)

    骨董品の買取を初めて依頼しました。最初は査定のみをお願いするつもりでしたが査定金額を見て迷いはしましたが売却を決めました。手入れも凄く面倒だったのでホッとしたのが本音です。
  • 長崎県長崎市:岩田様女性(40代)

    骨董関係の品が大量にあったので、全て査定していただきました。かなり傷ついているものに関しては買取不可もありましたが、その他は多少の傷みがあっても買取に応じていただき感謝しています。長崎まで来てくれるのかという疑問をもったまま電話しましたが、私どもの前に熊本でも買取があり最後は福岡を回って帰るとの事でタイミングよく迅速にきていただくことが出来ました。
  • 福岡県北九州市:斎藤様男性(50代)

    倉庫に長年放置されていた書物や絵画などの買取のお手伝いをしていただきありがとうございました。正直、不要なものもあったと思いますが鑑定士さんの対応の素晴らしさに頼んで良かったと素直に思っています。大分に住む知り合いが同様の案件で困ってましたが安心してマルカさんを紹介できました。
  • 熊本県八代市:小林様女性(50代)

    父の遺品整理をしている中で骨董品などが出てきたので、今回依頼させていただきました。補修などもされていたので、査定金額は落ちましたが活用することもほとんどないので全て売却ができてよかったです。買取をしてもらっている最中に母が古い練習用の茶道具を出してきてほぼゴミの状態とおもっていたのですが快く値段をつけて引き取っていただき助かりました。

九州地方における骨董品

古くから日本の外交と防衛、貿易の要衝であった九州。近ごろでは大河ドラマで黒田官兵衛が取り上げられ、官兵衛と縁のあることでも注目が集まりました。
九州が日本史上に現れるのは古く、少なくとも7世紀後半には大宰府が置かれています。遡ってかの邪馬台国も、長年その存在地について論争されていますが、九州は有力な候補地となっています。

歴史ある九州地方を骨董の観点で考えると、代表的なのはやはり陶磁器です。九州には古くから須恵器より続く窯が点在していましたが、そこに変革を起こすのが、豊臣秀吉による文禄の役・慶長の役(1592~1598)でした。秀吉の命により多くの武将が朝鮮に渡り、明・朝鮮軍と戦いましたが、秀吉が亡くなると、戦いを止め日本へ引き上げます。その際、多くの藩が捕虜を連れ帰り、茶の湯文化が隆盛をほこっていた当時、多くの陶工を同行させました。彼ら陶工のもたらした技術により、薩摩焼有田焼高取焼上野焼高田焼三川内焼、萩焼など優れた陶磁器が誕生していきます。それゆえこの戦いは「やきもの戦争」とも呼ばれています。九州地方から関西へかけ茶道具、とくに茶碗の銘品が多く残るのはこういった事情かもしれません。
その陶工の中でも、肥前鍋島家の家臣に預けられた李参平が、有田東部の泉山で白磁鉱を発見し、白磁を焼くことに成功。有田焼の祖となりました。長くこれが日本で最初の磁器とされてきましたが、近年の調査では諸説あるようです。
江戸時代になるとその技術はますます発達し、青磁、染付、赤絵といった技法や、日本独自の色絵磁器も生まれ、多彩で豪華絢爛な美が展開されていきます。これらは17世紀半ばにオランダの東インド会社を通じてヨーロッパへ輸出され、ヨーロッパの王侯貴族達の人気を博しました。貿易は17世紀後半にはますます盛んになり、その影響はドイツのマイセンにも及んでいます。

このように、日本を代表する骨董の一つである九州の陶磁器ですが、九州には、他にも伝統的な骨董や工芸品が沢山あります。博多織博多人形別府竹細工長崎ビードロ高千穂神楽面薩摩切子などです。
こうした歴史ある文化に育まれ、九州からは明治以降も多様な芸術家や作家が輩出されています。陶芸家では、人間国宝の井上萬二(有田)や中里無庵、中里太郎右衛門(共に唐津)、元総理の細川護熙氏も現在は陶芸家の一面をお持ちです。そのほか、画家の黒田清輝や東郷青児、中島潔、人形師の松本喜三郎や竹工芸家の生野祥雲斎、グラフィックデザイナーの鶴田一郎、漫画家は松本零士や井上雄彦、書家の武田双雲などがいます。

九州地方における骨董品買取事情

歴史あふれる九州地方、福岡を中心に熊本や大分、また西洋文化との接点でもあった長崎などアンティーク、骨董品の取引は盛んにおこなわれています。しかし九州地方は福岡にある市場を中心に九州の中だけで完結してしまう場合が多く、なかなか全国規模の市場と比べると価格が全国レベルとは言い難い物があります。長く福岡で営む地場のお店の影響力が大きいため相場が低く据え置かれている可能性もありますので、福岡市内のみならず福岡全域、もちろん熊本や大分県全域も含め長崎鹿児島佐賀など九州全域で骨董品、美術品、茶道具等買取をお考えならマルカ(MARUKA)へお声をおかけください。
マルカ(MARUKA)は京都で昭和28年創業の老舗質屋で、現在は骨董品、美術品買取に関しては日本最高最大と言われる京都の大澤道具市場と連携し、全国随一と言われる市場価格にて取引をしています。よってその取扱量、情報量は桁違いでそれが例え福岡、大分、熊本などへの出張買取でも変わる事はありません。皆様は鹿児島からでも大分・佐賀からでも長崎福岡からでもマルカ(MARUKA)の京都での日本最高峰の査定基準にて骨董品、茶道具、日本刀、美術品などの高価買取をご堪能いただけます。
また取り扱う美術品、骨董品は日本製のみならず中国製や朝鮮半島の物、西洋の物でもお任せください。

九州地方の主な陶磁器

●有田焼・伊万里焼(佐賀県)

有田焼は佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器で、製品の多くが隣接する伊万里津(港)から積み出されていたため、伊万里とも呼ばれました。近代以降は、有田町で焼かれたものを有田焼、伊万里市で焼かれたものを伊万里焼と呼ぶようになりました。
創始期のいわゆる初期伊万里は、呉須と呼ばれる青い顔料で絵付した染付が主で、青磁や辰砂などもみられます。17世紀半ばの古伊万里と呼ばれる時期には色絵が生まれ、古九谷様式、鍋島様式、柿右衛門様式、金襴手様式などに分けられ、その華やかさで一世を風靡しました。現代においても古伊万里の人気は高く、オールドイマリと呼ばれ世界中にコレクターが存在しています。

●唐津焼(佐賀県)

茶人に「一井戸(楽)二萩三唐津」と称されるほど愛された唐津焼。佐賀県から長崎県一帯で生産された施釉陶器で、素朴だが渋みのある焼き物です。唐津は古くから交易拠点であったため、16世紀の終わりには陶器の技術が伝えられていたと言われています。京都、大坂などに販路を拡げ、西日本では「からつもの」と言えば、焼き物のことを指すまでになりました。

●薩摩焼(鹿児島県)

薩摩焼は鹿児島県内で生産された陶器で、堅野系、龍門司系、苗代川系などがあります。藩主向けの御用窯で焼かれた豪華な色絵錦手が施されたものを「白薩摩」、日用雑器として焼かれたものを「黒薩摩」と言います。1867年に薩摩藩が単独で出品したパリ万博において、薩摩焼はヨーロッパの人々から絶賛され、世界に「SATSUMA」の名を轟かせました。

●高取焼(福岡県)

文禄・慶長の役の際、福岡藩主の黒田長政が連れ帰った陶工・八山によって開窯された陶器です。藩窯として繁栄しました。茶人・作庭家として名高い小堀遠州とも交流があり、遠州好みの茶器は「遠州高取と呼ばれ、遠州七窯の一つに数えられています。時代によって様々な個性を発揮しています。

●波佐見焼(長崎県)

長崎県波佐見町周辺で生産された陶磁器です。波佐見は有田と並ぶ一大生産地で、青磁のほか、日用雑器として庶民向けに作られた厚手の磁器「くらわんか茶碗」や、輸出用に作られた徳利型の染付白磁「コンプラ瓶」などが盛んに生産されました。

●上野焼(福岡県)

福岡県田川郡香春町、福智町、大任町で焼かれる上野焼(あがのやき)は、17世紀初頭に豊前藩主の細川忠興の招きにより、李朝の陶工・尊楷が開窯しました。千利休から直接教えを受け茶道の奥義を極めた忠興は、この窯で、己の嗜好に合う格調高い作品を作らせたと言われています。遠州七窯の一つです。

●小鹿田焼(大分県)

大分県日田市の小鹿田地区で焼かれる陶器が小鹿田焼(おんたやき)です。小石原焼からの流れを汲み、飛び鉋、刷毛目、櫛描き、打ち掛け、流し掛けなどの技法が用いられ、素朴で美しい模様が施されています。技法は代々長子相続とされ、弟子を取らず、開窯以来の手法が今に受け継がれています。昭和に入り、民芸運動を提唱した柳宗悦やイギリスの陶芸家バーナード・リーチが訪れたことにより、世界的に知られるようになりました。
小鹿田焼は、江戸時代中期に、天領であった日田の代官により自領内での焼き物需要を満たすために、現在の福岡県の小石原から大分県日田に招かれた陶工の柳瀬三右衛門と、彼を招いた日田郡大鶴村(現在の大分県日田市)の黒木十兵衛によって始められました。よって小鹿田焼は小石原焼と通じるものがあります。
朝鮮系登り窯系の作風で陶土を搗くための臼は「唐臼(からうす)」と呼ばれ、受け皿に溜まった水が受け皿ごと落ちる反動によって陶土を挽いているその音は「日本の音風景100選」の一つにも選ばれている。

MARUKAでは専門知識を持つ骨董鑑定士があなたの持つ骨董品を正確に鑑定し、最高の価格で査定します。まずは電話、メール、LINE査定をご利用ください。
写真を撮って送るだけのメールやLINEを使った事前査定をご利用いただければお手ものと骨董品、美術品などの価値がすぐにわかり売却するのか残しておくのかの判断ができます。自分の持ち物の価値を知っておくことはマルカ(MARUKA)が現在㈳終活カウンセラー協会と一緒になって提唱している「生前整理」の第一歩としても非常に重要な事です。大切な想い出のある骨董品や美術品、日本刀や甲冑などから茶道具まで。残しておきたい気持は理解できますが特に道具類に関しては誰かに使ってもらうのが大事。蔵にしまったままでは道具類がかわいそうです。
そんな次へとつなぐのが私たち古物商の務めです。是非ともお手元に美術品、骨董品がありましたら60年以上の歴史を誇る骨董品買取実績No.lのMARUKAへお任せください。
もちろん京都5店舗、東京銀座にある銀座本店でも骨董の取り扱いはしておりますので遠慮なくお電話ください。また若者の街渋谷にある渋谷店でも、2015年オープンの福岡天神店、2016年オープンの京都北山店でも骨董品、美術品買取を扱っておりますので是非ご利用ください。
365日対応の出張買取なら福岡、長崎、佐賀、大分、熊本、鹿児島など九州地方へも出張査定、出張買取に伺わせていただきます。まずは何より(0120-89-7875)へお電話いただきお話しを聞かせて下さい。

「こんなのガラクタでしょ?」とあきらめずまずはご連絡を。

リアルタイム買取実績速報

みんなは今、MARUKAに何を売りに来てるの?

※中古買取相場は参考価格になります。買取金額を保証するものではございません。

  • 九州エリア以外の方はこちら

骨董品買取実績一覧

  • 美術品
  • 象牙
  • 絵画
  • 刀剣
  • 甲冑
  • 茶道具
  • 珊瑚
  • 掛軸
  • 翡翠
  • 中国骨董
  • 銀製骨董
  • 金製骨董

骨董品についてのコラム一覧

LINE@で査定

京都・大阪・奈良・兵庫・滋賀・和歌山に無料出張見積いたします! 0120-89-7875

※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

無料出張対応エリア

  • 関西エリア
  • 東海エリア
  • 四国エリア
  • 中国エリア
  • 九州エリア
金プラチナ買取価格

2017/10

19

(THU)


10:00更新

オススメ!事前査定

LINE@で査定

その他の事前査定方法

メール査定

読むとちょっと得をする
ためになる

査定士ブログ

もっと見る>>>
エルメス物語 MARUKAお役立ちコラム 生前整理もマルカにお任せ 楽器やドラゴンゲート選手の私物オークション開催中!

その他コンテンツ

求人情報

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ

おすすめ動画

マルカCMソング

マルカCMソング

運営