毛皮買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » 毛皮買取

毛皮

毛皮買取ナンバーワン宣言

毛皮
高価買取専門店MARUKA(マルカ)

毛皮買取はMARUKA。年々需要が減る毛皮、しかし購入時の価格が高くなかなか売ることに踏み切れない方も多いかと思います。毎年クローゼットの中から引っ張り出して処分をどうしようか考える方も多いかと思いますが年々毛皮買取価格は下がり、毛皮買取自体をやめてしまう買取店も増えています。
今なら値段がついて毛皮買取できるラストチャンス。MARUKAならそんな状況の中でも精一杯相場内の最高価格で毛皮を高く買取いたします。

LINE@で査定

MARUKA(マルカ)は毛皮買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取実績速報

MARUKAで買取ご成約いただいた例をリアルタイムでご紹介いたします。

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

毛皮買取

できるだけ高く買ってもらうコツ

  • point

    毛皮ポイント1

    サイズが標準的であるもの

  • point

    毛皮ポイント1

    毛皮製品も買取します。

  • point

    毛皮ポイント3

    お家で眠っているブランド品は一日一日査定金額は下がっています。一日でも早い方が高額買取に繋がります。

  • point

    毛皮ポイント4

    毛並みがきれいにお手入れされているものは期待大です。

  • point

    毛皮ポイント5

    お手入れが難しい部分は無理にご自身で手入れをせずにお持ち頂くかお送り下さい。商品のコンディションで査定額が左右されます。

LINE@で査定

買取サービスをご利用になったお客様の声

MARUKA(マルカ)は買取1位宣言!
たくさんのお喜びの声を頂いております。

  • 1.楽器の買取
    東京都
    40代/男性
    MARUKAのホームページを見て、楽器の買取もお願いしたいのですが、店舗が京都となってます。MARUKA銀座店が一番近いのですがそこでも買取はできますか?エレキギターやベース、エフェクターなどの売却を考えてます。

    (東京都/40代/男性)

    こんにちは、マルカ銀座店の塚田です。 銀座店でも楽器の買取は可能です!楽器店は京都に御座いますが、買取はどこの店舗でも大歓迎です。マルカ(MARUKA)は楽器買取も高いので是非お持ちくださいませ。塚田 哲也

  • 2.管楽器を出張買取お願いしたら、連絡してすぐに来てくれた。
    大阪府
    30代/男性
    管楽器を売りたくて高く買い取ってくれる業者を探していたらMARUKA楽器さんを見つけたので、利用しました。当方、大阪在住だったので京都まではいけないとお話したら「出張買取で良ければ即日行けます」という事ですぐにご対応いただきました。 スタッフの方も大変丁寧で好印象です。 3本くらい売ったのですが、点数があるので少しサービスもしてくれました(笑) この業者さんはとてもオススメです!

    (大阪府/30代/男性)

    この度はマルカ楽器の楽器買取をご利用頂きまして誠にありがとうございます。 当店は楽器買取に特に力を入れている中古楽器専門店ですので、関西圏の大阪、京都、奈良、和歌山、滋賀、兵庫などは予定が問題なければ即日からでも出張買取に伺わせて頂いております。 スピード査定、スピード買取も自信がございます。 今回はお客様にもお喜び頂けましたようで、何よりでございます。 また次回もまた何か管楽器買取のご用命がございましたらいつでもLINEのかんたん査定をご利用くださいませ。 西村 弘樹

  • 3.以前こちらで買わせてもらったものを下取りしてもらいました。
    京都府
    26代/男性
    以前、店頭に置いてあったFenderのジャズベースを購入させて頂きましたものです。 二年前くらいに買わせて頂いたものだったんですが、大切に使わせて頂いておりました。 この前、新しいベースに買い替えるので買取してもらったんですけれど、とてもいいお値段がついたのですごく満足しました!他の所よりも全然高かったので、また何か売る時はMARUKA楽器さんに持って行きます!ありがとうございました!

    (京都府/26代/男性)

    この度はMARUKA楽器の楽器買取をご利用頂きまして誠にありがとうございます。 また、以前当店より楽器をご購入いただきましたことも、重ねてありがとうございます。 今回は特に人気の高いFender(フェンダー)のベースであったということも高価買取の秘訣でございます。 やはり人気の高いFender(フェンダー)、Gibson(ギブソン)製の楽器は、中古市場の需要も非常に多くあります為、特に高価買取させて頂くことが出来るのです。 もちろんお客様が大切にご使用いただけました為、状態が非常によかったというのももちろんございます。 やはり綺麗な状態の方が確実に高く買取させて頂くことが出来ます。 またいつでも楽器買取の際にはお気軽にお申し付けくださいませ。 出張買取や宅配買取でもご利用頂くことが出来ますので、併せてご相談くださいませ。西村 弘樹

  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

毛皮需要の低下

昨今の毛皮需要の低下は大きく2つの要素があるといわれます。
まずは単純に「軽くて薄くて安くてあったかい素材がたくさん出てきた」毛皮はファッションアイテムという側面のほかに単純に「暖かい」という長所があります。中が薄着でも毛皮のコートをはおればどんな寒さも耐えられる、それゆえにイヌイットやロシアの極寒の地に住む人たちが愛用してきたということもあるのですが、最近ではダウンのコートをはじめインナーでも風を通さず保温効果のあるものなどがどんどん開発され軽くて、安くて、薄くて暖かいものがドンドンと出てきて「防寒着」としての毛皮の役目はどんどんなくなってきました。

そしてもう一つ最大の要因は「動物愛護」の観点から、どうしても動物の毛皮を素材にして作られコートを一着作るのにミンク(という動物)を100匹近くも必要、ということで昨今はこの動物愛護の精神から毛皮自体の存在が残酷である、と言われています。最近ではエルメスのクロコダイル(ワニ)がやり玉にあがったりなかなか毛皮というものが認められなくなりました。
この動物愛護が叫ばれだした当初は新しい毛皮作りは罪なので中古の物をうまくリサイクルして、ということで毛皮買取においても活況を見たこともあるのですが現在ではもう「毛皮を着ていることが罪」のような雰囲気ができあがり中古だろうがフェイクファーだろうがなかなか毛皮を着る行為自体が悪とみられるようになってしまいました。これにより毛皮需要は激減し、毛皮買取をしても次に出荷するところがドンドンと亡くなっていくというのが現状です。買取店でも毛皮買取から手を引くところも多く、もしかしたら近いうちに毛皮買取というもの自体がなくなる可能性もあります。

MARUKAでは現在まだまだ毛皮買取をしております。長年続いた老舗質屋だからもつ特別なルートで出荷先を確保していますので今年も頑張って毛皮買取を行っていきたいと思います。確かに相場自体は下がってきておりますがその中でも最大限の価格をつけてあなたの思い出の毛皮を買取させていただきますのでもう要らない、と踏ん切りがついたらなるべく早めにMARUKAへお越しください。

MARUKA(マルカ)の出張買取

毛皮の買取と一口にいっても結構かさばるのが毛皮のコートです。2着3着にバッグ類も、となれば女性一人で持ち運び出来る量ではありません。ましてや車を運転して店舗にいく事ができればいいのですが京都の四条店や東京の銀座店など街中へ出るついでにMARUKA(マルカ)を利用して毛皮買取をとお考えのお客様は大変です。
そんな時は365日対応のMARUKA(マルカ)の出張買取をお申しつけください。専門の査定士がお客様のご都合のよい日を打合せし、迅速に買取をさせていただきます。もちろんそれらの費用は全て無料で買取査定の基準は店頭となんら変わりませんので、お近くだけじゃなく京都や滋賀、奈良や和歌山など遠方でも遠慮なくお申し付けください。お近くによい買取店がないからとリサイクルショップなどへ任せては正確な毛皮買取ができず低い評価しか出ない場合がありますのでまずはなにより毛皮買取を思い立ったらMARUKA(マルカ)へご連絡ください。
合わせてその他のブランドアパレルやダウンジャケット買取、もちろんバッグなどのブランド品や時計、貴金属買取も合わせてご用命ください。
毛皮買取は専門の知識と販売ルートがないと高価買取できません。質の悪いお店などでは「毛皮は今は売れない」と言って買わないならまだしも「こちらで処分しますよ」といってタダや払っても500円程度というひどい買取をされた、というトラブル報告も聞きます。
是非大切にされてきた毛皮買取なら信頼と実績のMARUKA(マルカ)へお任せください。

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在13店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

img1 人類最古の衣服といわれている毛皮。人が衣服を着るようになったのは、環境の変化から身を守る為、というのが最初の理由です。現代のように布を作る技術がなかったので、食べるために捕えた動物の毛皮を加工しそれを着ていました。裸同然で暮らしていた人類にとって、毛皮は防寒衣料として必須だったのです。そして寒さだけではなく暑さ、時には湿気に対応していました。また、毛皮は古代エジプトやローマ時代には権力の象徴とされていました。中世では王侯貴族のステイタスシンボルとして活用され、ファッションとして大きく発展を遂げたのは19世紀中ごろでした。 最近人工的な毛皮作成の技術の発展や、世界的な風潮で毛皮廃止の流れもありますが、一年を通して寒い地域に住んでいる人々は必要最低限の食料と寒さから身を守るために、国から許可をもらったり、動物を捕まえて毛皮を使っていることもあります。 そして太古の昔から毛皮が愛用されてきたということはそれだけ防寒性、加工性に優れたものである証なのです。

毛皮の特徴

毛皮は取扱いや保管が難しく、また高価でもあります。しかしその分、多くの魅力をもっています。基本的な特徴としては保温力、耐久性、通気性に優れていて、天然素材ゆえの心地よさや安心感を与えてくれます。この点は人工的に作るのは不可能といえるでしょう。生地や皮革とは異なり、立体的な素材のため、加工方法によってもまったく違う顔をみせる不思議な素材です。その加工方法も数多くあり、ファッションの面でも私たちを楽しませてくれます。またリフォームの用途も多くあるため、長い間使うことができます。そんな毛皮には非常にたくさんの種類があり、今回はその一部を紹介していきたいと思います。

毛皮の種類

fur1フォックス(FOX)
ご存知キツネのことですが、きつねのなかでもさまざまな種類に分かれます。例えば、「レッドフォックス」、赤キツネは、生息地によって品質に大きな差があります。鮮明で赤みを帯びたオレンジ色をしているものが、一般的に良質とされています。なかでもさらに良質とされているのが、「ファイヤーフォックス」と呼ばれる、火のように赤い色をしたカムチャッカ産のもの。そんな赤キツネの突然変異種である、銀キツネ「シルバーフォックス」。現在は全て養殖です。銀色と黒色の刺し毛の割合によって、全体的に白っぽいものと黒っぽいものがあります。良質とされるのは、黒と銀が鮮明なものです。青キツネ、「ブルーフォックス」の色の薄いものは「シャドーフォックス」といい、ブルーフォックスのほとんどがスカンジナビア産です。フォックスのなかでもシルキーな毛質を持ち、最も毛皮衣料として活用されています。その他にも突然変異や交配により、数多くの種類があります。フォックスは染色が容易なため、コートなどに合わせて染色するなど、トリミングに活用されることも多いです。
fur2ラビット(RABBIT)
こちらもよく目にする毛皮ですね。もちろんラビット=ウサギの毛皮です。毛色の種類が多く、それぞれに名称が付けられています。代表的なものだとシロウサギ、ゴマウサギ、ゴールウサギ、クロウサギ、チンチラウサギ、ブチウサギがあります。特殊な種類としては、毛足の長いアンゴラ種、またはレッキスラビットが挙げられます。レッキスラビットは外側の毛(刺し毛)が退化し、綿毛のみになったもの。肌触りは柔らかくてフワフワです。比較的安価で染色が容易なことから、少々耐久性が低くても幅広く利用されています。
fur3ミンク(MINK)
なんといっても毛皮といえば「ミンクのコート」を連想する方が大多数ではないでしょうか?ミンクはイタチ科、別名アメリカンミンクともいいます。光沢に富んでいるため、「毛皮のダイヤモンド」と称されることも。シルキーな刺し毛、優れた保温力、そのうえ耐久性もあることから、衣料用の毛皮として優れた特質を備えています。そんなミンクのなかでも最高級とされるのがブラックグラマ。その深みのあるブラックには、なんともいえない極上感があります。以前は濃褐色しかなかったのですが、1931年に最初の突然変異種ミンクが出現して以来、豊富な色の種類が加わりました。現在では約40もの種が生産されており、染色も容易です。 同じイタチ科の動物ですと、セーブルやマーテン、アーミン(日本ではオコジョと呼ばれています)やウィーゼル(別名チャイナミンク)、フィッチ、サガミンクなどがあります。
fur4セーブル(SABLE)
日本名では黒テンといい、ロシアで生息するものはロシアンセーブルと呼ばれています。ロシアンセーブルは「毛皮の王様」と呼ばれるほど高い品質を誇っており、チンチラやミンクなどと並ぶ高価な素材のひとつです。さらに希少価値が高いとされているのが、シルバリータイプと称されるところどころに白い刺毛が混じったもの。セーブルは毛足がやや長く、非常に柔らかくしなやかです。光沢にも富み、軽く、耐久性や保温力まで優れています。品質は若干劣るものの、アメリカ産やカナダ産のマーテンはロシアンセーブルに似ているため、アメリカンセーブル、カナディアンセーブルとも呼ばれています。 バブルの頃などでは1,000万円を超えるロシアンセーブルの毛皮なども珍しくありませんでした。
fur5ラクーン(RACCOON) 日本の名称ではアライグマですね。タヌキに似ていて、保温性・耐久性に優れています。有名な使用例ですと、デビークロケットの帽子に使われたことが挙げられます。特徴は尾にあるリング状の斑紋です。
この他にもたくさんの毛皮がありますが、みなさんがお持ちの毛皮・興味をもった毛皮はありましたでしょうか。頑張って買った、人からいただいたけれど、着る機会がなく眠っている。だけど高価なものであるため捨てるふんぎりがつかない。そんなお声もよく耳にします。毛皮はきちんとお手入れをしないと、日々劣化が進んでいきます。もしもタンスのこやしになってしまっているのなら、ぜひ一度、無料査定だけでもお試しされてみてはいかがでしょうか。
毛皮は現在、利用者が少ないため中古販売は非常に難しくなっています。また軽くて暖かい防寒素材が次から次へ開発され、動物愛護の観点からも毛皮に対する風当たりは厳しくなってきています。しかし、日本国内だけでなくヨーロッパやロシアなどにも販路をもつMARUKA(マルカ)。そんなMARUKA(マルカ)だからこそ、高価買取りが実現できます。 「必要なくなったモノを、必要とされるヒトのところへバトンタッチ
MARUKA(マルカ)ではこのリサイクルの理念に従い1円でも高く買い取るための努力と1円でも高く売るための努力を惜しみません。それはMARUKA(マルカ)の中核をなすブランド品買取りも機械式時計でも、宝石や貴金属買取りでも同じで全国トップレベルのMARUKA(マルカ)だからできる最高の買取をさせて頂きます。
京都西大路七条から60年、西院や西京極、西七条のお客様に育てていただき現在では東京の銀座、待ち合わせ場所として有名でかつ地下鉄銀座駅の真上という好立地のマツモトキヨシ銀座5THビルの6階に「ビルのなかなのに」と開店以来一気に話題となり取材も多数受けた京都の祇園の街並みを再現した銀座本店。そして2015年夏にはとうとう初の九州上陸、福岡県の那珂川を挟み博多と双璧をなす繁華街の天神地区、国体道路と天神西通り交差点からすぐに福岡天神店をオープンしました。 続々と進化を続けるMARUKA(マルカ)では渋谷駅宮益坂口(ヒカリエ方面)を出て宮益坂に入りすぐ左手、かつやさん左隣の藤和宮益坂ビルの2階に渋谷店があり中目黒や代官山、そして新宿・池袋方面からも多数のお客様がご来店。また2017年初頭から関西において大阪難波の心斎橋、御堂筋と長堀通の交差点から西へ30m南側、クリスタ長堀南14番出口のエスカレーターを上って振り返ればすぐのガガミラノのビル(RF心斎橋ビル)の5階に心斎橋店。神戸では各種路線が入る神戸三ノ宮駅西口からアーケードの下を南下する事3分、アーケード出口の右手ローソンの上に神戸三宮店があり元町からも徒歩で来店できます。これらすべてのMARUKA(マルカ)の店舗、およびお近くにMARUKA(マルカ)がない地区の方でもご利用頂けるよう宅配買取でも毛皮買取りに対応しております。またいきなり持ち込んだり、送ったりするのはちょっとという方には写真を撮っておくるだけで簡単査定がうけられるLINE(ライン)で査定がおススメ。お気軽にご利用下さい。
LINE@で査定

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ