井上 萬二(いのうえ まんじ)買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー

井上 萬二(いのうえ まんじ)

MARUKA(マルカ)は井上 萬二(いのうえ まんじ)の買取にこだわります。

井上 萬二(いのうえ まんじ)

井上萬二は昭和から平成にかけて活躍をしている佐賀県出身の陶芸家です。また白磁で重要無形文化財(人間国宝)に認定されています。
そんな井上萬二は昭和4年(1929年)に佐賀県有田町で生まれています。有田という地名だけに生家も有田焼の窯元でしたが、この時はまだ陶芸家を目指すことは考えていませんでした。そして軍人として生きることを志します。
昭和19年の井上萬二が15歳の時に海軍飛行予科練習生となりましたが昭和20年に復員することになります。その後は父親の薦めで有田焼の名門である酒井田柿右衛門窯で働くことになります。そんな中、奥川忠右衛門と出会うことにより陶芸の魅力に惹かれていきます。そして奥川忠右衛門の門下生となり白磁を中心にろくろの技術などを学びました。
昭和33年29歳の時に酒井田柿右衛門窯を退社して県立有田窯業試験場で働くことになります。その傍らで釉薬の研究や磁器の成形などの技術を学び続け、遂に伝統的な白磁制作の技法を極めることに成功します。そしてアメリカにあるペンシルバニア州立大学から有田焼の講師として招かれることになります。アメリカではアメリカ人と国際交流をしながら、同じものを目指していても型にとらわれない発想や常に新しさを追求する姿勢を学びました。
帰国後も国内は勿論、海外での活動を広げながら、陶芸家として常に新しい作陶を続けております。その一方で、後進の指導にも力をいれており、これまでの弟子は500人を超えていてアメリカにも150人以上の弟子がいると言われています。そんな井上萬二の初入選は昭和43年の第15回日本伝統工芸展でした。昭和52年に全国伝統的工芸品展通産大臣賞を受賞。そして昭和62年には第34回日本伝統工芸展で文部大臣賞を受賞するという快挙となりました。その後も平成9年に紫綬褒章を受賞しております。
色とりどりの絵付けが中心の有田焼の中で、有田焼の持つ造形の美しさや白磁をとことんまで追求して数多くの作品を作り続けています。単純でありながら奥深い、その高い技術力で作られる作品は大変人気があります。
マルカでは井上萬二の作品を買取しております。MARUKAは京都の下町、西院・西七条で昭和28年にはじまった60年以上の歴史ある質屋が母体です。ですので今どきのブランドショップでは扱わないこういった美術品や骨董品の買取、茶道具や日本刀、甲冑などの買取に強くその他楽器やお酒など古い質屋の伝統を守りながら最新のブランド品や時計、ブランドジュエリーなどの買取にも強い「なんでも任せられる」買取店として現在京都市内5か所、東京の銀座本店と渋谷、そして福岡と全国展開するお店です。井上萬二の作品の売却はマルカにお任せ下さい。遠方の方は出張買取や宅配買取にて全国対応しておりますのでまずはなによりお客様センター(0120-89-7875)へご連絡ください。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる