ブルガリ時計買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ブルガリ時計
ブルガリ時計

ブルガリ時計買取は
MARUKAへ

アルミニウムやブルガリブルガリ、アショーマなどの通常時計からエメラルド、ルビー、サファイアに当然ダイヤモンドに彩られた宝石時計までブルガリ時計買取はすべてMARUKA(マルカ)にお任せください。老舗質屋として時計買取も宝石買取も長き歴史で数多くこなしてきたMARUKA(マルカ)だからこそ出来るブルガリの時計買取はどんな年代のどんなモデルでも他店に負けない高価買取をさせていただきます。東京・横浜・京都・大阪・神戸そして全国から送料手数料無料の宅配買取で全国の皆様からのブルガリ時計買取をお待ちしております。

ブルガリ1
ブルガリ2
ブルガリ3
ロレックス高価買取
高級機械式時計高価買取
LINE@で査定

買取価格速報

MARUKAで買取ご成約いただいた例をリアルタイムでご紹介いたします。

ブルガリの時計買取なら全国のMARUKA

MARUKAは京都市内に5店舗、発祥の地である京都市下京区西七条には今なお質店舗と併設するMARUKA WATCH、すぐ近くの七条通り沿いの本社ビル一階が七条店。四条大宮交差点すぐに大宮店、四条烏丸から八坂神社方面に行き堺町通りと柳馬場通の間、七条通りに面した北側に四条店。そして最新は2018年に四条烏丸の京都マルイ内にオープンした店舗と5店舗、さらに関西では大阪心斎橋の御堂筋と長堀通が交差する交差点すぐに心斎橋店、三ノ宮駅前の神戸マルイと全部で7店舗で買取をしています。
また関東では銀座5丁目のマツモトキヨシ6階の銀座本店を中心に渋谷駅徒歩1分の宮益坂に渋谷店、横浜元町の港山下ナナイロ内のB1F、そして二子玉川駅からすぐの玉川髙島屋S/C店は2018年12月オープン、さらには2019年初頭に新宿店をオープンし全部で5店舗で関東の買取に対応いたします。
全部で12店舗すべてでブルガリ時計買取ももちろん行っており、さらにはそれぞれの店舗から周辺都道府県へお伺いする出張買取、逆に全国どこからでも送料無料、手数料無料でご利用いただける宅配買取なら地方格差なしでブルガリの時計を高価買取。時間もタイミングもお客様任せの宅配買取は非常に便利ですので是非お近くに店舗がなくてもあきらめないでご利用ください。

なぜマルカは高価買取なのか 選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル

ブルガリついてのコラム一覧

こんなものでも買取可能

時計ブランド一覧

その他のアイテム一覧
装飾上

ブルガリの時計の歴史

1857年ギリシャ、エピルスにブルガリの創始者ソティリオ・ブルガリが誕生する。
ブルガリ(BVLGARI)家は、代々ギリシャの銀細工師の家系でありその血を色濃く受け継いだソティリオは幼少時代から才能を発揮していたと言われる。
1884年にローマに移住したソリティアは、システィーナ通りに最初の店をオープンし、それまでファッション、宝飾品といえばフランス風が主流であった時代に古代ローマとギリシャの文化を融合させたブルガリジュエリーが誕生した。現在でも人気の「B-ZERO」シリーズなどにその特徴がよく現れている。

1977年 「ブルガリ・ブルガリ(BVLGARIBVLGARI)」の腕時計を発売開始、現在でもブルガリウォッチの代表となるそのデザインは発表当初から高い評価を受け、現在に至る。
ベゼルにぐるりと刻まれた「BVLGARIBVLGARI」の刻印。これは発表当時世界中にセンセーショナルな衝撃を与え一気にブルガリの時計の名を世の中に認知させました。単純にブランド名を連呼した、と今なら言えるかも知れませんがそれを初めて取り入れ大胆にもベゼルに正面から刻み込んだデザインセンスに世界は驚きを隠しませんでした。ダイアルはシンプルな作りながらベゼルの迫力とあえて二つ残した縦長の12と6が非常にスマートな印象を与え、全体をハイセンスにまとめています。
そしてこのベゼルデザインはその後のディアゴノ(DIAGONO)シリーズにも展開され誰が見てもすぐにブルガリの時計とわかるインパクトを与え続けブルガリ時計買取のなかでも人気の商品となっています。

1990年発表のディアゴノ(DIAGONO)シリーズはこのクラシックからラバー、スクーバ、プロフェッショナルGMT、アルミニウムそしてチタン、スポーツと展開し広くブルガリウォッチの名を世に知らしめた。
なかでも日本では「アルミニウム」が爆発的人気となり時計業界で単なる素材名であるはずの「アルミニウム」というとすなわちブルガリのディアゴノ アルミニウムを指す言葉となり、メインカテゴリーの「ディアゴノ」の名はしらなくても「アルミニウム」の名前はしっている、というほど有名になったモデルである。
1998年に登場したアルミニウム。今まで時計業界ではあまり使用されなかったアルミを使ったケースに特殊ラバーのベゼルとベルトがスポーティでカジュアルな印象を与えますが何よりも世間を驚かせたのは高級ジュエリーブランドがこのような素材を採用したことで、宝飾ブランドウォッチメーカーの時計は豪華絢爛の高級素材を使い、宝石をあしらった・・・という既成概念の打破に成功したことは、常に新しいことに挑戦しつづけてきたブルガリの真骨頂ともいえるモデルです。ブルガリ時計買取は大きく通常の「時計」としての商品とこのような宝飾時計としての両面をもっているのが特徴です。

ブルガリの豊富な種類

ブルガリのリングのなかでも、絶大な人気を誇るB.zero1。女性のみならずそのボリュームのあるデザイン、迫力から男性にもそのファンは多くそんな注目のリングを腕時計にしたらとてもエレガントで上品な時計が誕生しました。リングやペンダントとセットで着用することでトータルイメージを構築でき、また単独でもそのエレガントさのなかにある迫力にこそ、このB-ZERO1(ビー・ゼロワン)の主張が見えてくると思われます。

イタリア語で長方形をあらわすレッタンゴロ(RETTAN GOLO)、宝飾メーカーだからこそできるエレガントなデザインの中、すでにブルガリブルガリのみならずブルガリの時計の代名詞となった12と6のみ細長いデザインをこんどは3と9に落とし込みレッタンゴロは販売されました。

ソロテンポ(SOLO TEMPO)やエルゴン(ERGON)など、ブルガリは個性的でかつブルガリらしさをきちんと継承した多数のモデルを発売してきましたが、近年のヒット作はやはり「アショーマ(ASSIOMA)」でしょう。
「原理」を意味する「ASSIOMA(アショーマ)」。従来のブルガリのテーマであった四角形と円形をうまく組み合わせ融合させたデザインは独特で斬新であり、ケースは最大48mmとビッグサイズになり個性的なフェイスと相まって迫力満点です。
楕円形のケース上には傾斜したベゼルがありこの上下にはもはやブルガリウォッチのアイデンティティーとなった「BVLGARI」のロゴを配しその存在を主張しています。楕円形の厚いケースの左右に配された2本のラインはサイドから見るとラウンドしており、いままでどの時計メーカーも考えつかなかった「ケースの造形自体をデザインする」という常に新しい物を取り入れ挑戦し続けたブルガリだからこそなし得たデザインと言って過言ではない。

熟練の査定士が最高の高値査定で買取いたします。

その他クアドラートやセルベンティなどブルガリでは宝飾品の一部として自由に時計をデザインしてきたと思われるモデルも存在します。
これだけの種類、かつそれぞれに素材違いやダイヤの有り無しなど複雑に分岐したブルガリの時計、MARUKA(マルカ)なら熟練の査定士がそのモデルの現在の価値を素早く、正確に査定しその時の最高の高値査定でブルガリ時計買取を行い、お客様に必ず満足していただける買取をさせていただきます。

装飾下