ブルガリ時計

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ダイヤモンド買取 » ブルガリ時計買取
ブルガリ時計
読み込み中 読み込み中
ブルガリ時計買取額15%UPキャンペーン

MARUKAはブルガリ時計買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

おまとめ査定

時計買取!ブランド一覧はこちら
傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

ブルガリの時計の歴史

1857年ギリシャ、エピルスにブルガリの創始者ソティリオ・ブルガリが誕生する。
ブルガリ(BVLGARI)家は、代々ギリシャの銀細工師の家系でありその血を色濃く受け継いだソティリオは幼少時代から才能を発揮していたと言われる。
1884年にローマに移住したソリティアは、システィーナ通りに最初の店をオープンし、それまでファッション、宝飾品といえばフランス風が主流であった時代に古代ローマとギリシャの文化を融合させたブルガリジュエリーが誕生した。現在でも人気の「B-ZERO」シリーズなどにその特徴がよく現れている。

1977年 「ブルガリ・ブルガリ(BVLGARIBVLGARI)」の腕時計を発売開始、現在でもブルガリウォッチの代表となるそのデザインは発表当初から高い評価を受け、現在に至る。
ベゼルにぐるりと刻まれた「BVLGARIBVLGARI」の刻印。これは発表当時世界中にセンセーショナルな衝撃を与え一気にブルガリの時計の名を世の中に認知させました。単純にブランド名を連呼した、と今なら言えるかも知れませんがそれを初めて取り入れ大胆にもベゼルに正面から刻み込んだデザインセンスに世界は驚きを隠しませんでした。ダイアルはシンプルな作りながらベゼルの迫力とあえて二つ残した縦長の12と6が非常にスマートな印象を与え、全体をハイセンスにまとめています。
そしてこのベゼルデザインはその後のディアゴノ(DIAGONO)シリーズにも展開され誰が見てもすぐにブルガリの時計とわかるインパクトを与え続けています。

1990年発表のディアゴノ(DIAGONO)シリーズはこのクラシックからラバー、スクーバ、プロフェッショナルGMT、アルミニウムそしてチタン、スポーツと展開し広くブルガリウォッチの名を世に知らしめた。
なかでも日本では「アルミニウム」が爆発的人気となり時計業界で単なる素材名であるはずの「アルミニウム」というとすなわちブルガリのディアゴノ アルミニウムを指す言葉となり、メインカテゴリーの「ディアゴノ」の名はしらなくても「アルミニウム」の名前はしっている、というほど有名になったモデルである。
1998年に登場したアルミニウム。今まで時計業界ではあまり使用されなかったアルミを使ったケースに特殊ラバーのベゼルとベルトがスポーティでカジュアルな印象を与えますが何よりも世間を驚かせたのは高級ジュエリーブランドがこのような素材を採用したことで、宝飾ブランドウォッチメーカーの時計は豪華絢爛の高級素材を使い、宝石をあしらった・・・という既成概念の打破に成功したことは、常に新しいことに挑戦しつづけてきたブルガリの真骨頂ともいえるモデルです。

ブルガリの豊富な種類

ブルガリのリングのなかでも、絶大な人気を誇るB.zero1。女性のみならずそのボリュームのあるデザイン、迫力から男性にもそのファンは多くそんな注目のリングを腕時計にしたらとてもエレガントで上品な時計が誕生しました。リングやペンダントとセットで着用することでトータルイメージを構築でき、また単独でもそのエレガントさのなかにある迫力にこそ、このB-ZERO1(ビー・ゼロワン)の主張が見えてくると思われます。

イタリア語で長方形をあらわすレッタンゴロ(RETTAN GOLO)、宝飾メーカーだからこそできるエレガントなデザインの中、すでにブルガリブルガリのみならずブルガリの時計の代名詞となった12と6のみ細長いデザインをこんどは3と9に落とし込みレッタンゴロは販売されました。

ソロテンポ(SOLO TEMPO)やエルゴン(ERGON)など、ブルガリは個性的でかつブルガリらしさをきちんと継承した多数のモデルを発売してきましたが、近年のヒット作はやはり「アショーマ(ASSIOMA)」でしょう。
「原理」を意味する「ASSIOMA(アショーマ)」。従来のブルガリのテーマであった四角形と円形をうまく組み合わせ融合させたデザインは独特で斬新であり、ケースは最大48mmとビッグサイズになり個性的なフェイスと相まって迫力満点です。
楕円形のケース上には傾斜したベゼルがありこの上下にはもはやブルガリウォッチのアイデンティティーとなった「BVLGARI」のロゴを配しその存在を主張しています。楕円形の厚いケースの左右に配された2本のラインはサイドから見るとラウンドしており、いままでどの時計メーカーも考えつかなかった「ケースの造形自体をデザインする」という常に新しい物を取り入れ挑戦し続けたブルガリだからこそなし得たデザインと言って過言ではない。

熟練の査定士が最高の高値査定で買取いたします。

その他クアドラートやセルベンティなどブルガリでは宝飾品の一部として自由に時計をデザインしてきたと思われるモデルも存在します。
これだけの種類、かつそれぞれに素材違いやダイヤの有り無しなど複雑に分岐したブルガリの時計、MARUKAなら熟練の査定士がそのモデルの現在の価値を素早く、正確に査定しその時の最高の高値査定でお客様に必ず満足していただける買取をさせていただきます。