濱田 庄司(はまだ しょうじ)買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー

濱田 庄司(はまだ しょうじ)

MARUKA(マルカ)は濱田 庄司(はまだ しょうじ)の買取にこだわります。

濱田 庄司(はまだ しょうじ)

濱田庄司は昭和に活躍した神奈川県出身の陶芸家です。
重要無形文化財技術保持者(人間国宝)で文化勲章受章者でもあります。現在マルカ(MARUKA)では濱田商事買取を強化中です。お使いならない濱田庄司の作品がありましたら、是非伝統と実績のマルカ(MARUKA)へお任せください。

神奈川県で生まれで東京府立一中学時代から工芸へ関心があり板谷波山に憧れて東京高等工芸学校窯芸科に入学をして在学中に波山に窯業の基礎面をしっかりと学びました。
そして卒業した同年、先輩河井寛次郎が在職する京都陶磁器試験場に入り、ともに釉法の研究に励みます。
柳宗悦、富本憲吉、バーナード・リーチなど民芸運動に携わった人物から知遇を得て伝統的な部分だけでなく、新たな世界観の陶芸に挑戦していきます。
1920年にはリーチの誘いにより英国まで同行します。そしてセント・アイヴスの策窯を手伝い、リーチ・ポッタリで作陶を続け、ついにロンドンのパタソン・ギャラリーで最初の個展を開催して大成功を収める事になります。
帰国後は研究を続けていましたが、結果的に益子焼の産地、栃木県益子に窯を開き、柳宗悦、河井寛次郎らと日常的な暮らしの中にある日用品に「用の美」を見出すという民芸運動を創始し、沖縄、山陰、東北、九州、朝鮮などに精力的に出向き民芸品調査を行う一方、長期滞在して壺屋焼などを学び、非常に多くの作品を残しています。シンプルな造形を自らの手で造り出し釉薬の流描による模様を施すという大胆な技法を用いており、数々の名作を生み出して行きます。
そして、柳宗悦がこの世を去ってからは日本民芸館館長に就任し、日本の工芸界に大きな影響を与えました。
その功績は重要無形文化財「民芸陶器」いわゆる人間国宝保持者に認定されるという形で称えられ、陶芸家としては3人目となる文化勲章を受章しました。濱田庄司は日本民芸館理事に就任するほど民藝へ思いも強かったと言われています。また、国内外の民芸品を展示する益子参考館も開館するほどでした。民藝という文化を守り、数々の研究を重ね続けて茶道具界にも多大な影響を与え続けて行ったのです。
濱田庄司の作品のご売却をご検討中であれば是非マルカ(MARUKA)へご相談ください。マルカ(MARUKA)は京都西七条の地で昭和28年から創業60年を超える老舗の質屋が母体となっております。最近のブランドショップや質屋では鑑定・査定ができないような宝石類や骨董品を幅広く扱っているのが強み。それは京都の4店舗のみならず東京銀座の銀座本店や渋谷宮益坂交差点に隣接し、新宿や池袋方面からのお客様も多数訪れる渋谷店、そして九州福岡、博多や中州からも近いファッションタウン天神にある福岡天神店でも骨董品の買取を取り扱っています。
また全国的にどこへでも出張買取にてお伺いいたします。骨董品は重たくかさばりますし、なにより運送中の傷が怖い物、だったら私どもを呼びつけていただければどこへでもお伺いいたします(出張買取はお客様のご自宅で、と法律で定められております)是非ご利用くださいませ。

軸・絵画、骨董品に日本刀や象牙などにいたるまで骨董買取ならマルカ(MARUKA)へご相談ください。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる