ダイヤモンド高価買取|京都のマルカ

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ダイヤモンド買取

ダイヤモンド
高価買取

大切なダイヤモンドを売るなら
GIA G.G.(米国宝石学会 宝石鑑定士)が在籍する
MARUKA(マルカ)にお任せ下さい。
LINE@で査定

ダイヤモンド買取には知識と経験、特に経験においてはどれだけ今まで本物のダイヤモンドを数多く見てきたかが重要となります。同じ大きさのダイヤでも買取価格は色、質、カットや蛍光性によって数十種類もありその差は何倍にもなります。ダイヤモンド買取時にあなたのダイヤを見立てる査定士の技量が足らないと正しい評価がされず低い評価で安い買取価格しか提示されない、ということもあり得ます。またこのダイヤモンド買取における査定技術は簡単には身につかないもので長年の経験が必要です。MARUKAでは入社後からいくらベテランになっても日々ダイヤ鑑定の研修を続け「伝統ある質屋」としてのプライドと共にダイヤモンド買取を続けています。あなたのダイヤモンド高く売るなら信頼と実績のMARUKAへお越しください。他店相見積大歓迎、ダイヤ買取に自信があります。

ダイヤモンド買取実績他社比較例

圧倒的な知識と相場リサーチ力で限界までの高額査定をしております!

装飾上

HARRY WINSTON

オーバル・クラシック・リング

  • A社
  • ¥520,000
  • B社
  • ¥680,000

ダイヤの価値+ブランド力で査定額はこんなに違います!

¥890,000
装飾下
装飾上

BVLGARI

コロナ ソリテール・リング

  • A社
  • ¥240,000
  • B社
  • ¥360,000
¥410,000
装飾下
装飾上

EMERALD

エメラルドリング

  • A社
  • ¥150,000
  • B社
  • ¥320,000
¥500,000
装飾下
装飾上

DIAMOND

0.5ct ピンクゴールドリング

  • A社
  • ¥25,000
  • B社
  • ¥120,000
¥220,000
装飾下
装飾上

DIAMOND

1.0ct プラチナリング

  • A社
  • ¥200,000
  • B社
  • ¥560,000
¥780,000
装飾下
ダイヤモンド価格一覧

ダイヤモンド買取価格一覧表

カラット カラー クラリティ カット 参考買取価格
0.3ct D VVS1 EXCELLENT ¥60,000
0.6ct D VVS1 EXCELLENT ¥200,000
0.8ct D VVS1 EXCELLENT ¥320,000
1.00ct D VVS1 EXCELLENT ¥800,000
1.50ct D VVS1 EXCELLENT ¥1,450,000
2.00ct D VVS1 EXCELLENT ¥3,000,000
2.50ct D VVS1 EXCELLENT ¥3,700,000
3.00ct D VVS1 EXCELLENT ¥8,000,000
3.50ct D VVS1 EXCELLENT ¥9,000,000
4.00ct D VVS1 EXCELLENT ¥12,600,000
4.50ct D VVS1 EXCELLENT ¥14,000,000
5.00ct D VVS1 EXCELLENT ¥22,500,000
5.50ct D VVS1 EXCELLENT ¥24,000,000
6.00ct D VVS1 EXCELLENT ¥26,000,000
7.00ct D VVS1 EXCELLENT ¥31,000,000
8.00ct D VVS1 EXCELLENT ¥36,000,000
9.00ct D VVS1 EXCELLENT ¥40,000,000

※表示は12月1日現在の買取価格です。掲載は一例です

買取実績速報

MARUKAで買取ご成約いただいた例をリアルタイムでご紹介いたします。

GIA G.G.(米国宝石学会 宝石鑑定士)が正確に鑑定

MARUKA(マルカ)にはGIA G.G.(Gemologist Institute of America)という資格保持者が在籍しております。
GIAとは米国宝石学会のことで、ダイヤモンドの鑑定基準である4C(カラー、クラリティ、カット、カラット)を作った機関なのです。世界的に信頼されているGIAの資格保持者は正確なグレーディングができますので、あなたの大切なダイヤの価値を見極め、最大限の価格をご提示いたします。
MARUKA(マルカ)ではこれらダイヤモンド買取において正確にダイヤモンドをグレーディングできる査定士が揃っているからこそお客様のダイヤモンドを正確に査定・鑑定し高価買取いたします。
ダイヤモンド買取においてこのグレーディングが一番重要なのです。何故なら査定士自身がダイヤモンド買取においてダイヤモンドのグレーディングが出来ないと転売時の赤字を恐れ低い評価しかできないので買取価格は低くなります。正確にグレーディングが出来、ダイヤモンドの最新相場を把握しているMARUKA(マルカ)ではそのダイヤモンド買取においてギリギリの限界価格を提示できます。 昭和28年から続く老舗質屋を母体とするMARUKA(マルカ)ではダイヤモンド買取においてのノウハウの蓄積と実績は他店より頭ひとつ抜き出ています。またダイヤモンドを高く売る販路を日本だけでなく世界中に持つMARUKA(マルカ)だからこそお客様の大切なダイヤモンドを高く買い取る事ができるのです。

  • こんな時はMARUKA(マルカ)にぜひご相談ください!
  • 傷ありや輝きのよくないダイヤのアクセサリーがある
  • 祖母にもらったダイヤの立爪リング、流行のデザインに買換えたい
  • 台座が外れてルースだけの使えないダイヤを売りたい
  • 鑑定書をなくしてしまったダイヤだけど正確な価値を知りたい
  • 片方を無くしてしまって使えないダイヤのピアスがある
  • 他店で見てもらったけど、安くて不満…比べてみたい
選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル

MARUKA(マルカ)は現在全国に12の店舗を展開し、そのどれもが直営店です。それはダイヤモンド買取に置いて一番重要な「査定士の眼」を育てる為、そして恥ずかしくない買取りをさせて頂くために全ての店舗を直営とし、店頭にたつ査定士の鑑定眼育成に力をいれているからです。日々MARUKA(マルカ)ではGIA.G.G(米国宝石鑑定協会)の有資格者を筆頭にその他の宝石鑑定資格保有者、熟練の買取経験者などを指導者として新人からベテランまでダイヤモンドの実物を使い査定(グレーディング)の研修を行っております。

その厳しい研修をクリアーした者がMARUKA(マルカ)の店舗の店頭に立ちお客様の大切なダイヤモンド買取をさせて頂いております。正確にそのダイヤモンドの価値を見極め、最新の世界中の相場を参照して限界ギリギリで買取りをさせていただきます。そのおかげでMARUKA(マルカ)のダイヤモンド高価買取は好評でたくさんのダイヤモンドを買取させていただき、またそれを教材にして査定士が勉強するのでさらにレベルが上がる、という好循環で買取りをさせていただいております。

宝石鑑定、買取はインターネットがどれだけ発達しても、資料がどれだけ揃っていても商品を目の前にした査定士の「鑑定眼」がなければ正確な査定はできません。カメラで写してもレンズ越し、モニター越しでは正確な色やクラリティを見ることが出来ないので、現物を目の前にした査定士の力量によるところが大きく影響します。査定士にダイヤモンドを見る目がないと赤字を恐れて低い評価しか出来ず自然買取価格は低い物しか提示できません。MARUKA(マルカ)では一人一人の査定士がしっかりとダイヤモンドのグレードを見極め、最新の相場表で最高の価格をつけさせていただきます。

あなたの大切なダイヤモンドを高く売るなら東京・京都・大阪・神戸・福岡及び出張買取、宅配買取のMARUKA(マルカ)へどうぞ。

東京は銀座5丁目の晴海通り沿いのマツモトキヨシの6階と渋谷駅の宮益坂口を出て宮益坂に入ってすぐ左手の渋谷店。京都市内5カ所と大阪難波の心斎橋、梅田や天王寺からも御堂筋線で一本の心斎橋駅真上の心斎橋店。神戸だけでなく今では西宮、姫路、岡山そして淡路島や徳島からもご来店いただく神戸三宮店。福岡市内だけでなく遠く山口県や長崎、そして出張買取で大分や熊本県にもお邪魔する福岡天神店と全国にMARUKA(マルカ)がほこる最高の査定士がお客様のご来店をお待ちしております。

MARUKA(マルカ)ならこんなダイヤでも買取可能

知って得する!できるだけ高く売るためのポイント

MARUKA(マルカ)が高く買える理由とは?

高く買える理由
point1

GIA G.G.が自信の最高額をご提示

ダイヤモンド鑑定に自信がない買取店では、損しないように安全圏の中でしか査定ができません。どの店でも「高く買います」と広告していますが、実際に行ってみると鑑定出来ずに二束三文で買おうとしたり、帰ろうとすると急に上司のような人が出てきて「今回は特別に倍出します」などと言ってきたりします。

MARUKA(マルカ)ならGIA G.Gがきちんと査定し、正確に素早く最高金額を出しますので、お客様に無駄な時間も取らせません。どうぞ他店とお比べください。

point2

経験と知識の豊富な査定士

ダイヤモンドの高価買取に定評のあるMARUKA(マルカ)には毎月多くのダイヤが持ち込まれます。本物を扱う仕事の経験量で査定士のレベルが高く、また、市場に持ち込む前に毎回集まった100個以上のダイヤを使い勉強会を開いたり、宝石の鑑定会などにも積極的に参加。鑑定書がなくても正確な査定が行えるのです。

point3

世界に販売ルートがあるから

ダイヤモンドには定価がなく、相場も常に変動しています。創業60年以上を誇るMARUKA(マルカ)には国内外を問わず、海外にも販路が確立されていますので、常に価格動向を把握し、需要の高い場所に供給することで、1円でも高く買えるよう、努力を惜しみません。売却を検討されてる方は、ぜひお気軽にMARUMKAまでお声がけください。

LINE@で査定

売却時に必要な書類

必要なのは本人確認書類だけ!

現住所の記載のある本人確認書類をご用意下さい。
本人確認書類
  • ・運転免許証
  • ・健康保険証
  • ・パスポート
  • ・顔写真付住基カード
  • ・住民票写し原本
  • ・外人登録証
  • 注意無効な身分証明書
  • 身分証明
  • ※法人の方については別途書類が必要です。
     詳しくはフリーダイヤル:0120-89-7875まで
     お問合わせ下さい。

お客様の声

  • お客様イメージ

    埼玉県
    50/女性

  • ふきだし
  • ダイヤモンドの買取が高かったです

    先日、もうずっと付けていなかった婚約指輪の立て爪のダイヤを売ったんです。 初めてだったので何件か買取のお店を回って比較したんですけど、マルカさんが段違いに良い金額を出してくださったのでマルカさんにお願いしました。

  • こんにちは、マルカの菅家です。 この度はマルカのご利用、ありがとうございました! マルカはダイヤモンドの査定に多大なる自信を持っていますので、鑑定書無しのダイヤモンドであっても高めのグレードでの値付けをさせていただくことが多々あります。 自信がなくて低めにグレードを見立てて安い金額から提示するような買取店とは違うということを、ぜひ店頭でお確かめくださいませ。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    菅家 賢

  • お客様イメージ

    埼玉県
    40/女性

  • ふきだし
  • ルースの買取もしていただけるって聞いたけど

    マルカさんではダイヤモンドのルースの買取もしてもらえるって聞いたけど、鑑定書がなくても大丈夫なの?

  • お問い合わせありがとうございます! 確かに弊社ではダイヤモンドルースの買取も行っていますが、基本的にはソーティング済みの鑑定書付きのルースのみが買取対象となります。 また、ご新規のお客様の場合にはソーティング済みであっても一度お預かりをさせていただいてからの買取となるケースもございますのでご了承くださいませ。 いずれにせよ、店頭まで見せにいらしてくださいましたら、その時により詳しいご説明もさせていただけるかと思いますので、ぜひ一度ご来店くださいませ。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    菅家 賢

  • お客様イメージ

    東京都
    50/女性

  • ふきだし
  • ブラウンダイヤも買取できますか?

    カシケイのブラウンダイヤを使ったジュエリーも買取してもらえますか? 前に別のお店に持って行った時にはブランド評価も出来ないし、ブラウンダイヤはダイヤとしての価値がほとんどないから、と断られてしまった経験があります。

  • こんにちは、マルカの菅家です。 この度は当社へのお問い合わせ、ありがとうございます。 マルカではカシケイのブラウンダイヤも買取可能です。 確かにブラウンがかったダイヤモンドは評価は下がるものですが、全くの無価値になってしまうというわけではありません。 また、カシケイのブランドネームも評価には加えさせていただきますので、ぜひ査定だけでもマルカをご利用くださいませ。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    菅家 賢

選べる査定方法
選べる買取方法
フリーダイヤル
店舗一覧

関東エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

ダイヤモンド名鑑

MARUKA(マルカ)はダイヤモンド買取にこだわります

ダイヤの知識が豊富なMARUKA(マルカ)。その魅力を査定士がわかりやすく解説しています。

ダイヤモンド以外の
宝石査定もお任せください

人気のエメラルド・ルビー・サファイヤ、翡翠やサンゴその他の宝石も高額査定させて頂きます!

取扱いアイテム一覧

昭和28年に京都の下町、西院、西七条を発祥の地として60年以上の実績があるMARUKA(マルカ)。古くから資産として宝石類はもてはやされMARUKA(マルカ)でもダイヤモンドをはじめとするたくさんの宝石類を買取してきました。ダイヤモンド買取で重要なのは最新の相場をいち早く集めることはもちろんですが、目の前のダイヤモンドのグレードをしっかりと査定・鑑定し見極めて、その相場表の「どのグレードに当たるのか」を判断することです。

ダイヤモンド鑑定に自信がないと高いグレードと思ってたら実際はグレードが低い、なんてことがあり当然それはお店としては赤字になってしまいます。ですのでダイヤモンド鑑定に自信がなければ安全圏を見てどんどん低いグレードで査定をしていまい買取価格の提示額は低いものになってしまいます。最近お客様によく聞くのは広告やWebサイトでは「ダイヤモンド高価買取」とうたっているのに実際にお店にいってみたら「お預かりしないと値段が出せません」とか「自分で鑑定機関に送って鑑定書をとってからきてください」など店頭にいる査定士が宝石類を見れないようなお店もあるようです。

MARUKA(マルカ)ではGIA G.G.の有資格者を筆頭に各査定士がしっかりとダイヤモンド鑑定の勉強をしており、また多数のダイヤモンドを買取させていただいていますので出荷する前にそれらを一堂に並べて全員で勉強をしています。毎回100個前後のルース(アクセサリーからダイヤモンドをはずして裸石の状態)を並べ、色、クラリティー、カットの良し悪しを書き出し、答え合わせをしながら先輩査定士が後輩に教え、再度鑑定を繰り返す、という事を日々しており査定士の質の向上に努めています。ですのでMARUKA(マルカ)のダイヤモンド買取はより正確な鑑定をし、相場価格のギリギリまで値段をつけることができますので高価買取となるのです。そして高価買取ができるからこそたくさんのダイヤモンドが集まり、それ故にさらに勉強することができ経験を積んでまた査定士の質が上がっていくのです。 小さなお店、お客様の少ないお店はダイヤモンドをはじめとした宝石類の取り扱いが少なく経験値が積めません。バッグや時計と違い宝石類は「色」が重要、しかも非常に微妙な色合いの違いが値段を大きく分けるのでモニター越しではそれらは判別がつかず目の前の生身の人間が判断しないといけません。 結果買取の少ないお店は実地訓練数がすくなく経験が積めず、MARUKA(マルカ)のようにダイヤモンド買取が多いお店はその分査定士も経験を積み正確な鑑定、査定をすることで高価買取ができ、それ故にさらにお客様が集まるのです。

他のお店でお見積もりしたダイヤモンドでもかまいません。お値段に納得がいかなければ是非MARUKA(マルカ)にも来てください。MARUKA(マルカ)の査定士の技術力は高く、鑑別書、鑑定書がないダイヤモンドでもしっかりと査定して高価買取いたします。ダイヤモンド買取は是非60年の信頼と実績のMARUKA(マルカ)へお任せください。

装飾上

4Cについて

カラット(重量)

カラットとは、一般的によく勘違いされますが大きさではなく、重量を表す単位です。1カラット(1ct)=0.2グラムですので、5カラットで1グラムです。 重量が増す(=大きさが増す)につれその希少性により価格は跳ね上がり大きな物ほど1カラット単位の単価は高額になっていきます。

カラー(色)

カラーとはダイヤモンドの色味をD からZ・Z 以下の24 段階に分類したものです。無色透明に近いD カラーほど一般的には単価は高くなりますが、珍しい色味のカラーダイヤが高値をつかる場合もあります。しかしやはり基本は無色透明がベストです。 黄色みが強いほど価値は下がります。「ライトイエロー」などと名前をつけて売られている場合もありますがよほど綺麗な黄色が出ていないと単にカラー評価の低い物に名前を付けているだけ、という判断をされます。
大きなキャラット数のダイヤモンドでむらのある場合は、色の一番濃い部分で評価をします。

クラリティ(明度)

ダイヤモンドのクラリティ図

クラリティーとは、どのようなプレミッシュ(表面上の特徴)やインクルージョン(内包物)があり、どの程度透明度に影響しているかの評価です。 インクルージョンは、プレミッシュよりグレードや価値・美しさ・耐久性に与える影響は大きいです。右記の図は、インクルージョンの内包結晶とフェザーです。インクルージョンの中でも黒く見えるカーボンがあると評価は大きく下がります。また同じ大きさ、色のインクルージョンでも見え方(正面から見て目立つ位置、向き)によっても評価は変わります。

カット(研磨)

ダイヤモンドのカット図

カットによって、色を強調することも インクルージョンを隠すこともできます。したがってカッターはその石の可能性を見極め、最も価値のある特徴が組み合わさるよう計画し、カッティングします。 評価は、Excellent ・VeryGood ・ Good ・Fair ・Poor の5 段階評価です。 鑑定書では略式でEX・VG・G・F・P を表記されます。先に述べたインクルージョンの向きや見え方についてまで計算されてカットは施され、何よりもダイヤモンドの命である「輝き」はこのカットが正確に行われていないと綺麗な煌めきはでません。

寸法について

ダイヤモンドにはカラット数ごとに必要な標準直径寸法があります。0.5ct では5.17mm、1.0ctでは6.52mm が標準直径寸 法です。この寸法を基準として寸法が満たされていないと同じカット評価でも低い評価になります。俗にいう「プロポーションが悪い」という評価になります。同じ大きさでも小さいダイヤモンドを大きく見せるためにわざとテーブルを大きく(その分深さが浅く平べったい)カットしたものなどもありますが、そういったダイヤモンドは同じ色・グレード・大きさのものと比べてがくんと買取価格は下がります。

蛍光性について

蛍光性(Fluorescence)が強いほどこダイヤモンドらしい輝きが弱まります。蛍光性の強いダイヤモンドは特に海外で評価が下がります。ダイヤモンドの蛍光性は、None(無し)、Faint(弱い)、Medium(中)、Strong(鮮やか)、Very Strong(かなり鮮やか) に分けられます。 これらはオイルの含有性に関わることが大きくオイリーなダイヤモンドは肉眼でもギラついて見えます。 また蛍光性の強いダイヤモンドをまるで特殊な性質を持つ特別なダイヤモンドとして売っている事もありますが、買取の際に蛍光性の強いダイヤモンドの価値は低く、同じカラー・グレードのダイヤモンドであれば蛍光性の有無により価格は半分程度になってしまう場合もあります。

その他の加工

最近特に多いのがLDHという加工が施されたダイヤモンドです。これは Laser Drill Holeの略でダイヤモンドのインクルージョン(内包物)を消すためにその名の通りレーザー光線を使いそのインクルージョンまで穴をあけ薬品等を使いそのインクルージョンを除去もしくは目立たなくするような処理が行われたことを表します。 ダイヤモンド購入の際、鑑定書等に「LDH」と書かれていないかご注意ください。これももちろん無加工の物に比べると買取価格は非常にお安くなってしまいます。

装飾下

ダイヤモンドについて

ダイヤモンド

ダイヤモンド(diamond)は、炭素 (C) の同素体の1つで、現在天然で存在する物体のうち最も硬い物質です。だからといって「壊れない」わけではなくて、ある一定方向に一点にある程度の圧力をかけると、その面に沿って割れる性質(劈開性)があるのです。ただ、モース硬度と言われる摩擦や引っかき傷には最高の強さがあるため、他の宝石類とまとめて保管や運搬をしていると他の宝石を傷つけてしまうことも。ダイヤモンドのモース硬度は「10」で最高評価となっています。 また炭素の集合体だからダイヤは燃えるか?というと正確には「燃焼させることができる」状態です。燃焼には超高温と高濃度の酸素が必要であって自然状態でライターやガスバーナーであぶった程度では燃えません。 またダイヤモンドは宝飾品だけではなく工業用としても広く使われています。それは先にも書いた硬度のために他の金属や鉱物などの研磨や切断に適しているからです。 またダイヤモンドは水になじまず、電気を通さずまた薬品等にも強いためにあらゆる用途があるのです。

ダイヤモンドの採掘について

ダイヤモンドの産地はそのトップ6であるロシア、ボツワナ、コンゴ民主共和国、オーストラリア、南アフリカ共和国、カナダだけで世界シェアの90%を占めています(2004年データ) 。ダイヤモンドの母岩となるキンバーライトが古い地質構造が残る場所にしか存在しないので、地質構造の新しい日本ではダイヤモンドは産出されないというのが長年の定説とされていました。しかし近年、1μm程度の極めて微小な結晶が愛媛県の四国中央市産出のかんらん岩から発見され、日本初のダイヤモンドの産出となりました。

ダイヤモンドの採掘は、古い時代では鉱床の近くの河原などで母岩から流出した鉱石を探し出す方式が主流でしたが、1867年にオレンジ自由国と英領ケープ植民地との国境付近でダイヤモンドが発見され、その東隣にダイヤモンドの鉱床となる母岩がある可能性が高いと地質学者が突き止めたことにより採掘の方法も変わってきました。

その母岩のある地域はキンバリーと呼ばれるようになり、母岩を粉砕して大量の岩石を取り出して分別処理をし、その中からダイヤモンドの鉱石を探す方式が以後主流となりました。このキンバリーの鉱床の中からデ・ビアス社が産声を上げ、ダイヤモンドの世界市場を支配することに。 1967年には独立したばかりのボツワナ共和国の北部、オラパ鉱山において非常に大きな鉱床が発見されただけではなく、その後も次々と鉱床が発見されたことで、ボツワナが世界2位のダイヤモンド生産国となり、その利益はボツワナを「アフリカの奇跡」と呼ばれるほどの経済発展、経済成長を遂げることに成功する原動力となったのです。
ちなみにダイヤモンドは1キロ取り出すために5300トンの自然原料が処理されているそうです。

ダイヤモンドの採掘

世界最大のダイヤモンド

「最大のダイヤモンド」というのはどういうものでしょうか?
長らく世界一の「カットされたダイヤモンド」の座を守っていたのはカリナンで、1905年に南アフリカで発見されたダイヤです。カットする前の原石の状態ではなんと3,106カラットもあり、これをカットすることで合計1,063カラットにもなる全部で105個の宝石が出来上がりました。これらは当時の当地国であるイギリス国王エドワード7世に献上されています。 そのなかで最大のカリナンIと呼ばれるダイヤモンドは530.20カラットで「偉大なアフリカの星 (The Great Star of Africa)」と呼ばれ、ロンドン塔内に展示されており、見学することができるのです。
しかし現在、世界最大の研磨済みダイヤモンドは、ザ・ゴールデン・ジュビリーです。この石は545.67カラットもあり、タイ王国、国王ラーマ9世の治世50周年を記念して1997年にタイ王室に献上され、現在これが「世界最大のダイヤモンド」の座に輝いています。

ダイヤモンドの色について

さて、ダイヤモンドは無色透明のものが一番価値があるとされていますが反対の言い方をすれば、それほど無色透明の物が少ないと言えます。ほとんどがイエローやブラウンを帯びた色合いですが、極まれにグリーンやブルー、ピンクなどの色合いを帯びたものが存在します。
ただしグリーンに関しては長時間放射線を浴びていたために色が付いたことが判明していますが、ピンクに関しては現代科学をもってしてもなぜこのような色合いになったかがわかっていないそうです。
また20世紀末頃からはグラファイ、カーボンなどの内包物が多く黒色不透明となってしまったブラックダイヤモンドが宝飾品として一躍注目を集め、かのティファニーに採用されたり、日本でも芸能人が身につけたことによって一時ブームとなりましたが「無色透明ほど価値が有る」の対極に位置するブラックダイヤのリユース市場での買取価格は高くないのが現状です。

ダイヤモンドのお手入れ

ダイヤモンドは水に強く、あらゆる薬品にも侵されないけれども油と馴染みやすい(浸透するというわけではない、ただし内部に油分を持つ物もありそれは蛍光性として現れる)という性質上、宝飾品として身につけていると汚れてしまいますが、家庭でもぬるま湯と中性洗剤で簡単に磨くことができます。 使い古したなるべく毛足の細い歯ブラシがあれば、極々少量の食器用中性洗剤で洗うと本来の輝きを簡単に取り戻すことができるのでご自身でまめにお手入れすることをおすすめします。

装飾下

MARUKA(マルカ)では鑑別書がなくても高価買取いたします!

MARUKA(マルカ)ではダイヤモンドの査定について別途記述しているような4Cと言われる基準に関し、鑑定書がなくても買取が可能です。それは日々修練を積み研鑽を重ねる優秀な鑑定士達が鑑別書、鑑定書に頼らずとも正確に4Cを見極めることができるからです。 さらに日々日本国内のみならず世界中の相場の変動をキャッチし、為替の動き等とあわせて正確に相場を読み、また数多くのバイヤーとネットワークを持つMARUKA(マルカ)だからこそ現在の最高の価格をはじきだすことができます。 MARUKA(マルカ)では現在京都に5店舗、東京の銀座に銀座本店、そして福岡の天神地区に福岡天神店と全国に8店舗で営業しています。
京都で長年培った知識と経験そしてなによりもお客様の事を考えたおもてなしの心、「洗練された空間」「上質の査定士」「最高の価格」で展開する「おもてなしの心で買取」は買取店激戦地である東京の銀座でも業界でも驚かれる速さで認知され、連日多数のお客様にご来店いただいております。 「私たちのやってきたことは間違いではなかった」と九州の博多の隣、天神地区にも出店をさせていただきこちらも京都の宮川町をイメージする素敵な内装でオープン当初から連日お客様にご来店いただくだけでなくメディアにも注目されそれはファッション関連、ブランド品関係だけでなく地元経済誌からも取材を受けるほどです。 また2015年8月30日には京都の旗艦店「四条店」がリニューアルオープン。

今までにない、まるでホテルのロビーのようなエレガントで上質な、それでいて落ち着いた空間でお客様をおもてなし致します。 阪急京都線の烏丸駅、13番出口を出てすぐにあり大丸や高島屋にも近く非常に便利な立地になっています。 ダイヤモンドの買取はバッグなどのように調べれば販売価格がわかるものではありません。そのダイヤモンド自体の評価を決めるのに熟練の技術と知識が必要です。そしてそのダイヤモンドのランクを正確に鑑定したうえでリアルタイムに世界のダイヤモンド相場を把握している事が重要になります。是非信頼と実績のMARUKA(マルカ)へお越しください。
もちろんダイヤモンド買取だけではありません。宝石各種、エメラルドやルビーの買取もMARUKA(マルカ)へおまかせください。またルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)やエルメス(HERMES)、シャネル(CHANEL)などをはじめとするブランド買取でもロレックスなどの機械式時計買取でもMARUKA(マルカ)はどこにも負けません。 ブランド買取激戦地と言われる東京の銀座でも「やっぱりMARUKA(マルカ)」とご好評をいただいており、先日オープンした老舗質屋が圧倒的シェアを持っている福岡の博多、天神地区でも「こういうお店を待っていた」とMARUKA(マルカ)が誇る全国トップレベルの買取がご好評をいただいております。 高価買取を謳うお店はたくさんあります。是非それらのお店と比べたうえで60年以上の歴史があり、東京・京都・福岡と全国に展開し各地で賞賛をいただいているMARUKA(マルカ)とお比べください。

2016年10月京都北山店オープン

北山店

京都市内北側、左京区や北区、上京区の皆様待望の「MARUKA(マルカ)北山店」がオープン。 地下鉄松ヶ崎駅近くの北山通り沿いにたつきんこん館一階におしゃれな内装と現代アート作品を展示してオープン。お向かいはTSUTAYAさんがありコインパーキングもありますのでお車でのご来店にも最適です。

北大路、北白川や鞍馬口方面から上賀茂、宝ヶ池、岩倉などからもアクセス良好です。もちろん今出川や一条寺、修学院などいままでなかなかMARUKA(マルカ)に行きにくかった方、お待たせいたしました!

2017年3月大阪心斎橋店オープン

心斎橋店

去年10月の京都市内北部の北山店オープンに続き、ついにMARUKA(マルカ)も大阪進出です。 場所は御堂筋と長堀通の交差点、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)やカルティエ(Cartier)があるあの交差点、東急ハンズから近いクリスタ長堀の上の交差点から西へ30mほどの南側、1~4階までGAGAミラノがはいるビルの5階に3月1日オープンです。 地下鉄御堂筋線の心斎橋駅を出てクリスタ長堀の南14番出口、のぼりおりともエスカレーターになっている出口をでていただき振り返ったらすぐ。 これによりいままで長距離をMARUKA(マルカ)まで来ていただいていたコアなMARUKA(マルカ)ファンの方。

大阪の南部へお引越しされた方、お友達から噂を聞いてわざわざ京都のお友達に商品を預けてまでMARUKA(マルカ)を利用してくださっていた方、お待たせしました。 地下鉄の御堂筋線の心斎橋駅そばということで南は中百舌鳥や天王寺、あべのから北は中津、東三国、江坂、新大阪と大阪市内を南北に貫く御堂筋線のおかげで非常にアクセスがよくなっています。また南方面は南海電車終着駅難波駅からも徒歩圏内ですので堺、岸和田、泉佐野、泉南に和歌山からもご利用いただけます。

装飾下
LINE@で査定