Jacob Diamond(ヤコブ ダイヤモンド)184.5ct

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く10:00–19:00

Jacob Diamond(ヤコブ ダイヤモンド)184.5ct

Jacob Diamond(ヤコブ ダイヤモンド)184.5ct

MARUKA(マルカ)はJacob Diamond(ヤコブ ダイヤモンド)184.5ctの買取にこだわります。

Jacob Diamond(ヤコブ ダイヤモンド)184.5ct

ダイヤモンド発見にまつわる逸話は諸説様々ありますが、ひとつの起源をたどれば旧約聖書まで遡ると言われています。その頃は今のような研磨技術もない価値も不確かな硬い鉱物といった認識だったそうです。その後古代ローマ時代に入っても今のような研磨された光り輝くダイヤモンドとしての認識はありませんでしたが、一つ変わったのがそのあまりの硬度に神秘性を感じ、厄除けとして広まっていきました。
その時代の事を書き記した文献には当時はダイヤモンドではなく「アダマス(Adamas)」と呼ばれていたようです。アダマスはギリシャ語で何事にも屈しない、征服できないといった意味があるそうです。そこから徐々にダイヤモンドと呼ばれるようになりました。
今の時代ではダイヤモンドは最も硬い鉱物であると同時に最も高価な宝石として世界中に知られていますが、元はルビーやエメラルドなどよりも価値が低い物だったそうです。研磨技術が発達し、輝きを手に入れたダイヤモンドはいつしか他の宝石とは違うと一気にトップの座まで登りつめました。買取業界でもやはり一番評価の高い宝石はダイヤモンドになります。
長い歴史を持つダイヤモンドはこれまでに数多く発見されています。主にインドや南アフリカなどで発見されていますが、その中で歴史上たった2回の研磨しか施されていない貴重なダイヤモンドがあります。
それが「ヤコブ ダイヤモンド(Jacob Diamond)」です。
ヤコブ ダイヤモンド(Jacob Diamond)は現在インド政府が保管していると言われていますが、以前は「インペリアル・ダイヤモンド」「グレートホワイト・ダイヤモンド」などと呼ばれていました。その重さは184.5カラットでクッションカットされたダイヤモンドになります。買取ではラウンドブリリアントカットされたダイヤモンドが数多くなっていますが、ハリーウィンストン(Harry Winston)の製品ですとクッションカットが施されたジュエリー買取もよくあります。
ヤコブダイヤモンドは、宝石商人、アレクサンダー・マルコム・ヤコブが販売していたことでこの名前がついています。もともとは400カラット以上あったと言われておりカットされたことでかなりシェイプアップされています。売り先であったハイデラバード州のニザムの元へと渡ったヤコブダイヤモンドは指輪などのジュエリーにならずにペーパーウェイトとして使われていたそうです。しかししばらくしてヤコブダイヤモンドの利益配分に問題が生じ、最終的に裁判となりました。最終的にニザムの元で落ち着いたヤコブダイヤモンドでしたが不吉なものとしてそのままどこかにしまわれていたそうです。それから年月が経った1995年、最終的にはインド政府がヤコブダイヤモンド他、宝石類を買取したとされています。
こういった巨大なダイヤモンドや宝石類にはいろいろな逸話がついて回るものです。MARUKAでは毎日たくさんのダイヤモンドやエメラルドなどを買取しますが、一度でいいからそういった「伝説級」の宝石を買取していみたいものですね。
さてMARUKAは毎日多数のお客様にご利用いただいておりますが、なんといっても「宝石の買取金額の高さ」が有名です。ではなぜそれだけジュエリー・宝石類を高価買取できるのかといいますと査定士それぞれがしっかりと宝石のグレードを見極める鑑定眼を持つからです。最近テレビでも取り上げられた大手リサイクルショップではインターネットカメラでベテラン査定士が店頭に立つ新人査定士を補助、とかやってましたがあれはカメラで見てもはっきりしているブランド品や時計だけで、宝石類には通用しません。
どれだけ高性能のカメラを使っても、色の具合はカメラやモニターによって違うので肉眼で見たものをそのまま再現できないのです。モニターによってそんなに色が違うの?という疑問は大型家電量販店でテレビがずらっと並び同じ番組をながしているのを見たことがある人ならご納得いただけるでしょう(これほどモニターによって色目が違うのか、と驚いたはずです)
さてマルカは昭和28年から続く質屋が母体です。ですので昔から宝石類の買取は多く、そのノウハウと知識は積み重なり継承されてきました。MARUKAの査定士は店頭にてお客様がお持ちになるダイヤモンドを一つずつ丁寧に査定します。そこに鑑定書・鑑別書の有無は関係ありません。なぜなら例え鑑別書があったとしても時代やその鑑定機関によって評価のブレがあるので、結局最終的には自分の目で見て最新のグレード基準にて判断しないといけないからです。
これができないと高額ギリギリの査定ができなく、損がないようにできるだけ安い値段しか提示できないのです。あなたの大切な宝石・ダイヤモンド、他店で「値段がつかない」とかびっくりするほど安い価格を言われて落ち込んだことありませんか?それはもしかしたら「石を見れない」からだったかもしれませんね。
あなたの大切なダイヤモンド、高く売るならMARUKAです。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
10:00–19:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランドLADY'S
オススメブランドMEN'S
ヘルプとサポート
閉じる