ラジアント・カット

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
ラジアント・カット

ラジアント・カット

MARUKA(マルカ)はラジアント・カットの買取にこだわります。

ラジアント・カット

古代ダイヤモンドはインドでしか発見されておりませんでした。万物の中で最も硬く光り輝く石。その語源はアダマス(Adamasu)「征服されざるもの」何者にも傷つけられない征服されざる者と言う意味である。だがそれが問題であった。ダイヤモンドを磨くものが存在しなかったのです。革命が起きたのは15世紀のベルギーでした。鈍い光のダイヤモンドの原石を一人のある男がそれをついに磨く事に成功しました。彼は万物の中で最も硬いダイヤモンドをどのように磨き上げたかというと、ダイヤモンドの粉(ダイヤモンドパウダー)である。旋盤に塗り込まれたダイヤモンドパウダー、それは現在でもその方法で磨かれております。つまりダイヤモンドをダイヤモンドで磨いたのです。その技術が発見された時からダイヤモンドは本当の輝きを持ちました。それまでに見たことのない眩いばかりの輝き、それ以来ダイヤモンドは宝石の王様になりました。
15世紀に磨かれることで宝石の王座についたダイヤモンドはその後、どんなに美しく珍しい色の宝石が見つかろうとダイヤモンドのその地位は揺るぐことはありませんでした。そして現在そのダイヤモンドをもっとも所有していると言われる国は日本なのです。
そして技術も発展しダイヤモンドの数々のカットが生まれました。現在ではダイヤモンドのカットの種類は数多く、その種類はひとえに数えきれない種類がございます。ダイヤモンドの原石は様々な形、大きさで、どのカットを採用するか、なるべくダヤモンドの大きさを残しながら、どのように効率よくカットするかを緻密に判断します。ダイヤモンドはそのカットによって最終的な価値が決まるのです。数多くあるカットの中のラジアン・カットは一色線に切り落とされたような角が特徴で、その美しさからジュエリー品に多く用いられております。類似のカットにラウンド・カット、バケット・カットなどがあり組み合わせてセッティングしても美しいものとなっております。ラジアン・カットはその形が全て異なり、一番美しいとい合われている形が長方形型のラジアン・カットで、原石の形状から全てがこの長方形の美しい比率に出来る訳ではなく、ラウンド型に近い物もございます。その美しさを図るには、ラジアン・カットの真上から見た時の輝き方でその美しさが大きく異なります。

ダイヤモンド買取に絶対の自信があるMARUKA。京都で昭和28年にはじまり60年以上もの間宝石の取り扱いを続け鑑定と値付けのノウハウを蓄積してきました。またGIA(米国宝石協会)などの有資格者を指導者として日々査定士のトレーニングを積み正確な査定技術を身に着けています。宝石の鑑定はカメラを通すとどうしても微妙な色のニュアンスなどが伝えられてないため、バッグや時計などと違い目の前にいる当人が査定しないといけません。いくらバックヤードに持ち込んでインターネットカメラで本部に問い合わせてもわからないのです。
ですのでダイヤモンドの査定がしっかりできないと安全圏を見て低い評価でしか買取価格を提示できません。それはカラーが1グレード、クラリティが1グレード変わると何割も買取価格は変わってしまうほど大きなものなのです。もし他店であなたのダイヤモンドを査定し、低い評価でショックを受けたことがあるならダイヤモンドの質を疑うだけじゃなくそのお店の質を疑ってみたらいかがでしょうか?MARUKAは相見積もり歓迎、宝石・ダイヤモンドの買取価格でお悩みなら是非MARUKAも候補にあげてください。
「買取価格にもセカンドオピニオン」がMARUKAの合言葉。
京都(西七条、西院、四条大宮、四条烏丸・河原町、松ヶ崎・北山)東京(銀座、渋谷)福岡(天神)、大阪(心斎橋)、神戸(三宮)のMARUKAへ。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる