Aurora Pyramid of Hope(オーロラピラミッドオブホープ・ダイヤモンド)267.45ct

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く10:00–19:00

Aurora Pyramid of Hope(オーロラピラミッドオブホープ・ダイヤモンド)267.45ct

Aurora Pyramid of Hope(オーロラピラミッドオブホープ・ダイヤモンド)267.45ct

MARUKA(マルカ)はAurora Pyramid of Hope(オーロラピラミッドオブホープ・ダイヤモンド)267.45ctの買取にこだわります。

Aurora Pyramid of Hope(オーロラピラミッドオブホープ・ダイヤモンド)267.45ct

オーロラピラミッドオブホープ(Aurora Pyramid of Hope)は、アランブロンスタイン(Alan Bronstein)とハリーロッドマン(Harry Rodman)によって作られた296個の天然のカラーダイヤモンドで構成されるコレクションで、約25年もの歳月をかけた作られた壮大なコレクションとなっておりトータルカラット数は267.45ctを誇っております。
ブルー、ピンク、レッド、グリーン、オレンジ、パープル、イエロー、オリーブ、ブラウン色など、多彩なカラーストーンを揃えており、光の加減でカラーチェンジをするカメレオンダイヤモンド(chameleon diamonds)まで含まれております。現在こちらのオーロラピラミッドオブホープ(Aurora Pyramid of Hope)はロンドンの自然史博物館で展示一般公開されています。
ダイヤモンド以外の色が付いた宝石カラーストーンは、地球上に現在5000種類の鉱物が存在する事が確認されております。その中でも美しくそして長く輝き続ける事ができ、価値を持ち続ける宝石カラーストーンと呼ばれるものはその中からわずか30種類から120種類ほどだと言われており、その中でも安定的な買取価格で取引されるカラーストーンも限られた極わずかな種類となっております。その中でも代表的な11種類のカラーストーンは、ルビー(Ruby)、サファイヤ(Sapphire)、エメラルド(Emerald)、アレイサンドライト(Alexandrite)、クリソベリルキャッツアイ(Chrysoberyl catseye)翡翠(Jadeite)、ブラックオパール(Black Oprl)、パライバトルマリン(Paraiba tourmaline)、タンザナイト(Tanzanite)となりマルカMARUKAではこのカラーストーンの買取りには特に力をいれております。
カラーストーンには、ダイヤモンドのような鑑定書はございませんが、鑑別書が付く事はございます。この鑑別書は品質を評価するものではなく、カラーストーンの種類や処理の有無とその程度が記され、その石の原産地が記載される場合もございます。品質の評価はされておりませんが、カラーストーンを査定する場合にあたっては重要な役割を果たします。また鑑別書を確認する際に注意しなければならない重要な事は、どこの鑑定機関が発行している鑑定書なのかと言う事です。
国際的に知名度が高い鑑定機関は、Gubelin(スイス)、SSEF(スイス)、GIA(アメリカ)、GRS(スイス)AIGS(タイ)などがございます。日本では中央宝石やジェムリサーチジャパンなどが信頼できる鑑定機関とされております。
優れた発色を放ったり、透明感を持っているカラーストーンはその価値も上がり買取金額にも大きく左右されます。鑑定書の中の処理とありますが、多くのカラーストーンにはその見た目を良くする為に、さまざまな処理が施されている場合がございます。その処理の中には市場で認められた処理と認められていない処理があり、鑑別書やソーティングには処理の有無や手法などが記載されています。認められていない処理を施したカラーストーンの価値は著しく低下し買取金額にも大きく影響します。ルビー(Ruby)やサファイヤ(Sapphire)などでよく施されている認められた代表的な処理は加熱処理です。コランダムは余分な色みや暗みを取り除く為に、超高温で加熱し良い発色を出します。その有無はインクルージョン(内包物)の変化の特徴で加熱・非加熱の判定が可能となっております。
現在では非加熱コランダムが市場で価値があり、買取でも高額買取りが期待できるアイテムとなっております。認められていない処理で代表的なのは、ルビー(Ruby)に良く施される含浸処理で鉛ガラスを染み込ませ、キズを目立たなくする処理。サファイヤ(Sapphire)には拡散加熱処理のコランダム内部に元素を拡散させ色を変化させる処理。エメラルド(Emerald)ではコーティング処理で、バビリオン側にコーティング処理を施すことで、見た目の色を改善する処理です。これらの処理をされている場合市場でも価値が落ちてしまいますので、買取でもマイナスの評価になります。
カラーストーンもダイヤモンドと同じく重さ(カラット)を基準に価値が上がります。石の品質が同等品であれば、ダイヤモンドと同じく重さ(カラット)が増えるにつれて、キャラガイ(1ctあたりの価格)が上がっていきます。ガラーストーンの種類によってはある重量(カラット)を越えると、極端に流通量が少なくなるので、突出して価格が跳ね上がる物もございます。またカラーストーンは石種によってその比重が異なる為、見た目た同じ寸法であってもその重量(カラット)が変わってきます。
MARUKAではこういったカラーストーン、日本では色石といわれる宝石・ジュエリー、ダイヤモンドの買取には絶対の自信があります。昨今「ブランドショップ」では宝石類をみることができない査定士、お店も増えておりお客様がお持ち込みになるジュエリー類に対して「小さくて値段がつなかい」「鑑別書、鑑定書がないと買取不可」などと自分が宝石類を見れないことを棚に上げお客様から安く買い取ろうとするところも増えていると聞きます。
創業60年以上の歴史を誇るMARUKAなら老舗質屋として長年ダイヤモンド・宝石類の買取をしてきた実績がありますのであなたの大切な宝石を高く買取させていただきます。
ダイヤモンドをどこに売ろうか悩んだら、全国9店舗、出張買取、宅配買取で全国対応のMARUKAです。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
10:00–19:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランドLADY'S
オススメブランドMEN'S
ヘルプとサポート
閉じる