Hortensia Diamond(ホーテンシア ダイヤモンド) 20.0ct

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
Hortensia Diamond(ホーテンシア ダイヤモンド) 20.0ct

Hortensia Diamond(ホーテンシア ダイヤモンド) 20.0ct

MARUKA(マルカ)はHortensia Diamond(ホーテンシア ダイヤモンド) 20.0ctの買取にこだわります。

Hortensia Diamond(ホーテンシア ダイヤモンド) 20.0ct

Hortensia Diamond(ホーテンシア ダイヤモンド)は20カラットのオレンジピンクダイヤモンドとなっています。ルイ14世はこの淡いオレンジピンクのダイヤモンドであるHortensia Diamond(ホーテンシア ダイヤモンド)をフランスの王冠にセッティングしました。1691年にこの王冠は作られ、フランスのクラウンジュエルズの目録にリストされている19の宝石の内の3番目のダイヤモンドとなっています。
Hortensia Diamond(ホーテンシア ダイヤモンド)は五角形にカットされておりホーテンシアという名前は皇帝ナポレオン・ボナパルトの義理の娘であるオランダ女王の名前から由来しています。このホーテンスはジョゼフィーヌの娘でジョゼフィーヌはナポレオン・ボナパルトと再婚したために、このホーテンスとナポレオンは義理の親子の関係となりました。
1792年にはDepeyronという男に一度盗まれますが翌年には男の供述を元にしてとある家の屋根裏部屋から「Regent Diamond」などと一緒に無事に回収されました。1887年にはフランスの王冠に用いられる宝石類の大部分が売り払われましたが、このHortensia Diamond(ホーテンシア ダイヤモンド)は歴史的価値に鑑みて国内に保存され、現在もルーブル美術館に展示されています。
イギリスの宝石家であるマイケル・ヒンはこちらのダイヤモンドについてこのように解説しています。「Hortensia Diamond(ホーテンシア ダイヤモンド)は僅かなオレンジの色調を持つ非常に素晴らしいピンクの色です。パビリオンには大きな傷や亀裂がある」と述べています。
このHortensia Diamond(ホーテンシア ダイヤモンド)は二度盗まれたことでも有名です。フランス革命の最中の1830年には海兵隊から盗まれています。そういったフランス革命やナポレオンなどの物語を見続けているダイヤモンドなのでしょうね。
このHortensia Diamond(ホーテンシア ダイヤモンド)は20.53カラットの重さでピンクのダイヤモンドとなっています。ガードル(外側の端)からキューレットまで伸びる羽根に傷が入っています。
MARUKAではダイヤモンド買取を強化中です。本家の京都の各店舗はもちろん銀座本店や渋谷店でも査定士があなたの大切なダイヤモンドのグレードをしっかりと見極め、最高の価格で買取させていただきます。また福岡天神店や大阪の心斎橋店など全国すべての店舗にて鑑定書の有無に関わらずダイヤモンド・宝石の買取が可能です。是非あなたの大切なダイヤモンドを一円でも高く売るなら京都で昭和28年創業、信頼と実績のMARUKAにお任せ下さい。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる