ジバンシー買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > ジバンシー買取

ジバンシー買取はMARUKA(マルカ)へ

当店MARUKA(マルカ)では他店ではつかないような価格で高価買取を行っております。また、他店に断られてしまった商品でも買取可能です。無料の宅配買取も全国対応させていただいていますので遠方のお客様でも安心してご利用いただけます。

買取価格速報

MARUKAで買取ご成約いただいた例をリアルタイムでご紹介いたします。

ジバンシー買取にMARUKA(マルカ)が強い理由

豊富な経験と知識に裏打ちされたプロによる

正確な鑑定

直接お客様に販売しません

売り先は世界で一番高く売れる地域へ

買い取った商品を1円でも高く買取るために

専門部署による自社メンテナンス

MARUKA(マルカ)ならこんな状態でも買取可能

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKA(マルカ)にお気軽にご相談ください!

破損している

剥がれている

シミ、汚れ、変色あり

キズあり

LINE@で査定 選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
店舗一覧

関東エリア

  • 東京 新宿マルイアネックス店
  • 横浜元町ドンキホーテ店
  • 東京 玉川髙島屋S・C店
  • 東京 銀座本店
  • 東京 渋谷店

阪神エリア

  • 大阪 心斎橋店
  • 三宮神戸マルイ店

福岡エリア

京都エリア

  • 京都 マルイ店
  • 京都 大宮店
  • 京都 四条店
  • MARUKA 楽器
  • 京都 七条店
  • MARUKA WATCH
  • 西日本宅配センター
LINE@で査定 選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
MARUKA(マルカ)のジバンシー買取について

ユベール・ジバンシー(Hubert・Givenchy)が1927年の2月に設立したブランドです。それがナイチンゲールなどのモデルに代表されるジバンシー(GIVENCHY)です。フランス発祥のブランドで今では世界に誇る一流ファッションブランドです。ルイヴィトン(LOUISVUITTON)やモエ・ヘネシー(MOET HENNESY)などが属する世界的に大きなグループ「LVMH(エル・ブイ・エム・エイチ)」グループに所属しています。1927年にパリにて生を受け、5歳で父親と死別。父方の祖父に育てられたジバンシーが10歳の時にパリ万博でデザイナー作品を見たのがきっかけでデザイナーを志すようになりました。17歳の時にファトのメゾンに入りいくつかのメゾンを転々とした後、1952年に独立し現在のジバンシー(GIVENCHY)を設立されました。初コレクションも同じ年に行われ当時では斬新なアイデアとシャープなデザインが高く評価されました。1954年のオードリーヘプバーン主演映画「麗しのサブリナ」で衣装を担当し、革命的な衣装でジバンシー(GIVENCHY)のブランドはどんどん世界的なものとなっていきました。
1973年にはメンズウェアライン「ジェントルマン・ジバンシー(GENTLEMAN・GIVENCHY)」を発表し、「デ・ドール賞」も受賞しています。そのデ・ドール(DE,dor)賞とはパリのオートクチュールコレクションにて創造的かつ優雅なコレクションに対して、それを発表したデザイナーに贈られる賞の事で、元はピエール・イブギエンが設立したものになります。この表彰は年に二回ございます。1996年にはこちらも世界的に有名なデザイナーでもあるアレキサンダーマックイーン(Alexander Mcqueen)がプルタポルテとオートクチュールの主任デザイナーに就任しました。
その際にこれまでのジェントルマンジバンシー(GENTLEMAN GIVENCHY)から、ジバンシー(GIVENCHY)に名称を変更されました。2001年にはジュリアン・マクドナルド(Julien Macdonal)がプルタポルテとオートクチュールに就任しています。そのジュリアン・マクドナルド(Julien Macdonal)とは、1996年に自身の名前を冠にしたブランドを設立した人物です。ロイヤル・カレッジ・オブ・アートのニットウェアデザイン科(王立芸術大学院))を卒業されていますが、その卒業でのコレクションがかの有名なカールラガーフェルトの目に留まりシャネル(CHANEL)のプルタポルテやオートクチュールのアシスタントなどを務めています。カールラガーフェルトのニットウェアのデザインもこのジュリアン・マクドナルドが担当しています。話はジバンシー(GIVENCHY)に戻りまして、1970年にはアメリカの超高級車「リンカーン」とのコラボで内装をジバンシー(GIVENCHY)が手掛けたり(デザイナーシリーズ) 1980年には国内メーカーの日産自動車とのコラボレーションで同じく(GIVENCHY)使用の内装車(ローレルジバンシーバージョン)が発売されたりと様々な取り組みをされています。24歳にして「モードの神童」と呼ばれたジバンシー(GIVENCHY)の快進撃は平成となった今もなお継続されています。

このジバンシー(GIVENCHY)を愛用されている海外セレブも大変多くここ最近でブランド雑誌では見かけないことがない「ミランダ・カー(MIRANDA・KERR)」も人気の定番バッグ「アンティゴナバッグ」を愛用されています。フォルム等は人気シリーズ「ナイチンゲール」と似ていますが、ジバンシー(GIVENCHY)製品はこのフォーマルなデザインが国内外問わず多くの方を魅了しております。近年セリーヌ(CELINE)やフェンディ(FENDI) シャネル(CHANEL)やフルラ(FRULA)グッチ(GUCCI)にヴァレンチノ(VALENTINO)など さまざまなブランドからフォーマルに使いやすさを追求したバッグやデザイン面で斬新な物が多数発表されています。ジバンシー(GIVENCHY)はそれこそ 奇抜なデザインこそ目立ちませんが、いつまでも一貫したテーマに沿ったデザイン性は最高峰ブランド エルメス(HERMES)と似たものを感じさせます。バッグ(BAG)だけではなく 香水(Perfume)や財布(WALET)など様々なアイコンを発表しています。
香水などではウルトラマリン(UltraMarine)など特に若者に人気があったり等、老若男女問わず何かしらジバンシー(GIVENCHY)製品を使用した事がある方もそれなりに多いはずです。MARUKA(マルカ)ではジバンシー(GIVENCHY)製品も実にたくさんの量を年間で買取りさせて頂いております。皆様殆どがかなりの使用感を盛った状態でお持ち下さいます。それだけ長く愛用されてきた証拠でもあります。一時の人気や流行りで流行するバッグも勿論ございますが長年のロングセラー商品があるというのはそのブランドの強みでもあります。需要が強いのでお値段も残りやすいです。比較的使い古したバッグにお値段はそこまで付かないと思われている方も勿論いらっしゃいますが、しっかりとお値段付きますので是非使わなくなったジバンシー(GIVENCHY)製品はMARUKA(マルカ)までお持ち込みくださいませ。京都のみならず東京銀座や2016年3月にオープンさせて頂きました渋谷店、九州初出店の福岡天神店でも勿論買取強化商品でございます。さらには2017年3月には大阪の心斎橋店がオープン。地下鉄御堂筋線と長堀鶴見緑地線が交わる心斎橋駅を出てすぐという好立地。また同年春には神戸三宮・元町に三宮店がオープン予定と近畿の充実も図っております。全国各地から宅配買取にてジバンシー(GIVENCHY)製品は日々お送り頂いております。各地店頭買取や宅配買取にてMARUKA(マルカ)はどこにも負けない価格を常に提示させて頂いております。国内外に強く需要がございます上にMARUKA(マルカ)独自の流通ルートを生かし、どこにも真似できない価格の実現を可能としましたので、是非ジバンシー(GIVENCHY)を少しでも高くで売りたい方はMARUKA(マルカ)までお気軽にお問い合わせ下さいませ。お待ち致しております。

総合トップへ
LINE@で査定