ジミーチュウ買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く10:00–19:00

ジミーチュウジミーチュウ

ジミーチュウ買取は全国のMARUKAへお任せください。靴からバッグ、財布等今や確固たる地位を築いたジミーチュウ。
あらゆるアイテムをMARUKAでは高価買取中です。2019年3月オープンの新宿マルイアネックスはもちろん、
大阪心斎橋店に横浜新山下の横浜元町ドンキホーテ店など全国のMARUKA及び宅配買取でジミーチュウ買取を強化、どこにも負けない高価買取でお待ちしております。

店頭買取
店頭買取

ジミーチュウ高価買取ならマルカMARUKA'S BENEFIT

benefit

  • 豊富な経験と知識に裏打ちされた、
    プロによる正確な鑑定。

    鑑定イメージ
  • 直接お客様には販売しません。
    売り先は世界で一番高く売れる地域へ。

    地図
  • 1円でも高く売るために。
    専門部署による自社メンテナンス。

    店内イメージ
店頭買取
店頭買取

MARUKAのジミーチュウ買取についてTHAT'S MARUKA

お洒落は天から降ってくるものではなく、足元から立ち上ってくるもの。そのことに気がついた女性たちが、こぞって足を預けるのが高級シューズブランド「ジミーチュウ」これまで、女性にとって「お洒落とは我慢」でした。親指と小指を切り詰めないと入らないような窮屈なサイズと、ジャッキアップするかのように無骨に踵を持ち上げていただけのヒールで足を痛めつける、見た目ばかりいいピンヒールを選ばされていたのです。ところが、ジミーチュウのピンヒールは、そんな女性たちを解放してくれました。お洒落とは心から楽しむことだという原点に立ち返るきっかけになったのです。新作モデルの発売を今か今かと待ち望んでいる人も多いでしょう。足元から立ち上ったお洒落は、バッグや小物に辿り着き、服装を始め全体のコーデを引き締めてくれます。服から決める足元、小物ではなく、足元や小物から決める服。ジミーチュウの靴やバッグに身を包んだとき、自然とそうなってしまう方も多いと思います。これほどまでに高い評価を誇る人気ブランドだからこそ、なかなか手に入らないケースもあり、ショップではバックオーダーが数か月も続く事がある位です。その為、中古市場でも需要は高いですが、MARUKAであれば買取価格は高額設定間違いなしです。特に東京の新店、新宿マルイアネックス店や大阪の心斎橋店などでジミーチュウ買取が急増中。ジミーチュウのブランドアイテムを買ってはみたものの、やっぱり自分には合わなかった。使わなくなったアイテムがあれば、当社MARUKAでジミーチュウ買取を是非どうぞ。

others

ジミーチュウの歴史

ジミーチュウ(JIMMY CHOO)の生まれは1961年でマレーシアのペナンで中国系マレーシア人として誕生しました。
父親(チュウ・キー・イン)が靴職人であったためジミーも幼少期から靴製造に興味を持って11歳にして初めてオリジナルの靴を作りました。その後はロンドンへ製靴の学校へ行き、卒業と共にハックニーで靴工房を構えました。当時ジミーチュウの完全ハンドメイドの靴は上流階級、すなわちセレブの間で高く評価され、イギリスのヴォーグにジミーチュウの特集が8ページにも渡って組まれました。

そんなジミーチュウが世の中に広く知れ渡るようになったキッカケは故ダイアナ妃が彼を支援し、彼の靴を愛用した事からです。それによって彼の芸術的出機能的でもあるシューズはスーパーブランドシューズの仲間入りを果たしました。そんな時に、ジミーチュウの靴に惚れ込んだのが元ヴォーグのライター「タマラ・イヤーダイ」がビジネス拡大の話を持ち掛けて1996年5月に現在も馴染みの深い「ジミーチュウ ltd.」が誕生しました。

「ジミーチュウ ltd.」は創業当初株式をジミーとタマラの父「トム」の二人で50%ずつ保有しました。トムはCEO(取締役会長)でタマラが(代表取締役社長)に就任しました。タマラはジミーの許可なしではありますがアメリカ中を奔走し、全米中ひいては世界中のセレブにジミーチュウの存在を知ってもらうために絶好の機会を得ました。それがまだ皆様の記憶にも新しい全英映画「セックス・アンド・ザ・シティ(SEX・AND・THE・CITY)」での大々的なピックアップです。これによってジミーチュウの名前が世界中に知れ渡りました。

しかしプルタポルテを推進したいタマラとオートクチュールを続けたいジミーとの間で創立当初からではありましたが、方向性の意見が対立していました。この対立の結果はジミーはプルタポルテから完全に撤退しプルタポルテのジミーチュウには一切関与せずにオートクチュールの靴職人として再出発しています。その後は、タワーブルック社が買収し、現在はラベルクスグループの買収によって傘下に入っています。そんなジミーチュウのアイテムはグラマラスであり愛用する女性の女性らしさを引き出すアイテムとして世界中で今でも現在進行形で愛用者が多数存在します。もちろんMARUKAでもジミーチュウ買取は様々なアイテムが増えております。

そのジミーチュウの定番アイテムといえば「CHOO 24:7」コレクションですね!
「一日は24時間。週は7日。シーズンや場面を選ばず、世界中の女性たちのニーズに応えられる」それが「チュウ・トゥエンティフォー・セブン」パーフェクトに近いフォルムからは想像もつかない履き心地で多くの女性に愛用されています。どういった場面でも使用できるこのアイテムは今も昔も多くの女性に長く愛用されています。靴だけではなく バッグも多くの方に支持されています。その代表的なバッグが「サシャ(SASHA)」ではないでしょうか?
ジミーチュウの中でもアイコン的なバッグでスターのスタッズといえばジミーチュウという程に定着しています。スタッズの種類はゴールドやシルバー ガンメタやそれらが混ざったミックス系の物など沢山種類がございます。シンプルなトートバッグにスタッズを散りばめたこのデザインは機能性もデザインも良く、これも靴同様の昔から今現在も尚多くの方に愛されています。靴や鞄があれば勿論財布もございます。財布といえばこちらもスタッズの散りばめられたラウンドファスナー長財布。「フィリッパ(FILIPA)」でしょう。シンプルなデザインですが大きすぎず小さすぎず程良い大きさです。ファスナーを開けやすいようにまずファスナープルが大きくいつでもどこでもプルが掴みやすいというのが一つのデザインでもあり、使用しやすさから愛用者が後を絶たない理由でもあります。
全ての製品に置いてデザインだけではなく 機能面等も全て計算されたジミーチュウだからこそ 今もなお愛され続けておりジミーチュウ買取も人気となっています。国内外で多くの方に支持されています。需要の強いブランドだからこそ お値段も比較的残りやすいです。
MARUKAでは現行で発表される新型のモデルから昔のモデルまですべてを網羅し国内外にたくさんの顧客様を獲得しているからこそ どこよりもジミーチュウ製品買取をどこよりも高額査定でお応えさせて頂く事が可能です。高価買取り専門店とはすべての買取り店が謳っています。一般の皆様にとっては何がどう高価買取りで一体どこに持って行くのが正解なのかわからないのが現状だと思います。我々プロ側としてみれば やはり高く買えるというのは売り先が確実であってこその高価買取だと思います。「いつ売れるかわからない」中での買取りと「売却先が決まっている」買取りではギリギリまで攻めれる金額そのものが違います。「なぜMARUKAは、あそこまで金額付けるんだろう」「あんな値段で買取りしてどうするつもりなのだろう」と多くの同業他社様にも思われているのが現状です。ただ闇雲に高い金額を付けてシェア独占を狙っているわけではございません。しっかりと用意周到に何事も対処できるようにしているからこそ、他社様には簡単に真似できない買取りをさせて頂く事が可能になっています。今で創業65年、長年積み重ねてきた結晶が今となり多くの方々に還元できる時が来ています。
これから更にMARUKAは加速して進んでいきます。京都のみならず東京の銀座や渋谷、横浜、二子玉川に大阪心斎橋と全ての店舗にてすべての皆様の生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)の向上にお役立ちできますよう、さらに精進してまいりますので、なにとぞよろしくお願い致します。また、現在出店している地域以外の方にも是非ご利用して頂きたく 段ボールに詰めて送るだけの宅配買取(段ボール等の手配も致します。お客様は単に箱に詰めて送るだけです)「送るのは不安だから直接見てもらいたいけど遠くて行けない」などという方の為の出張訪問買取りサービス等、MARUKAに目を付けて頂いた方全てのお役に立てますよう様々な買取りスタイルがございます。そのどれを取っても買取り価格は全て同じです。手数料等も一切掛かりませんので 是非お気軽にまずは何でもお問い合わせ下さいませ。皆様のご利用もスタッフ一同心よりお待ち致しております。

2018年はMARUKA飛躍の年
ジミーチュウ買取に便利なLINE査定
店頭買取
店頭買取

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
10:00–19:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランドLADY'S
オススメブランドMEN'S
ヘルプとサポート
閉じる