リモワ買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く10:00–19:00

リモワリモワ

旅行の際に使われるキャリーバッグ。以前は手持ちのボストンバッグなどが主流でその前はルイヴィトンに代表されるトランクが使われていました。
時代は変わり現在はスーツケースとして持ち運びが便利なものへと進化しています。
そんなスーツケース製造の代表的なブランドの一つが「リモワ」です。リモア買取なら是非MARUKAへ。

店頭買取
店頭買取

リモワ高価買取ならマルカMARUKA'S BENEFIT

benefit

  • 豊富な経験と知識に裏打ちされた、
    プロによる正確な鑑定。

    鑑定イメージ
  • 直接お客様には販売しません。
    売り先は世界で一番高く売れる地域へ。

    地図
  • 1円でも高く売るために。
    専門部署による自社メンテナンス。

    店内イメージ
店頭買取
店頭買取

others

MARUKAのリモワ買取について

1898年にドイツのケルンで創業しましたが、当時は創業者の名前から「Paul Morsceck & Co.」という名前でした。「リモワ」と名前を変えたのは、1930年で、息子である「リチャード・モルシェック」の頭文字からとられています。
もともとはエルメス(HERMES)と同じように、馬具製造、販売を主としており、製品のほとんどに牛革が使われているものでしたが変革を起こしたのが息子である「リチャード・モルシェック」です。
1937年に飛行機製造の際に使用される「アルミニウム合金の一種」、「ジェラルミン」にいち早く注目し、従来のスーツケースをより軽量に、そして軽量でありながら優れた耐久性、強度を誇る「リブ構造」のスーツケースを発表しました。当時としては例のない社運を賭けるくらい大胆なチャレンジだったのではないでしょうか。しかし時代を経て現在は多くの方に広まっているドイツを代表するブランドへと成長しています。
軽量化、耐久性への探求心は3代目になってからも変わらず引き継がれ、1984年には耐衝撃性が強く、見た目の光沢も綺麗なABS樹脂製の世界一軽いスーツケースを販売しました。
2000年には、同じドイツの化学工業、製薬会社でもある「バイエル」が開発した「ポリカーボネート」を使ったスーツケースでさらに成功を収めます。
「ポリカーボネート」は、可塑性プラスチックの一種で、耐熱性や、耐衝撃性など各項目に置いて非常に高い数値を示す素材で、その耐衝撃性はガラスの250倍以上と言われています。リモワのスーツケースに限らず自動車関係、医療機器、防弾ガラスの素材としてなど様々な用途で使用されています。
「ポリカーボネート製」が現在の主力になっていますが、その中でも様々な種類、サルサ、タンゴ、ボレロ、リンボ、サンバなど音楽から名前がとられているモデルがあります。
2008年に仕様変更はされたものの、ブランドを代表するジュラルミン製のスーツケースも販売されています。
インターネット販売だけでなく、実際に手に取ってみてほしいといった想いもあり、日本でも徐々に直営店を増やしています。そういった経緯もあるのかリモワ買取依頼も多くなってきております。
旅のお供として旅人から選ばれる高性能の「リモワ」のスーツケース買取はMARUKAにお任せ下さい。
リモワ買取以外にもグローブトロッターなども高価買取させて頂いております。ブランド品買取はMARUKAまでお願い致します。
質屋として創業し70年。MARUKAは京都にて長年地元の方々と交流を持ちながら営業しておりましたが、現在は勢力的に都市区への出店を行っております。京都以外にも東京銀座本店、渋谷店とございます。それぞれ激戦区ではありますが、店内の雰囲気や査定額の高さ、スタッフの対応など大変ご好評頂いており多くの方にご利用頂いております。また、LINEの普及などもありそれを使ったLINE査定も行っております。普段お使いのスマートフォンでLINE@に登録頂けましたらLINEで査定もご利用
頂けます。さらに出張買取、宅配買取も行っておりますので是非ご利用下さいませ。リモワ買取などブランド品買取はMARUKAにお任せ下さい。

店頭買取
店頭買取

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
10:00–19:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランドLADY'S
オススメブランドMEN'S
ヘルプとサポート
閉じる