スターリンギア買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > スターリンギア買取

スターリンギア買取はMARUKA(マルカ)へ

スターリンギア(STARLINGEAR)はデザイナーのリック マーヴェリック(Ryk Marverick)によってアメリカ LOS ANGELES(ロサンゼルス)を拠点に2000年に設立されたシルバーアクセサリーをメインとしたブランドです。

買取実績速報

MARUKAで買取ご成約いただいた例をリアルタイムでご紹介いたします。

スターリンギア買取にMARUKA(マルカ)が強い理由

豊富な経験と知識に裏打ちされたプロによる

正確な鑑定

直接お客様に販売しません

売り先は世界で一番高く売れる地域へ

買い取った商品を1円でも高く買取るために

専門部署による自社メンテナンス

MARUKA(マルカ)ならこんな状態でも買取可能

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKA(マルカ)にお気軽にご相談ください!

破損している

剥がれている

シミ、汚れ、変色あり

キズあり

買取アイテムについてのコラム一覧

LINE@で査定 選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

お客様の声

店舗一覧

関東エリア

  • MEGAドンキ港山下ナナイロ店
  • 玉川髙島屋S・C店
  • 東京 銀座本店
  • 東京 渋谷店

阪神エリア

  • 大阪 心斎橋店
  • 神戸マルイ店

福岡エリア

京都エリア

  • 京都 マルイ店
  • 京都 大宮店
  • 京都 四条店
  • MARUKA 楽器
  • 京都 七条店
  • MARUKA WATCH
  • 西日本宅配センター
LINE@で査定 選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
MARUKA(マルカ)のスターリンギア買取について

創設者のリック マーヴェリック(Ryk Marverick)は1972年アメリカ カリフォルニア州 サンディエゴで生まれました。1989年、リック マーヴェリック(Ryk Marverick)はBMXのプロライダーとして活動しており、17歳の時にエクストリーム系のブランドバッドボーイ(BADBOY)からデザイナーとしてスカウトを受けブランドロゴやウェアーのデザインなどを手掛けーティストとしての道を歩き始めました。その後はLOS ANGELES(ロサンゼルス)で音楽関係の業にかかわり、有名ミュージシャンのCDジャケットやロゴのデザインや、ライブのステージの仕掛けや舞台装置までを手掛けていました。
リック マーヴェリック(Ryk Marverick)が手がけた作品は、ガンズ アンド ローゼズ(Guns N’ Roses) 、ZZ Top(ズィーズィー トップ)、Eminem(エミネム)などです。

またリック マーヴェリック(Ryk Marverick)はシルバーアクセサリーに関してはガボラトリー(Gaboratory)のガボール ナギー(Gabor Nagy)を師とし、ジェブラン ジャウニ(jebran jouni)のブランドであるスキン(SKKIN)のアクセサリーも手掛けていました。

その後リック マーヴェリック(Ryk Marverick)は油絵、インテリア、グラフィックデザイン、アルミアートなど自身の作品を表現する為にスターリンギア(STARLINGEAR)を設立しました。当初はG9(エアロスペース アルミニウム)というスペースシャトルなどにも使われているアルミニウムの合金を使ったインテリアや車のシフトノブなどを製作展示していました。G9は軽くて硬いという特徴があります。
また、ブランド発足の2000年にリック マーヴェリック(Ryk Marverick)は自身でプロデュースしたショールームをLOS ANGELES(ロサンゼルス)のバンクーバーにオープンし、2003年には東京の代官山に路面店のスターリンギア 東京(STARLINGEAR TOKYO)をオープンしました。

スターリンギア(STARLINGEAR)のモチーフは沢山ありますが、メインモチーフはスカルです。スリックスターと名付けられたそのスカルはコミカルなデザインと左右非対称の目が特徴です。スリックスターはリック マーヴェリック(Ryk Marverick)が子供の時に夢に出てきた内容をノートに書きためており、その中から生み出されたそうです。
スカルモチーフはほとんどのシルバーブランドから製作されていますが、コミカルでCOOLなスカルは今まで世に出ていなかった為、彼の作品は瞬く間にファンを増やしていきました。また、日本ではリック マーヴェリック(Ryk Marverick)が来日し、スペシャルなカスタムアイテムや新作の発表、リックとの交流などが出来るトランクショー(TRUNK SHOW)が開催さたり、毎年ハロウィンの時期に限定アイテムが企画されるなどサービス精神も旺盛なデザイナーです。

彼の作品はスリックスターの他にも、ブルーザー、デビルブルーザー、リーパー、ホットヘッド、がナーなどのスカルラインや、ホグスター、ブルドッグ、モンキーなどのアニマルライン、また、神風(KAMIKAZE)、カラス天狗などリック マーヴェリック(Ryk Marverick)は日本の文化にも精通しており和のデザインを組み込んだアイテムも製作しています。
また、スターリンギア(STARLINGEAR)のレザーアイテムはガボラトリー(Gaboratory)でレザーアイテムを担当していたグレッグ エバレット(Greg Everett)が手掛けています。

更に、リック マーヴェリック(Ryk Marverick)はコラボレーション作品も多数展開しており。ピンストライプアーティストのMAKOTO氏やMr.G氏、ガッチョ(gucho)nNAOSHI氏、カスタムナイフアーティストの中山英俊氏、エングレーブ界の重鎮の竹内 重利氏などカスタムカルチャーやホットロッドだけではなく象嵌など和の息吹が吹き込まれた限定品も希少価値が高くトランクショー(TRUNK SHOW)で発表されています。

スターリンギア(STARLINGEAR)は国内外問わず、著名人、ミュージシャン、芸能人など愛用者は多数です。
愛用者はZZ Top(ズィーズィー トップ)のメンバー、アメリカ合衆国の元ボディビルダー、映画俳優、元政治家、実業家のアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Alois Schwarzenegger)、アメリカ合衆国のキックボクサー、プロレスラー、総合格闘家、タレント、俳優のボブ サップ(Bob Sapp)、ウォーキングトレーナーで有名なデューク更家、マジシャンのセロ(Cyril)などです。

スターリンギア(STARLINGEAR)の売却をお考えの場合は付属品(シリアルナンバー入りのギャランティカード、サインギャランティカード、革袋)など付属品の有無によって査定額が変動いたしますのでご注意下さいませ。
もちろん本体のみの状態でも買取可能ですのでご安心下さいませ。

MARUKA(マルカ)は最新のこういったシルバーアクセサリーブランドから鑑定書鑑別書のない宝石鑑定、美術品や骨董品、茶道具買取までなんでも高価買取が可能な買い取り専門店です。そのもととなるのは京都の下町、西院・西七条で昭和28年から続く質屋であり、その後四条大宮、四条烏丸、河原町、松ヶ崎・北山と5店舗を展開、さらには現在では東京の銀座5丁目の晴海通り沿いに銀座本店、渋谷宮益坂下交差点に渋谷店、福岡県は西鉄福岡駅から徒歩5分、国体道路と天神西通りが交わる交差点そばに福岡天神店と全国8店舗の展開です。
そのすべての店舗にてクロムハーツ(CHROME HEARTS)はじめ本日紹介のスターリンギア(STARLINGEAR)も高価買取しておいますので是非ご利用ください。

総合トップへ
LINE@で査定