コーチ

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > コーチ買取

MARUKAはコーチ買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取のことならマルカへ

コーチは今ではキャンパス字にシグネチャー柄が有名ですが本来はアメリカの上質の革を使いこなすブランドです。アウトレットなどにお店を出すことでカジュアルで手が出しやすくなったコーチ、MARUKAではコーチ買取を絶賛強化中です。
是非お手元に使わなくなったコーチ製品があればバッグから財布、アパレルまで高価買取中のマルカへお持ちください。

コーチ
LINE@で査定

リアルタイム買取実績速報

みんなは今、MARUKA(マルカ)に何を売りに来てるの?

※中古買取相場は参考価格になります。買取金額を保証するものではございません。

買取アイテムについてのコラム一覧

MARUKAのおもてなしの心で買取
ブランド一覧はこちら

買取アイテム一覧

LINE@で査定

お客様の声

  • お客様イメージ

    京都府
    40/女性

  • ふきだし
  • コーチは何処も安いんですね。

    先日リサイクルショップと大手ブランド販売店でコーチのバッグ査定してました。結果、コーチは何処も安いんですね。考えた末、最後まで使うことにしました。ネットでマルカさんをみてどれくらいになるか今度お伺いしようと思います。

  • この度はマルカのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。お品物がコーチのバッグということですが1度ダメもとでマルカの査定をご利用頂ければ幸いです。もしかしたら他社様より高い金額をご提示できるかもしれません。当社ではLINE、メールでも簡単な査定をお試し頂けます。宜しくお願い致します。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    小森 悠司

買取方法をこちらからお選び下さい

選べる買取方法

ご利用は全て無料です!キャンセルも無料!

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKAならこんな状態でも買取可能

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKAにお気軽にご相談ください!

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカコーチ買取について

コーチの歴史

シーズンごとに、溢れるように発表される新しいデザイン。さまざまな大きさやカラーのシグネチャー柄に、どんな新しいアレンジが加わるのかと、毎シーズン楽しみに待っているファンも多いでしょう。とにかくラインナップが豊富で、ヴィトンやグッチなどに比べて比較的手頃な価格から購入できるアイテムも揃っていることから、20〜30代の女性が最も多く持っているブランドともいわれています。 このコーチ(COACH)が生まれたのは、他の多くのブランドが生まれたヨーロッパではなく、アメリカ。ファミリーで営む革製品の工房として、いまから75年ほど前の1941年に、ニューヨークのマンハッタンに誕生しました。世代から世代へと受け継がれた技を持つ、わずか6人の精鋭のクラフトマンたちがきめ細やかな作業で作り上げる製品は、瞬く間に目の肥えたニューヨーカーたちに支持されることになります。ちなみに、社名のコーチ(COACH)とは、「乗り物」の意味。当時、四輪馬車の代名詞であったハンガリーのコーチ(Kocs) という都市名に由来しています。 ブランドとして世界的に有名になった現在も、コーチの背骨ともいえるのは、やはりクラフツマンシップ。シンプルかつ考え抜かれた美しいデザインに、上質で丁寧に仕事がされた革のバッグという原点があってこそ、その時代、時代のトレンドを自在に遊ぶことができるのかもしれません。 工房時代のヒットは、1960年代のはじめに発表されたグローブ素材「グラブタン・レザー」を用いた革製品の数々。それまでは一般的な革小物中心だったのですが、野球のグローブに発想のヒントを受け、その丈夫な革を素材にバッグをつくったところ、高い評判を呼びました。このコンセプトのアイテムは、場所を変えて現在もつくり続けられています。

コーチの日本展開について

日本におけるコーチのブランド展開スタートは1988年。筆者が個人的に初めてコーチの製品を知ったのは、1990年前後でした。取材でお会いした建築家のバッグがあまりに素敵だったので、ブランドを尋ねると「ニューヨークで買ったコーチというブランドですが、もう日本でも買えますよ」とのこと。その頃のデパート内のショップは、女性メインのきらびやかな現在と異なり、重厚感のあるインテリア。天井までのびたマホガニーカラーのインテリアの中に、黒、茶、紺など定番カラーのシンプルで美しいグラブタン・レザーのバッグが並べられており、まだ軸足はメンズコレクションにある雰囲気でした。この頃の「Made in U.S.A」バッグは、同じデザインが新製品として購入できるものの(ただし現在の製作地は中国やドミニカ共和国など)、「オールド・コーチ」として現在もユーズド市場で人気を誇っています。裏返せば、それだけまだ使用に耐える製品が家庭に残っているということで、これは非常に珍しい現象です。なぜなら、ヨーロッパのブランドのバッグなどでは、外側の革はキレイなものの、内側に張った合皮などの新しい素材が劣化することが多いため。一方コーチでは、一枚で十分な強度の革を用い、内側に張り物をしないシンプルな作りだったため、経年劣化が少なかったのです。ヨーロッパの老舗ブランドに負けないクラフトマンシップの賜物ともいえそうです。

シグネチャーラインの誕生

COACHの頭文字「C」を様々にアレンジした、ジャガード織り生地を使ったシグネチャーラインの誕生は、コーチがニューヨーク証券取引所に上場した翌年の2001年。「知る人ぞ知る」ハンドメイド工房のイメージから脱し、世界的に展開する総合ブランドへの飛躍を象徴する存在、それがシグネチャーラインでした。当時のクリエイティブ・ディレクターは、トミー・ヒルフィガーからコーチに招聘されたリード・クラッコフ。ハンドメイドの高級革製品アイテムよりも比較的大量に生産でき、かつブランドイメージをより消費者にわかりやすく伝えるシグネチャーラインのアイテムは、狙った通りの大ヒット。コーチ製品の幅を広げ、世界的なブランドとしての認知を高めることができました。現在も、コーチといえば、このシグネチャーラインのイメージは強く、さまざまなアイテムの製品がつくられています。

初期の代表的なデザイン

1962年からデザイナーを務めた、ボニー・カシンは、ショッピングバッグからデザインのヒントを得て、丈夫な持ち手と外側に小銭入れになるポケットのついた薄手のビッグをデザイン。3タイプの大きさから好みのタイプも選べ、使いやすいこのバッグは「カシン・キャリー」と呼ばれ、とても流行しました。 もう1つ、カシンがデザインし、いまもコーチのアイテムに残るデザインモチーフが、「ターンロック(TURN-LOCK)」。オープンカーのルーフの留め具からヒントを得たといわれており、上質な革の色ごとにゴールドやシルバーのターンロック金具を使い分けたバッグは、1990年代の日本でも多くのファッション雑誌で取り上げられました。定番だけでなく、ネオンカラーを打ち出した2015のスプリングコレクションにもターンロックのアイテムが登場。鮮やかなオレンジのパンチングレザーのパースやポーチなどにこの金具が用いられているアイテムが大きく紹介されており、ターンロックはブランドロゴにも代わるシンボル的な存在なのだと再確認できます。

代表的なデザイン&コレクション

【ダッフルサック】
原型は1973年に発表された、グラブタン・レザーのしなやかさを生かしたバケツ型のバッグ。たっぷりの容量でオンオフに使いやすく、シグネチャーラインのジャガード+レザーの復刻バージョンでは大きなヒットになり、さまざまなバリエーションが製作されました。

【ランチトート】
少しずつデザインやカラーリングを変えてリリースされた人気バッグ。特にブラックのシグネチャーの内側にブルーのサテンを張ったバッグは定番人気となり、内側を同系色にすることが多かった国産ブランドでも、内側の布を鮮やかなカラーにすることが流行しました。

【マディソン・シェブロン・コレクション】
こちらはデザインではなく、2011年に発表された創業70周年を祝うコレクション。独特のシャーリングを施した新素材にレザーをトリミングして、いままでにないエレガントな高級感を演出。クラシックな中にもモードを感じさせるバッグで高い支持を集めました。

マルカのコーチ買取について

当社で年々買取のご依頼をいただくのが、コーチの買取になります。コーチは、バッグや財布などが人気です。元々は、野球のグラブに使われている革を使用したハッグを生産していたため、メインのターゲットは高齢の男性でした。しかし、後に上場企業となり、バッグや財布などを販売し、ファッション業界へ発展をしていき、今や若い女性から圧倒的な支持を得ています。よく目にするのが、コーチ(COACH)の頭文字である「C」のアルファベットを使用したモノグラムが特徴です。その他に人気のあるハイブランドのものに比べて価格も比較的リーズナブルで、皮革製品ブランドだったので革には定評があります。また、少しカジュアルなものが多いのも特徴の1つで、デイリーに使用することが出来ます。コーチと言えば、カーキなどの落ち着いたカラーをイメージする人も多いですが、ピンクやグリーンなどのポップなカラーが使用されているものもあるので、20代~30代の女性には大変人気があります。コーチは中古市場でも高値で取引がされており購入を希望する方が大変多く、当社であれば昔のものでも高額で買取させていただくこともございますので、使用していないコーチのアイテムがあれば是非一度MARUKAの無料査定をご利用ください。 MARUKAでは京都で5店舗、そして東京銀座晴海通りに面したマツモトキヨシ銀座5THビルの6階にて銀座本店が皆さまのお越し、お問い合わせをお待ちしております。お気軽に査定をうけていただくために電話だけではなく写真を撮っていただいてメール査定やLINEで査定なども対応しておりますので是非お気軽にご利用ください。 また京都近郊、東京近郊その他の地域でも出張買取に対応しておりますし、遠方のお客様には送料やキャンセル費用、返送費用も全て無料の宅配買取もありますので是非一度信頼と実績、60年の歴史MARUKAをご利用ください。
総合トップへ
LINE@で査定