デイトナ

ROLEX社が誇る人気No.1のスポーツモデルデイトナ(DAYTONA)
言わずと知れた人気モデルで、
モータースポーツの聖地フロリダ州のデイトナから
名付けれらたことは有名ですが、
ル・マン24時間やロレックス24時間耐久レースの優勝者に
これらが贈られている事まではあまり知られていません。

正式にはオイスター パーペチュアル
コスモグラフ デイトナといい、
堅牢性、確性(精度)、効率性、精視認性、信頼性、防水性を備え
当然ながら自動巻機構を持つだけでなく、
「腕時計」としての快適性と エレガンスも備えた、
時代を超越する最高級の腕時計です。

エクスプローラー

エクスプローラー(EXPLORER)は世の
探検家のために開発したモデルになります。

非常に洗練されたスタイルで、
どのようなシーンであってもマッチする
スポーツロレックスの基本とも言えるモデルです。
ロレックスエクスプローラーの製品では
黒の文字盤で発表されることが大半で、
世界中の腕時計の中でも類を見ないほどの視認性を誇っています。
そのシンプルで目立ちすぎに外見とは対照的に、
どんな過酷な状況下でも能力を発揮することの出来る
強健な構造を有しています。

GMTマスター

1954年にロレックスから発売された腕時計で、
パイロットのために開発されたものです。
異なる場所の時間を把握することが出来るGMTマスターには、
ⅠとⅡがあり、Ⅰは異なる2つの場所の時刻を知ることが出来ます。
Ⅱは、最大3つのタイムゾーンを知ることが出来るのです。

発売当初は、それほど人気がありませんでしたが、
2007年にモデルチェンジを行ってから
旧型モデルも注目されるようになりました。

ミルガウス

ミルガウス(MILGAUSS)の名前の由来は
フランス語から1,000を意味する「ミル」と
磁束の密度を示す「ガウス」から発展した造語です。

そのオリジナル製品が最初に開発されたのは
1953年のことであり、磁場の高い環境で勤務している
レントゲン医師や、無線を用いた仕事をしている人向けに
相応しい腕時計として生産されたのが始まりでした。

ミルガウスは、シンプルな容貌からは
想像も出来ないほどの高いスペックを有しています。

サブマリーナ

サブマリーナは、ロレックスの人気モデルの1つです。
Ref.6538においては、俳優のション・コネリーが
映画007で装着したということもあって話題となりました。

シードゥエラー

1970年代に誕生したロレックスのダイバーズウォッチが
「海の住居人」シードゥエラーです。
ロレックスのダイバーズウォッチではサブマリーナなども有名ですが、
サブマリーナよりも大層度潜水に適した
本格的なダイバーズウォッチです。

シードゥエラーはロレックスが
深海で仕事をする人々の為に開発した時計です。
その為、深い海の底でも使いこなすことができる徹底した作りにおり、
シードゥエラーはこだわりの元に作り込まれた時計で
非常に価値が高い時計と称されています。

ヨットマスター

ヨットマスター(YACHTMASTER)は、自家用のクルーザーや
ヨットなどでリゾートを楽しむ
セレブ層にをターゲットとして開発されました。
先述の開発目的のため、ロレックス(ROLEX)製品の中でも、
特に高額な値段をつけられることが大半です。
高級という位置づけがなされているために、
立体的に加工された独特のデザインが採用され、
ロレックス製品の中でも異彩を放っています。

船上での使用を主な目的としているため、
非常に優れた防水機能を誇っています。
ヨットマスターシリーズ製品は、ロレックス製品の中で唯一の
3サイズ販売(メンズ・レディース・ボーイズ)となっており、
家族間や友人同士でのペアルックとしてのステータスにもなっています。

デイトジャスト

なぜデイトジャストと呼ばれるのかというと、
このモデルに共通の独特の機構が由来しています。
日付が変更すると同時に、カチッ、と小気味よい音をたてて
盤面の日付表示が変わる腕時計の機構。
これを「デイトジャスト機構」といいます。
オイスターケース、パーペチュアル機構とあわせて、
いわゆる「ロレックス三大発明」の1つに数えられています。

エアキング

ロレックスのモデルとしては、比較的低価格で求めやすいので、
ロレックスの腕時計を一番最初に入手するならこれ、
という形で紹介されることが多々あります。
流通の量も非常に多く、お手頃なブランド腕時計といえるでしょう。
しかも、2007年のモデルチェンジからバリエーションが豊富に増え、
選べる楽しみまで加わりました。
現在の人気は、ホワイトのバーにブルーの盤面、
ホワイトのバーにシルバーの盤面、
ホワイトのバーにホワイトの盤面などが好評です。

デイデイト

初代モデルの発売は1956年であり、60年近く経過した現在でも、
初代のフォルムの大部分を継承していますが、
今になっても古臭いところがなく、素材もステンレスをまったく使わず、
プラチナやホワイトゴールド、イエローゴールド、
ピンクゴールドの4種類の素材だけが
使われているという特徴もそのままです。

まさにロレックスの腕時計の中で、
これ以上のものは存在しないハイエンドモデルです

ルイ・ヴィトンのアクセサリー

2008年に新しいモデルとして登場したのが「ディープシー」です。
1971年に発売された人気モデル
シードウェラーの防水性を高めたもので
ディープシーという名の通り、深海でも使用することが出来、
その防水性能は、なんと3900メートルです。
ディープシーは、巨大な水圧に耐えながら、完璧に機能し、
現在販売されている機械式時計の中では、最高クラスの防水度です。
また、ディープシーの魅力は機能だけではなく、
デザインも特徴的であり
サイズが大型で、圧倒的な存在感があります。

モノグラム ダミエ・エベヌ/アズール モノグラム ダミエ・グラフィット モノグラム・マルチカラー ダミエ・アンフィニ ヴェルニ エピ ルイ・ヴィトンのアパレル ルイ・ヴィトンのアクセサリー ルイ・ヴィトンのアクセサリー

マルカのロレックス買取

MARUKAでは京都No.1との呼び声も高い時計の取扱量で
それはそのままお客様からの信頼の証であると自負しています。
機械式時計を理解し、正しく鑑定、
査定するにはどれだけたくさんの本物の時計に
触れてきたかが重要であり、
それはどれだけ努力しても座学では身につきません。

MARUKAでは査定士を一人一人丁寧に育成し、
圧倒的な物量で実地の経験を積ませます。
それによりお客様から信頼されまたたくさんの時計が集まり、
それを糧として査定士はまた研鑽を積み
新たな信頼と信用を勝ち得ていくのです。
京都に5店舗、そして東京の銀座にも銀座本店を持つMARUKA、
あなたの大切なROLEXをお任せいただくのに
ふさわしい査定士がお待ちしております。

ロレックス買取ラインナップ

宅配買取詳しくはコチラ
  • ブランド品買取のマルカに商品をお送りいただく時はもちろん、キャンセル時の商品のご返送時も送料は無料です!(貴金属を除く)

  • 梱包用の箱がご用意できなくても大丈夫です。ブランド品買取のマルカから無料で梱包キットをお送りさせていただきます。(貴金属を除く)

  • ブランド品買取のマルカでは、査定金額に納得がいかずにキャンセルされた場合にももちろんキャンセル料はかかりません。(貴金属を除く)

※その他、どんなものでも捨てる前にご相談ください。写真だけでも査定ができます。

  • LINEで査定
  • MAIL査定





ロレックスの歴史

1905年、ロンドンにロレックスの前身である「ウィルスドルフ&デイビス社」が時計の輸入を始めた事が、このブランドの始まりです。ロレックスの創業者であるハンス・ウィルスドルフは、もともと時計職人ではなく、どこにでもいるビジネスマンでした。
1908年に「ROLEX」がラ・ショードフォンに商標登録され、現在のロゴが出来あがりました。ROLEXという名称は、自社の時計に、短く、どの言語でも発音し易く、記憶に残り、刻印したときに美しく見えるように、という思いを込めて作られました。
1927年、時計の防水性を証明するために、若きイギリス人スイマー メルセデス・グライツ嬢が、ロレックスを着用してドーバー海峡を渡りました。この時にかかった時間は10時間以上であったにもかかわらず、時計は完璧に動作し続けました。
この快挙を称えるため、ロレックスは、英国紙「デイリー・メール」の一面に全面広告を掲載し、防水性をアピールする事になり、この時を機に、ロレックスの知名度は上昇します。
この広告にかかった費用は、現在の日本円にして1億円以上と言われています。

現在のなじみ深い王冠マークが使用され始めたのは1926年の事で、1933年にはエベレストを越えて飛行する初めての探検にロレックス・オイスターが携行されました。この時計は過酷な飛行に耐え、優れた性能を発揮します。
1935年には、世界最速のドライバーの一人であるマルコム・キャンベル卿がスピードの限界に挑戦します。彼はロレックスの時計を着用してブルーバードのハンドルを握りユタ州のボンネビル・ソルトフラッツで時速485㎞という地上最速記録を樹立しました。





1945年にはデイトジャスト、53年にはエクスプローラーサブマリーナが登場し、1954年にはGMTマスターと数々のモデルを発表します。
1953年、ジョン・ハント卿率いるエベレスト登山隊のエドモント・ヒラリー卿とテンジン・ノルゲイが、ロレックスの時計を携行して、20世紀初頭からの長年の悲願だったエベレスト登頂に成功します。世界で一番高い山に登るという偉業の後は、世界で一番深いところへの旅へと挑戦、1960年深海潜水艇トリエステ号が、世界で最も深い海、マリアナ海溝への潜水に成功します。

ドン・ウォルシュ大尉が指揮をとり、海洋学者のジャック・ピカールが同伴したこの試みには、ロレックスのディープシースペシャルが使用されました。
2012年には映画監督でナショナル・ジオグラフィックの探検家でもあるジェームズ・キャメロンがマリアナ海溝での初の単独潜水を行いましたが、この時に同行した時計がロレックスの時計でした。バードのハンドルを握りユタ州のボンネビル・ソルトフラッツで時速485㎞という地上最速記録を樹立しました。







ロレックスは、長い歴史の中で様々な冒険に挑戦してきましたが、芸術分野にも多大な貢献を果たしており、世界中の文化に対して、個々の卓越性と完璧性の追求を援助してきました。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の開催するニューイヤーコンサートは、70年以上も比類なき美しさと華麗な演奏で聴衆を魅了しています。新年の幕開けにおける音楽的な象徴とも言えるこのコンサートをロレックスは2008年から専属パートナーとして援助し、2009年からは専属スポンサーを務めています。
その他にもスカラ座やパリ国立オペラの後援や、世界的なチェロの名手であるヨーヨー・マとの連携など多岐に渡って音楽業界と繋がりを持ち続けています。
建築の分野では、ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展覧会において名誉ある専属パートナーを務め、馬術競技では、50年に渡りこの由緒正しき世界と特別な関係を築いてきました。テニスとの関係はロレックスがウィンブルドンのオフィシャルタイムキーパーとなった1978年から続いており、ロジャー・フェデラーやジュスティーヌ・エナンなどの選手と関わりがあります。
ゴルフの世界では、1967年以来、伝統を重んじ完璧性を追求するこのスポーツへの情熱を持ち続け、伝統と名声の象徴であるマスターズ・トーナメントや全米オープン、全英オープンと提携し、タイガー・ウッズとも関わりがあります。
モータースポーツの世界との強い絆は、1930年代にまでさかのぼります。世界有数のモータースポーツ・シリーズであるFormula 1や伝統が息づくクラシックカーイベントなどで、パートナーを務め、ル・マンの24時間耐久レースなどへも協賛しています。また、独自の賞であるロレックス賞を設け、科学や医療、応用技術、探検と発見、文化遺産などへの支援を行ってきました。
この他にもロレックスと言えば、ボンド・ウォッチとしても有名です。イアン・フレミング原作のスパイ小説007シリーズでは、主役のジェームズ・ボンドがロレックス・オイスターを愛用しています。映画の中に登場する秘密兵器としてサブマリーナモデルが使用され、数多くの改造が施された武器として登場してきました。



防水性のシンボルであるオイスターケースは、デザイン性と機能性の融合に成功しており、明確なコンセプトのもと、製造されています。ブレスレットは、信頼、快適、エレガントをモットーにして製作されており、人間工学に基づいて十分な研究がなされ、堅牢性、デザイン、光沢について最先端の技術とノウハウ、職人の熟練の技が活かされています。
素材にも厳しい基準が設けられていて、耐蝕性に優れた特別仕様の合金904スチールを使用しており、このステンレススチールは、通常ハイテク産業や宇宙工学で使用されるもので、それゆえの堅牢性を兼ね備えています。

ムーブメントにおいては、精度の高さにも行き届いた精密さが息づいており、スイス公認クロノメーター検査協会により、認定を受けており、これには様々な向き、温度下での15日間の昼夜を徹した検査に合格しなければなりません。このように、目に見えぬところに卓越した技巧が凝らされており、その機構を目の当たりにした人物は、世界的な名声の所以を垣間見ることになるでしょう。
1999年からは、自社開発のCal.4130を採用して、全てのムーブメントがロレックスのオリジナル製になりました。スポーツタイプの高機能モデルは、特に買取価格も高額になります。ポールニューマンやCOMEXなどのレアなモデルも高額査定してますので、売却をお考えの際には、是非当店にお問い合わせください。





ロレックス(ROLEX)について語るとき、そこにある本質は、言い表わすことのできないものである、と言われています。
ブランドとしての長い歴史の中で、ロレックスは、数多くの時計製造における革新的新技術を開発しており、400件を超す特許を取得しています。時計に必要なすべての部品のデザイン、開発、鋳造、機械加工や組み立てに至るまでを自社内で行い、6,000人を超える従業員が、日々技術を磨いています。

良い小説や映画を観たとき、言いようのない心地よい感覚を感じる事があるように、ロレックスの時計を見たとき、そこにも同じような思いを抱くことがあります。卓越性の追求、絶対的なものへの探求、独創的なアプローチと革新的なソリューションの発見に至るまで、ロレックスの追い求めるものは、まさに言い表すことのできないものであると言えるでしょう。
海洋の最深部から最高峰の山々、空、そしてサーキットに至るまで、ロレックスの時計はあらゆる極限の状況下で試されてきました。最高の信頼性と安全性を求めて、厳しい検査に合格したものだけが、市場に出荷されています。



ページトップへ戻る

ロレックスの買取をご利用いただいたお客様の声


  • マルカさんはいいですね

    マルカさんには、自分のコレクションから何点か買い取っていただきました。買取価格にも満足しております。
    またロレックス買取を利用させて頂きます。
  • 故障した時計でも・・・

    仕事中にリューズ部分を大きぶつけてしまい動かなくなったデイトジャストでしたが親切に対応して頂けました。
  • 宅配買取は不安でしたが

    買取金額がいいと友人から聞き、電話でお問い合わせたところとても親切丁寧な対応でした。そして、買取価格もまさかの値段で買い取って頂きました。
    ありがとうございました。
  • 他より2万円高く買ってくれました

    初めて時計を売る事を決めて地元の買取ショップにもっていったところ35万円と言われ「少し考えよう」と思って持って帰り、インターネットで買取相場を調べていたらマルカにたどり着きました。そして、査定していただいたところ、2万円も高く買取りしていただけました。

ページトップへ戻る

取扱いブランド

  • ロレックス
  • ブライトリング
  • フランクミューラー
  • IWC
  • ウブロ
  • オメガ
  • ブレゲ
  • ブルガリ
  • パテック・フィリップ
  • ジャガールクルト
  • カルティエ
  • エルメス
  • シャネル
  • ジラール・ベルゴ
  • オーデマピゲ
  • ECW
  • グラハム
  • コルム
  • カシオ
  • ブティ
  • オリス
  • ロンジン
  • セイコー
  • ジェラルドジェンタ
  • ヴァシュロンコンスタンタン
  • ジン
  • ブシュロン
  • ロジェデュブイ
  • ゼニス
  • チュードル
  • ボーム&メルシェ
  • ショパール
  • パネライ
  • タグホイヤー
  • ジェイコブ
  • ブランパン
  • シチズン
  • アランシルベスタイン
  • エベル
  • ダニエルロート
  • ピエールクンツ
  • モーリスラクロア
  • ラドー
  • ランゲ&ゾーネ
  • リシャールミル
  • カンパノラ
  • グランドセイコー
  • カガミラノ
  • ブッフェラー
  • ボールウォッチ

マルカ高価買取ブランドリスト

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  • ナイキNIKE
  • ニナリッチNINARICCI
  • ニューバランスNEW BALANCE
  • ネイバーフッドNEIGHBORHOOD
  • ナンバーナインNUMBER (N)INE
  • ニクソンNIXON
    • ユリス・ナルダンULYSSENARDIN
    • ヨーロピアンカンパニーウォッチE.C.W
    • ヨンドシー4℃

      ページトップへ戻る

      MARUKA実店舗案内

      MARUKAでは、楽天市場店のほか、京都市内を中心に6店舗を展開しております。御池店では商品を展示販売させて頂いておりますので、安心してインターネットショッピングをご利用くださいませ。
      フラグシップ店の京都御池店をはじめ、高級機械式時計を専門で取り扱うMARUKA WATCHなど高級ブランド専門店としてお客様に安心してご利用頂けるよう各店舗特色ある展開をさせて頂いております。

      九州
      関東
      • MARUKA福岡天神店
      • 東京MARUKA 銀座本店 TEL:0120-89-7805
      京都
      • 京都MARUKA七条店 TEL:0120-89-7825
      • 京都MARUKA御池店 TEL:0120-89-7875
      • 京都MARUKA大宮店 TEL:0120-89-7835
      • 京都MARUKA四条店 TEL:0120-02-8691
      • 京都MARUKA楽器四条店 TEL:0120-02-8692
      • 京都MARUKA WATCH(時計買取専門サロン) TEL:0120-89-7815


      • 宅配買取
      • 店頭買取
      • 出張買取
      • 手ぶらで店頭買取


      選べる4つの買取

      選べる2つの査定

      • Lineを使った査定画像や情報をLINEで送るだけで スピーディに買取金額を査定!
      • メール査定フォームに沿って情報を入力していく だけで簡単に査定できます!

      本日の買取相場









      買取アイテム

      金プラチナ買取 バッグ買取 時計買取 ダイヤモンド買取 宝石買取 ブランドジュエリー買取 ブランド小物買取 シューズ・靴買取 ファー・毛皮買取 アパレル・服買取 食器買取 カメラ買取 アルコール・お酒買取 楽器買取 アンティーク・骨董品買取

      買取対応ブランド

      エルメス ルイ・ヴィトン シャネル ブルガリ カルティエ プラダ グッチ ロレックス オメガ フランクミュラー オーデマピゲ その他取扱いブランド一覧
      LINEで査定
      宅配買取