MARUKAはロレックス買取にこだわります。手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

ロレックス
読み込み中 読み込み中
ロレックス買取額15%UPキャンペーン

おまとめ査定

他店対抗キャンペーン

MARUKAのおもてなし買取
ブランド一覧はこちら

買取ラインナップ

  • 金
  • プラチナ
  • シルバー
  • コイン
  • 時計
  • バッグ
  • ブランド小物
  • ブランドジュエリー
  • ダイヤモンド
  • 宝石
  • 骨董品
  • ブランド食器
  • シューズ
  • ブランドアパレル
  • 毛皮
  • お酒
  • 音楽
  • カメラ

ご利用者様の声

マルカさんはいいですね

マルカさんには、自分のコレクションから何点か買い取っていただきました。買取価格にも満足しております。
またロレックス買取を利用させて頂きます。

故障した時計でも・・・

仕事中にリューズ部分を大きぶつけてしまい動かなくなったデイトジャストでしたが親切に対応して頂けました。

宅配買取は不安でしたが

買取金額がいいと友人から聞き、電話でお問い合わせたところとても親切丁寧な対応でした。そして、買取価格もまさかの値段で買い取って頂きました。
ありがとうございました。

他より2万円高く買ってくれました

初めて時計を売る事を決めて地元の買取ショップにもっていったところ35万円と言われ「少し考えよう」と思って持って帰り、インターネットで買取相場を調べていたらマルカにたどり着きました。そして、査定していただいたところ、2万円も高く買取りしていただけました。

宅配買取についてのよくある質問

梱包用のダンボールがない場合はどうすればいいですか?
宅配キットお申込後、宅配キット(ダンボール、申込書、梱包材、送り状)をお送りいたしますので、そちらをご使用ください。
高価なものを宅配便で送るのは心配なのですが、本当に大丈夫ですか?
高額なお品物に万が一を備えて、「佐川急便」さんにて5万円~5000万円まで、適用ですのでご安心くださいませ。運送料金の支払いともに保険料が請求されますので、お客様にご負担はかかりません。
買取金額のお振込みはいつごろになりますか?
査定結果をご承諾いただきましたら、1日~2日でお振込みをさせていただいております。 ※週末・祝日など金融機関が休業日の場合を除く日数。

よくある質問をもっと見る

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

MARUKA店舗一覧

買取専門店

東京都

東京・銀座本店

詳しくはこちら

渋谷店

詳しくはこちら

福岡県

福岡・天神店

詳しくはこちら

京都府

四条店

詳しくはこちら

大宮店

詳しくはこちら

七条店

詳しくはこちら

時計買取専門店

MARUKA WATCH

詳しくはこちら

楽器買取・販売専門店

MARUKA楽器

詳しくはこちら

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

おまとめ査定

4月キャンペーン

他店対抗キャンペーン

宅配買取センター

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカロレックス買取について

ロレックスの歴史

1905年、ロンドンにロレックスの前身である「ウィルスドルフ&デイビス社」が時計の輸入を始めた事が、このブランドの始まりです。ロレックスの創業者であるハンス・ウィルスドルフは、もともと時計職人ではなく、どこにでもいるビジネスマンでした。
1908年に「ROLEX」がラ・ショードフォンに商標登録され、現在のロゴが出来あがりました。ROLEXという名称は、自社の時計に、短く、どの言語でも発音し易く、記憶に残り、刻印したときに美しく見えるように、という思いを込めて作られました。
1927年、時計の防水性を証明するために、若きイギリス人スイマー メルセデス・グライツ嬢が、ロレックスを着用してドーバー海峡を渡りました。この時にかかった時間は10時間以上であったにもかかわらず、時計は完璧に動作し続けました。
この快挙を称えるため、ロレックスは、英国紙「デイリー・メール」の一面に全面広告を掲載し、防水性をアピールする事になり、この時を機に、ロレックスの知名度は上昇します。
この広告にかかった費用は、現在の日本円にして1億円以上と言われています。

現在のなじみ深い王冠マークが使用され始めたのは1926年の事で、1933年にはエベレストを越えて飛行する初めての探検にロレックス・オイスターが携行されました。この時計は過酷な飛行に耐え、優れた性能を発揮します。
1935年には、世界最速のドライバーの一人であるマルコム・キャンベル卿がスピードの限界に挑戦します。彼はロレックスの時計を着用してブルーバードのハンドルを握りユタ州のボンネビル・ソルトフラッツで時速485㎞という地上最速記録を樹立しました。

1945年にはデイトジャスト、53年にはエクスプローラーサブマリーナが登場し、1954年にはGMTマスターと数々のモデルを発表します。
ロレックスのエアキング高価買取なら京都マルカへ。只今時計買取強化中!
1953年、ジョン・ハント卿率いるエベレスト登山隊のエドモント・ヒラリー卿とテンジン・ノルゲイが、ロレックスの時計を携行して、20世紀初頭からの長年の悲願だったエベレスト登頂に成功します。世界で一番高い山に登るという偉業の後は、世界で一番深いところへの旅へと挑戦、1960年深海潜水艇トリエステ号が、世界で最も深い海、マリアナ海溝への潜水に成功します。

ドン・ウォルシュ大尉が指揮をとり、海洋学者のジャック・ピカールが同伴したこの試みには、ロレックスのディープシースペシャルが使用されました。
2012年には映画監督でナショナル・ジオグラフィックの探検家でもあるジェームズ・キャメロンがマリアナ海溝での初の単独潜水を行いましたが、この時に同行した時計がロレックスの時計でした。
バードのハンドルを握りユタ州のボンネビル・ソルトフラッツで時速485㎞という地上最速記録を樹立しました。

ロレックスは、長い歴史の中で様々な冒険に挑戦してきましたが、芸術分野にも多大な貢献を果たしており、世界中の文化に対して、個々の卓越性と完璧性の追求を援助してきました。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の開催するニューイヤーコンサートは、70年以上も比類なき美しさと華麗な演奏で聴衆を魅了しています。新年の幕開けにおける音楽的な象徴とも言えるこのコンサートをロレックスは2008年から専属パートナーとして援助し、2009年からは専属スポンサーを務めています。
その他にもスカラ座やパリ国立オペラの後援や、世界的なチェロの名手であるヨーヨー・マとの連携など多岐に渡って音楽業界と繋がりを持ち続けています。
建築の分野では、ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展覧会において名誉ある専属パートナーを務め、馬術競技では、50年に渡りこの由緒正しき世界と特別な関係を築いてきました。テニスとの関係はロレックスがウィンブルドンのオフィシャルタイムキーパーとなった1978年から続いており、ロジャー・フェデラーやジュスティーヌ・エナンなどの選手と関わりがあります。
ゴルフの世界では、1967年以来、伝統を重んじ完璧性を追求するこのスポーツへの情熱を持ち続け、伝統と名声の象徴であるマスターズ・トーナメントや全米オープン、全英オープンと提携し、タイガー・ウッズとも関わりがあります。
モータースポーツの世界との強い絆は、1930年代にまでさかのぼります。世界有数のモータースポーツ・シリーズであるFormula 1や伝統が息づくクラシックカーイベントなどで、パートナーを務め、ル・マンの24時間耐久レースなどへも協賛しています。また、独自の賞であるロレックス賞を設け、科学や医療、応用技術、探検と発見、文化遺産などへの支援を行ってきました。
この他にもロレックスと言えば、ボンド・ウォッチとしても有名です。イアン・フレミング原作のスパイ小説007シリーズでは、主役のジェームズ・ボンドがロレックス・オイスターを愛用しています。映画の中に登場する秘密兵器としてサブマリーナモデルが使用され、数多くの改造が施された武器として登場してきました。

防水性のシンボルであるオイスターケースは、デザイン性と機能性の融合に成功しており、明確なコンセプトのもと、製造されています。ブレスレットは、信頼、快適、エレガントをモットーにして製作されており、人間工学に基づいて十分な研究がなされ、堅牢性、デザイン、光沢について最先端の技術とノウハウ、職人の熟練の技が活かされています。
素材にも厳しい基準が設けられていて、耐蝕性に優れた特別仕様の合金904スチールを使用しており、このステンレススチールは、通常ハイテク産業や宇宙工学で使用されるもので、それゆえの堅牢性を兼ね備えています。

ムーブメントにおいては、精度の高さにも行き届いた精密さが息づいており、スイス公認クロノメーター検査協会により、認定を受けており、これには様々な向き、温度下での15日間の昼夜を徹した検査に合格しなければなりません。このように、目に見えぬところに卓越した技巧が凝らされており、その機構を目の当たりにした人物は、世界的な名声の所以を垣間見ることになるでしょう。
1999年からは、自社開発のCal.4130を採用して、全てのムーブメントがロレックスのオリジナル製になりました。スポーツタイプの高機能モデルは、特に買取価格も高額になります。ポールニューマンやCOMEXなどのレアなモデルも高額査定してますので、売却をお考えの際には、是非当店にお問い合わせください。

ロレックス(ROLEX)について語るとき、そこにある本質は、言い表わすことのできないものである、と言われています。
ブランドとしての長い歴史の中で、ロレックスは、数多くの時計製造における革新的新技術を開発しており、400件を超す特許を取得しています。時計に必要なすべての部品のデザイン、開発、鋳造、機械加工や組み立てに至るまでを自社内で行い、6,000人を超える従業員が、日々技術を磨いています。

良い小説や映画を観たとき、言いようのない心地よい感覚を感じる事があるように、ロレックスの時計を見たとき、そこにも同じような思いを抱くことがあります。卓越性の追求、絶対的なものへの探求、独創的なアプローチと革新的なソリューションの発見に至るまで、ロレックスの追い求めるものは、まさに言い表すことのできないものであると言えるでしょう。
海洋の最深部から最高峰の山々、空、そしてサーキットに至るまで、ロレックスの時計はあらゆる極限の状況下で試されてきました。最高の信頼性と安全性を求めて、厳しい検査に合格したものだけが、市場に出荷されています。