コメックス Wネーム comex買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
コメックス Wネーム comex

コメックス Wネーム comex

MARUKA(マルカ)はコメックス Wネーム comexの買取にこだわります。

コメックス Wネーム comex

ロレックスがコメックス社と共同で開発したシードゥエラーをはじめ、ロレックスのダイバーズモデルにはこのコメックスとのWネームモデルが数多く存在します。今回はそんなロレックスとコメックスのWネームについてご紹介させて頂きます。
コメックスとは1961年、アンリ・ジェルマン・デァウゼがフランスのマルセイユにて設立した世界でも初めての潜水作業専門の会社です。自身もダイバーであったアンリ・ジェルマン・デァウゼはエンジニアでもあり海洋地質学を学ぶ身でもありました。コメックス自体は海洋調査や水中での作業を主な業務として海中油田など、危険な現場に耐えうる装備のダイバーやロボットを投入して、その専門線や技術が高く評価され世界的に有名な潜水会社へと成長しました。そんなコメックスのダイバーが当初使用していたのがロレックスの代表的なダイバーズモデル、サブマリーナです。しかし1964年、潜水作業中のコメックスのダイバーが使用していたサブマリーナの風防が吹き飛ぶとんでしまう事故が起きたのです。その原因は水上に上がる際に酸素に混ぜたヘリウムガスが減圧に耐え切れずに膨張、そして内側から風防を破壊してしまったのです。コメックスからの報告を受けたロレックスは腕時計の中に残るヘリウムガスを排出出来るバルブを備えたモデルの開発に乗り出します、このモデルこそが現在もプロダイバーズ仕様の腕時計として人気が高いシードゥエラーの始まりですね。そして1967年、ロレックスはコメックスの協力の元、プロダイバーズ仕様の腕時計としてシードゥエラーを完成させました。この事から1972年にロレックスはコメックス社の正式なスポンサーになり、サブマリーナやシードゥエラーをコメックスのダイバー達へ支給する事になります。この支給されたサブマリーナやシードゥエラーこそがロレックスとコメックスのWネームのモデルとなります。当然ながらこのモデルたちは全て市販されていたわけではなく、コメックスに支給されていた証として文字盤内に「COMEX」のプリントや裏蓋に支給ナンバーやプロジェクト名、そしてCOMEXの刻印等が入っています。コメックスに支給されていたモデルは基本的に1961年から1997年の間に生産されていたダイバーズモデルすべてにWネームが存在しており、アンティークサブマリーナの定番、Ref.5513やRef.1680、そしてシードゥエラーではRef.16660やRef.16600など比較的馴染み深い年式のモデルまで存在します。
一般に市販されていなかったコメックスのサブマリーナやシードゥエラー、MARUKAでは勿論買取りの実績があり、その査定額にも自信が御座います。ロレックス買取りの中でも異色の存在感を放つ、コメックスモデル、是非売却をご検討ならMARUKAへお任せ下さい。もちろん、通常のロレックス買取りでも高額査定に自信が御座いますのでお気軽にご相談下さい。
MARUKAは京都・西七条で創業し70年、七条店・MARUKA WATCHを西七条に置き、京都の中心地でもある四条河原町や四条烏丸の界隈に四条店、そして四条大宮の駅からすぐの場所に大宮店の4店舗がございます。また現座では東京に有楽町や新橋から近い銀座本店や渋谷店があり2017年3月には初の大阪1店舗目である心斎橋店がオープンし、難波・梅田・心斎橋・長堀・南船場等からアクセス抜群です。遠方にお住まいの場合やお荷物が大量にある際には出張買取り、宅配買取りのご利用もオススメですので是非ご利用下さいませ。事前に査定額を知る事が出来るLINEで査定のご利用もお待ちしています、ロレックス買取りはMARUKAまでどうぞ。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗買取
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランドLADY'S
オススメブランドMEN'S
ヘルプとサポート
閉じる