GMTマスター2 Ref.16710買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
GMTマスター2 Ref.16710

GMTマスター2 Ref.16710

MARUKA(マルカ)はGMTマスター2 Ref.16710の買取にこだわります。

GMTマスター2 Ref.16710

様々なスポーツモデルで人気を博している世界的に有名で人気の腕時計メーカー、ロレックスから最大で3ヶ国でのタイムゾーンを把握する事が可能なGMTマスターⅡをご紹介します。
GMTマスターシリーズはロレックスがパン・アメリカン航空の国際線パイロットの為に開発をはじめ完成させたモデルです。所有者が異なる場所の時刻を把握する事ができる機能を備えたロレックスで唯一のパイロットウォッチのモデルになり、GMTマスターにはⅠとⅡの2つの系譜があります。今回ご紹介するGMTマスターⅡはGMTマスターⅠの2ヶ国の時刻を同時に把握できる事に対して最大で3ヶ国の時刻を同時に把握する事が可能なモデルとなっています。元々GMTマスター自体は既存のスポーツモデルであるエクスプローラーやサブマリーナほど人気を得ていたわけではありませんが、2007年のステータス性を前面に押し出したモデルチェンジをきっかけに現行モデルを代表するような人気のスポーツモデルとなったのです。このGMTマスターの人気が引き金となって旧型やヴィンテージ(アンティーク)のモデルが再度注目される事になり、鮮やかなツートーンのカラーリングのベゼルに人気が集中しています。GMTマスターⅡ Ref.16710は短針を単独で操作する事が可能なムーブメントを搭載しファーストモデルのスタイリングを継承しているGMTマスターⅡのセカンドモデルになります。元々GMTマスターⅡには黒と赤のベゼルのみでGMTマスターⅠで登場していた赤と青のいわゆるペプシベゼルと呼ばれるカラーリングは存在していませんでしたがGMTマスターⅠの生産終了に伴って新たに黒のみのベゼルと赤×青のペプシベゼルがラインナップに追加されました。GMTマスターⅡRef.16710はコンビ素材や金無垢、そしてステンレス素材と素材違いが何種類かありましたがGMTマスターⅡRef.16710で1番の人気はやはり赤×黒、赤×青(ペプシ)、黒と言った3パターンのベゼルカラーをラインナップに有するステンレスのモデルでしょう。またGMTマスターⅡには通称「スティックダイアル」と呼ばれるレアダイアルが存在します。D品番、Z品番、M品番の一部に存在しており、更にムーブメントが変更されたZ品番後期のモデルの一部には「GMT-MASTERⅡ」の「Ⅱ」の横棒が通常よりも短いレクタンギュラーダイアルと言うレアダイアルも存在する事で有名です。
MARUKAのロレックス買取りではノーマルなGMTマスターⅡ買取りはもちろん、このようなスティックダイアルやレクタンギュラーダイアルなどのレアモデル、更にはアンティークモデルまで他社を圧倒する査定額でお応えします。ロレックス買取りならMARUKAへお任せ下さい、スポーツモデルからドレスウォッチまで幅広いモデルに対応し高額査定が可能です。MARUKAは店頭買取り・出張買取り・宅配買取りの3種類の買取り方法をご用意しており、どんなお客様でも簡単にご利用頂く事が出来ます。店頭買取りの場合では西院・西京極からのアクセスはもちろん、大阪方面からのアクセスも抜群の七条店・MARUKA WATCH、そして阪急京都線の最寄り駅から徒歩数分の大宮店と四条店が御座います。日本の首都、東京では休日には歩行者天国となり賑わいを見せる銀座の中心部、晴海通り沿いのマツモトキヨシ銀座ビル6階に銀座本店、様々な鉄道が通っている渋谷の宮益坂交差点からすぐの場所に渋谷店をご用意しています。出張買取りはこの各店舗を拠点とし、全国規模で対応が可能。送料や梱包材を用意する必要がない宅配買取りも人気です。またこれらの買取りサービスをご利用になる前に商品のお写真を送るだけでおおよその査定額がわかる仮査定サービス、LINE査定も無料でのご提供となります、是非ご活用くださいませ。MARUKAはロレックス買取りに一切の妥協を許しません、ご不要な場合には是非お気軽にご相談下さいませ。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる