買取速報

ブランド買取MARUKA

お問い合わせはこちら。お客様センター
0120-89-7875
お客様センターでできる事

受付時間 10時-19時

TOP 店舗一覧 事前査定 店頭買取 宅配買取 出張買取

日々更新中買取速報

  • 店頭買取速報
  • 出張買取速報
  • 宅配買取速報
  • 時計買取速報
  • バッグ買取速報
  • 金買取速報
  • プラチナ買取速報
  • 銀買取速報
  • コイン買取速報
  • ブランド小物買取速報
  • ブランドジュエリー買取速報
  • ダイヤモンド買取速報
  • 宝石買取速報
  • 骨董品買取速報
  • ブランド食器買取速報
  • シューズ買取速報
  • ブランドアパレル買取速報
  • 毛皮買取速報
  • お酒買取速報
  • 楽器買取速報
  • カメラ買取速報


  • Nikon(ニコン)
    AI Nikkor 50mm f/1.2S [中古品]
    レンズをMARUKA四条店で買取いたしました。


    昨日のバレンタインデー、皆様はいかがお過ごしになられたでしょうか。
    案の定、私・たっちゃんは特にこれと言ったロマンスはありませんでした(笑)
    宅配買取センターにいる私宛にも1個も送られてきていませんw(当たり前。)
    (※たっちゃんは、3月中に「四条店」に移動いたします。)
    それでもめげずに、孤高にカメラとレンズの買取査定をしながら、一方で現代人が失いつつある"善き心"を広めるために、「京都写心ブログ」もコツコツと更新していますのでぜひご覧になってみて下さい。

    バレンタインのチョコレートに限らず、大切な人へのプレゼントというのは『貴方がいることが嬉しい。』というメッセージを贈ることでもあります。
    相手の存在を「そのまま」に認める。貴方は貴方のままでいい。
    そんな貴方が私には嬉しい。
    この世に生まれて、それぞれに課せられた人としての使命を果たすために、みんながそれぞれのままに存在できる世界であればいいなと思います。





    さて、本日ご紹介する買取商品は、MARUKA四条店で買取させて頂いたNikon(ニコン)のレンズ。
    ニコンのレンズと言えば、『ニッコールレンズ』。
    たくさんの名レンズがあることでお馴染みですが、その中でも一番の明るさを誇る「AI Nikkor 50mm f/1.2S」です。
    Nikonの公式ページ → http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/ai_nikkor_50mm_f12s/

    40年近くも前に設計され、1981年に発売された古いレンズですが、現在も現役ラインナップとしてメーカーでも新規購入が可能なレンズです。
    当然フィルムカメラしかなかった時代のレンズで、現在のデジタルカメラの特性に合わせて作られたカリカリでクッキリな描写ではなく、特に開放絞りにすると全体的にゆるりほんわかとした描写をします。
    でも、それが「味」として多くの写真愛好家たちに人気のレンズです。
    最近の女子高生たちの間で『写ルンです』が再燃しているように、この手の「味」のある描写に多くの人達が虜になっているみたいですね。

    f/1.2というとても明るい大口径単焦点レンズ。
    こういう明るいレンズ、大好きです。 F値が小さいほど明るいレンズで、光が少ない暗い場面でもよりたくさんの光を取り込むことが出来ます。
    また、絞り値を小さくするほど背景ボケが大きくなり、被写体を引き立たせたとても印象的な写真を撮ることも可能。
    ズームレンズに比べて、描写性能も良い。
    40年以上もロングセラーになる(しかも現役ラインナップとして!)にはちゃんとした理由があるのです。
    そして、小型コンパクト軽量なレンズも多く、お手頃のなお値段から購入することも出来ます。

    私・たっちゃんもプライベートではほとんど単焦点レンズしか使っていません。
    いつも持ち歩いているコンパクトデジタルカメラであるSIGMA社の「dp1 Quattro」も単焦点レンズを搭載しています。
    なぜ単焦点レンズを推しているのかについては、以前に少し書いているので下記にリンクを貼っておきます。
    写真をもっと深めたいという方は、ぜひ読んでいただきたい内容です。
    https://www.7-7maruka.com/results/counter/nikon_d5600_20170204/




    明るいレンズはレンズ口径が大きい。

    単焦点レンズの多くはレンズ口径が大きいのが特徴です。
    このレンズは開放絞り値が1.2ととても明るく、開放にすると↑のように後玉はこんなにも大きく開放的です。
    いかにたくさんの光が取り込めるのが伝わってきますよね。
    ちなみにマニュアルフォーカスのレンズですが、この後玉の大きさを保ちつつオートフォーカスレンズにするには、かなりの技術が必要で難しいようです。
    実際、現在のNikonのオートフォーカス対応レンズで一番明るいレンズは、F1.4です。
    オートフォーカスに対応したF1.2の特許は出ていますが、量産するための技術的・金額的なハードルが高く、まだまだF1.2のオートフォーカスレンズの発売は先になりそうですね。
    ぜひ、メーカーの皆様には頑張っていただきたいところです。





    開放での描写は甘いが、絞ればクッキリ。

    開放絞りでも被写界深度は神(紙)のように薄く、カメラを始めたばかりの方には練習が必要です。
    特にポートレートといった目に確実にピントを合わせる必要のある被写体の場合は、かなりシビアなピント調整が求められます。
    でも、ピントが合っている範囲がかなり狭い分、背景ボケが大きいので、暗いズームレンズよりも遥かに印象的な写真が撮れます。
    開放絞りでのピントが合った部分は、線が甘いので「ピンぼけ?」と思われたりもしますが、これが『オールドレンズ』ならではの写りなのです。
    でもひとたび、F8あたりまで絞るとクッキリと今時の写りに早変わりします。
    しかし、全体的な描写はほんわかなので、このレンズの醍醐味は、全体的にゆるふわで非日常的な描写を楽しむことにあるんだと思います。
    特に、ここ京都の街を撮るには相応しいレンズなのではないでしょうか。
    すぐ今、外に出て街の中を撮っても、出来上がった写真はまるで30年近く前に撮ったかのような「味」が撮れるのですから。





    古いレンズでも買取可能です。

    『デジタルカメラを買ったのをきっかけに、昔のレンズを売ろうと思って。』

    写真がお好きで、フィルムカメラ時代からの写真愛好家というお客様。
    30年ほど前にたくさんご購入されたというレンズを整理するため、そして新しいデジタルカメラに対応したレンズを購入するためにこの度のご来店となりました。

    『40年近く前のレンズだし、そんなに綺麗でもないから買取ってもらえないかなと思ったのですが、捨てるのにもお金がいるのでとりあえず査定だけでもと思いまして。』

    たしかにこのレンズはとても古いですが、デジタルカメラ本体と違い、マニュアルフォーカスで電気仕掛けの構造ではなく(電気的な故障がない)、古くても現在のデジタルカメラに装着可能だったり、今のデジタルカメラの描写とは違った「味」を楽しめるなどで、今でも中古市場で高い買取価格がつく商品です。
    レンズの買取価格は、中古市場での人気の度合い(特にこういった高級な大口径単焦点レンズは人気が高い!)はもちろん、商品自体の状態(キズ・汚れなどの程度)で大きく変わります。

    今回お持ちになった「AI Nikkor 50mm f/1.2S」は、レンズ周りの外装金属部分に当たり傷や凹みがありましたが、肝心要のレンズがとても綺麗でした。
    レンズの表面についている汚れは取れますが、レンズ内部に発生するカビや、バルサムといったレンズ特有の症状は落とすことが困難なため、買取価格は大幅に減額となります。
    このレンズは2017年2月現在で、状態が良ければ15,000円以上の買取価格がつきます。

    『えっ!そんなに付くんですね。それなら他のレンズも人にあげずに売りに来れば良かった(笑)』

    お客様も大変に驚かれていました。
    他にお持ちのレンズをお聞きしましたが、「AI Micro-Nikkor 105mm f/2.8S」や「AI Nikkor 35mm f/1.4S」など思わず拍手したくなる素晴らしいラインナップのレンズをお持ちです。
    今でも十分通用する素晴らしいレンズなので、お使いになるもの一つですし、デジタルカメラに対応した最新のレンズにもいいレンズが揃っていますので、いくつかオススメをピックアップさせて頂きました。

    『カメラに詳しい人がいるんですね。』

    そうなのです。
    カメラ買取専門店ではないのに、現役のフォトグラファーが買取に必要な査定の知識をきちんと持って買取をさせて頂いています。
    買取だけでなく、フォトグラファーの立場から写真に関する様々なアドヴァイスもしています。



    これからは「捨てる」から、「売る」時代。

    引越しシーズンが近づいてることもあり、家の整理などで不用品を処理される方も多いと思います。
    その際に多くの方が何を「捨てる」か、何を「残すか」と考えます。
    「捨てる」場合は、廃品回収業者に頼むことになりますが、そのためにはお金を払う必要があります。
    そして回収された商品は廃棄処理されますが、それが与える地球環境への問題が懸念されます。

    だからこそ、何を「売って」、何を「残すか」と考える時代になったのです。
    例えば弊社MARUKAのようにカメラ・レンズだけでなく、お家の中の様々な商品(ブランド品・骨董・電化製品・絵画・楽器など)の買取に対応した業者に「売却」すれば、お金を払うのではなく、お金が入ってきます。
    しかも、手元を離れた商品は次に使いたい方にバトンタッチされますから、廃棄処分による地球環境への負担を減らすことも出来ます。

    だから、古い・ボロボロだから「捨てる」と考えずに、MARUKAに「売る」と発想を変えましょう♪



    「売りたい」という時はまずはMARUKAへご相談ください。。

    カメラ・レンズの売却をお考えの場合はもちろん、ブランド品・時計・宝石・貴金属ジュエリー・楽器・骨董・お酒・絵画などを「売りたい」という時は、まずは「MARUKAコールセンター」へお電話(フリーダイヤル:0120-89-7875)又は、「LINE査定」にてお気軽にお問い合わせ下さい。
    家の中まるごとたくさん量があるという場合は、「出張買取」がオススメです。

    カメラとレンズに関することでしたら、私・たっちゃんをご指名くだされば、直接お話させていただきます。
    買取に関すること以外にも、今回のお客様のようにお手持ちのレンズ群の中から、自分の撮りたい写真を実現するために何を売って、次にどのレンズを買えばいいのか、写真を撮るための具体的なアドヴァイスなどのご相談に応じております。

    MARUKA買取センター → フリーダイヤル 0120-89-7875
    「たっちゃん(立岡)」とお電話でご指名くだされば、私がありったけの「善き心」をこめてお答えいたします☆


    大阪の地に「MARUKA心斎橋店」がオープン!

    2017年3月1日、「MARUKA心斎橋店」が誕生いたします。
    場所は、大阪ミナミ。
    地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線の「心斎橋駅」からスグです。
    梅田駅(キタ)からなら10分ほどの距離。難波からでも歩いて10分ほどです。
    クリスタ長堀の地下街の「南14番」を上り、イタリア時計の「GAGA MILANO」が入るビルになります。

    近くには、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)、Cartier(カルティエ)、Dior(ディオール)、CHAUMET(ショーメ)、FENDI(フェンディ)といった名だたる有名ブランドの路面店がたくさんひしめき合っていますし、大丸心斎橋店の中にはTIFFANY(ティファニー)、GUCCI(グッチ)、BVLGARI(ブルガリ)、MIUMIU(ミュウミュウ)、PRADA(プラダ)、BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)、Van Cleef & Arpels(ヴァンクリーフ)、Piaget(ピアジェ)などが入っていて、まさにブランドの聖地とも言える場所への出店となります。

    心斎橋と聞いて、庶民派な私・たっちゃんはユニクロ心斎橋店(関西で最大規模のお店!)とかH&M心斎橋店・東急ハンズとか、「心斎橋筋商店街」しか出てきませんでした(笑)

    新しくMARUKAに加わる「心斎橋店」でも、カメラ・レンズの買取に対応しておりますので、ぜひ心待ちにしていて下さい!


    【カメラ・レンズ査定士 : 立岡(たっちゃん)】
    京都写心ブログ : https://maruka-camera.localinfo.jp/


    sokuhou02

    ****************************************************************************************************************************
    「銀座本店」では、英語対応にてお買取りのサービスのご利用が可能です。
    We are accepting correspondence in English at Ginza shop.
    MARUKA is Purchasing SECONDHAND brand‐name goods.
    We are absolutely confident because we are dedicated in buying jeweleries, Watch(ROLEX etc), Bags(Louis Vuitton HERMES CHANEL etc).
    "Gold, platinum, diamond and other jeweleries..."

    Please feel free to contact us!
    And also we're looking forward to hearing from you.
    [Please make a resavation before visiting. → Tel. 0120-89-7805]
    ****************************************************************************************************************************


    MARUKAカメラ・レンズ買取案内ページ
    カメラ・レンズ買取案内ページ:https://www.7-7maruka.com/camera/
    定休日:年中無休(福岡天神店を除く。)
    営業時間:AM10:00 ~ PM7:00

    2017年02月15日(水)



  • CANON(キヤノン)
    EOS-1D X Mark II [完全新品(保証書未記入)]
    デジタル一眼レフカメラをMARUKA「宅配買取」で買取いたしました。


    節分の日を終えて、24節気ではすでに「立春」なはずなのにこの寒さ。
    昨日、京都市内でも夕方頃からかなりの雪が降りまして、夜中にかけて少し積もりました。
    その雪が今朝少し残っていましたが、昼間の太陽の陽ですっかり解けてなくなりました。
    京都市内ではここ何年か積もる事がほとんどなくなってきたので、スタッドレスタイヤを装着する車も少なく、たまに積もると車の通りが一気に減ります。
    昨日も突然の雪で、立ち往生している車をいくつか見かけました。

    そして、もうすぐバレンタインデーですね。
    本日「建国記念の日」と明日の日曜日にかけて、たくさんの女子(一部の男子も?)たちが手作りチョコを作ったり、チョコレート専門店にはたくさんの人が溢れているんでしょうね。
    チョコレート専門店と言えば、そうそう!
    京都・三条通が「チョコレート通り」と呼ばれるほど、チョコレートの高級店が相次ぎ出店しているのをご存知でしょうか?
    「ジャン=ポール・エヴァン」・「ベルアメール」・「マリベル」の3つのお店です。
    中でも「ジャン=ポール・エヴァン京都店」は昨年の10月にオープンした一番新しいお店で、パリスタイルを意味する「a la parisienne」をコンセプトにテラス席もあって、お店のそこだけがまるでパリの街角を切り抜いてきたかのような雰囲気です。

    昨年のクリスマスに続いて、今年のバレンタインデーもロマンティックな事が一切なさそうな私・たっちゃんw
    そこで、売りたいカメラやレンズがないという貴女!
    宅配買取を利用して、MARUKA買取センターの私・たっちゃん宛にチョコレートを送って頂けたら嬉しいです(冗談です・・・笑)
    そんな私・たっちゃんは今日も黙々とMARUKAで孤高にカメラとレンズの買取査定をしながら、「京都写心ブログ」を通して、現代人が失いつつある"善き心"を広めています。




    本日ご紹介する買取商品は、泣く子も黙るCANON(キヤノン)のフラッグシップ機「EOS-1D X Mark II(完全新品)」です。
    CANONの公式ページ → http://cweb.canon.jp/eos/lineup/1dxmk2/

    れっきとしたプロフェッショナルの仕事道具。
    私でもここまでのハイスペックは不要ですが、お金があればもちろん欲しいです(笑)

    以前に、別のお客様から同じ「EOS-1D X Mark II」を買取した際の紹介ページをご覧頂いて、事前にコールセンターにお電話くださり、私から買取価格をご案内させて頂いた後に、宅配買取をご利用いただきお送りいただいた商品です。
    チョコレートは入っていませんでした(笑)
    男性のお客様なので、入っていたら驚きますけどねw
    お客様がご覧頂いたページはコチラ↓
    https://www.7-7maruka.com/results/counter/canon-eos_1dx_markII-2016_10_8/

    お売り頂いた「EOS-1D X Mark II」のカメラとしての機能面の説明は、↑のページで既に書いていますので省略いたします。




    遠方にお住まい、重くて持ち歩くのが大変。。。そんな時は「宅配買取」。

    お客様は千葉県の南部(南房総市・鴨川市・勝浦市)方面にお住まいでして、ご自宅近くで高く買い取りをしているお店を探されていました。
    「EOS-1D X Mark II」は家電量販店で現在でも60万~70万円もする高価なカメラですから、少しでも高くというお客様のご要望もごもっともです。
    ところが、お住いの千葉県南部方面にはカメラ買取専門店自体が少なく、あっても肝心の買取価格が安いお店がほとんどだったそうです。

    そこで、少々遠くても少しでも高く買取をするお店をインターネットで検索されていると、弊社のカメラ・レンズ買取案内ページにたどり着き、そこに掲載している買取価格が高かったのでお電話下さいました。
    価格に驚かれて、お店の場所も確認せずにお電話下さいましたので、最新の買取価格をご案内してから『ご来店のご予定ですか?』とお聞きすると、『あっ、そういえばお店ってどこにあるんですかw』とお客様(笑)
    千葉県ということでしたので、MARUKA銀座本店MARUKA渋谷店をご案内しましたが、東京なので近いと言えど結構な距離です(汗)

    『来週の休日を利用して行こうと思いますが、少し遠いのと、重たいので持って行くのも大変ですね。。。』と少し落胆されているご様子のお客様。

    確かに「EOS-1D X Mark II」はボディ単体だけで約1.3kgの重さがあり、バッテリー・充電器などの付属品を入れると2kg近い重さ。
    その重さを手で持って長距離の移動は辛いですし、万が一落としたりでもしたら大変です。
    でも、心配無用!
    MARUKAはそんな遠方にお住まいのお客様のために、直接商品を弊社にお送り頂く「宅配買取」があります。




    「宅配買取」も、「店頭買取」と同じ買取価格!

    「宅配買取」はお売りになりたい商品を弊社にお送りいただき、弊社にて査定の後に買取金額をお客様の銀行口座にお振り込みするというサーヴィスです。
    初めての方は、「宅配キット申込みページ」からお申し込み下さい。
    弊社から商品の梱包に必要なダンボールやガムテープなど全て無料でお送りいたします。
    お客様は弊社から届いたダンボールに商品と必要書類を同梱していただいて、弊社にお送り返して頂くだけでOKです。
    弊社に到着した当日中に査定を終えますので、午前中に商品が到着し、お客様へ査定価格をご連絡、ご承諾いただければ商品到着日にお振込が可能(土日祝を除く)です。

    お客様に以上をご説明すると…
    『確かに送るだけで便利そうですが、送料がかかっちゃいますよね(汗)』

    こちらも心配無用です。
    宅配キットは無料でお送りしますし、商品を弊社にお送り頂く際の送料もMARUKAが負担いたします。
    宅配キットには「着払い伝票」を同封していますので、それをご利用頂くとお客様の負担はゼロです。
    しかも、買取金額のお振込み手数料等も頂いておりませんので、店頭にお越し頂いた場合の買取金額と同じです。
    査定金額そのまま満額をお客様の銀行口座にお振込させていただきます。




    デジタルカメラの買取価格は日替りで上下に変動しています!

    『それなら来週あたりに送ろうかなと思います!』

    と一転して嬉しそうなお声のお客様。
    が、、、しかし!
    来週では遅いのです。

    お客様がご覧になった弊社のカメラ・レンズ買取案内ページには、各メーカーの主要なデジタルカメラの買取価格を掲載させて頂いております。
    しかし、この価格表は毎月初めに1度だけ更新しているため、月末になるほど全くと言ってくらいに正確ではなくなります(汗)
    デジタルカメラの買取価格は最新機種ほど上下に変動していて、まさにデジタルカメラは「日替り買取価格」なのです。
    中でも「EOS-1D X Mark II」といった高額フラッグシップ機種になるほどそれが顕著です。

    そのため来週にお送りいただくと、ご案内した買取金額を保証できません。
    極端な話ですが、明日になれば下がる可能性もありますし、上がる可能性もあります。
    実際に2017年2月7日現在の各メーカーの主要機種のデジタルカメラの買取価格の多くは、先月1月初旬に比べて上がっています。
    特にCANON(キヤノン)やNikon(ニコン)、FUJIFILM(富士フイルム)、Panasonic(パナソニック)、OLYMPUS(オリンピック)は大きく買取価格が上がりました。
    デジタルカメラの売却をお考えで買取価格がどれくらいか確認されたい場合は、弊社のカメラ・レンズ買取案内ページに掲載の買取価格はあくまでも参考程度にして頂き、最新の買取価格は直接コールセンターへお電話(フリーダイヤル:0120-89-7875)又は、「LINE査定」にてお気軽にお問い合わせ下さい。

    そんなわけで、スグに弊社にお送りいただくことが出来ました。
    急かすようになってしまい、お客様にはご迷惑をおかけいたしました。




    買取だけではなく、写真文化を育むために。

    最近はコールセンターへ私・たっちゃんをご指名でお電話(フリーダイヤル:0120-89-7875)頂くことが多く、そのほとんどがカメラやレンズの買取価格のお問い合わせですが、中にはお持ちのレンズ群の中からどれを売るのがいいのか、こんな写真を撮るためにはどんなレンズがオススメか、売却して得たお金で新しいカメラやレンズを買いたいがオススメはあるか、などのご相談もございます。
    MARUKAは、カメラやレンズメーカーとの繋がりが一切ありませんので、私・たっちゃんがプロフォトグラファー目線で客観的な立場に立って、アドヴァイスさせて頂いています。
    買取だけすればいい、ではなく、写真の本当の楽しさや面白さ深さ、それを通した人としての「善き心」を広めたいという熱い想いを持って勤しんでおります。
    どうぞお気軽に弊社の「コールセンター」にお電話いただくか、「LINE査定」をご利用ください!
    ご相談・お問合わせや、ご来店における査定料なども全て一切無料です。
    査定だけでのご来店も大歓迎ですよ!

    MARUKA買取センター → フリーダイヤル 0120-89-7875
    「たっちゃん(立岡)」とお電話でご指名くだされば、私がありったけの「善き心」をこめてお答えいたします☆




    カメラだけじゃない買取品目の多さ!

    弊社MARUKAはカメラ・レンズだけでなく、ブランド品・時計・宝石・貴金属ジュエリー・楽器・骨董・お酒・絵画などあらゆる商品の買取に対応しています。
    もちろんこれらも、「宅配買取」でのご利用が可能です。(※一部ご利用になれない商品があります。)
    でも、家の中にある物まるごと買取して欲しいとか、たくさん量があるという場合は「出張買取」がオススメ。
    弊社の横田店長がお客様のご自宅まで直接お伺いして、買取をさせて頂いています。
    こちらも日本全国対応しておりますので、遠方のお客様でもまずはお電話いただければ幸いです。


    2017年3月、ついに大阪の地に「MARUKA心斎橋店」がオープン!

    これまでにも大阪方面からのお問い合わせや、大阪はもとより神戸や奈良方面からもわざわざ京都の店頭にお越し頂いているお客様から、大阪にもぜひMARUKAの店舗をとのご要望をたくさん頂戴していました。
    そのご要望にお応えすべく、ついに2017年3月に「MARUKA心斎橋店」が誕生することになりました。
    場所は、大阪ミナミ。
    地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線の「心斎橋駅」からスグです。
    梅田駅(キタ)から地下鉄を利用して10分ほどの距離。
    難波からでも歩いて10分ほどです。
    クリスタ長堀の地下街から「南14番」出入り口を上ればスグ。
    この出入り口にはエスカレーターと階段がありますが、階段の方が近くて便利です。

    近くには、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)、Cartier(カルティエ)、Dior(ディオール)、CHAUMET(ショーメ)、FENDI(フェンディ)といった名だたる有名ブランドの路面店がたくさんひしめき合っていますし、大丸心斎橋店の中にはTIFFANY(ティファニー)、GUCCI(グッチ)、BVLGARI(ブルガリ)、MIUMIU(ミュウミュウ)、PRADA(プラダ)、BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)、Van Cleef & Arpels(ヴァンクリーフ)、Piaget(ピアジェ)などが入っていて、まさに高級ブランドの聖地とも言える場所への出店となります。

    ものすごく庶民な私・たっちゃんは、ユニクロ心斎橋店(関西で最大規模のお店!)とかH&M心斎橋店・東急ハンズとか、学生時代によく遊びに来ていた「心斎橋筋商店街」の方がずっと馴染み深い(笑)
    三木楽器(心斎橋店)もあって、MARUKA楽器のガウス西村店長の善きライバルとなるのでしょうかw

    オープンは3月初旬頃を予定しています。
    もちろん「MARUKA心斎橋店」でも、カメラ・レンズの買取に対応しておりますので、大阪方面にお住まいの方にぜひともご利用いただきたいと思います!


    【カメラ・レンズ査定士 : 立岡(たっちゃん)】
    京都写心ブログ : https://maruka-camera.localinfo.jp/


    sokuhou02

    ****************************************************************************************************************************
    「銀座本店」では、英語対応にてお買取りのサービスのご利用が可能です。
    We are accepting correspondence in English at Ginza shop.
    MARUKA is Purchasing SECONDHAND brand‐name goods.
    We are absolutely confident because we are dedicated in buying jeweleries, Watch(ROLEX etc), Bags(Louis Vuitton HERMES CHANEL etc).
    "Gold, platinum, diamond and other jeweleries..."

    Please feel free to contact us!
    And also we're looking forward to hearing from you.
    [Please make a resavation before visiting. → Tel. 0120-89-7805]
    ****************************************************************************************************************************


    MARUKAカメラ・レンズ買取案内ページ
    カメラ・レンズ買取案内ページ:https://www.7-7maruka.com/camera/
    定休日:年中無休(福岡天神店を除く。)
    営業時間:AM10:00 ~ PM7:00


    ------------- 買取サービス
    --------------店頭買取 ... 京都市内4店舗、東京(銀座・渋谷)、福岡天神の店舗にお越し下さい。
    --------------宅配買取 ... 商品を「MARUKA西日本センター」にご郵送いただくだけ!
    --------------出張買取 ... 査定士が直接ご自宅にお伺いして買取をいたします。

    --------------"無料"査定サービス
    --------------LINE@で査定 ... MARUKA「公式LINE@」を使って、お気軽にお問い合わせ頂けます。
    --------------メール査定 ... 専用フォームからご連絡頂くと、メールでお返事をいたします。
    --------------・お電話によるお問い合わせ ... フリーダイヤル:0120-89-7875(何でもお気軽に♪)

    2017年02月11日(土)



  • Nikon(ニコン)
    D5600 [ダブルズームキット]
    AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
    AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR
    デジタル一眼レフカメラをMARUKA七条店で買取いたしました。


    2月に入りましたね。
    今日は24節気の「立春」で、昨日は節分。
    節分って2月3日とは限らないって知っていましたか?
    日にちは、その翌日にある「立春」の日によって変化します。
    昨日は仕事を終えて京都のスーパーでおなじみの「フレスコ」さんで、山積みになっていた太巻き寿司を買って頬張りました。
    今年2017年の恵方巻きの方角は、『北北西』とのこと。
    小さな頃は家の中で豪快に豆まきをしてよく怒られていたものです。後の掃除が大変だから(笑)

    そんな私・たっちゃんは今日もMARUKAで孤高にカメラとレンズの買取査定をしながら、「京都写心ブログ」を通して、現代人が失いつつある"善き心"を広めています。





    本日ご紹介する買取商品は、MARUKAの本拠地でもある西大路七条交差点の南東にあるMARUKA七条店にご来店いただき買取させて頂いたデジタル一眼レフカメラ。
    七条店は唯一専用駐車場がありますので、京都市内(西京極・吉祥院・御前・西院・京都駅・亀岡・八幡・宇治)のあらゆる場所からお気軽にお越しいただけます。
    さてお売りいただいたのが、Nikon(ニコン)のデジタル一眼レフカメラ、「D5600 - ダブルズームキット」です。
    http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d5600/(公式ページ)

    と言っても、今日は思うところがあり、D5600のカメラとしての説明よりも、レンズや諸々色々語ります(笑)。
    一眼レフカメラは撮るのが難しい、せっかく買ったのに思うように撮れない、そんな方に読んでいただきたい内容。

    さて、『ダブルズームキット』とあるように、ズームレンズが2本付属するセット内容なので、これ一つ買えばスグに撮影が始められます。
    とっても便利。
    セットされるのは下記の2本のズームレンズ。
    AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
    AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

    広角から中望遠と、望遠域をカヴァーしているので、どんな撮影シーンでも対応できます。
    18-55mmで普段の日常をスナップして、運動会や発表会の時には70-300mmでお子さんを捉える。
    実際にD5600の公式サイトを見ると、そこに使われているのは家族写真ばかり(笑)。
    確実にターゲットを絞ってきていますね。




    セットされるズームレンズは「暗いレンズ」

    2本のズームレンズの説明どころか、少しディスるような↑タイトル(笑)。
    Nikon(ニコン)に限らず他社もそうなのですが、どうしても利便性と価格が優先されるために、画角領域の広くて価格を抑えたズームレンズがセットにされます。
    一眼レフカメラはカメラボディ単体でもそれなりの価格がしますので、ボディとは別にレンズを購入すると予算オーバーになるという事情もあるでしょう。
    そのため、こういった特にファミリー層向けのレンズキットのレンズのほとんどは、「安くて暗いレンズ」が付属されます。
    かなり乱暴な言い方になりますが、セット販売価格の価格比率内訳がボディに大きく割り振っているので、レンズは画質よりも利便性だけの「付属品」という位置づけ。

    レンズの描写性能は価格に比例すると言ってもいいくらいです。
    もちろん100パーセント全てのレンズがそうではりません。が、、、ほとんどがそうです。
    しかもズームレンズのほとんどは「暗いレンズ」ばかり。
    暗いとは、最小絞り値が大きいということ。

    例えば↑の「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」というレンズ。
    型番の中にある『3.5-5.6』という数字がそのレンズの最小絞り値を表しています。
    18mm広角画角での最小絞り値が3.5で、55mm望遠側画角の最小絞り値は5.6と、望遠画角になるほどに暗くなるレンズです。
    一般的にズームレンズにおいては、最小絞り値が2.8以下が明るいレンズと言われます。




    「明るいレンズ」は暗い場所での撮影に強い!

    暗いと何がいけないかというと、光が少ない場所での撮影が困難になります。
    暗い場所は光が少ないので、より光を多くの取り込むためにはレンズの絞りを出来る限り開かなくてはいけません。
    人の目の瞳孔が暗い場所で開くのと同じ原理です。
    この最小絞り値が小さいレンズほど、絞りがたくさん開くということです。
    絞りをたくさん開くことが出来れば、たくさんの光を取り込める。
    たくさんの光を取り込めれば、シャッタースピードを遅くせずに適正露出が得られ、手ブレ防止にもつながるのです。




    「明るいレンズ」は背景が大きくボケる!

    さらに、絞り値を小さくするほど、背景ボケが大きくなるので、被写体をより引き立たせた印象的な写真が撮影できます。
    しかも、ズームレンズよりも単焦点レンズの方が背景ボケは大きくなります。
    初めて一眼レフカメラを購入しようと思われるきっかけの一つに、この背景ボケを理由にされる方が多いようです。
    このD5600をお売りになったお客様もそうだったそうです。
    それだけ、背景がボケた写真を撮るには「一眼レフカメラ」と思い込んでいる方が多いということ。
    それどころか、単純にカメラの金額が上がって高いカメラほど、背景ボケが大きくなると考えている方もいるとか(汗)
    どれも、不正解です。
    背景がボケた写真が撮りたいならカメラより、レンズが重要なのです。

    もちろんエントリークラスのコンパクトカメラよりも、一眼レフカメラの方が背景ボケは大きいのですが、それはカメラ自体の大きさやもちろん金額ではなく、搭載されるイメージセンサーの大きさの違いによるものなのです。
    イメージセンサーのサイズが大きいほど、背景ボケは大きくなります。
    つまり「コンパクトカメラ」であったとしても、一眼レフカメラに搭載される大型のAPS-Cサイズのイメージセンサーと、明るい単焦点レンズを搭載していれば背景はちゃんとボケるのです。
    実際に私・たっちゃんが普段プライベートで使用しているコンパクトカメラが、この条件に当てはまるSIGMA社の「dp1 Quattro」
    35mmカメラ換算で28mmと広角画角のレンズを搭載するので、いわゆる背景がボケボケな写真は撮れませんが、被写体にグッと寄ればそこそこの背景ボケを味わうことが出来ます。
    より大きな背景ボケにこだわるなら、レンズは広角画角よりも望遠画角にすると背景ボケは大きくなります。




    「明るいレンズ」は画質・描写性能が良くてしかも安い!

    何よりもズームレンズに比べて、明るい単焦点レンズは画質・描写性能に優れています。
    ズームレンズの100パーセント全てが単焦点レンズに劣るわけではありません。が、、、限りなく100パーセントそうだと言ってもいいくらい。
    中には、単焦点レンズに迫る描写性能を持つズームレンズは確かに存在しています。(ほとんどが10万円以上の高額ライン。)
    でも、単焦点レンズなら数千円程度の安いレンズであっても、十万円クラスのズームレンズより描写性能が上なんてことはザラです。
    私・たっちゃんは基本的には単焦点レンズしか使用していませんが、仕事用に20万円以上するズームレンズも使用しています。
    でも単純に価格で比較すると倍以上も違うのに、明らかに単焦点レンズの方がヌケの良い気持ちのいい描写なのです。




    販売店員の言いなりになるな!

    初めて一眼レフカメラをご購入される際に、販売店員さんに「背景をボカした写真で家族を撮りたい。」という要望を伝えて言われるがままにこのD5600を購入されたそうです。
    ところが、事前にネットでお手本にしたいと見ていた写真よりも全然ボケないし、家の中などの暗い場所では手ブレするわで、自分には一眼レフカメラを使いこなすスキルがないんだと今回の売却を決めてしまわれたとのことでした。

    お店の販売店員さんは自分の販売成績や店の在庫状況を念頭に、トークを隠れ蓑にして何とか売ることを考えています。
    売れて自分の成績が上がればいい。後のことは知ったこっちゃない。
    お客様にベストなカメラより、お店や販売店にとって売れて欲しいカメラを薦められる。
    そんなことだから本当の写真の楽しさや面白さ深みが広がらず、カメラに挫折する人が多いのです。
    一眼レフカメラはプロや一部のマニアが使うもので、綺麗な写真はそんな人たちにしか撮れないものと誤解されてしまう原因になってしまうのです。

    本来、一眼レフカメラは正しく使えば、コンパクトカメラよりも簡単に綺麗な写真が撮れるのです。
    それに写真が初めてな人すべてが、みんなそろってコンパクトカメラから入る必要など全くありません。
    もちろん予算という現実的なことを考慮するのであれば、コンパクトカメラの方が安いのは明白です。

    本来、カメラやレンズを販売する立場の人は、お客様が何を被写体にし、どんな場所で、どんな写真を撮りたいのかという様々なご要望を丁寧にお聴きした上で、お客様の予算内でそれが実現できるカメラ・レンズの提案をするのがプロの仕事のはず。
    愛する家族の写真を綺麗に残して行きたいという「善き」親心を感じることが出来ないほどに、たまたまその店員さんだけの心が荒廃していたのでしょうか。




    自分よりも、相手の立場に立って。

    今の世の中、店員さんがおっしゃる事だからと鵜呑みにして、後でバカを見ることが多くなりました。
    もちろん、全ての店員さんがそうだと言っているのではありません。
    きちんとお客様の立場に立って、お客様の要望に即した本来の「善きサーヴィス」を提供されている店員さんがほとんどだと思います。
    それでも、今回のようなお客様のようなお話を聞くと、カメラ業界に携わる人間として、いやそれよりも地球に生きる人間として、大切なことを書かねばならないと思った次第です。
    なので、D5600のカメラの機能やスペックに関する説明は省略しました。

    売り上げや成績を第一目的にすれば、必然的にデータや手段にしか考えが及ばす、お客様を統計的な物としか考えられなくなります。
    愛するご家族の写真をいつまでも綺麗に残していただきたい。
    そのためにどの商品がお客様にとってのベストなのかという熱い想いから出て来る提案こそ、本来の「善きサーヴィス」であるはずです。

    自分の成績や売り上げではなく、そんな熱い想いが第一にあれば、、、私・たっちゃんが販売員ならこんな風に提案します。

    初めて一眼レフカメラをご購入されるということでご予算も限られているでしょうから、カメラ本体はエントリークラスで十分です。
    それよりもレンズに予算をかけた方が良いです。
    背景が大きくボケた写真を撮影されたいとの事なので、レンズキットモデルはオススメ出来ません。
    そもそもズームレンズで撮れるボケは小さいですし、キットレンズの多くは価格を抑えるために画質に難があります。
    カメラは搭載されるイメージセンサーが大きいもの、それに組み合わせるのは開放絞り値が小さな大口径単焦点レンズにして頂くのが最善かと思います。
    外に持ち歩くための軽さを求めるのでしたら、一眼レフカメラと同じ大型のイメージセンサーを搭載する、ボデイサイズが抑えられた「ミラーレス一眼レフカメラ」もご検討の価値があります。

    後はお客様の予算に応じて各社からラインナップされている商品から比較検討して、具体的に提案すればいいのです。



    買取サーヴィスという垣根を越えて。

    そんなわけで、私・たっちゃんはカメラやレンズを売りたいというお客様からのご相談に応じるのはもちろん、カメラやレンズご購入や撮影のアドヴァイスも心を込めてさせて頂いております(^^)
    写真の本当の楽しさや面白さを広めたいという熱い想いがあるのですから。
    弊社の「買取センター」にお電話いただくか、「LINE査定」をご利用いただくのがオススメです!
    事前のお問合わせや、ご来店における査定料・ご相談料など全て一切無料です。
    もちろん、査定だけでもOKですよ。

    MARUKA買取センター → フリーダイヤル 0120-89-7875
    「たっちゃん(立岡)」とお電話でご指名くだされば、私がありったけの「善き心」をこめてお答えいたします☆



    カメラだけじゃない買取品目の多さ!

    弊社MARUKAはカメラだけでなく、ブランド品・時計・貴金属・楽器・骨董・お酒・絵画などあらゆる商品の買取に対応しています。
    最近は、大阪(特に梅田キタや難波・心斎橋・長堀といったミナミ)方面からのお客様からのお問合わせが増えています。
    嬉しいことですね。


    【カメラ・レンズ査定士 : 立岡(たっちゃん)】
    京都写心ブログ : https://maruka-camera.localinfo.jp/


    sokuhou02

    ****************************************************************************************************************************
    「銀座本店」では、英語対応にてお買取りのサービスのご利用が可能です。
    We are accepting correspondence in English at Ginza shop.
    MARUKA is Purchasing SECONDHAND brand‐name goods.
    We are absolutely confident because we are dedicated in buying jeweleries, Watch(ROLEX etc), Bags(Louis Vuitton HERMES CHANEL etc).
    "Gold, platinum, diamond and other jeweleries..."

    Please feel free to contact us!
    And also we're looking forward to hearing from you.
    [Please make a resavation before visiting. → Tel. 0120-89-7805]
    ****************************************************************************************************************************


    MARUKAカメラ・レンズ買取案内ページ
    カメラ・レンズ買取案内ページ:https://www.7-7maruka.com/camera/
    定休日:年中無休(福岡天神店を除く。)
    営業時間:AM10:00 ~ PM7:00


    ------------- 買取サービス
    --------------店頭買取 ... 京都市内4店舗、東京(銀座・渋谷)、福岡天神の店舗にお越し下さい。
    --------------宅配買取 ... 商品を「MARUKA西日本センター」にご郵送いただくだけ!
    --------------出張買取 ... 査定士が直接ご自宅にお伺いして買取をいたします。

    --------------"無料"査定サービス
    --------------LINE@で査定 ... MARUKA「公式LINE@」を使って、お気軽にお問い合わせ頂けます。
    --------------メール査定 ... 専用フォームからご連絡頂くと、メールでお返事をいたします。
    --------------・お電話によるお問い合わせ ... フリーダイヤル:0120-89-7875(何でもお気軽に♪)

    2017年02月04日(土)



  • Panasonic(パナソニック)
    LUMIX(ルミックス)/DMC-GF2 [ダブルレンズキット]
    LUMIX G 14mm F2.5 ASPH.
    LUMIX G VARIO 14-42mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.
    ミラーレス一眼レフカメラを買取いたしました。


    京都の冬の寒さは、ちょうど今頃の1月末から2月にかけてがとても厳しいです。
    「底冷え」と言われるくらいに、肌を突き刺すように体の奥まで伝わる独特の寒さ。
    誰か一緒に鍋でも食べに行きませんか(^^)
    カメラとレンズの買取査定を孤独に一人担当しながら、フォトグラファーとしても「京都写真ブログ」を通して、現代人が失いつつある"善き心"を広めている"たっちゃん"でございます。
    デジタルカメラの買取価格のお問い合わせを、お電話やLINE査定で頂くことが増えており、毎日変動する買取相場とにらめっこしながら、少しでも高い価格をご提案しています。
    他社と比較検討される際には、ぜひお売りになる当日にお問い合わせ下さい。



    本日ご紹介する買取商品は、Panasonic(パナソニック)のミラーレス一眼レフカメラ、「DMC-GF2 ダブルレンズキット」です。
    http://panasonic.jp/dc/p-db/DMC-GF2.html

    こちらは、MARUKA福岡天神店で山本店長が買取させて頂きました。
    九州・福岡の地で京都からはるばる引っ越して一人で奮闘している山本店長です。
    天神西通りにあって、博多方面からもアクセス抜群、Apple福岡天神店や岩田屋本店などショッピング街の中のとても賑やかな便利な場所にあります。




    前機種GF1からさらにコンパクトなサイズに。

    すでに発売から6年以上が経過し、現在はGF7やGF9などがラインナップされている中で、デジタルカメラとしては古い機種になります。
    前機種のGF1よりもキュッとコンパクトになり、発売当時にはストロボ内蔵レンズ交換式デジタルカメラのボディとして『世界最小・最軽量』を謳っていました。
    個人的にはカメラは手ブレを防止するためにしっかりとしたホールディングが必要と思うので、あまり過度に小さくせずにこの程度が女性にも丁度よい大きさ。
    幅や高さが小さくなったのはもちろん、驚くべきは本体の奥行きが3.5mmも薄くなったこと。
    カメラというのは、その内部機械の構造上、奥行きを薄くするのは幅や高さを小さくする以上にとても難しいのです。




    今となってはごく普通のスペック。

    搭載するイメージセンサーは、有効1,210万画素Live MOSセンサー。
    動画機能については、前機種の1,280×720ピクセルのAVCHD Liteから、本機はフルHD(1,920×1,080ピクセル)AVCHDになりました。
    発売から6年以上も経つので、最新機種と比べるのも酷な話ですが、今は4Kの機種もたくさん出ていますし、コンパクトデジタルカメラでもフルHDは当たり前になっています。
    また今は多くのユーチューバーたちが、動画性能重視のカメラ選びをしていますので、外部マイクへ対応していないのもちょっと辛い。




    当時は画期的だったタッチパネル搭載。

    現在は多くのデジタルカメラの背面液晶にタッチパネルが採用されていますが、GF2が発売された当時はまだまだ珍しい機能でした。
    例えば、撮影モードを変更したいという場合には、画面隅の撮影モードアイコンをタッチし、表示される希望の撮影モードをタッチすれば簡単に変更が可能です。
    もちろん、不意に指が触れて誤操作が起こるのが嫌だという場合は、タッチパネルを使用せずとも各種設定変更が可能です。

    このタッチパネルの生かした新機能が「ボケ味コントロール」。
    要は「絞り優先」のことで、レンズの絞り値を変えて背景のボケ量をコントロールするのですが、そういうのは難しくてよく分からない方に、画面上のスライダーを自由に動かしてボケ具合を目で見て確認しながら直感的に扱える仕組みになっています。
    他にも、今では当たり前の機能ですが、ピントを合わせたい部分を指でポンと触れるだけでピントが合ってシャッターが切れる「タッチシャッター」、ピントだけ合わせる「タッチフォーカス」も搭載されています。

    たっちゃん個人的にはカメラにタッチパネルは現段階では不要と考えています。
    これまでタッチパネルに対応したカメラを使ってきていないので、身体がそれに慣れていることや、不意に指が画面に触れてしまった時に反応されることが多いからです。
    ただ、スマホを自在に操る若い方たちが、スマホと同じ操作感覚で気軽に撮影が出来るという意味においては、今後の発展に期待したいところですね。




    標準ズームレンズと単焦点レンズのダブルレンズキット

    下記のレンズが2本セットになったダブルレンズキット。
    ・LUMIX G 14mm F2.5 ASPH.
    ・LUMIX G VARIO 14-42mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.

    標準ズームレンズは、小型・軽量で旅のお供にぴったりなレンズ。
    旅先での広大な景色を広角で撮ってもよし、望遠で一部を切り取って印象的な写真にも出来ます。
    望遠では手ブレ発生率が高まるのですが、このレンズには光学式手ブレ補正(MEGA O.I.S.)が搭載されているので安心ですね。

    一方の「LUMIX G 14mm F2.5 ASPH.」は、たっちゃんが大好きな単焦点レンズ。
    ズーム機能のない重量55gととても軽量の小型パンケーキレンズです。
    欲を言えば、開放F値(F2.5)がもう少し明るければなと思うところ。
    でも、AFも速くてネット上の評判はかなりいいようです。




    旅カメラとして使っていた相棒を買取ってもらおう!

    お客様はご旅行の際にこのDMC-GF2をいつも持ち歩かれて、ご旅行のスナップ写真を撮影されていたとのこと。
    ボディーのピンクの色に一目惚れして即購入されたというあたり、"女子カメラ"ならではの良い選択だと思います。
    カメラは"黒"だなんて、誰が決めた!
    女子が街中で持っても可愛く見せたい!
    メーカーの皆さん、色々と大変ですね(笑)

    『最近は仕事が忙しくて、ほとんど旅行に行くことがなくなり、家の中の使わないものを整理している時に売ろうと決めました。最初は捨てるか誰かに譲ろうかなとも思ったんですが、今までの旅行に全部付き合ってくれて思い入れもあるし、捨てるのは抵抗があって。かなり前に買ったカメラだから買取ってもらえないと思いましたが、ネットで検索したらブログをたまたま見つけて、MARUKAが福岡にもお店があるのが分かって、とりあえず電話で聞いてみようと思いました。』

    デジタルカメラは発売から日が経つほど、買取価格が下がるのですが、今回お売りいただいたGF2はボディだけでもまだお値段が付きます。
    状態にもよりますが、それでも3,000円から5,000円ほど。(2017年1月7日現在)

    でも、ご安心を。
    デジタル商品はサイクルが早いですが、レンズについては「資産」とも言われるくらい長くお付き合いできるのです。
    古いレンズでも描写性能に優れているレンズが多く、最新のカメラに使うことも出来るので、お値段が高く付きやすいのです。
    今回はボディは数千円の買取価格とはなりましたが、レンズに高い価格がついてお客様にも喜んで頂けました。



    カメラ・レンズを売りたい!そんな時はまずは事前査定がオススメ!

    カメラやレンズを売りたいなという時には、まずは事前に弊社の「買取センター」にお電話いただくか、「LINE査定」をご利用いただくのがオススメです!
    事前のお問合わせや、ご来店における査定料などは全て一切無料です。
    もちろん、査定だけでもOKですよ。

    また、弊社MARUKAはカメラだけでなく、ブランド品・時計・貴金属・楽器・骨董・お酒・絵画などあらゆる商品の買取に対応しています。
    最近は、大阪方面からのお客様からのお問合わせが増えています。
    大阪は買取店の激戦区で、特に梅田(キタ)や難波・心斎橋・長堀といったミナミには多くのお店がある中で、大阪に店を持たない京都のMARUKAにお問合わせやご来店頂けるのは買取価格だけではない、お客様のライフスタイルに合わせた「おもてなしの買取」をスタッフ一同で目指しているからなのかもしれません。

    MARUKA買取センター → フリーダイヤル 0120-89-7875
    「たっちゃん(立岡)」とお電話でご指名くだされば、私がありったけの「善き心」をこめてお答えいたします☆
    買取りに関することはもちろん、カメラやレンズご購入や撮影のアドヴァイスもさせて頂いております(^^)
    「写心」文化と、それを通した「善き心」を広めて行くことが私の使命と思っていますから♪


    MARUKAの便利な事前査定

    電話でお話するのが恥ずかしいという方は(笑)、下記の便利な事前査定をご用意しています。
    査定のご利用にあたっては一切無料で、特に「LINE査定」は個人情報をお送り頂く必要もございませんのでどうぞお気軽に♪
    メール査定
    LINE査定

    【カメラ・レンズ査定士 : 立岡(たっちゃん)】
    京都写心ブログ : https://maruka-camera.localinfo.jp/


    sokuhou02

    ****************************************************************************************************************************
    「銀座本店」では、英語対応にてお買取りのサービスのご利用が可能です。
    We are accepting correspondence in English at Ginza shop.
    MARUKA is Purchasing SECONDHAND brand‐name goods.
    We are absolutely confident because we are dedicated in buying jeweleries, Watch(ROLEX etc), Bags(Louis Vuitton HERMES CHANEL etc).
    "Gold, platinum, diamond and other jeweleries..."

    Please feel free to contact us!
    And also we're looking forward to hearing from you.
    [Please make a resavation before visiting. → Tel. 0120-89-7805]
    ****************************************************************************************************************************


    MARUKAカメラ・レンズ買取案内ページ
    カメラ・レンズ買取案内ページ:https://www.7-7maruka.com/camera/
    定休日:年中無休(福岡天神店を除く。)
    営業時間:AM10:00 ~ PM7:00


    ------------- 買取サービス
    --------------店頭買取 ... 京都市内4店舗、東京(銀座・渋谷)、福岡天神の店舗にお越し下さい。
    --------------宅配買取 ... 商品を「MARUKA西日本センター」にご郵送いただくだけ!
    --------------出張買取 ... 査定士が直接ご自宅にお伺いして買取をいたします。

    --------------"無料"査定サービス
    --------------LINE@で査定 ... MARUKA「公式LINE@」を使って、お気軽にお問い合わせ頂けます。
    --------------メール査定 ... 専用フォームからご連絡頂くと、メールでお返事をいたします。
    --------------・お電話によるお問い合わせ ... フリーダイヤル:0120-89-7875(何でもお気軽に♪)

    2017年01月30日(月)



  • CONTAX(コンタックス)
    G1/Carl Zeiss(カールツァイス)/Biogon(ビオゴン)T* 28mm 2.8
    中古フィルムカメラを買取いたしました。


    3日ほど前に京都市内でもかなりの雪が降りまして、市内でも20cm近く積もりました。
    その時の写真を私・たっちゃんの別ブログ『写心の"こころ"』に少し掲載しておりますので、下記リンクより御覧ください。
    https://maruka-camera.localinfo.jp/posts/1893847

    あらためまして、、、MARUKAで孤高にカメラ・レンズの買取査定をする一方で、「京都写真ブログ」を通して、現代人が失いつつある"善き心"を広めることを本気で考えているフォトグラファー立岡(たっちゃん)です。

    デジタルカメラの買取価格が他社に比べて高かったという事が多いのか、昨年年末から現在に至るまでにデジタルカメラの買取が増えています。
    そんな中、CONTAX(コンタックス)のコンパクトなフィルムカメラ、「G1」をMARUKA大宮店にてお買取させて頂きました。
    阪急京都線「大宮」駅、京都市営バスの「四条大宮」バス停からすぐというとても便利な場所にあるお店です。
    阪急電鉄が便利なので、西は西院や桂方面、北からは千本通を通って市バスをご利用いただいてご来店されるお客様が多いようです。




    さて、まずは簡単にではありますが、お売りいただいたCONTAX(コンタックス)のG1をご紹介いたします。
    かつての高級コンパクトカメラの代名詞とも言えるカメラです。
    京セラが1994年に発売した「レンズ交換式AFレンジファインダー」カメラ。
    京セラと言えば、ココ京都がお膝元で私・たっちゃんが敬愛する稲盛和夫氏、そして最近は京都市美術館の命名権を50年50億で契約した『京都市京セラ美術館』でもお馴染みですね。





    かつての高級コンパクトカメラの代名詞、Gシリーズ
    今後の市場に出る全てのカメラは、この白くて四角いボディになるとまで言わしめた。

    1990年代前半ごろに日本でLeica(ライカ)ブームが始まりました。
    特にM型ライカは新品も中古も売れに売れまくり、中古市場でも相場がかなり上がっていました。
    ところが、Leicaのカメラは扱いが少し特殊だったり面倒な操作も多く、M6とM5以外はAEどころか露出計すら入っていないなど、多くの不満も上がっていました。
    そんな中で、『ライカみたいな形のレンズ交換式自動カメラ』という要望が出てくるのは自然なこと。
    その要望に応えるべくCONTAX(コンタックス)G1が産声をあげることになりました。
    G1で初めて「AFレンジファインダー」という言葉が出来たと言われています。





    見た目だけじゃない、写りも高級な優秀な交換レンズ群
    写りは逸品、価格はお手軽に。

    たくさんある交換レンズは、どれも素晴らしい描写性能な上に、カメラボディもチタンで出来て造形も美しく、これまでなかったデザインに話題沸騰しました。
    レンズがどれも優秀な写りなのに、販売価格が比較的安かったのも人気となった要因の一つです。
    発売された年のカメラ大賞も受賞しました。

    一緒にお売りいただいたレンズは、「Biogon(ビオゴン) T* 28mm F2.8」というあのCarl Zeiss(カールツァイス)の単焦点レンズ。
    最短撮影距離50cm、そして僅か150gという小型・軽量設計。
    今はもちろん廃盤となっているレンズですが、マウントアダプターを使えば今のデジタルカメラでも使うことが出来ます。
    いわゆる『オールドレンズ』と最近では言われ、レンズ愛好家たちの間でもデジタルカメラに装着して撮影を楽しんでおられる方も多いです。
    もちろん、レンズ装着に少しコツが必要、オートフォーカスが使用できない、最近の高画素デジタルカメラでは画質に難ありな場合がある、などマイナス面もあります。
    画質においては、周辺光量落ちが大きかったり、ピントが甘くなることが多いのですが、そんなふんわりした雰囲気の写真に「味」を感じることが出来るのも写真の楽しみの一つですね。





    家の整理をしていた時に出てきたカメラ
    廃棄業者に引き取ってもらおうと思っていた時に。

    『今、家の整理をしていて不用品だけ集めて全部廃棄業者に引き取ってもらおうと思っていたんですよ。』

    そんな時、たまたまご覧になった京都新聞に掲載していた弊社MARUKAの広告をご覧になられたそうです。
    買取品目の中に、宝石(ダイヤモンド)・時計・ブランドバッグ・絵画・骨董・楽器の中に、「カメラ」の文字が目に入り、ご自宅の近くでもあったMARUKA大宮店
    にご来店下さいました。

    『買った時は高いカメラだったんですけど20年以上前だし、ちょっと贅沢なお昼ごはん代くらいにはなるかなと思って(笑)』

    MARUKAのような総合的な買取専門店としては珍しく、専門知識を有するフォトグラファーの私・たっちゃんが在籍し、カメラ・レンズの買取査定を担当しています。
    カメラ専任の専門査定士なので、常に最新の買取相場が把握でき、その相場に基づいて出来る限り高い買取相場のご提示が可能となっています。
    もちろん、十数年前のフィルムカメラでも、お値段の付くカメラはたくさんございます。





    フィルムカメラにも買取価格が付く時代
    何十年も前だからと捨てる前に。

    京セラは残念ながらすでにカメラ事業から撤退し、このG1のサポートも終了した事もあってか、G1を始めとする京セラのかつての人気だった高級コンパクトカメラは、今では中古市場ではかなり安く売られています。
    また、ボディ自体が脆弱なこともあり、特に中古品は液晶不良が多いのが特徴のカメラです。
    そんなこともあり、特にボディの買取価格はかなり下がっています。
    CONTAX(コンタックス)のG1ボディの現在(2017年1月)の弊社の買取相場がおよそ2,000円~5,000円前後。
    でも先に述べたように、レンズに関してはマウントアダプターを使うなどして現在でも使用することが出来るのでかなりのお値段が付きます。
    今回の、「Biogon(ビオゴン) T* 28mm F2.8」のレンズの場合、状態が良ければ1万円~2万円程度の買取価格が付きます。

    つまり今回のお客様の場合ですと、かなり高級で贅沢なお昼ごはんを食べる事が出来るというわけです(笑)

    『廃棄業者に頼めばお金を払わないといけなかったのに、来て良かったです。』

    そう、捨てればお金が必要ですし、ゴミの処分のために地球環境に影響を与えることにもなります。
    要らなくなったら捨てる前に、欲しいと思う人にバトンタッチという時代が来ているのです。


    カメラ・レンズを売りたい!そんな時はまずは事前にご連絡を!

    デジタルカメラはもちろんですが、昔のフィルムカメラでもお値段が付く事が多いので、まずは事前に弊社の「買取センター」にお電話いただくか、「LINE査定」をご利用いただくのがオススメです!
    事前のお問合わせや、ご来店における査定料などは全て一切無料です。
    もちろん、査定だけでも大乗ですよ。

    MARUKA買取センター → フリーダイヤル 0120-89-7875
    「たっちゃん(又は立岡)」とお電話でご指名くだされば、私がありったけの「善き心」をこめてお答えいたします☆
    買取りに関することはもちろん、カメラやレンズご購入や撮影のアドヴァイスもさせて頂いております(^^)
    「写心」文化と、それを通した「善き心」を広めて行くことが私の使命と思っていますから♪

    弊社MARUKAならカメラだけでなく、ブランド品・時計・貴金属・楽器・骨董・お酒・絵画などあらゆる商品の買取に対応しています。

    MARUKAの便利な事前査定

    電話でお話するのが恥ずかしいという方は(笑)、下記の便利な事前査定をご用意しています。
    査定のご利用にあたっては一切無料で、特に「LINE査定」は個人情報をお送り頂く必要もございませんのでどうぞお気軽に♪
    メール査定
    LINE査定

    【カメラ・レンズ査定士 : 立岡(たっちゃん)】
    京都写心ブログ : https://maruka-camera.localinfo.jp/


    sokuhou02

    ****************************************************************************************************************************
    「銀座本店」では、英語対応にてお買取りのサービスのご利用が可能です。
    We are accepting correspondence in English at Ginza shop.
    MARUKA is Purchasing SECONDHAND brand‐name goods.
    We are absolutely confident because we are dedicated in buying jeweleries, Watch(ROLEX etc), Bags(Louis Vuitton HERMES CHANEL etc).
    "Gold, platinum, diamond and other jeweleries..."

    Please feel free to contact us!
    And also we're looking forward to hearing from you.
    [Please make a resavation before visiting. → Tel. 0120-89-7805]
    ****************************************************************************************************************************


    MARUKAカメラ・レンズ買取案内ページ
    カメラ・レンズ買取案内ページ:https://www.7-7maruka.com/camera/
    定休日:年中無休(福岡天神店を除く。)
    営業時間:AM10:00 ~ PM7:00


    ------------- 買取サービス
    --------------店頭買取 ... 京都市内4店舗、東京(銀座・渋谷)、福岡天神の店舗にお越し下さい。
    --------------宅配買取 ... 商品を「MARUKA西日本センター」にご郵送いただくだけ!
    --------------出張買取 ... 査定士が直接ご自宅にお伺いして買取をいたします。

    --------------"無料"査定サービス
    --------------LINE@で査定 ... MARUKA「公式LINE@」を使って、お気軽にお問い合わせ頂けます。
    --------------メール査定 ... 専用フォームからご連絡頂くと、メールでお返事をいたします。
    --------------・お電話によるお問い合わせ ... フリーダイヤル:0120-89-7875(何でもお気軽に♪)

    2017年01月18日(水)



  • Canon(キヤノン) デジタル一眼レフカメラ EOS 70D [中古品]を買取させて頂きました!

    明けましておめでとうございます!
    お正月は日本各地で寒さが緩んで、とても過ごしやすかったですね。
    2017年もMARUKAで孤高にカメラ・レンズの買取査定をしながら、一方で記録「写真」より記憶「写心」にこだわりながら、「京都写真ブログ」を通して現代人が失いつつある"善き心"をコツコツと広めて参ります。
    そんなフォトグラファーでもある私・立岡(たっちゃん)を今年もどうぞよろしくお願いいたします。

    さて、新年から早速CANON(キヤノン)のEOS 70DMARUKA七条店にてお売りいただきました。
    EOS 70Dの公式ページ → http://cweb.canon.jp/eos/lineup/70d/




    お買取させていただいたこのEOS 70Dは、2013年8月に登場したミドルクラスのデジタル一眼レフカメラ。
    今、CANON(キヤノン)には『プレミアムエントリー』というカテゴリーにEOS 8000Dがあり、Kissシリーズの『エントリーモデル』と『ミドルクラス』の中にモデル型番の4桁と2桁が混在していて、それほどカメラに詳しくない人からすると何が違うのか分かりにくくなっていますね。
    特に後継機種でもあるEOS 80Dが発売される前には、一体何が違うのかというほどにカメラの性能面がよく似ています。
    実際にEOS 80Dが発売される前には、8000Dと70Dで迷ったという方も多かったようですね。
    今となっては『ミドルクラス』の上位機種にEOS 7D MarkIIもありますし、『プレミアムエントリー』なんてカテゴリーが出来てしまうと、この2桁のミドルクラスのカメラ機能としての住み分けが非常に難しくなってしまう気がするのは私だけでしょうか。

    さてEOS 8000Dと比較してみると、イメージセンサーはどちらもAPS-Cサイズで画素数はEOS 70Dが2,020万画素。
    それまでのEOSデジタルのAPS-C機は1,800万画素が最高だったのですが、フルサイズ機のEOS 6Dなどとほぼ同等の画素数となりました。
    そして、『プレミアムエントリー』ながらEOS 8000Dは2,420万画素。
    映像エンジンDIGICについては、EOS 70Dが「DIGIC 5+」に対して、EOS 8000Dは「DIGIC 6」(現在の最新は「DIGIC 7」)。
    AFセンサーは全く同じだからか、測距点数も同じ19点になっています。

    多くのデジタルカメラに搭載されている「フリッカーレス撮影機能」(蛍光灯下などでの高速シャッターを切った際の露出や色調問題を解消する機能)も、プレミアムエントリーであるEOS 8000Dの方に搭載されています。
    スマホとの連携に便利なNFC機能、ジオラマ風動画やHDR動画撮影、外部ストロボのワイヤレス発光設定に簡単モードが設けられるなど、『プレミアムエントリー』ながら『ミドルクラス』のEOS 70Dよりも様々な便利機能が搭載されています。



    AFセンサーが両機で同じ「デュアルピクセルCMOS AF」なので、実質的なAF速度は同じと思われるのですが、ネット上の実際にお使いになっている方のレビューなどを見ると、70Dより確実にピントが合うとか、ピントに悩むことも少ないとか、上位機種よりも確実に進化しているようです。
    ただし、すでにEOS二桁には最新のEOS 80Dが出ているので、AF性能は確実に80Dが上回っているでしょう。
    ちなみに「デュアルピクセルCMOS AF」は撮像に使用している画素の大部分を位相差AFのセンサーとしても使うことによって、特にライブビュー撮影時においても素早いピント合わせを可能にしています。




    背面の液晶モニターは、可動モニター(バリアングル機能)。




    ハイアングルやローアングルを撮影する際に、身体を屈めて窮屈な姿勢になることんばく、圧倒的に楽に撮影することができます。
    特に縦位置撮影でのローアングルの場合は、このバリアングルモニターの恩恵を感じるところですね。
    液晶モニターはタッチパネルにもなっているので、ピントを合せたい部分を指でトンとタッチするとシャッターが切れる「タッチシャッター」も搭載。




    バリアングル機能が便利なのは、このように180度回転させて自撮りが出来ること。
    今やYouTuberに必須の機能ですね。



    EOS 70Dを愛犬の撮影に使っていました…
    『愛犬をたくさん撮りたくて、カメラ屋さんで薦められるままに買ったカメラなんです。』

    お客様が何を撮りたくて、どのようにお使いになるのか、それらをきちんとお聴きして、お客様の都合に合ったカメラを提案するのがプロの仕事でしょうに。
    それなのに、逆にカメラ屋さんの都合に合わせて、それっぽい理由をつけて売りつけるお店の多いこと、多いこと。
    これだから、知らず知らず自分に合わないカメラを使い続けて写真が嫌いになってしまって、写真の本当の面白さや楽しみが広がらないのです。

    おっと、話が脱線してきたので、、、このお話はここまで。

    さて、ペットの撮影においては、動きの早い被写体に追従してピントを合わせることが出来て、なおかつ連写スピードが早いと便利です。
    その点EOS 70Dの連写速度は、前モデルのEOS 60D(5.3コマ/秒)から7コマ/秒へスピードアップしました。
    発売当時のカメラの中では早い方です。
    「デュアルピクセルCMOS AF」との組み合わせで、ペットのような動きの早い被写体の撮影に強くなりました。

    レンズは「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」をお使いでした。
    広角から望遠までこれ一本でまかなえる大変に便利なズームレンズです。
    AFをサーボにして自動選択AFにすれば、愛犬の動きに合わせてシャッターボタンを半押ししている間でもピントを合わせ続けてくれます。



    EOS 70Dは大きくて重たいのが不満で…
    『愛犬と色んな場所にお出かけするのですが、その際にこの70Dの重さが気になってきまして。』

    お休みの日には愛犬と一緒にいろんな場所にお出かけになるというお客様。
    小型犬なので片手で抱っこしながら、空いているもう片方の手に70D。
    確かに片手に愛犬、片手に70Dという体勢で長時間歩くのは少し荷が重いですね。



    よりコンパクトな「ミラーレス一眼」へ買い替えるために…
    『軽くてコンパクトなミラーレス一眼への買い替え、購入資金の足しになればと70Dを売ることを決めました。』

    ミラーレスという名の通り、カメラ内部のミラー部を省略することでカメラ全体のボディサイズをコンパクトにしたカメラが各社からたくさん出ています。
    イメージセンサーの大きさだって、一眼レフカメラに搭載される大型のAPS-Cサイズやフルサイズも出ていて、画質も遜色ありません。
    イメージセンサーは大きいほど、画質にも有利ですし、背景ボケのより大きい写真を撮ることが出来ます。
    連写速度に至っては、並の一眼レフカメラより速い機種もたくさん出ています。

    お客様は事前に、インターネットで買取価格が掲載されているカメラの買取専門店を調べておられた際に、私・たっちゃんの「京都写真ブログ」を見つけて下さりご来店下さいました。
    カメラ専門店ではないからそんなに高く買取していないだろうけれど、参考までにちょっと聞いてみようと。

    お持ちいただいたEOS 70Dを拝見すると、愛犬とのお出かけで主に野外でお使いだったとのことですが、とても綺麗にお使い。
    野外での撮影が多いと、擦り傷やボディのグリップ部のゴム素材が白くなっていたり、ひどい場合はベタつきが出ていることもあります。
    でも、お客様のはとてもおキレイ。
    また、レンズ内にホコリが侵入することも多く、大きく買取価格が下がる要因にもなりますが、これまたとてもおキレイにお使い。

    発売から年数が経過していて、後継機種EOS 80Dが存在しているので買取価格は下がる傾向にありますが、発売から3年経過した現在でもボディだけで4万~5万円ほどの買取価格が付きます。(2017年1月4日現在)



    カメラ買取専門店じゃないのに高い買取価格…
    『えっ、そんなに付くんですか!』

    MARUKA七条店にお越しになる前に、1件だけ大手カメラ買取専門店にEOS 70Dの買取価格を問合せておられたようで、MARUKAの方が少しだけ高くてとても驚かれました。
    デジタルカメラの買取価格の相場は、毎日と言っていいほど相場が変動していて、それに合わせて機種によっては毎日買取価格が変わっています。
    MARUKAでは常にお問合わせやご来店を頂いたその都度、最新の買取相場をお調べしています。
    その為、機種によってはお客様をお待たせすることもございます。
    すべては、少しでも高い買取価格をお客様にご提案し、喜んでいただきたいと思うからです。



    カメラ・レンズを売りたい!そんな時はまずは事前にご連絡を!

    特に発売時期の新しいデジタルカメラの買取価格のお問合わせや、ご来店を頂いた際には、その都度買取相場をお調べするので、カメラ・レンズの買取価格をお知りになりたい・売りたい時は、あらかじめ事前に弊社の「買取センター」にお電話いただくか、「LINE査定」をご利用いただくのがオススメです!
    事前のお問合わせや、ご来店における査定料などは全て一切無料です。
    もちろん、査定だけでもOKですよ。

    MARUKA買取センター → フリーダイヤル 0120-89-7875
    「たっちゃん(又は立岡)」とお電話でご指名くだされば、私がありったけの「善き心」をこめてお答えいたします☆
    買取りに関することはもちろん、カメラやレンズご購入や撮影のアドヴァイスもさせて頂いております(^^)
    「写心」文化と、それを通した「善き心」を広めて行くことが私の使命と思っていますから♪

    捨ててしまえば手元に残るのはゼロです。
    まずは、お値段が付くのか、どれだけ付くのかだけでも、お気軽にお問合わせください。
    弊社MARUKAならカメラだけでなく、ブランド品・時計・貴金属・楽器・骨董・お酒・絵画などあらゆる商品の買取に対応しています。
    物がたくさんあり過ぎて持っていくのが面倒という方は、「出張買取」がオススメ。
    ご自宅でボーっとおくつろぎになっている間に、弊社の横田店長がご自宅の中から買取可能な商品を素早く選定した上で、買取不可で破棄される場合は提携の信頼のおける廃棄業者をご紹介し、お客様がお手を煩わせることもありません。



    MARUKAの便利な事前査定

    電話でお話するのが恥ずかしいという方は(笑)、下記の便利な事前査定をご用意しています。
    査定のご利用にあたっては一切無料で、特に「LINE査定」は個人情報をお送り頂く必要もございませんのでどうぞお気軽に♪
    メール査定
    LINE査定

    【カメラ・レンズ査定士 : 立岡(たっちゃん)】
    京都写心ブログ : https://maruka-camera.localinfo.jp/


    sokuhou02

    ****************************************************************************************************************************
    「銀座本店」では、英語対応にてお買取りのサービスのご利用が可能です。
    We are accepting correspondence in English at Ginza shop.
    MARUKA is Purchasing SECONDHAND brand‐name goods.
    We are absolutely confident because we are dedicated in buying jeweleries, Watch(ROLEX etc), Bags(Louis Vuitton HERMES CHANEL etc).
    "Gold, platinum, diamond and other jeweleries..."

    Please feel free to contact us!
    And also we're looking forward to hearing from you.
    [Please make a resavation before visiting. → Tel. 0120-89-7805]
    ****************************************************************************************************************************


    MARUKAカメラ・レンズ買取案内ページ
    カメラ・レンズ買取案内ページ:https://www.7-7maruka.com/camera/
    定休日:年中無休(福岡天神店を除く。)
    営業時間:AM10:00 ~ PM7:00


    ------------- 買取サービス
    --------------店頭買取 ... 京都市内4店舗、東京(銀座・渋谷)、福岡天神の店舗にお越し下さい。
    --------------宅配買取 ... 商品を「MARUKA西日本センター」にご郵送いただくだけ!
    --------------出張買取 ... 査定士が直接ご自宅にお伺いして買取をいたします。

    --------------"無料"査定サービス
    --------------LINE@で査定 ... MARUKA「公式LINE@」を使って、お気軽にお問い合わせ頂けます。
    --------------メール査定 ... 専用フォームからご連絡頂くと、メールでお返事をいたします。
    --------------・お電話によるお問い合わせ ... フリーダイヤル:0120-89-7875(何でもお気軽に♪)

    2017年01月05日(木)



  • Canon(キヤノン) デジタル一眼レフカメラ EOS 60D [中古品]を買取させて頂きました!

    MARUKAで孤高にカメラ・レンズの買取査定を担当している、プロ・フォトグラファーの私・立岡(たっちゃん)です!
    記録「写真」より記憶「写心」にこだわり、「京都写真ブログ」を通して、現代人が失いつつある"善き心"をコツコツと広めております。

    紅葉の写真を撮りに行きたかったのですが、結局ほとんど撮れず終い(ToT)
    そうこうしている内にクリスマスが近づいてきましたね、、、
    クリスマス・イルミネーションもあちこちで見られるようになってきました♪
    京都駅の大階段の大きなツリーは有名ですね。
    実はMARUKA北山店がある北山通りにはウェディングチャペルが幾つかあり、夜になるとライトアップや教会内に入れたり、聖歌隊によるコーラスなどの素敵な聖夜のイベントが開催されます。

    それにしても紅葉の季節もあっという間に過ぎ去り、本当に月日の流れの速さは恐ろしいですね。
    日々、瞬間瞬間を「善き心」をこめて丁寧に生きねばと思います。

    さて本日はMARUKA七条店でお買取させていただきましたカメラをご紹介いたします。
    京都駅から市バス「205号系統」で10分ほどの西大路七条交差点・南東角という便利な場所にあり、駐車場も完備しています。

    Canon(キヤノン)のEOS 60Dです。
    EOS 60Dの主な仕様(公式ページ) → http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/eosd/58239-1.html

    APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載する中級機に位置づけされるデジタル一眼レフカメラです。
    先代モデルの「EOS 50D」はこのAPS-Cサイズを搭載したカメラとしてトップに位置づけられていたのですが、その当時の上位モデルEOS 7D(現在は7D Mark II)が登場したことで、EOS 7Dと当時のエントリーモデルであるEOS Kiss X4(現在はKiss X8i)の間を担うモデルとして、よりエントリーモデル寄りに位置づけられることになったのが、このお売りいただいた「EOS 60D」です。

    エントリーモデルと言えば小型・軽量が必須条件となり、実際先代の50Dよりも小型・軽量化(-55gほど)され、これまでのEOS 2桁モデルと比べてもキュッとスマートにボディが締まった印象です。
    軽くなった一つの要因として、マグネシウム合金からエンジニアリングプラスチックに変更された点が挙げられます。
    カメラボディの外装にプラスチックを使うと、どうしても安っぽくチープな印象に陥りがなりがちなのですが、そこはCanon(キヤノン)。
    チープに見えないように見栄えを整えるのはお得意芸です。
    ミドルクラス相応の造りで決してチープに見えません。





    そして最近のエントリーモデルの多くはもちろん、ハイエンドクラスのカメラにも採用が広がっているのが、この「バリアングル液晶モニター」
    実はEOSシリーズとしては、この60Dが初の搭載となります。
    この液晶モニターは内側に向けて畳むことも出来るので、液晶画面を不意にぶつけて割ってしまったり、傷が付くことも防げますので安心ですね。





    このように180度回転する事も出来るので、集合写真でカメラを三脚で固定した際や、今はYouTubeに動画を投稿するYouTuber時代でもあるので、自撮りされる方にも嬉しいですね。
    ちなみに、、、弊社の美人査定士・キャロラインさんがYouTubeにアップしている速報動画は、私・たっちゃんが5D Mark IIIで撮影しているので、バリアングル液晶モニターは不要(笑)
    最近ちょっとアップが滞っていますが、ご興味ある方は下記のリンクからご覧になって下さい☆
    https://www.youtube.com/playlist?list=PL2bG6cyjseZbX7s7C3QeZW70tLiKG9MZL





    イメージセンサーは有効1,800万画素CMOSセンサーを搭載しています。
    最近の高画素を謳う機種の中では少し目劣りしてしまいますが、大判印刷でもしない限り十分な画素数です。
    Canonが誇るプロが使用するフラッグシップ機の「EOS-1DX Mark II」ですら、2020万画素なのですから。
    映像エンジンは「DIGIC 4」を一基搭載し、常用ISO感度はEOS 50Dの100~3200から100~6400にアップしていて、感度拡張設定にするとISO12800まで上げて撮影することも出来ます。
    Canonはノイズ処理が巧みですので、ISO6400でもノイズを気にすること無く十分に使えると思います。
    夜間や室内などの光が少ない場所での撮影守備範囲が広がりますね☆





    せっかく買ったけれど、使わないから売りに来ました。

    カメラ・レンズをお売りになる際には、事前に弊社の「買取センター」にお電話いただくか、「LINE査定」をご利用いただくのをオススメしておりますが、MARUKA七条店に「EOS 60D」をお売りにお越しになられたこちらのお客様は、事前に弊社の公式ホームページをご覧になってご来店下さいました。

    『子供の写真を撮って残しておきたいと思って買ったものなんですが、買った時にはたくさん撮ったものの、だんだん撮らなくなっちゃって。』
    年末も近づいて家の整理整頓をされていた際に、物置きの奥から出て来たというのがこの60Dでした。

    『買った時は高かったんですけど、もうけっこう前のカメラだからそんなに買取価格はつかないんじゃないかなと思って、電話で聞くのも何だかと思い、とりあえず値段が付くかだけでも聞きに行ってみようと思ったんです。』
    インターネットで京都市内のカメラ買取店をインターネットで検索されて、ご自宅から徒歩圏内にあるMARUKA七条店を見つけてのご来店でした。

    状態を拝見すると、ボディはほとんど使っていないかのような綺麗さ!
    装着されていたレンズは、「EF-S 18-135mm 3.5-5.6 IS」。
    広角から望遠までこれ一本でオールマイティーに撮影できる便利なレンズですね。
    ピントリングのゴム部分が、経年劣化と使用に伴う汚れがありましたが、レンズ自体に大きなダメージはありませんでした。
    ダメージの状態を考慮し、最終的な買取価格をご提示すると、とても驚かれたご様子でした。

    『良くても数千円にしかならないと思っていたのに、ゼロが一つ多くて驚きました!』
    もう発売から6年以上も経つカメラですが、現在(2016.12.20現在)でも程度が良ければ3万円近い買取価格が付くカメラです。
    もちろんCanon(キヤノン)だけでなく、Nikon(ニコン)・SONY(ソニー)・Panasonic(パナソニック)・FUJIFILM(富士フイルム)・PENTAX(ペンタックス)・OLYMPUS(オリンパス)などの各メーカーのデジタルカメラの買取もお任せ下さい!
    海外のメーカー、Leica(ライカ)・Hasselblad(ハッセルブラッド)などはもちろん、古いフィルムカメラやレンズ単体もお買取りをしています(^^)


    年末の大掃除、MARUKAにおまかせください!

    年末の大掃除・整理をされる方も多いかと思います。
    捨ててしまえば手元に残るのはゼロです。
    廃棄業者に依頼すれば処分費用がかかってしまいますが、弊社MARUKAならカメラだけでなく、ブランド品・時計・貴金属・楽器・骨董・お酒・絵画などあらゆる商品の買取に対応しています。
    それぞれの分野に専門の査定士が常駐していますので、適正な買取価格をお付けすることが出来ます。
    物がたくさんあり過ぎて持っていくのが面倒という方は、「出張買取」がオススメです。
    ご自宅でボーっとおくつろぎになっている間に、弊社の横田店長がご自宅の中から買取可能な商品を素早く選定した上で、買取不可で破棄されるゴミとなる商品も提携の信頼のおける廃棄業者をご紹介し、お客様のお手を煩わせることなく気持ちよく新年を迎えられるためのお手伝いをさせていただきます☆


    カメラ・レンズを売りたい!そんな時はまずは事前にご連絡を!

    MARUKA買取センター → フリーダイヤル 0120-89-7875
    「たっちゃん(又は立岡)」とお電話でご指名くだされば、私がありったけの「善き心」をこめてお答えいたします☆
    買取りに関することはもちろん、カメラやレンズご購入や撮影のアドヴァイスもさせて頂いております(^^)
    「写心」文化と、それを通した「善き心」を広めて行くことが私の使命と思っていますから♪


    便利な事前査定をご利用下さい!

    電話でお話するのが恥ずかしいという方は(笑)、下記の便利な事前査定をご用意しています。
    査定のご利用にあたっては一切無料で、特に「LINE査定」は個人情報をお送り頂く必要もございませんのでどうぞお気軽に♪
    メール査定
    LINE査定

    【カメラ・レンズ査定士 : 立岡(たっちゃん)】
    京都写心ブログ : https://maruka-camera.localinfo.jp/


    sokuhou02

    ****************************************************************************************************************************
    「銀座本店」では、英語対応にてお買取りのサービスのご利用が可能です。
    We are accepting correspondence in English at Ginza shop.
    MARUKA is Purchasing SECONDHAND brand‐name goods.
    We are absolutely confident because we are dedicated in buying jeweleries, Watch(ROLEX etc), Bags(Louis Vuitton HERMES CHANEL etc).
    "Gold, platinum, diamond and other jeweleries..."

    Please feel free to contact us!
    And also we're looking forward to hearing from you.
    [Please make a resavation before visiting. → Tel. 0120-89-7805]
    ****************************************************************************************************************************


    MARUKAカメラ・レンズ買取案内ページ
    カメラ・レンズ買取案内ページ:https://www.7-7maruka.com/camera/
    定休日:年中無休(福岡天神店を除く。)
    営業時間:AM10:00 ~ PM7:00


    ------------- 買取サービス
    --------------店頭買取 ... 京都市内4店舗、東京(銀座・渋谷)、福岡天神の店舗にお越し下さい。
    --------------宅配買取 ... 商品を「MARUKA西日本センター」にご郵送いただくだけ!
    --------------出張買取 ... 査定士が直接ご自宅にお伺いして買取をいたします。

    --------------"無料"査定サービス
    --------------LINE@で査定 ... MARUKA「公式LINE@」を使って、お気軽にお問い合わせ頂けます。
    --------------メール査定 ... 専用フォームからご連絡頂くと、メールでお返事をいたします。
    --------------・お電話によるお問い合わせ ... フリーダイヤル:0120-89-7875(何でもお気軽に♪)

    2016年12月20日(火)

  • Nikon(ニコン) D750[新品未使用品]を買取させて頂きました!

    ブランドバッグ、時計、金・プラチナの買取店としては珍しく、現役のプロフォトグラファーが在籍して、カメラやレンズの買取をしているMARUKA(マルカ)。
    そしてそれを専任しているのが、記録「写真」より記憶「写心」にこだわるプロ・フォトグラファーの私・立岡(たっちゃん)です!
    ブランド品を始めとする幅広い買取の経験と、様々な繋がりを存分に生かして、カメラ買取専門店に負けない買取価格を実現しております☆
    実際に最近は、私の「京都写真ブログ」や、デジタルカメラ買取価格表をご覧になって、コールセンターにお電話をいただくことが増えております♪

    先日もお電話を頂戴しました。
    『あの…ブログを拝見してカメラの買取価格を見てみたら、結構高い価格が書いてあったのですけど、ここに書いているお値段で買取りしてくれるのですか?』

    デジタルカメラ買取価格表に掲載している買取価格は「○月▲日現在」と書いているように、あくまでもその日付時点の買取価格です。
    と言いますのも、最新のデジタルカメラの買取価格は日替わりと言うくらいに変動が激しいので、掲載している買取価格でいつも買取をしているわけではありません。
    明日には下がっているかもしれませんし、明後日には上がっているなんてこともよくある話です。
    ですので、他社カメラ買取専門店などと買取価格を比較される際には、お売りになる当日にお問い合わせをいただくのがオススメです!
    せっかくならその日の一番の最新の買取価格でお比べになった方がいいでしょ。





    さて、そのお客様がNikon(ニコン)のデジタル一眼レフカメラ、「D750」「MARUKA福岡天神店」でお売りいただきました♪
    D750公式ページ → http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d750/

    福岡天神店といえば先日、山本店長が毎週土曜の弊社のラジオ出演に電話で出演をしたばかりです。
    京都が生んだ"スーパー"シンガーソングライターの佐々木清次さんの番組・FM京都『YUME.COM』内のMARUKA専用コーナー☆
    博多・中洲の屋台から出てきた「焼きラーメン」のお話しなど、元美容師の人当たりの優しさを生かして真心込めた接客を心がけております♪
    この出演の模様はYouTubeにアップしていますので、ご興味あれば下記よりご覧になってみてください。
    ・山本店長のラジオ出演動画 → https://youtu.be/qXkBsZRXosc

    さて、肝心のD750のご紹介を。
    D750は、フルサイズのイメージセンサーを搭載するFXフォーマットの中級機として登場しました。
    Nikon(ニコン)のデジタル一眼レフカメラには、イメージセンサーの大きさの違いで、35mmフィルムのサイズに準じた『FXフォーマット(約36×24mm)』と、『DXフォーマット(約24mm×16mm)』があります。

    最近はコンパクトサイズのカメラにも、一眼レフに搭載されるDXフォーマットと同等の大きさ(APS-Cサイズ)の大きなイメージセンサーを搭載したカメラも増えてきて、大型センサーならではのボケや高画質を気軽に楽しめるようになりました。
    イメージセンサーは大きいほどピントが合った背景のボケが大きくなり、それだけでもプロっぽい写真になりますし、画質の点でも有利です。





    お売りいただいたこのD750の最大の特徴が、FXフォーマット機として初めてチルト式液晶モニターを採用したことです。
    一眼レフカメラでの動画撮影が当たり前になってきており、またライブビュー撮影時の操作性を重視するユーザー(特にYouTuber)が多く、最近の多くのカメラがチルト式の液晶を搭載している流れを汲んで来たという感じですね。
    ただし、完全に180度にチルト出来ないので、カメラに対峙して自撮りをメインにされているYouTuberには不向きかもしれませんね。

    画像処理エンジンは最新の「EXPEED 4」となって、高速な処理が可能となりました。
    連写速度は最高6.5コマ/秒。ファインダー視野率は100%だったり、シャッター耐久15万回など、フラッグシップモデルに寄せた高スペックモデルとなっています。
    ボディは新開発のモノコック構造を採用し、小型軽量を実現しながらも剛性感のあるボディに仕上がっています。





    上面カバーと背面カバー部はマグネシウム合金を採用していますが、前面カバーと前ボディ部分には、新らたに「炭素繊維複合素材」を使用しています。
    マグネシウム合金に比べて軽くて上部でもあるので、カメラの重さを軽くすることが出来ますね。
    実際に、上位モデルとなるD810に比べると、重さが140g・幅が5.5mm・高さが10mm、厚みが3.5mmほど小さく薄くなっているようです。
    フルサイズ機は重くて大きいということで敬遠されがちなのですが、これなら女性でも気軽に持てるのではないでしょうか。
    気軽に持てるという話しのついでに、レンズは重くて大きなズームレンズよりも、F値が小さくて明るい大口径単焦点レンズがオススメです♪
    小さくて軽量コンパクトサイズなレンズも多く、画質の点でも優れています。
    被写体とのワーキングディスタンスや、フレーミングを身体で自然と覚えることが出来るので、写真のスキルをステップアップしたいう方には、やっぱり大口径単焦点レンズです!
    プロの私が言うのだから、間違いない(笑)





    画素数については、上位機種D810の有効3,635万画素には及ばず、有効2,432万画素となりますが、それ以外のほとんどはD810と同等の機能を盛り込んでいます。
    何よりもD810よりも小さくて軽いので、フルサイズのイメージセンサーを搭載するFXフォーマット機を、気軽に軽快に持ち歩けるのが好印象♪





    Nikon(ニコン) D750を高く売りたいという強い想いがMARUKAとの出会い。

    さて、人にプレゼントするために購入されたというこのD750。
    不要になってしまったので少しでも高く売るために、まずは山口県内でカメラを買取りしているお店に片っ端から問い合わせをされましたが、どこも買取価格が安すぎて売る気力が萎えてしまうほどだったそうです。
    お隣の広島県に範囲を広げてみても、これと言った買取価格を提示してくれるお店がなく、めげずにインタネットで検索を続けていた時に、たまたま私の「京都写真ブログ」を見つけてくださり、京都だけれど一応チラリと買取価格を見てみると、これまで問い合わせをしたどのお店に比べても"大幅"に高かったので、スグに弊社にお電話をされたそうです。

    もちろんお電話される前にMARUKA公式サイトで九州博多の地・福岡に、福岡天神店があるのをご確認いただいてから(笑)
    そして、はるばる山口県からご来店していただく運びとなりました。
    そうしてたくさんの他社ちと買取金額を比較され、MARUKAが秀でて高かったとのことで、わざわざ山口県からご来店くださいました♪
    とてもありがたいことですね☆
    遠くから本当に有難うございます。


    弊社のカメラ買取における「完全新品」と「新品未使用品」の違い。

    お客様がお売りになったD750は、一切使われておられませんでしたが、保証書に販売店による印があったため、弊社の「完全新品」の基準外になります。
    弊社の「完全新品」の基準の一つに、保証書に販売店印が押されていないこと、があります。
    機種にもよりますが、印がない場合と比べて1万円~3万円近く買取価格が下がります。
    その他にも、外箱に微細でも傷や凹みがあると高級機になるほど買取価格が下がります。
    メーカーで製造されて工場出荷される時の状態が、「完全新品」と思っていただければ分かりやすいですね。
    とても大切なことなので、弊社へお問い合わせのお電話や、事前の「LINE査定」をご利用される際には特に念入りに確認をさせて頂いております。

    Nikon(ニコン)だけではなく、Canon(キヤノン)・SONY(ソニー)・Panasonic(パナソニック)・FUJIFILM(富士フイルム)・PENTAX(ペンタックス)・OLYMPUS(オリンパス)などの各メーカーの最新のデジタルカメラの買取なら絶対の自信があります!
    もちろん、Leica(ライカ)・Hasselblad(ハッセルブラッド)などの海外メーカーはもちろん、古いフィルムカメラやレンズ単体もお買取りをしています(^^)

    カメラ・レンズを売りたい・買取に関してちょっと聞いてみたいなど、どんな事でもお気軽にMARUKAコールセンターまでご連絡ください!
    → フリーダイヤル 0120-89-7875
    「たっちゃん(又は立岡)」とお電話でご指名くだされば、私がありったけの「善き心」をこめてお答えいたします☆

    電話でお話するのが恥ずかしいという方は(笑)、下記の便利な事前査定をご用意しています。
    査定のご利用にあたっては一切無料で、特に「LINE査定」は個人情報をお送り頂く必要もございませんのでどうぞお気軽に♪
    メール査定
    LINE査定

    【カメラ・レンズ査定士 : 立岡(たっちゃん)】
    京都写心ブログ : https://maruka-camera.localinfo.jp/


    sokuhou02

    ****************************************************************************************************************************
    「銀座本店」では、英語対応にてお買取りのサービスのご利用が可能です。
    We are accepting correspondence in English at Ginza shop.
    MARUKA is Purchasing SECONDHAND brand‐name goods.
    We are absolutely confident because we are dedicated in buying jeweleries, Watch(ROLEX etc), Bags(Louis Vuitton HERMES CHANEL etc).
    "Gold, platinum, diamond and other jeweleries..."

    Please feel free to contact us!
    And also we're looking forward to hearing from you.
    [Please make a resavation before visiting. → Tel. 0120-89-7805]
    ****************************************************************************************************************************


    MARUKAカメラ・レンズ買取案内ページ
    カメラ・レンズ買取案内ページ:https://www.7-7maruka.com/camera/
    定休日:年中無休
    営業時間:AM10:00 ~ PM7:00


    ------------- 買取サービス
    --------------店頭買取 ... 京都市内4店舗、東京(銀座・渋谷)、福岡天神の店舗にお越し下さい。
    --------------宅配買取 ... 商品を「MARUKA西日本センター」にご郵送いただくだけ!
    --------------出張買取 ... 査定士が直接ご自宅にお伺いして買取をいたします。

    --------------"無料"査定サービス
    --------------LINE@で査定 ... MARUKA「公式LINE@」を使って、お気軽にお問い合わせ頂けます。
    --------------メール査定 ... 専用フォームからご連絡頂くと、メールでお返事をいたします。
    --------------・お電話によるお問い合わせ ... フリーダイヤル:0120-89-7875(何でもお気軽に♪)

    2016年12月02日(金)

  • Canon(キヤノン) EOS 5D Mark IV(完全新品)を 「宅配買取」させて頂きました!

    どうも、こんにちは!
    カメラやレンズのお買取のお問い合わせをたくさん頂戴するようになって、一つ一つ「善き心」をこめて回答させていただいております☆
    記録「写真」より記憶「写心」にこだわるプロ・フォトグラファーの私・立岡(たっちゃん)が、MARUKA(マルカ)でカメラ・レンズの査定を専属で担当しています!
    一方で、現代人が失いつつある「善き心」を広めるために、"善き心"に根ざした写真文化の発展のために出来ることを頑張っています☆





    売りたい商品を弊社に宅配便などでお送りいただく便利な「宅配買取」をご利用いただきCanon(キヤノン)のデジタル一眼レフカメラ、「EOS 5D Mark IV」をお売りいただきました♪
    EOS 5D Mark IV公式ページ → http://cweb.canon.jp/eos/lineup/5dmk4/

    遠方にお住まいの方、荷物が大きい・重いなどの方にはぜひ「宅配買取」がオススメです!
    「宅配買取」の詳細 → https://www.7-7maruka.com/delivery/

    売りたいカメラやレンズを箱に詰めて弊社にご郵送頂くだけでOK!
    箱や発送伝票など梱包に必要な『宅配キット』も無料でご用意しておりますので、お客様の方で発送のために何か新しくご準備して頂く必要はありません。
    送料も弊社が負担しますし、店頭での買取金額と同額で買取をさせて頂いております☆

    カメラ・レンズについては、私・たっちゃんが弊社に到着した商品の状態などの状態確認・査定をさせていただきまして、お客様に買取金額のご連絡をいたします。
    ご納得頂き成約になりますと、お客様のご指定の銀座口座へお振込いたします。
    週末や祝日を除いて、お昼前後までに最終確認のお返事を頂ければ、商品が到着したその当日にお振込手続きをいたします。
    とってもスピーディー♪

    こちらの「EOS 5D Mark IV」をお売りになられたお客様、私の「京都写真ブログ」をたまたま見つけてくださり、弊社の便利な事前査定サーヴィス「LINE査定」にて事前にご連絡を頂いたので、成約まで大変スムーズに完了することができました。

    し・か・も!
    「完全新品」です♪

    MARUKA(マルカ)における「完全新品」の基準については、以前に「EOS 1D X Mark II」のお買取のご紹介の際に詳細を書かせて頂いておりますので、下記リンクよりご覧になってください。
    https://www.7-7maruka.com/results/delivery/canon-eos_1dx_markII-20161114/





    お買取しましたCanon(キヤノン)「EOS 5D Mark IV」は、私・たっちゃんの愛機「EOS 5D Mark III」の後継機であります。
    「EOS 5D Mark III」から実に4年半!
    その間の2015年には圧倒的な5,060万画素という超高画素機「5Ds R」も発売され、こちらが後継機という噂も流れましたが、「EOS 5D Mark IV」こそが正真正銘の後継機となります。

    一番初代の「EOS 5D」が2005年に登場して以来、35mmフルサイズセンサーを搭載し、ハイアマチュアからプロカメラマンまで世界中で愛される名シリーズです。
    「EOS 5D Mark IV」は2016年9月8日に発売が開始され、現在の大手家電量販店での平均的な実勢価格は40万円前後です。





    外観をパッと見た限りでは、「EOS 5D Mark III」と見分けをつけるのが難しいですね。
    こんな感じで「5D Mark IV」のロゴを見てやっと分かる感じです。
    カメラに興味がなかったり詳しくない方からすれば、何が変わったか分からないでしょう(笑)





    一番違いが分かるのが、この背面部分。
    ↑カメラ背面の右下部のサブ電子ダイヤル(右下の「SET」と書かれた周囲のギザギザの入った大きめダイヤル)のすぐ上、マルチコントローラーとの間に新たに「測距エリア選択ボタン」が新設されました。
    このボタンを操作することで、ファインダー内のピントを合わせる箇所を設定することができます。
    これまではシャッターボタンの脇にあった「M-Fnボタン」が担っていた設定機能が、この新しい「測距エリア選択ボタン」で設定することができるようになりました。
    もちろん従来のM-Fnボタンもあるので、これまでのように測距エリアの選択も可能です。

    私・たっちゃんは、撮影の9割8分以上を「中央1点固定」でしか撮りませんので、ほとんど「測距エリア選択ボタン」の必要性を感じません。
    特にポートレート撮影などの人物を撮影する場合は、100パーセント確実に瞳にピントを合わせなくてはいけませんので、確実性をとるためにも「中央1点固定」なのです。
    ただ、このボタンは機能のカスタマイズが可能で、測距エリア選択以外に、例えばISO感度やAEロックなどの機能を割り当てることができるのがスバラシイ!
    自分が頻繁に設定を変える機能をこのボタンに割り当てておけば、ストレスのないスムーズな撮影が可能ですね♪

    測距エリアの話のついでに、AF(オートフォーカス)もかなり深化しました。
    「EOS 5D Mark IV」には新たに、フラッグシップ機の「EOS 1D X Mark II」と同じ『61点高密度レティクルAF II』が搭載されています。
    動体撮影をされる方には嬉しい深化ポイントですね。
    プロのフォトグラファーが求めるのは、何よりも確実に撮れること。
    ピントが外れては元も子もありません。
    AFの深化は絶対に必要なのですね。
    低輝度限界性能もEV-3と格段に向上していて、「EOS iTR AF」により人の顔を検知でき、動く被写体への追従性も大きく向上しました。





    ボディサイズは前機種「EOS 5D Mark III」とほぼ同じ。
    ただし、重さが60gほど軽くなっている!
    たかが60gと侮るなかれ。
    深化させたり、新しい機能を組み込もうとすると、必然的にカメラは重くなります。

    この「EOS 5D Mark IV」も初代から確実に深化をしていて、Wifiやタッチパネルなど様々な新機能が組み込まれてきました。
    60gの軽量化にCanonさんの涙ぐましい努力を感じます。
    また、長時間の手持ち撮影の際にも60gの差が疲労度の差にも繋がってきますので、軽くなるのは嬉しい事ですね。





    タッチパネルと書きましたが、これもこれまでの「EOS 5D Mark III」からの大きなの深化と言えます。
    最近のデジタル一眼レフカメラの多くはタッチパネルになっていることを考えると、時代の流れに合わせた常識的な深化ですね。
    一番恩恵を感じるのは、ライブビュー撮影時でしょう。
    フォーカスポイントの移動・タッチシャッター・メニューの設定・再生画像の送りなどが液晶画面のタッチ操作で可能です。
    さすがにiPhoneのようなスムーズさを求めるのは酷でしょうが、再生画像の拡大や画像の送りなどが直感で速やかに行うことができるのはスバラシイと思います☆





    まだまだたくさんの深化ポイントがありますが、シャッター音も深化しました。
    シャッター音って、撮影者の五感にうったえるモノなので、特にプロカメラマンはこだわっている方が多いですね☆
    やっぱりシャッター音が良いとテンションが上がります(笑)。
    「EOS 5D Mark IV」は、これまでよりも静かで振動を抑えられているとのこと。
    これは「EOS 5Ds/EOS 5D s R」のように、モーター駆動によるところが大きいようです。

    イメージセンサーはフルサイズの有効3,040万画素CMOSセンサーです。
    「5D Mark III」が有効2,230万画素ですので、少し増えましたね。
    あまり増やす必要はないと言うか、大幅に画素数を増やしてしまうと、5,060万画素の「EOS 5Ds/EOS 5Ds R」との住み分けが難しくなってしまいます(笑)。
    スタジオ撮影などでの大判印刷が必要な場面でもない限り、3,000万画素程度が現在では一番バランスのとれた画素数かと思います。

    むやみに、画素数を増やすと特に高感度での描写性能が落ちてしまうことがあります。
    画素数が増えれば、単純に高画質ではないのです。
    メーカーもそれを分かっているのですが、それを知らない多くのユーザーのために高画素を売りにせざるを得ないという事情があります。

    さて、MARUKAの宅配センターに「EOS 5D Mark IV」が到着し、弊社の「完全新品」の基準を満たしておりましたので、事前に「LINE査定」でお答えした買取金額でのお買取となりました。
    他社のカメラ買取専門店にもお問い合わせをされ買取金額を比較されたそうですが、MARUKAが一番高かったとのことで即決していただけました♪
    Canon(キヤノン)だけではなく、Nikon(ニコン)・SONY(ソニー)・Panasonic(パナソニック)・FUJIFILM(富士フイルム)・PENTAX(ペンタックス)・OLYMPUS(オリンパス)などの各メーカーの最新のデジタルカメラの買取ならお任せください!
    デジタルカメラの買取相場は日々変動していますので、お問い合わせをいただくその度に相場をお調べして、当日のMaxの買取金額をご提示させて頂いております。
    ですので、他社と比較検討される際には、お売りになる当日や出来るだけ直近に、MARUKAコールセンター(0120-89-7875)へお電話いただくか、「メール査定」「LINE査定」をご利用ください。

    最新のデジタルカメラのだけでなく、Leica(ライカ)・Hasselblad(ハッセルブラッド)などの海外メーカーはもちろん、古いフィルムカメラやレンズ単体もお買取りをしています(^^)
    カメラ・レンズを売りたい・買取に関してちょっと聞いてみたいなど、お気軽にMARUKAコールセンターまでご連絡ください!
    → フリーダイヤル 0120-89-7875
    お電話いただければ、私がありったけの「善き心」をこめてお答えいたします。


    【カメラ・レンズ査定士 : 立岡(たっちゃん)】
    京都写心ブログ : https://maruka-camera.localinfo.jp/


    sokuhou02
    ※MARUKA(北山店)がオープンしました!※
    MARUKA(マルカ)の新しいお店が京都・左京区の「北山」の地、松ヶ崎に誕生いたしました!
    https://www.7-7maruka.com/shop/kitayama/

    場所は、地下鉄烏丸線『松ケ崎駅』1番出口からスグ!
    書籍とレンタルDVDでお馴染み、TSUTAYAのお店の北山通りを挟んで、ちょうど向かい側の「きんこん館」1Fにございます。
    北白川通りから叡山電鉄『修学院駅』からもほど近く、桜並木でお馴染みの川端通りを西へ、有名なノートルダム小学校や京都府立植物園もあって、宝ヶ池公園もスグ近くにあります☆
    北山通りは、ウェディング街道とも呼ばれているので、教会もあり散歩するにも快適な場所☆ 北区や左京区にお住まいの皆さま、ぜひお気軽にご来店下さい(^^)

    ****************************************************************************************************************************
    「銀座本店」では、英語対応にてお買取りのサービスのご利用が可能です。
    We are accepting correspondence in English at Ginza shop.
    MARUKA is Purchasing SECONDHAND brand‐name goods.
    We are absolutely confident because we are dedicated in buying jeweleries, Watch(ROLEX etc), Bags(Louis Vuitton HERMES CHANEL etc).
    "Gold, platinum, diamond and other jeweleries..."

    Please feel free to contact us!
    And also we're looking forward to hearing from you.
    [Please make a resavation before visiting. → Tel. 0120-89-7805]
    ****************************************************************************************************************************


    MARUKAカメラ・レンズ買取案内ページ
    カメラ・レンズ買取案内ページ:https://www.7-7maruka.com/camera/
    定休日:年中無休(年末年始を除く)
    営業時間:AM10:00 ~ PM7:00


    ------------- 買取サービス
    --------------店頭買取 ... 京都市内4店舗、東京(銀座・渋谷)、福岡天神の店舗にお越し下さい。
    --------------宅配買取 ... 商品を「MARUKA西日本センター」にご郵送いただくだけ!
    --------------出張買取 ... 査定士が直接ご自宅にお伺いして買取をいたします。

    --------------"無料"査定サービス
    --------------LINE@で査定 ... MARUKA「公式LINE@」を使って、お気軽にお問い合わせ頂けます。
    --------------メール査定 ... 専用フォームからご連絡頂くと、メールでお返事をいたします。
    --------------・お電話によるお問い合わせ ... フリーダイヤル:0120-89-7875(何でもお気軽に♪)

    2016年11月19日(土)

  • Canon(キヤノン) EOS-1D X Mark II(完全新品) 「宅配買取」させて頂きました!

    私・立岡(たっちゃん)が孤高に査定を担当し、盲目的・機械的な心なき買取に走らないように。
    一方で、人としての「善き心」を広めるために、記録「写真」より記憶「写心」にこだわり、"善き心"に根ざした写真文化の発展のために出来ることを頑張っています☆

    京都も昨日あたりから紅葉が進みまして、秋が深まってきたなと感慨にふけっております。
    紅葉って、季節風景写真の定番ですよね♪
    京都は特に寺院が多いので、清水寺や高台寺、青蓮院門跡などがある東山地区など、この季節になるとカメラを下げた多くのアマチュア・カメラマンが撮影に勤しんでいますね。
    弊社の新しいMARUKA北山店付近の北山通りの並木、修学院離宮や詩仙堂・曼殊院門跡なんかもとても有名で、これからの季節には多くの観光客の方で賑わいます☆
    私・たっちゃんも気ままにスナップ写真を撮っていく予定ですので、良ければ京都写真ブログの方をご覧になって見てください♪
    https://maruka-camera.localinfo.jp/




    どーーーーん!
    いかがですか、この壮大な光景(笑)
    普通は目にすることが出来ない光景ですよ、はい。

    こちらは、Canon(キヤノン)が誇るデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル、「EOS-1D X Mark II」です。
    http://cweb.canon.jp/eos/lineup/1dxmk2/

    しかも、『だんご3兄弟』ならぬ、『1D X 4兄弟』(笑)
    家電量販店での現在の平均販売価格が、およそ60万円もする本気のプロ仕様高級一眼レフカメラです。
    ↑ご覧のように、この1台60万円もする高級機を、一度に4台も「宅配買取」をご利用してお売り頂きました。

    今日は、この「EOS-1D X Mark II」を4台もお売りになられるまでの経緯と、デジタルカメラの「完全新品」の弊社の基準や、お売りになる際のポイントや注意点をご紹介したいと思います。
    このカメラ自体のスペック・機能に関することや、カメラとしての専門的なお話は以前(下記リンクをご参照下さい。)に書いていますので割愛しますね。
    https://www.7-7maruka.com/results/counter/canon-eos_1dx_markII-2016_10_8/





    カメラの買取は、まず事前にお電話(又はLINE査定メール査定)から!

    ある日、弊社のコールセンター(0120-89-7875)にお電話が1本。
    『お電話ありがとうございます!MARUKAコールセンターでございます!』
    まずは女性スタッフが電話に出まして丁寧にご挨拶♪

    お客様:『あのー、MARUKAのカメラ買取のホームページを見て電話しまして、新品の買取価格がかなり高いみたいで、今日のカメラの買取価格を教えてほしいのですが…』

    MARUKAスタッフ:『はい!具体的な機種名を教えていただきましたら、本日の買取価格をお伝えしております!』

    お客様:『えっと、キヤノンのEOS-1D X Mark IIです。』

    MARUKAスタッフ:『こちらは、新品でしょうか?お使いになられていますか?』

    お客様:『一切使っていません。買ってそのままの状態で一切触っていません。』

    MARUKAスタッフ:『保証書が入っているかと思いますが、こちらに販売店の印や記入はございませんでしょうか?』

    お客様:『はい、保証書は印も押してませんし、何も書いていません。』

    MARUKAスタッフ:『かしこまりました!それでは、査定士に買取価格を確認しますので、しばらくお待ちいただけますでしょうか♪』





    カメラの「完全新品」、MARUKAの基準。

    カメラの買取案内の弊社のホームページ(https://www.7-7maruka.com/camera/)には、各カメラメーカーの主要な最新のデジタルカメラの買取価格を掲載しています。
    この買取価格は、全て「完全新品」の買取価格です。

    さて、この「完全新品」の弊社における基準をご説明させて頂きます。
    あくまで「完全新品」の基準であって、この条件を一つでも外すと買取が不可になるという意味ではございませんよ、念のため(^^)

    簡潔に一言で言いますと、"メーカーからの出荷状態と全く同じである"、となります。
    その中で特に注意すべきポイントは下記の4つ。

    1. 付属品が全て揃っている。
    2. 保証書に店舗印や記入が無い。
    3. 一切使用していない。
    4. 傷・破損・凹みなどが一切ない。




    1. 付属品が全て揃っている。


    デジタルカメラの主な付属品としては、外箱・保証書・バッテリー・充電器・CDまたはDVD-ROM・取扱説明書・各種ケーブル類・カメラストラップなどです。
    どれか一つでも欠品していると買取価格は下がってしまいます。
    特に、保証書・バッテリー・充電器の3点のどれか一つでもない場合は、かなり大きく下がります。
    バッテリー端子を保護するためのプラスティック製のキャップなどの細かな部品まで、全て揃っていることが「完全新品」の条件となります。





    2. 保証書に店舗印や記入が無い。


    実は、これがとても重要だったりします。
    多くの保証書には『店舗印』という部分が設けられていて、カメラを購入した際にこの部分に販売店の印が押されます。
    通常、家電量販店などでカメラやレンズを買うと、無条件で購入日が入った印を押されます。
    押さなければいけない決まりになっているので、押されるのが普通です。
    それじゃ、印が押されていない保証書なんて存在するの?、と思ったでしょ?
    実は存在するのです。
    購入の際に、『プレゼントにするので保証書に印を押さないで欲しい。』
    と購入の際にお願いするだけでOK。
    大手家電量販店の多くの場合、店舗印の代わりに店舗シールを添付してくれます。
    このシールを後で自分で貼るからということにすれば、印なしの保証書の出来上がり♪

    さて、どうして保証書の店舗印のある・なしが重要かと言いますと。。。
    買取価格が大幅に変わるからです!
    どれくらい変わるかは、機種にもよってマチマチですが、例えば今回お売り頂いたCanon(キヤノン)「EOS-1D X Mark II」の場合だと、保証書に印が押されるだけで5万円ほども買取価格が下がってしまうのです(T_T)

    ただし、これはあくまでも「完全新品」に限ったお話です。 中古品になると保証書に印が押してあっても、買取価格が下がることはありません。




    3. 一切使用していない。


    当たり前ですね(笑)
    試しに数枚だけ撮影してみましたなど、もってのほかですw
    よくあるのが、撮影はしていないけれど、バッテリーをカメラボディにセットして電源を入れただけしたというケース。
    撮ってないからいいじゃん、って思われるでしょ? ダメなんです。
    バッテリーを一度でも装着すると、"装着痕"が付くんですね。
    だからバッテリーをカメラから外して元通りにしても、プロの私が見ればバッテリーを一度でも装着したかどうかすぐに分かります☆
    カメラストラップを付けるのもNGです。




    4. 傷・破損・凹みなどが一切ない。


    「一切使用していない。」の続きのお話になりますが、全く使っていなければ本来カメラ本体に傷や凹みなど無いはずですね。
    でもここでのポイントはカメラボディではなく、外箱と中の各種部品を入れているビニール袋・緩衝材についてなのです。
    新品のカメラ本体には傷や汚れを防止するために、必ず保護用の袋に入っています。
    また、バッテリーや充電器、各種ケーブル類も個別にビニール袋に詰められているはずです。
    開けてしまうのはギリギリセーフとしても、開ける際に袋が破れたり裂けてしまったりするとアウトです!

    特に、取扱説明書やCDまたはDVD-ROMが入れられている袋!
    これ、取扱説明書が見たくてつい開封してしまう方が非常に多いのですが、、、ダメです!
    この袋に限ってとても薄手で破れやすい袋なので、特に注意が必要なんですね。

    そして、外箱の中身の仕切りなどに使われているダンボールの折れや破れにも注意が必要です。
    カメラを出し入れする際にやってしまうことが多いのですが、箱の中の仕切りや保護のために入っているダンボールを折り曲げたり破いてしまうとアウトです!

    外箱の状態もかなり重要です。
    傷、折れや凹みはもちろん、角にスレや凹みがあると、「完全新品」の基準外になってしまいますので、店頭にお持ち頂く際の運搬や、「宅配買取」をご利用になる際の梱包には細心の注意をお願いいたします!





    というわけで、Canon(キヤノン)「EOS-1D X Mark II」の"完全新品"をお売りになるということで、まずは事前にお電話頂いた際に、以上の4点についてお客様にご説明いたしました。

    お客様:『分かりました。実は会社のイベントに使うために一括4台を購入したのですが、急遽イベントが中止になってしまって(汗)損失をちょっとでも少なくしたいので、少しでも高く買取ってくれるお店を必死にネット検索していたんです。』

    私・たっちゃん:『そうだったのですね。という事は、他のお店様でも買取価格をお聞きになられたのですね。』

    お客様:『はい、大手のカメラ買取専門店にも聞いてみました。カメラ買取専門店がやっぱり高く売れるのかなと思って。でも、たまたま同じ「EOS-1D X Mark II」を買取したというMARUKAさんのページ(https://www.7-7maruka.com/results/counter/canon-eos_1dx_markII-2016_10_8/)』を見つけましてね。買取価格も提示してあったのを見ると一番高い価格でビックリしたんですよ! それでとりあえず電話して聞いてみよかと思いまして☆』





    最新デジタルカメラの買取価格に自信があります!


    カメラ買取専門店の方が買取価格が高いというのは幻想に過ぎません。
    もちろん、買取価格で他店に負けてしまうことも時にはあります。
    しかし、特に今回のCanon(キヤノン)「EOS-1D X Mark II」などのフラッグシップモデルの"完全新品"や、ご紹介した「完全新品」の条件からいくつか外れた"未使用品"の買取価格なら負けることはほとんどありません!




    最新デジタルカメラの買取価格は「日替わり」です!


    カメラ・レンズ買取案内ページには「完全新品」の買取価格を掲載しておりますが、コレはあくまでもその日付時点の買取価格であって、本日の最新の買取価格ではありません!
    特に最新のデジタルカメラの買取価格は、毎日と言っていいほど上下に変動しています。
    まさに、「日替わり定食」なのですね・ω・
    デジタルカメラの買取価格は、発売から日数が経つほど下がるのが原則です。
    注目すべきは、"上下"に変動しているので、掲載している買取価格のお値段よりも、今日・明日は大幅に上がっているなんてこともよくあるという事です。
    ですから、他社買取店と価格を比較される際には、なるべくお売りになる当日など、直前にお問い合わせいただくのがオススメです!





    大量買取も可能です!


    この度は、「EOS-1D X Mark II」を4台も買取させていただきましたが、このように同じ機種を複数台お売りいただくことも可能です。
    もちろん、全て違う機種を複数台であっても買取させて頂きます。
    MARUKA各店舗の店頭にご来店頂ければ、その場で即現金でお支払いたします。
    ただしその際には、必ず事前に弊社のコールセンター(0120-89-7875)までご連絡をお願いしております。

    お客様:『同じ物を4台でも買取ってくれるのですか?』

    私・たっちゃん:『もちろんですよ!全く問題ございません。』





    宅配買取」・「出張買取」でも、買取価格は「店頭買取」と同じです!


    お客様:『あのー、千葉に住んでいるのですが、「宅配買取」でそちらに送っても買取価格は同じですか?』

    私・たっちゃん:『はい、もちろんです!送料も頂きませんので、着払い伝票をお使いになって弊社にご郵送頂くだけで大丈夫です。』

    MARUKA(マルカ)は、京都・東京(銀座/渋谷)・福岡天神にお店がありますが、遠方にお住まいの方や荷物が重いなどの方には「宅配買取」がオススメです!
    「宅配買取」の詳細 → https://www.7-7maruka.com/delivery/

    弊社にご郵送頂ければ、私が開封して商品の状態などの最終確認・査定をさせていただきまして、お客様に買取価格のご連絡をいたします。
    ご納得頂き成約になりますと、お客様のご指定の銀座口座へお振込いたします。
    週末や祝日を除いて、お昼前後までにお客様から最終確認のお返事を頂ければ、商品が到着したその当日にお振込手続きをいたします。
    とってもスピーディーでしょ♪

    このように、おかげさまで弊社のカメラ・レンズ買取案内ページや、私の京都写真ブログをご覧になられて、買取に関するお問合せをお電話頂いたり、「LINE査定」をご利用されるお客様が増えております♪
    最新のデジタルカメラのだけでなく、古いフィルムカメラやレンズ単体もお買取りをしていますので、どうぞお気軽にお問合せ下さいネ(^^)
    MARUKA(マルカ)では、カメラ・レンズの買取に関しては私・たっちゃんが一手に担当し、毎日変動する買取価格に合わせて、その日のMaxの買取価格をご提示しています。

    カメラ・レンズをお売りになりたい・買取に関してちょっと聞いてみたい、そんな時はまずはMARUKAコールセンターまでお気軽にご連絡ください!
    → フリーダイヤル 0120-89-7875
    お電話いただければ、私がありったけの「善き心」をこめてお答えいたします。
    または、売りたい商品の写真をスマホで撮影して弊社の公式LINE@にお送り頂く「LINE査定」も大好評です!
    https://www.7-7maruka.com/line-assess/

    【カメラ・レンズ査定士 : 立岡(たっちゃん)】
    京都写心ブログ : https://maruka-camera.localinfo.jp/


    sokuhou02
    ※MARUKA(北山店)がオープンしました!※
    MARUKA(マルカ)の新しいお店が京都・左京区の「北山」の地、松ヶ崎に誕生いたしました!
    https://www.7-7maruka.com/shop/kitayama/

    場所は、地下鉄烏丸線『松ケ崎駅』1番出口からスグ!
    書籍とレンタルDVDでお馴染み、TSUTAYAのお店の北山通りを挟んで、ちょうど向かい側の「きんこん館」1Fにございます。
    北白川通りから叡山電鉄『修学院駅』からもほど近く、桜並木でお馴染みの川端通りを西へ、有名なノートルダム小学校や京都府立植物園もあって、宝ヶ池公園もスグ近くにあります☆
    北山通りは、ウェディング街道とも呼ばれているので、教会もあり散歩するにも快適な場所☆ 北区や左京区にお住まいの皆さま、ぜひお気軽にご来店下さい(^^)

    ****************************************************************************************************************************
    「銀座本店」では、英語対応にてお買取りのサービスのご利用が可能です。
    We are accepting correspondence in English at Ginza shop.
    MARUKA is Purchasing SECONDHAND brand‐name goods.
    We are absolutely confident because we are dedicated in buying jeweleries, Watch(ROLEX etc), Bags(Louis Vuitton HERMES CHANEL etc).
    "Gold, platinum, diamond and other jeweleries..."

    Please feel free to contact us!
    And also we're looking forward to hearing from you.
    [Please make a resavation before visiting. → Tel. 0120-89-7805]
    ****************************************************************************************************************************


    MARUKAカメラ・レンズ買取案内ページ
    カメラ・レンズ買取案内ページ:https://www.7-7maruka.com/camera/
    定休日:年中無休(年末年始を除く)
    営業時間:AM10:00 ~ PM7:00


    ------------- 買取サービス
    --------------店頭買取 ... 京都市内4店舗、東京(銀座・渋谷)、福岡天神の店舗にお越し下さい。
    --------------宅配買取 ... 商品を「MARUKA西日本センター」にご郵送いただくだけ!
    --------------出張買取 ... 査定士が直接ご自宅にお伺いして買取をいたします。

    --------------"無料"査定サービス
    --------------LINE@で査定 ... MARUKA「公式LINE@」を使って、お気軽にお問い合わせ頂けます。
    --------------メール査定 ... 専用フォームからご連絡頂くと、メールでお返事をいたします。
    --------------・お電話によるお問い合わせ ... フリーダイヤル:0120-89-7875(何でもお気軽に♪)

    2016年11月14日(月)

査定方法で探す

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

買取方法で探す

  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ

マルカはどのような状態でも買い取ります!

  • こんなバッグも!
  • こんな時計も!
  • こんな宝石も!
  • こんな洋服も!
マルカなら、上記のようなものでも買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」全然OK!!

マルカ実店舗案内

MARUKAでは、京都市内に5店舗、東京の銀座晴海通りのマツモトキヨシ銀座5THビルに銀座本店、渋谷には渋谷店、そして福岡は博多と並ぶ繁華街、天神に福岡天神店と全国で8店舗を展開しております。

MARUKAではブランド買取のみならず全国最高価格の金買取、本物の査定士でないと査定が出来ないダイヤモンドを筆頭にエメラルド、ルビー、サファイアなどの色石も取り扱う宝石買取、そして関西で一番の本数を買い取ると言われる時計買取など全てにおいて専門的な知識と経験に裏打ちされた査定士が皆様の大切な商品を買い取りさせて頂きます。 また骨董買取には専門家を、趣味性に溢れた洋酒やカメラの買取にも専門知識を持つものを配置しており特に楽器に関しては四条店の2階、3階にMARUKA楽器として専門店をオープン。エレキギターやベース及び関連商品のみならずトランペットやサックスなどの管楽器やドラムやシンセサイザーなど楽器全ての買い取り、中古販売をしております。

関東

  • MARUKA銀座本店

    MARUKA銀座本店

    年中無休
    営業時間10:00~19:00
    フリーダイヤル0120-89-7875

    ※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

    詳しくはこちら

  • MARUKA渋谷店

    MARUKA渋谷店

    年中無休
    営業時間10:00~19:00
    フリーダイヤル0120-89-7875

    ※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

    詳しくはこちら

京都

  • MARUKA七条店

    MARUKA北山店

    年中無休
    営業時間10:00~19:00
    フリーダイヤル0120-89-7875

    ※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

    詳しくはこちら

  • MARUKA七条店

    MARUKA七条店

    年中無休
    営業時間10:00~19:00
    フリーダイヤル0120-89-7875

    ※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

    詳しくはこちら

  • MARUKA大宮店

    MARUKA大宮店

    年中無休
    営業時間10:00~19:00
    フリーダイヤル0120-89-7875

    ※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

    詳しくはこちら

  • MARUKA四条店

    MARUKA四条店

    年中無休
    営業時間10:00~19:00
    フリーダイヤル0120-89-7875

    ※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

    詳しくはこちら

  • MARUKA楽器

    MARUKA楽器

    年中無休
    営業時間10:00~19:00
    フリーダイヤル0120-02-8692

    詳しくはこちら

  • MARUKA WATCH

    MARUKA WATCH

    年中無休
    営業時間10:00~19:00
    フリーダイヤル0120-89-7875

    ※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

    詳しくはこちら

  • 西日本買取センター

    西日本買取センター

    年中無休
    営業時間10:00~19:00
    フリーダイヤル0120-89-7875

    ※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

    詳しくはこちら

大阪

  • MARUKA心斎橋店

    MARUKA心斎橋店

    年中無休 営業時間10:00~19:00
    フリーダイヤル0120-89-7875

    ※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

    詳しくはこちら

九州

  • MARUKA福岡天神店

    MARUKA福岡天神店

    毎週水曜定休日 営業時間10:00~19:00
    フリーダイヤル0120-89-7875

    ※現在お問い合わせに関してはお客様センターで一括受付しております

    詳しくはこちら