アンティーク デイトナ Ref.6263買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
アンティーク デイトナ Ref.6263

アンティーク デイトナ Ref.6263

MARUKA(マルカ)はアンティーク デイトナ Ref.6263の買取にこだわります。

アンティーク デイトナ Ref.6263

アンティークロレックスの代名詞と言えるデイトナRef.6263をご紹介させて頂きます。ロレックスでもキングオブロレックスと言われるほど高いステータス、資産性に優れている「ロレックスの王様」と言える時計がこのデイトナ!もちろんMARUKAでも現行品からアンティークまでデイトナ買取絶賛強化中です。
2016年のバーゼルワールドでは長く生産が続いたRef.116520からモデルチェンジをし、新型デイトナRef.116500LNが誕生しました。このRef.116500LNはアンティークロレックスのデイトナのRef.6263をオマージュしていると言われています。Ref.116500LNはベゼルにブラックのセラミックベゼルが採用されており、このRef.6263のブラックのプラスティックベゼルを表現したと言われています。今のアンティークロレックスの市場で絶大な支持を受けているのがこちらのモデルとなっており、キングオブロレックスの名を欲しいままにしているモデルとなっております。MARUKAでもロレックスのデイトナは高額買取をさせて頂いており、現行モデルのRef.116500LNや旧モデルのRef.116520やエルプリメロを搭載されたRef.16520など銀座でも随一の買取取り扱い数を誇ります。ロレックス買取、デイトナ買取はMARUKAにお任せくださいませ!
Ref.6263は1970年から1988年のRef.16520の誕生まで製造されていました。今のデイトナと大きく違うところが自動巻きではなく、手巻きであったところが大きな違いです。今のように自社ムーブメントではなく、当時の最高クロノグラフムーブメントと言われていたバルジュー社のCal.72をベースにロレックスがリファインしたCal.727が採用されています。2000年に誕生したRef.116520まではロレックスは完全なマニュファクチュールではなく、ムーブメントの供給を受けていたのです。前モデルRef.6264は30m防水となっていましたが、スクリューロック式のプッシャーの採用によってオイスターケースとなり、Ref.6263は50mの防水性へと進化しました。50m防水となったことによって日常使いができるようになったこと、耐久性が上がったことによりデイトナの普及した要因となったと言われています。文字盤のバリエーションとしては黒文字盤、シルバー文字盤というバリエーションとなっております。人気は黒が高いようですが、シルバー文字盤は通称「パンダ」と言われ、これも根強い人気があります。現行モデルのRef116500LNの白文字盤が「パンダ」ダイヤルとなっており、往年のロレックスファンにとても人気があるようです。Ref.6263は今のデイトナと比べ、故障しやすかったこともあり、当時のオリジナルで残っている個体が非常に少なく、オリジナル性によってかなりの資産価値や買取価格に影響を受けやすいモデルと言われています。その中でも一番影響が大きいのがダイヤルのオリジナル性で、オリジナルと交換ダイヤルでは「DAYTONA」の表記の大きさが違い、オリジナルのデイトナは表記が大きいことから通称「ビックデイトナ」、交換ダイヤルは小さいために通称「スモールデイトナ」と呼ばれています。この「ビックデイトナ」と「スモールデイトナ」の違いだけで、資産価値、買取価格に数百万単位で影響を与えることも少なくなく、ダイヤルのオリジナル性こそが非常に重要となっております。それは同時期に発売されていたステンレスベゼルの手巻きデイトナRef.6265も同様です。
また、近年では最初期型のデイトナ表記無しのモデルも希少性が高く、市場で非常に人気が高くなっているようです。MARUKAでは研究・分析を重ねており、最新の市場の相場をリアルタイムに反映できることによってアンティークロレックス買取、デイトナ買取での高額買取を実現しています。Ref.6263を代表される手巻きデイトナは日本ロレックスでは修理不可となっており、今よりもまして状態の良い個体の存在が更に少なくなっていくことが予想されます。そのことはマイナス面だけではなく、今お持ちの手巻きデイトナの価値が保たれること、更に価値が上がることにも繋がっています。
また、このRef.6263には「ポールニューマンダイヤル」(エキゾチックダイヤル)と呼ばれているモデルが存在し、ダイヤルのディテールが違い、生産期間や生産数も極めて少なかったことから非常に貴重なデイトナとされているモデルも存在しています。
MARUKAではアンティークロレックスを高価買取させて頂きます。デイトナRef.6263を始めとして、同時期に発売されていたステンレスベゼルの手巻きデイトナRef.6265、赤サブRef.1680、ノンデイトサブマリーナーRef.5513、Ref.5512、ミルガウスRef.1019、エクスプローラーI Ref.1016、エクスプローラーII Ref.1655などの人気アンティークロレックス高価買取させて頂いております。また、ポールニューマンやコメックス、赤シード、軍サブ、Wネームモデルなどのスペシャルアンティークロレックスも高価買取をさせて頂きます。アンティークロレックス買取、デイトナ買取はMARUKAにお任せ下さいませ!
MARUKAは昭和28年に京都の質屋で創業し、60年以上の歴史を持つ買取店です。そのため、培ってきたノウハウで卸やコネクションに優れており、他店を圧倒する買取金額でお買取りさせて頂いております。MARUKA創業店舗であるMARUKAWATCHを中心に京都には七条や大宮、四条に店舗が御座います。東京には銀座と渋谷に店舗を構えており、池袋や新宿、上野といった多くの買取店が集まる繁華街でも一目置かれる存在となっています。
また2017年には大阪と神戸に相次いで新店舗をオープン、大阪は難波、心斎橋にあり阿波座や南船場、または四ツ橋駅からも徒歩圏内。地下鉄御堂筋線心斎橋駅の北改札を出て地上にあがったらすぐの場所に心斎橋店がオープンいたしました。
お持ちのアンティークロレックスの価値が知りたい、金額によっては売りたいそんな時にはLINE査定をご利用下さいませ!査定が難しいとされるアンティークロレックスでもお目安を伝えさせて頂きます。アンティークロレックス買取、デイトナ買取はMARUKAにお任せ下さいませ!

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる