アンティークロレックス

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド買取 > ロレックス買取 > アンティークロレックス買取

MARUKAはアンティークロレックス買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取のことならマルカへ

現在機械式時計人気No.1のロレックス(ROLEX)、それは何も現行モデルだけではありません。30年~40年前、そして50年から60年前のアンティークロレックスも一定の需要があり、MARUKAでは絶賛買取強化中です。
アンティークロレックス買取は専門的知識があり、きちんとした販路を持っていないと高価買取ができません。単に古い時計として扱われて憤慨したことはありませんか?MARUKAならあなたの大切なアンティークロレックスを最大限評価し、高価買取いたします。

アンティークロレックス
読み込み中 読み込み中
アンティークロレックス買取額15%UPキャンペーン

おまとめ査定

MARUKAのおもてなしの心で買取
ブランド一覧はこちら

買取価格を知りたい

商品を売る

総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

傷や汚れがある商品も買取可能です!「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします! あきらめている品はありませんか?思わぬ査定額がつくこともあります!

店舗一覧

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

マルカアンティークロレックス買取について

ロレックス(ROLEX)買取に強いマルカ(MARUKA)ではアンティークロレックス(ROLEX)買取に力を入れておりますのでアンティークロレックス(ROLEX)をご紹介させて頂きます。 今世界中でアンティークロレックス(ROLEX)がブームとなっています。特に人気のスポーツモデルは投資の対象となっているそうです。アンティコルム、サザピースなどの海外オークションハウスではデイトナのポールニューマンモデル、サブマリーナーのジェームスボンドモデルRef.6538が何千万という金額で取引されており、年々金額が上がり続けている状態となっています。こういったスペシャルモデルでなくても様々なアンティークロレックス(ROLEX)のマイナーチェンジなどの分析が進んでおり、以前はあまり価値が付かなかった時計でも急に価格高騰している現状となっております。(手巻きデイトナRef.6263のデイトナ表記無しモデルなど)マルカ(MARUKA)では近年高騰が著しいアンティークロレックス(ROLEX)買取を強化しております。先程ご紹介させて頂きましたデイトナのポールニューマンモデル、デカリューズのサブマリーナーであるボンドモデルなどのスペシャルモデルから赤サブ、赤シードなどの人気アンティークロレックス(ROLEX)、デイデイトやデイトジャスト、チェリーニなどのドレスウォッチも買取強化中となっております。是非ともマルカ(MARUKA)のアンティークロレックス(ROLEX)買取をご利用下さい!  アンティークロレックス(ROLEX)の主要モデルと言われているモデルをご紹介させて頂きます。まずはキングオブロレックス(ROLEX)、キングオブクロノグラフと言われるデイトナの三代目デイトナのRef.6263とRef.6265です。こちらの二種類のデイトナは同時期に生産されていたモデルです。違いとしてはベゼルがプラスティックかステンレスかの違いとなります。Ref.6263がブラックのプラスティックベゼルで、Ref.6265がシルバーのステンレスベゼルとなっています。どちらも手巻きの機構となっており、バルジュー社の手巻きムーブメントを改良して生産されています。日本ロレックス(ROLEX)では修理受付を終了しているモデルとなっており、状態が良いものが年々減っていっていることもあり資産価値が上昇中です。文字盤の「DAYTONA」表記で資産価値にかなりの影響があり、当時のオリジナル表記で「DAYTONA」の表記が大きい通称ビックデイトナ、ロレックス(ROLEX)の修理用のダイヤルとなっている「DAYTONA」表記が比較的小さい通称スモールデイトナ、最初期型の「DAYTONA」の表記が無い通称デイトナ表記無しの3タイプに分かれています。人気は順にビックデイトナ、デイトナ表記無し、スモールデイトナとなっています。この手巻きデイトナにはスペシャルモデルとして俳優ポールニューマンから名前が付けられたポールニューマンモデル(エキゾチックダイヤル)が存在し、海外オークションハウスでは数千万円で取引されるなどのスペシャルモデルとなっています。このポールニューマンダイヤルは人気の高さ故に通称テキサスダイヤルと言われる真贋がほぼ不可能とさえ言われている高度な偽物が存在しています。その為、しっかりした時計店、買取店でないと正当な評価がしにくいモデルとなっています。マルカ(MARUKA)では豊富な知識、経験に加え、アンティークロレックス(ROLEX)を専門に扱う海外バイヤーともコネクションがあり、時計の見極め、市場価値に応じた高額査定が可能となっております。ポールニューマンダイヤルなどの手巻きデイトナ買取はマルカ(MARUKA)にお任せくださいませ!  次にサブマリーナーの人気モデルをご紹介させて頂きます。アンティークロレックス(ROLEX)のサブマリーナーの人気モデルと言えば日付機能付きのRef.1680、日付無しのRef.5513が大変人気となっております。特にRef.1680の文字盤の「SUBMARINER」の表記が赤い通称赤サブが大変人気となっています。この赤サブの中でも初期ダイヤルの仕様であるメーターファーストのモデルの価値が高くなっています。また、メーターファーストの中でもブラウン化する個体が確認されており更に希少価値が高くなっています。また、Ref.5513も元々、アンティークロレックス(ROLEX)の入門モデルとして人気高かったのですが、ここ2.3年で人気が倍増しています。また、アンティークのサブマリーナーにはロレックス(ROLEX)と共同で時計開発をしていたフランスの潜水会社コメックスとのWネームモデルも存在しています。このRef.1680やRef.5513のコメックスWネームはスペシャルモデルとして通常のモデルよりも5倍近くで取引されるなどの時計となっています。このコメックスWネームはコメックス社の限られたダイバーにしか支給されておらず、一般販売はされていなかったため、市場に出回ることがほとんど無い為この取引価格となっています。しかし、日本を代表するロレックス(ROLEX)買取店マルカ(MARUKA)では2016年には二本ほど銀座本店でお買取りしています。サブマリーナー買取、コメックス買取はマルカ(MARUKA)にお任せください!  次はロレックス(ROLEX)のパイロットモデルであるGMTマスターのRef.1675です。赤青のベゼルで有名でペプシカラーと言われています。それはパンナム航空のコーポレートカラーから採用されています。このRef.1675にはオイスターブレスとデイトジャストと同じジュビリーブレスの時計が存在していることも魅了の一つとなっています。このRef.1675の初期ダイヤルにはミニッツミラーダイヤルと言われる人気仕様が御座います。通常のRef.1675と比べて、3倍近くで取引されています。このGMTマスターは偉人達に愛されたことで有名なモデルです。キューバ革命を起こした革命家チェゲバラや日本では昭和を代表する名優石原裕次郎が愛用した時計として有名です。石原裕次郎の記念館には愛用したGMTマスターが飾ってあるほど、石原裕次郎が愛した時計と言われています。 GMTマスター買取はマルカ(MARUKA)にお任せくださいませ!  エクスプローラーIのRef.1016、エクスプローラーIIのRef.1655をご紹介させて頂きます。登山家、探検家の為の時計エクスプローラーですがロレックス(ROLEX)の入門編として人気が高く、アンティークロレックス(ROLEX)としても人気です。このRef.1016は最終品番であるR品番、L品番の人気が高くなっています。Ref.1655はエクスプローラーIIの初代モデルです。人気アンティークであるコメックスと同じスターン社が制作しているレイルダイヤルが人気です。このレイルダイヤルの特徴がセンタースプリットと言われるクロノメーター表記がセンターで二つに分かれる仕様です。このセンタースプリットのモデルはかなり高値で取引されています。エクスプローラーのボーイズサイズであるRef.5500も希少価値が高いとされています。エクスプローラー買取はアンティークロレックス(ROLEX)買取実績ナンバーワンのマルカ(MARUKA)にお任せ下さい!  次はシードゥエラーRef.1655をご紹介致します。シードゥエラーの初代モデルRef.1655はサブマリーナーのプロスペックとして1960年代に誕生しました。初期に赤シードが存在しかなりのプレミアムアンティークモデルとして人気が高いモデルです。赤サブと比べて圧倒的に個体数が少なく常に市場では枯渇しています。このモデルもコメックスを作成したスターン社のレイルダイヤルや最初期型の特徴であるピンク文字となっている通称ピンクシード、ブラウン化しているトロピカルダイヤルなどの初期ダイヤルが大変人気を集めています。このシードゥエラーにもコメックスWネームが存在し、大変希少価値の高いモデルとされています。サブマリーナーよりも流通量が少なく、コメックスWネームでもシードゥエラーは更に高額です。シードゥエラー買取、赤シード買取、コメックス買取はアンティークロレックス(ROLEX)買取に強いマルカ(MARUKA)にお任せください!  ロレックス(ROLEX)の対磁気時計のミルガウスRef.1019をご紹介致します。初代ミルガウスRef.6541のイナズマ針からシンプルなデザインとなっているミルガウスRef.1019は1965年から1988年と長い生産期間となっていますが、当時は磁気時計の認知があまりされておらず、人気がありませんでした。その為、流通量が圧倒的に少なく、現在の社会では携帯電話の普及により、日常生活に磁気が溢れている為評価が急上昇しています。黒文字盤とシルバー文字盤の二種類の生産でしたがおそらく黒文字盤は生産数に限りがあったと見られ市場に流通することが稀となっています。シルバー文字盤もインデックスバーに黒いラインが入るオニキスダイヤルと白い夜光塗料が乗るノーマルダイヤルに分かれます。どちらもアンティーク市場でかなり人気高いモデルですが、若干オニキスダイヤルの方の人気が高いようです。こういった細かいポイントで査定し、評価できる買取店は非常に少ないと言われています。特にアンティークミルガウス買取は情報、知識や取り扱い経験の無いお店が非常に多いと言われています。しっかり評価できる信頼性のあるお店で売却することをオススメ致します。マルカ(MARUKA)ではこの非常に貴重な時計とされているRef.1019を2016年には半年で二本もお取引している実績が御座います。普通の買取店ではまずありえません!アンティークミルガウス買取で悩まれている方は一度マルカ(MARUKA)で査定だけでもしてみてはいかがでしょうか?  次はロレックス(ROLEX)の誇るドレスウォッチとなっているデイデイトRef.1803とデイトジャストRef.1601をご紹介致します。ロレックス(ROLEX)の誇るプレステージモデルとなっているデイデイト!その三代目デイデイトがこのRef.1803です。Ref.1803は初代デイデイトRef.6511や二代目Ref.6611の生産期間が数年であったため、一般的にアンティークロレックス(ROLEX)のデイデイトと言えばこのRef.1803が主流となっています。他の時計とは違いプレジデントブレスと呼ばれる特殊なブレスレットが印象的で、金無垢モデルのみの生産であったことからロレックス(ROLEX)最高級時計として今でも認知されている時計となっています。Ref.1803/8とRef.1803/9のイエローゴールドとホワイトゴールドの金無垢モデルの生産となっています。デイトジャストRef.1601はジュビリーブレスレットが印象的なロレックス(ROLEX)の人気モデルです。1970年代や1980年代まではロレックス(ROLEX)と言えばこのデイトジャストRef.1601が一番有名な時計であったと言われています。その為流通量も多く、マルカ(MARUKA)でも取り扱い数が非常に多いモデルの一つとなっています。デイデイト買取、デイトジャスト買取はお店によって買取価格が全く変わってきます。しっかりとした買取ノウハウ、経験豊富な買取店で売却されることをおすすめ致します。  ロレックス(ROLEX)はオイスターケースを採用しているモデルが一般的ですが非防水の手巻き時計であるチェリーニのアンティークもマルカ(MARUKA)では高価買取をしております。プリンスRef.1862やラウンドケースのRef.1602等が人気で高価買取をさせて頂いております。ロレックス(ROLEX)買取には力を入れている時計店は多くてもチェリーニ買取にも力を入れているお店はほとんどありません!マルカ(MARUKA)ではきっちりとチェリーニを評価しております。チェリーニ買取、プリンス買取は間違いなくマルカ(MARUKA)にお任せください!  マルカ(MARUKA)ではロレックス(ROLEX)の廉価版と言われていた兄弟ブランドチュードル(TUDOR)のアンティークモデルも高価買取しております。当時のチュードルはロレックス(ROLEX)のパーツを使用していた為、ロレックス(ROLEX)ファンの方はアンティークロレックス(ROLEX)と同じく、アンティークチュードルもコレクションされている方が多いです。アンティークチュードル(TUDOR)買取で人気を集めているのがロレックス(ROLEX)と同じ名称が使われているサブマリーナー、デイトナのチュードル(TUDOR)版であるクロノタイムが非常に人気を集めています。短針が魚のイカのようになっているイカサブRef.7016や同じく魚のタコのようになっているタコサブRef.76100、当時の手巻きデイトナを思わせるようなデイト機能付きのクロノタイムRef.79160などアンティークロレックス(ROLEX)と同じようにアンティークチュードル(TUDOR)も資産価値が年々高まっています。アンティークロレックス(ROLEX)買取、アンティークチュードル(TUDOR)買取で検討されている方はマルカ(MARUKA)に一度お越しくださいませ!  アンティークロレックス(ROLEX)の買取はお店によって買取価格がかなり違います。マルカ(MARUKA)ではスマートファンアプリのLINEで簡単査定ができるLINE査定を行っております。操作はとても簡単で、お客様の大事なアンティークロレックス(ROLEX)の写真を撮って、付属品の有無や状態などの詳細を写真と一緒に送って頂くだけで大丈夫です。マルカ(MARUKA)のLINE査定は査定が難しいとされているアンティークロレックス(ROLEX)でも査定目安が正確で、レスポンスが早いと大変好評です。それはロレックス(ROLEX)だけではなく、最高級時計ブランドと言われているパテックフィリップ(PATEK PHILLIPE)、オーデマ・ピゲ(AUDEMARS PIGUET)、ハリーウィンストン(HARRY WINSTON)などの高級ブランドも対応しております。また、最高峰のバックであるエルメス(HERMES)のバーキンやケリーバックも可能です。時計買取、ブランドバック買取には是非ともマルカ(MARUKA)のLINE査定をご利用下さいませ!  マルカ(MARUKA)のアンティークロレックス(ROLEX)買取をご利用頂くには店頭買取、出張買取、宅配買取が御座います。マルカ(MARUKA)発祥の地京都にはMARUKAWATCH、西院、西七条の七条店、四条大宮の大宮店、烏丸・河原町の四条店が御座います。楽器専門店マルカ楽器も御座います。出張買取では京都全域は勿論のこと、滋賀、大阪、神戸、芦屋、奈良、岡山、広島なども行かせて頂いております。東京には有楽町、東京、新橋、築地からも近い銀座本店、新宿、恵比寿、中野、中目黒、池袋からもご利用可能な渋谷店が御座います。出張買取では豊洲、門前仲町、錦糸町、秋葉原、上野、お台場、吉祥寺などの都内から横浜、みなとみらい、川崎、武蔵小杉等の神奈川県、津田沼、市川、船橋、柏、木更津、幕張などの千葉方面、大宮、浦和、和光、熊谷、新座の埼玉方面、長野、宇都宮、群馬、甲府などの北関東も行かせて頂きます。九州には九州ナンバーワンの繁華街の天神に福岡天神店が御座います。中州、博多、薬院、赤坂、大濠、大橋などの市内のお客様、久留米、小倉、門司、下関、鳥栖、佐賀などの近隣の地区の方にもわざわざお越し頂いております。出張買取では熊本、長崎、大分、宮崎、鹿児島なども九州全域も行かせて頂いております。東北地方、北海道、東海地方などマルカ(MARUKA)をご利用頂けないお客様には送料無料で宅配買取も行っております。最近では茨城、福島、仙台などのお客様のご利用が増えてきております。アンティークロレックス(ROLEX)買取、時計買取はマルカ(MARUKA)にお任せくださいませ!