Moussaieff Red Diamond(ムサイエフレッドダイヤモンド)5.05ct

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ダイヤモンド買取» Moussaieff Red Diamond(ムサイエフレッドダイヤモンド)5.05ct買取

Moussaieff Red Diamond(ムサイエフレッドダイヤモンド)5.05ct

>

MARUKAは Moussaieff Red Diamond(ムサイエフレッドダイヤモンド)5.05ct買取にこだわります。

Moussaieff Red Diamond(ムサイエフレッドダイヤモンド)5.05ct

世界には数多くの宝石が存在しており、人々を魅了し続けております。宝石にはダイヤモンドをはじめとしてルビーやサファイア、エメラルドなどの色石も存在していますが、今回ご紹介するのはカラーダイヤモンドであります。
カラーダイヤモンドでも赤く輝くレッドダイヤモンド“Moussaieff Red Diamond(ムサイエフレッドダイヤモンド)”をご紹介しようと思います。通常の無色透明なダイヤモンドの大きさで言いますと世界で一番大きいダイヤモンドはCulinan Diamond(カリナンダイヤモンド)でありますが、赤いダイヤモンドで一番大きく、フローレス(無傷で10倍ルーペで覗いても傷が見えない程のクラリティ)の完璧なダイヤモンドが今回紹介するMoussaieff Red Diamond(ムサイエフレッドダイヤモンド)であります。
Moussaieff Red Diamond(ムサイエフレッドダイヤモンド)は1990年半ばにブラジルの農民が13.90カラットという原石で発見したとされておりますので比較的新しいものといえます。いくつかの有名な宝石はブラジルやブルネイ産であったりすることもございます。その中でもブラジル産はよく照りが良いと言われていることもあります。どうしてもレッドダイヤモンドというと暗いイメージを持つ方も多いかと思いますが、このMoussaieff Red Diamond(ムサイエフレッドダイヤモンド)はそのイメージを一撃で払拭できるような輝きを放っているのです。ダイヤモンド展に行き、実際に見た人間が「初見の段階で単純に真っ赤に輝いており、綺麗と感じた。」と言っているようにガラス越しにみても透き通るような美しい光を放っているダイヤモンドこそがMoussaieff Red Diamond(ムサイエフレッドダイヤモンド)であります。
マルカでもカラーダイヤモンドの買取をさせて頂くことも少なくないですが、フローレスのカラーダイヤモンドなどは今後お目にかかることもないでしょう。正直もし仮にそのようなダイヤモンドが来た場合は天然ではなく、合成の可能性すら疑ってしまうレベルであります。
少し余談をしてしまいましたが、Moussaieff Red Diamond(ムサイエフレッドダイヤモンド)はその後ニューヨークのウィリアムスゴールドバーグダイヤモンド社にによって購入され、5.05カラットまでトリリアントカットと呼ばれる三角形にリカットされ、2001年にムスタファ社が800万ドル、日本円にしておおよそ9億円で購入したとされております。価値が高いダイヤモンドであればあるほど買取の際にも高くなります。しかし問題となるのが、ただでさえ難しいとされている宝石の査定を宝石買取実績もなく見ることのできない買取店にもっていった場合、きちんとその価値を見出せず誤った金額を提示されるという危険もございます。ですのでマルカ(MARUKA)のような信頼と買取実績も豊富な買取店にお持ち頂くことがお客様にとって一番安心できる買取の方法と言えるのです。
マルカ(MARUKA)は京都の5店舗、大阪心斎橋(長堀交差点)の心斎橋店、東京の晴海通り並木通り口交差点のマツモトキヨシの銀座本店、渋谷駅北東の宮益坂下交差点の渋谷店、天神西通りと国体道路が交差する福岡天神店のすべての店舗とそれぞれを拠点とした出張買取、また宅配買取でも日本有数の宝石鑑定士があなたの大切なダイヤモンドをしっかりと査定し、高価買取させていただきます。
ダイヤモンドの買取ならマルカ(MARUKA)へお任せください。

line@で査定
ブランド品等高価買取いたします!タンスに眠ったままのブランド品等、MARUKAなら即現金化!

創業60余年の老舗買取店の知識と経験を持って正確に鑑定

MARUKAは創業昭和28年の老舗です。ブランド品や金・プラチナ、骨董品などもしっかり査定致します!店頭での買取は勿論、遠方の方には宅配買取や出張買取等もご利用下さい。

  • キズや汚れがあるが、もう使用しないブランド品がある
  • 古いデザインのブランド品を流行のデザインに買換えたい
  • 鑑定書をなくしてしまった宝石の正確な価値を知りたい
  • 飲まないお酒が出てきた
  • 蔵に価値があるかわからない骨董品がある

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKAならこんな状態でも買取可能

  • 破損した財布
  • 汚れ、変色
  • アクセサリーの台座のみ
  • 古い動かない時計
  • 破損、キズありの財布
  • 剥がれ、汚れ、変色 OK
  • アクセサリーの台座のみ
  • 50年前の動かない時計

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKAにお気軽にご相談ください!

売れるかどうか心配・・・
そんな時は事前査定!

宅配や店頭を利用する前に大体の価格や買取可能かどうかも査定できます。

line@で査定

お客様の声

  • お客様イメージ

    滋賀県
    30/女性

  • ふきだし
  • ダイヤモンドを売りたいのですが

    かなり古い物で汚れてます。 こんな物でも売れますか?

  • こんにちはマルカ四条店の富築です はい、マルカはダイヤモンド買取に長けております。 汚いと言いますがダイヤは洗えばすぐ綺麗になりますのでご安心を 洗浄もこちらで可能ですのでそのままお持込みいただければOKです 京都は四条烏丸、四条河原町付近でダイヤ売るならマルカへ 大丸、高島屋、マルイ付近で売却お任せ下さい 伏見、亀岡、山科からも来店あり

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    富築 幸佑

  • お客様イメージ

    東京都
    50/女性

  • ふきだし
  • ブランドの使用済みシューズは値段つきますか?

    ブランドの使用済みシューズは値段つきますか?

  • ご質問ありがとうございます。 マルカ渋谷店でございます。 中古のシューズのこの質問はよくありますが、基本は買取できます。 ブランドや状態によっては金額が付かない場合も正直ありますが、まずは一度お持ち下さい。 なるべく金額付けてお買取りいたします。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    野原 秀樹

  • お客様イメージ

    大阪府
    60/男性

  • ふきだし
  • お酒の買取をしていただけると聞いたのですが?

    若いころから海外へ出張、旅行のたびに買いだめてきた洋酒がたくさんあります。私自身お酒は飲めないのでリビングの飾りで未開封のまま古い物なら30年以上は経っているかと思いますがこんなお酒でも買取していただけるのでしょうか? 有名なヘネシーやレミーマルタンから今では読めないようなブランドの物、陶器の変わった形のボトルの物やクリスタルのものなどたくさんあります。

  • お問い合わせありがとうございます。 MARUKAではお酒の買い取り、可能でございます。未開封の物であれば買取りの対象となり、またクリスタル特にバカラ(BACCARAT)製のボトル(デキャンタ)のものは空瓶でも買取させていただきます。 お問い合わせ頂くにしても読みにくいメーカー(特にブランデーなどはフランス製などが多いので)も多く大変ですよね。そんな時はそのボトル全体を写真に撮って(ラベル部分にピントを合わせて)心斎橋店のお近くに寄った時に見せて頂くか、スマートフォンでLINEをお使いなら「@maruka7」を検索してお友達になって写真を送っていただければすぐに査定いたします。 もしくはお客様センター(0120-89-7875)にお電話いただきご自宅まで買取にいく出張買取も可能ですので是非お試しください。 もしかしたらそのクリスタル製のお酒、おもわぬ高額査定が付くかもしれません。待ちしております。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    三木 聡

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ