グッチの新作2016買取

お客様センタ−電話番号:0120-89-7875

お客様センター受付時間
AM10:00~PM7:00(年末年始を除く)

メニュー
グッチの新作2016

グッチの新作2016

MARUKA(マルカ)はグッチの新作2016の買取にこだわります。

グッチの新作2016

グッチの最新モデルは流行りのオールド感のある物やパドロックを付けた現代チックでもどこか懐かしい雰囲気を醸し出すもの、そして定番のグッチを代表するラインの一つのバンブーバッグがあります。交換可能な二本のストラップを付けられるリボン・チェーンの上質レザーショルダーバッグや定番のGGキャンバスの柄に、グッチの新たな「ティアンプリント」と呼ばれる18世紀のタペストリーや中国の楽園のイメージにインスピレーションを得たフラワーモチーフを描きグッチの特徴でもあるバンブーハンドルを使ったバンブーショッパートートなど様々な新作ラインが次々と発表されています。このティアンプリントに似たブルームスプリント(花柄)をスプリームキャンバスに描き、金具にはアンティークシルバーを使った最新とオールドの融合モデルも人気を呼んでいます。グッチのブティックのディスプレイにはこういったバッグだけではなくディスプレイ全体に統一感を出しトータルで人を魅了するのはさすがは一流ブランドといった所でしょうか。もちろん昔からのGGキャンバスだけの物や上質レザーを使った「ソーホー」、そしてGGキャンバスの柄をレザーに型押しをしたグッチシマや更にその柄をより小さく可愛らしくしたマイクログッチシマなども大人気で常に最新の形へと進化し続けています。グッチシマはどちらかと言えば男性的、マイクログッチシマは女性的な印象を受けます。こういった定番モデルは流行り廃りなく人気ですがやはり今注目すべきラインは先程ご紹介した、「オールド感」のあるティアンプリントのものやブルームスプリントかと思います。洗練された綺麗で機能も兼ね備えた形に懐かしさを感じさせるこの2ラインはグッチならではではないでしょうか。
MARUKAではグッチの年代の古いオールドグッチライン・四角の金具が特徴のジャッキーライン・円筒形の金具が特徴のニュージャッキーライン・緑、赤、緑のイタリアを思わせるカラーが特徴的なシェリーライン(リボンライン)・2007年に発表されたGG金具が施されたクルーズライン・そしてその名の通り竹をハンドルに使用したバンブーラインなどから最新モデルまで全て高価買取させて頂いております。
グッチの買取はMARUKAへ

お客様の声 customer's voice

グッチのバッグを売ろうか迷っています。

一目惚れで買ったグッチの新作のバッグがあるのですが、使うかどうか迷っています。 早く売った方が査定額は高くなりますか?

(東京都/30代/女性)

グッチに限らず毎期コレクション展開しているブランドはそのシーズン内に売却した方が査定額は高くなりますので、お使いになられないようでしたら出来るだけ早く売却されることをお勧めいたします。

(担当:田邉)
グッチの古いの

バッグの片付けをしていましてグッチの古いのは値段付きますでしょうか?

(京都府/50代/女性)

この度はマルカへお問合せ頂きましてありがとうございます。
ブランド買取専門店として大昔のブランドバッグもしっかり価値を判断してお値段をご案内しております。以前よりもブランドバッグの価値が上昇しておりますので是非マルカでグッチの買取価格を確かめてみて下さい。マルカは全店お見積りを無料で営業しておりますのでお気軽にご利用下さいませ。

(担当:小森)
オールドグッチも売れました

先日利用しました。かなり古いグッチの俗に言うオールドグッチもマルカさんでは高く売れました。状態が悪いものや廃番商品でも売れると聞いたのでまた持って行こうと思います。 査定のみでも無料でしたので安心して利用できました。

(京都府/50代/男性)

マルカをご利用頂きありがとうございます。
オールドグッチはヴィンテージシャネルなどと同様特別な需要がありますのできちっとお値段がつきますね。
ブランド買取・査定は何でもお任せください!
またのご利用お待ちしております。

(担当:西野)
こういったお品物は買取していただけるのでしょうか?
バッグだけですか?
グッチのジュエリー

0120-89-7875

お客様センター受付時間
AM10:00~PM7:00
(年末年始を除く)

  • お店を探す
  • LINE査定
  • 電話する
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランドLADY'S
オススメブランドMEN'S
ヘルプとサポート
閉じる