シャネル買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > シャネル買取

シャネル買取はMARUKA(マルカ)へ

マトラッセチェーンショルダーバッグから財布などの革製品、アパレルにシューズ、ジュエリーとアクセサリー、J12をはじめとするシャネルの時計、その他あらゆるアイテムをリリースしているシャネル。MARUKAではその全てのシャネル買取に力を入れておりどこにも負けないハイプライスであなたのシャネルを買取させていただきます。古い物、使い込んだ中古品でもOK。時代遅れのメッキのアクセサリーに肩パットの入ったツイードスーツなどなんでもしっかりと高価買取させていただきます。もう使わないシャネルを売るならMARUKA、もちろん最新モデルは超高価買取にてお待ちしております。

今月の強化買取アイテム
マトラッセ
カブリエル ドゥ シャネル
ボーイシャネル
バックパック
クラッチバッグ
買取実績例

自信の高価買取実績。他社とお比べください!

シャネル マトラッセチェーンバッグ

キャビアスキン

300,000円

250,000円

350,000円

100,000

シャネル ドーヴィルPM

-

120,000円

110,000円

140,000円

30,000

シャネル高価買取ランキング

マトラッセ
ミニマトラッセチェーンバッグ キャビアスキン

240,000円

200,000円

300,000円

マトラッセリュック
中古Aランク

190,000円

150,000円

230,000円

ガブリエル
-

150,000円

170,000円

200,000円

ダイアナ

120,000円

100,000円

150,000円

エグゼクティブトート

150,000円

110,000円

180,000円

買取価格速報

MARUKAで買取ご成約いただいた例をリアルタイムでご紹介いたします。

シャネル買取にMARUKA(マルカ)が強い理由
強いわけ
こんなものでも買取可能
おもてなし
LINE@で査定 宅配買取超強化中 選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル ブランドバッグ高価買取中

買取強化ブランド

その他取扱ブランド一覧

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行
店舗一覧

関東エリア

  • 東京 新宿マルイアネックス店
  • 横浜元町ドンキホーテ店
  • 東京 玉川髙島屋S・C店
  • 東京 銀座本店
  • 東京 渋谷店

阪神エリア

  • 大阪 心斎橋店
  • 三宮神戸マルイ店

京都エリア

  • 京都 四条大宮店
  • 京都 四条店
  • MARUKA 楽器
  • 京都 七条店
  • MARUKA WATCH
LINE@で査定 宅配買取超強化中 選べる査定方法
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル

マトラッセチェーンショルダーなど20年前のものでも高価買取

シャネルと言えば高級ブランドバッグですが、今若い子たちの間で現行の新品は高くて手が出ないので「お母さんが持っていた」古いマトラッセを持つのが流行っています。また同じ理由でシャネルは欲しいけどまだまだ手が出ない東南アジアなどの新興国の人にも古いシャネル製品は大人気で以前はただのジャンク商品として扱われていた20年以上前のバッグでも今ではしっかりとお値段が付き流通しています。
シャネル買取現場もこれが大きな流れとなり、特にマトラッセのバッグですが意外なところでバブル時代に大流行した金メッキ調の派手なアクセサリー、イヤリング、チェーンベルトなども最近お値段がつくようになってきました。押し入れの中に眠っていたこういったアイテムもう使わないなら是非MARUKAに売ってください。MARUKAはシャネル買取に力を入れております。あなたには必要なくなったアイテム化もしれませんがそれを必要としているところへお届けいたしますので是非MARUKAにお任せください。最近では特に大阪でのこういったシャネルの古いアイテムの買取が増加、是非MARUKA大阪心斎橋店をご利用ください。
もちろん現行のボーイシャネル、2.55、カメリアなどから今大人気の時計、男女ペアの「J12」など高価買取いたします。昔のツイードのスーツなんかも高価買取いたしますよ。

MARUKA(マルカ)のシャネル買取について

シャネルの歴史

1883年、フランス南西部の救済病院に生を受けたココ・シャネル(本名ガブリエル・ボヌール・シャネル)は、身寄りのない子供で孤児院や修道院で育ちました。
修道院における生活の中でシャネルは裁縫や針子としての技術、才能を見につけていったのです。

シャネルがまだ若い頃、田舎町のキャバレーで踊り子として生活をしていました。
その時英国の青年実業家と運命の出会いを果たし、彼の助力を得て1910年ごろに帽子屋を開店しました。
当時は煌びやかな商品が流行していたころに、シャネルの帽子屋はシンプルで繊細なデザインの帽子を販売し、これが大ヒットになりました。

数年後にはフランス北部にモードブティック、さらに数年後にはリゾート地に「メゾン・ド・クチュール」をオープンするなど、シャネルの名前は数年間の間に一躍知れ渡ることになりました。

世界中の女性から羨望のまなざしを浴び続けるブランド「シャネル」は、フランス人の女性デザイナーである「ココ・シャネル」(本名ガブリエル・ボヌール・シャネル)により創業されました。今ではシャネル買取は買取業界のなかでも大きな比率を占める世界中で大人気のブランドです。

現在世界中で展開されているファッションブランドの中でも特に有名なブランドのひとつであり、「シャネル」という言葉ならブランド商品に疎い人であっても一度はその名前を聞いたことがあるというほどです。
きらびやかなシャネルの商品、エレガントな魅力にあふれている製品を見ていると、ココ・シャネルという人間は裕福な家庭に生まれ、何も不自由なく成功したものと勘違いされがちです。

しかし、ココ・シャネルという人間は、実際には誰よりも恵まれない環境に生まれ、そして苦難を乗り越えてきた人間なのです。
ココ・シャネルという名前からくるイメージとは裏腹に、彼女はフランスの南西部にある、貧しい地域の、その中でも貧しい家庭に生まれ、さらには12歳の頃に母親が他界し、父親には捨てられるという悲惨な少女時代を生きてきたのです。

姉のジュリアと一緒に修道院に預けられたシャネルは、非常に勝気な性格であり、修道院関係の人たちや姉をたびたび困らせていました。
シャネルは子供のころから目立つことが大好きで、なによりも「お洒落」に関しては人一倍の関心がありました。
視線を浴びることが大好きという目立ちやがりのシャネルは、ファッション界の申し子とも言うべき素質があったのかもしれません。

修道院生活を送っていく中で、シャネルは裁縫の技術を学んでいくことになります。
この経験がその後のシャネルブランド設立への大きな助けになりました。
生まれながらにして人よりも優れたファッションの才能、そして精神力が彼女をスターダムへと押し上げていくことになります。

シャネルは生前に「いつか自分という人間を世の中に認めさせてみたい」という願望を覗かせています。
彼女は、大きな野望を抱き続けることで、必ず成功し、好きなだけ着飾れる裕福な生活を夢見ていました。

子供の頃からファッションへの関心と情熱が大きかったシャネルは、修道院時代に誰よりも熱心に裁縫の技術を学びました。
裁縫のスキルを学び続け、フランスのムーランというところにある洋品店にお針子として雇われることになります。

当時、シャネルが勤務していた洋品店によく来店していたのがフランス陸軍の猟騎兵第10連隊という貴族で構成された舞台の男性たちでした。
シャネルは幼少時代に恋愛の小説を読み漁っていた経験もあり、同世代の女性に比べると圧倒的に恋愛テクニックが豊富でした。
恋の駆け引きに成功したシャネルは、資産家の御曹司であった「エティエンヌ・バルサン」という男性のハートを射止めることになります。

バルサンと関係を持つようになってからというもの、フランス陸軍のたまり場となっていた、ショーが催されるカフェに出入りするようになりました。
そのカフェで煌びやかな衣装を身にまとい、魅力たっぷりのダンスを披露している踊り子たちに感銘を受け、自分もその店で踊り子となるべくオーディションを受けることを決心します。
着飾りや人々から賞賛を受けるにはコレだ!といわんばかりの情熱でオーディションを受けたシャネルは見事に合格し、華々しいデューを飾ることになります。

ファッションではなく歌手として成功するかのように思われた矢先、エンターティナーとして採用されたわけではなく、ただの客引きとして採用された事実を知ってしまいます。
このことに深くショックを受けたシャネルは即座に踊り子を退職し、歌手への道を断念することになります。

恋人であったバルサンは、彼女を不憫に思い、自分の屋敷につれて帰ることにしました。
バルサンの屋敷で生活を始めたシャネルは、今までとは正反対の優雅な生活を送る中で、本格的にファッションの才能を開花させ、ファッションデザイナーという天職を全うすることになります。

紆余曲折あり、決して簡単な道のりではなかったシャネルの人生ですが、常に行動を起こしていれば、神様は味方してくれるという事を、彼女の人生から学ぶことが出来るのではないでしょうか。

シャネル買取時の査定については非常に高度な査定技術が必要になります。余り類を見ないシャネルというブランドの特性、バッグなどの革製品だけでなくJ12を筆頭とした時計、スーツなどのアパレルにジュエリーなどのどの分野に置いてもシャネルはトップブランドであるため一口にシャネル買取と謳っていても査定士達は多岐に渡る知識が必要になります。

MARUKAは昭和28年に質舗マルカとして創業してから現在では全国12店舗を抱える買取り専門店となっていますがもとは質屋、皆様の財産である大切な商品をしっかりと目利きして限界まで貸し付ける庶民金融が始まりです。MARUKAの査定には妥協がなく、また買取店となってからは自社のメンテナンス部隊の強化にも力を入れシャネル買取(CHANEL)でお客様から買取りをさせて頂いた商品をを1円でも高く売る努力をしています。だからこそ1円でも高く皆様から買取りすることが出来るのです。
京都は発祥の地である西大路七条の一本裏道にMARUKA WATCH(現在も営業中の質マルカ併設)、すぐ近くの七条通りに面した本社ビル一階が七条店。そして京都のど真ん中四条大宮交差点から西へ30mの北側に現在はお酒買取の強化店として生まれ変わった大宮店。四条通をそのまま東へ進み四条烏丸を越え堺町通りと柳馬場通りの間、北側に今日の茶屋をイメージし中に入るとまるでアジアの高級リゾートのフロントのような店内と大人気のお店です。そしてMARUKA初の商業施設への進出ということで四条河原町の京都マルイ4階に新店舗をオープン、ここでもシャネル買取は人気で多数のご来店を頂いております。これで京都市内は5店舗となりました。
東に目を向けると東京では銀座5丁目の並木口交差点、服部時計店の交差点からすぐのマツモトキヨシ銀座5THビルに銀座本店、こちらもビルの中なのに祇園の街並みを再現した内装が魅力、若者の街渋谷の渋谷駅宮益坂口を出て坂を上って1分、左手にある藤和宮益坂ビルの2階に渋谷店がありこちらはジャズの流れるお洒落な店内で京都嵐山の竹林をイメージしとても買取店と思えず大人気、買取ブースには京都の伝統工芸である組み木細工がはめ込まれた壁面でお客様も大満足でリピーター続出です。そして東京の店舗ということもありシャネル買取においてはチェーンショルダーバッグなどでも通常のマトラッセ、ラムスキンだけでなく異素材のものであったり日本未入荷の最新モデルであったりと常に査定士を刺激するラインナップなのも特徴です。2018年冬に相次いで新規オープンしたのは横浜元町、新山下のMEGAドン・キホーテが入る港山下ナナイロに横浜元町ドンキホーテ店と二子玉川駅そばの玉川髙島屋SC店と新宿マルイアネックス店、これで関東は5店舗体制となりますますMARUKAのシャネル買取が充実してまいりました。
その他大阪難波の心斎橋、地下鉄心斎橋駅を出てクリスタ長堀南14番出口を出て振り返ればMARUKA大阪心斎橋店(GAGAミラノ(時計)ビル=おおきに心斎橋ビル5階)こちらは御堂筋沿いに各ブランドブティックが並ぶ地点からすぐのまさに大阪の中心地、地下鉄心斎橋駅や四ツ橋駅からすぐですし店舗ビル裏には大型パーキングもあり大変便利です。神戸三宮の各社乗り入れる三ノ宮駅の目の前の神戸マルイにも店舗があり全国で皆様の大事なシャネル買取で喜んで頂くためにスタッフが待機しております。さらに益々の店舗拡充を図るため関東では2018年冬に横浜元町に登場する新商業施設「港山下ナナイロ」への出店、さらに神奈川県と東京の県境近く世田谷区二子玉川の玉川髙島屋S/Cへの出店と商業施設への出店も加速しその全てでシャネル買取を強化しています。また全国の皆様には出張買取と宅配買取であなたのシャネルを高価買取。シャネル買取りなら信頼と実績のMARUKAにお任せ下さい。

総合トップへ
LINE@で査定 宅配買取超強化中