マリーン買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
マリーン

マリーン

MARUKA(マルカ)はマリーンの買取にこだわります。

マリーン

マリーンは、ブレゲの美学と技術など伝統的な特質をしっかり継承しながらよりスポーティーなモデルで、腕時計を生み出すために、デザインも現代的な装いをまとっております。 フランス海軍のマリンクロノメーター、航海用の精密時計の製造時計師としてアブラアン-ルイブレゲがこれまでに築きあげた偉大な遺産からヒントを得て、ブレゲのマリーンウォッチは、現代人のユーザーに要望に応え、さまざまな独創的なデザインが施されております。そのデザイン、装飾はこれまでのブレゲとはまた違ったスポーティーなデザイン、機能を装備しております。スポーツモデルに欠かせないリューズガードやブレゲの仕上げの特徴でもあるコインエッジ仕上げはそのままに、がっちりとしたケース、ラグがブレゲがスポーツ時計を意識したデザインが施されております。ブレゲマリーンには高性能クロノグラフを搭載しております。フランス海軍の為のクロノグラフは、海の上での正確な位置を把握するためには、高い精度が求められ、ブレゲはこれまでに培ってきた技術、知識をこのクロノグラフに注ぎ込み、フランス海軍にとっても大きな功績と信頼を得ております。ブレゲは時計の心臓部でもあるひげゼンマイも開発しました。ヒゲゼンマイとは小さいゼンマイで、その伸縮運動を通じてテンプ(振り子)の振動を調速する装置です。香箱から2番、3番車へ動力が伝わり、4番車には秒針が付いております。そのままでは早く周りすぎるので、時を刻む仕組みがテンプです。アンクルからガンギ車に伝わり1分間に1周する仕組みとなっております。内の先はテンプ軸、外はしはテンプ受けが取り付けられています。オランダの数学者のホイヘンスが1675年頃に発明した平ヒゲゼンマイは、それなりの精度を確立したものの、完璧とは言い難いものでした。平ヒゲゼンマイは、銅、鉄製で、わずか数巻きの渦巻き状でした。不完全ではあるものの、平ヒゲゼンマイは振子時計と同じレベルの精度をテンプにも出すことに成功しました。1795年、アブラアン-ルイ・ブレゲは、ゼンマイの巻きの最後の端を持ち上げ、より小さな曲線にすることで、ヒゲゼンマイが同心円状に展開することを可能にし、この問題を解決しました。このようにブレゲはこれまでの機械式時計の仕組みの生みの親といっても過言んでもないような、数々の機構を発明してきました。現行のブレゲこのマリーンにもそのブレゲの歴史、技術美学が多くつまったモデルとなっており、人知を超えて現在尚力強く鼓動しています。是非ブレゲ買取は信頼と実績のMARUKAへお任せ下さい。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる