ニッカウヰスキー(NIKKA)

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » お酒買取» ニッカウヰスキー(NIKKA)買取

MARUKAはお酒買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

ニッカウヰスキー(NIKKA)

ニッカウヰスキーは創設者、竹鶴政孝氏により設立された洋酒メーカーです。
マルカ(MARUKA)ではウィスキーはもちろん、ブランデー、焼酎、日本酒、ワイン、シャンパンなどのお酒買取も高価買取しております。

ニッカウヰスキーは昭和9年、北海道は余市郡の余市町に前身である『大日本果汁株式会社』が設立されたことにはじまります。その社名の「日果(にっか)」を引用し現在の社名となっています。ニッカウヰスキーは創設者である竹鶴政孝氏がサントリー(SUNTORY)の前身である寿屋でウイスキー製造に携わっていたのち、よりよいウイスキーを作るべくスコットランドに近い気候の北海道に行くために退社しました。彼は資本を集め、北海道余市で創業しその時の筆頭株主が証券会社 加賀証券社長の加賀正太郎氏でした。
ウイスキーの製造は出来上がるまでに数年かかるので、ウイスキーの出荷ができるまでの数年間は余市周辺の特産品のリンゴを原料に、ジュース、ワイン、ゼリーなどを販売していましたが、竹鶴の品質へのこだわりが強すぎて、果汁100%の高価なジュースしか出荷しなかった為、ユーザーのニーズに合わずあまり売れなかったといういつわがあります。ウイスキー製造までのつなぎに作ったジュースまでも品質にこだわってしまう、竹鶴のこだわりがそこにみえます。

1940年(昭和15年)創業6年目にして念願のウイスキーの出荷を開始しました。直後にウイスキーは統制品となり海軍監督工場となりましたが、戦争の影響などからイギリスからのウイスキーの輸入が途絶えたので国産のウイスキー製造が急務となりました。ただ海軍への納品が命題であったので原料である大麦が優先的に割り当てられたこともあり事業は継続されました。

3年後の1943年(昭和18年)に創業者の竹鶴政孝氏が社長になりました。終戦後、他社より低質の三級ウイスキーが発売されユーザーが流れていく中、品質にこだわりつづけ低価格商品が無いまま営業をしていた為に再度経営が苦しくなり、1950年(昭和25年)酒税制限5%の低質だがこだわりにこだわったニッカスペシャルブレンドウヰスキーを発売しました。
1952年(昭和27年)に屋号をニッカウヰスキーに変更、それに伴い本社も東京都中央区日本橋に移転しました。
1954年(昭和29年)病床にあった筆頭株主の加賀氏が自身の死期が近いことを知り、株の散逸を防ぐ為に朝日麦酒(現在のアサヒグループホールディングス)に他の主要株主と共に保有全株式を売却しました。朝日麦酒から派遣された弥谷醇平氏が品質にこだわり続けている竹鶴氏に「売り上げが倍になれば、品質を落とさなくても他社と同価格で販売できる」と助言したことがきっかけで、1956年(昭和31年)、新二級ウイスキーの丸びんニッキーと呼ばれた丸びんウヰスキーを、業界首位の寿屋の主力商品トリスウイスキーと同額で販売することで売り上げは1年で倍になりました。
1964年(昭和39年)には日本では初のグレーンウイスキーとモルトウイスキーをブレンドしたハイニッカを発売、翌年には同じ2種類の原酒をブレンドした新ブラックニッカを発売しました。
1969年(昭和44年)には余市蒸留所に続いて2番目の蒸留所となる宮城峡蒸留所(仙台工場)が竣工されました。
その後も、鶴、シングルモルト北海道、フロム・ザ・バレル、シングルモルト余市12年、シングルモルト宮城峡12年など様々なウイスキーを生み出し2000年(平成12年)11月に創業者の名前を起用した竹鶴12年ピュアモルトが発売されました。
またニッカウヰスキーは、昨今のジャパニーズウイスキーブームや2014年に放送されていたNHK朝の連続テレビ小説のドラマで創業者 竹鶴政孝氏とその妻リタの物語「マッサン」の影響もあり人気に拍車をかけました。

現在の主力の製品はシングルカスクウイスキーのシングルカスク余市とシングルカスク宮城峡で、どちらもウイスキーマガジン主催のテイスティングにおいて高評価を得ています。一般販売はアルコール度数40%ですが、アルコール度数50%~60%の原酒は余市蒸留所、宮城峡蒸留所に行かないと買えない事と原酒はその時の限定品になる為、中古市場ではプレミア価格がついており非常に高値で取引されていますのでマルカ(MARUKA)では余市原酒買取、宮城峡原酒買取も高額査定させていただいております。

シングルモルト余市は10年、12年、15年、20年のラインナップです。
シングルモルト宮城峡は元々、シングルモルト仙台という名前でしたが2003年に名前が変更されており、現行品のラインナップは10年、12年、15年となっています。
竹鶴ピュアモルトはピュアモルト(ノンエイジ)、17年、21年、25年です。

プレミア価格で取引されている高価買取対象のラインナップは・・・
ザ ニッカ 40年 プレミアムブレンデッドウイスキー、ザ ニッカウヰスキー34年、ザ ニッカウヰスキー ピュアモルト35年、2007年に本数限定で販売された竹鶴35年、竹鶴ピュアモルトシェリーウッドフィニッシュ 数量限定品、竹鶴21年ピュアモルトノンチルフィルタード (2014年7月限定)、竹鶴21年ピュアモルトマディラウッドフィニッシュ (2014年7月ヨーロッパ限定)、竹鶴21年ピュアモルトポートウッドフィニッシュ (2014年4月限定)、シングルモルト余市1990年、シングルモルト余市 1987、シングルモルト余市 ノンチルフィルタード 1987、シングルモルト余市 1986、シングルモルト余市12年ウッディ&パニリック(余市蒸溜所限定販売品)、シングルカスク余市 10年、ニッカ シングルカスク 仙台宮城峡モルト 1990-2012、ニッカ シングルモルト宮城峡 1990、ザ ニッカウヰスキー 仙台30年、ニッカウイスキー ピュアモルト バカラ・クリスタル、ニッカ アップルブランデー リタ 30年などものによっては数十万円で取引されている銘柄もあります。
サントリー(SUNTORY)の山崎(YAMAZAKI)、響(HIBIKI)、白州(HAKUSHU)など、ウイスキーブームの今だからこそ出せるお買取価格もございます。

MARUKAは京都市内、西院・西七条に本社七条店とMARUKA WATCH、四条大宮には大宮店、四条烏丸と河原町の間には四条店があり、京都市内北部松ヶ崎には北山店があります。東京では銀座晴海通り沿いに銀座本店、渋谷宮益坂交差点には渋谷店、そして九州福岡では博多・中州と並ぶ繁華街ですがどちらかというとお買い物の町天神に福岡天神店と8店舗を直営しており、そのどの店舗の査定士も宝石類の鑑定、査定から骨董品の買取まで、そしてお酒の買取も全国最高峰の高価買取で皆様のご来店をおまちしております。またお酒はかさばりますし、破損の危険もありますのでたくさんのお酒がある場合はお気軽に出張買取をお申込みください。お客様センター(0120-89-7875)にお電話いただければ365日対応にてすぐに対応いたします。

買取方法をこちらからお選び下さい

選べる買取方法

ご利用は全て無料です!キャンセルも無料!

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

ジャンク品でも査定

できるだけ高く買ってもらうコツ

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    ブランド名又はモデル名がハッキリとしているとスピーディに査定ができプラス査定です。

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    箱・保証書などの付属品が全てそろっているとプラス査定です。

MARUKA店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取方法をこちらからお選び下さい

選べる買取方法

ご利用は全て無料です!キャンセルも無料!

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875