お酒の歴史

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » お酒買取» お酒の歴史買取

MARUKAはお酒買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

お酒の歴史

MARUKAではブランド品を中心に様々な商材を買取しております。
金やプラチナなどの貴金属・ダイヤモンド・ルビーなどの宝石・掛け軸や鎧などの骨董品・ウイスキー・ワインなどのお酒類・毛皮・カメラ・楽器などを幅広く高価買取しております。
買取方法も店頭での買取からお客様のニーズに合わせた出張買取・宅配買取など便利な方法をご用意しております。

今回はお酒の歴史についてご紹介します。
私たちが普段何気なく飲んでいるお酒ですが、お酒とはいったい何でいつ頃から飲まれていたのでしょうか。
明確に起源はわかっていませんが紀元前4000年頃からお酒は存在していたと言われています。最も古いお酒は紀元前4000年ごろのワイン・果実酒だと言われています。
ワインのほかにも蜂蜜酒が最も古いとされていることもあります。このころ酒類の作り方として一度口に含んだものを吐き出し寝かせて発酵させた口噛み酒という方法もありました。お酒の歴史は確実なことはわかっておらずこのような様々なエピソードがあります。
そしてその後私たちに最も身近なビールが誕生します。ビールは安価であったため高級なワインとは違い、大衆のお酒として飲まれていたそうです。
その後錬金術から偶然に誕生したという蒸留酒が造られます。蒸留というより近代的な方法により命の水とされるウイスキー、そしてブランデーが誕生します。命の水とされるウイスキーは当時医療用としても使またわれており、薬としても扱われていました。
現代ではコミュニケーションの円滑化やストレス解消として飲まれるお酒ですが、「酒は百薬の長」ということわざもある通り、古来では良薬として扱われていたのですね。
現在では醸造酒・蒸留酒・混成酒に分けられており、その中の種類も様々です。
ワイン・シャンパン・ビール・ウイスキー・ブランデー・日本酒・焼酎・スピリッツなどがあり、製造方法や原料などによりカテゴリー分けをされます。
用途も様々で飲料以外では料理などにワインや日本酒なども使われていますね。
また国によりお酒の法律も様々で日本では20歳以上から飲酒が可能とされていますがアメリカでは21歳から、ドイツでは18歳未満でも飲酒が可能など国により扱い方もことなります。
お酒については歴史が非常にはっきりとしたことはわかっていませんが、そういったことを調べるのもお酒の楽しみ方の一つかと思います。

マルカ(MARUKA)ではお酒の買取を強化しています。ここ数年で広まったお酒買取。マルカ(MARUKA)は関西でのお酒買取のパイオニア的存在としてお酒買取を強化しています。一本数万円以上の値が付くバカラ製デキャンタ入りの高級ブランデーからシャンパンやワイン、そして昔の海外旅行のお土産のウイスキーまで買取をいたします。
全国のマルカ(MARUKA)の店舗と出張買取すべてで対応可能ですが、京都市内でのお持ち込みの場合、阪急京都線四条大宮駅から西へ30m北側の大宮店にお持ち込みいただければお酒買取の専門家が常駐しておりますのでスムーズに買取が進みます。
もちろんお酒ですので本数が多ければ重くて破損の危険もあり持ち運びは大変になりますので出張買取をお申し付けいただいても結構です。
お酒の買取ならマルカ(MARUKA)を是非ご利用ください。

買取方法をこちらからお選び下さい

選べる買取方法

ご利用は全て無料です!キャンセルも無料!

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

ジャンク品でも査定

できるだけ高く買ってもらうコツ

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    ブランド名又はモデル名がハッキリとしているとスピーディに査定ができプラス査定です。

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    箱・保証書などの付属品が全てそろっているとプラス査定です。

MARUKA店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取方法をこちらからお選び下さい

選べる買取方法

ご利用は全て無料です!キャンセルも無料!

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875