エル・プリメロ ストラトス フライバック買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
エル・プリメロ ストラトス フライバック

エル・プリメロ ストラトス フライバック

MARUKA(マルカ)はエル・プリメロ ストラトス フライバックの買取にこだわります。

エル・プリメロ ストラトス フライバック

1865年創業のゼニス (ZENITH)は、数ある時計メーカーの中でも特にファンの多い老舗ブランドとなっています。その魅力はジャガールクルトなどと同じく自社製造ムーブメントへのこだわりが強く、それが現代の時計愛好者に認められているからではないでしょうか。
数多くのコンクールでの賞争い、伝説的なエル・プリメロの完成からクォーツショックにより製造中止、そこから復活までのエピソードなど、一つの物語がコアな時計マニアの心に響いて今の人気を確立しています。
2000年にモエ・ヘネシー ルイ・ヴィトン(LVMH)グルーブの傘下になってからは、資金面や展開力などさらにブランド化が進みました。エル・プリメロだけでなく、複雑機構など様々なムーブメント製作、開発を行い、そして価格帯も機能面からしてはお手頃な価格に抑えられたことでより多くの人の手に渡るようになりました。
特にエル・プリメロの初期モデルをイメージした「オリジナル」は文字盤の配色など当時を彷彿させるモデルとして人気が高くなっています。
「エル・プリメロ ストライキング10th」では、クロノグラフ針が通常の6倍、10秒で一周する特殊なモデル、その他、アニュアルカレンダー、トゥールビヨンモデルなエル・プリメロはその存在感を増しています。
ゼニス(ZENITH)と言えば、軍用のパイロットウォッチの製造も行っていました。1997年にフランス空軍と協力して開発されたフライバック機能付き、テレメーター付きのクロノグラフ「レインボー・フライバック」が1999年に販売されましたが、そのムーブメントである「エル・プリメロ Cal.405B」を継承した新しいモデル「ストラトス フライバック」が2011年より登場しました。
「ストラトス」は、スカイダイバーである「フェリックス・バウムガルトナー」が地上から10km~50km間の成層圏(ストラトス)からのフリーフォールプロジェクトから取られた名前になります。
両面無反射コーティングが施され、視認性も非常に良いモデルとなり、今ではピンクゴールドのコンビモデルなどバリーションも増えている人気コレクションになっています。
MARUKAではそんなゼニスの「ストラトス・フライバック」を高価買取させて頂いております。ゼニス買取の際は是非ご利用下さいませ。
ゼニス買取他、マルカでは様々な、ブランドウォッチをお買取りさせて頂きます。時計買取のご相談などありましたらご来店下さいませ。
MARUKAは東京銀座、渋谷、新宿マルイアネックスと玉川髙島屋S・Cにも出店している京都の老舗質屋で、金買取など業界でも有名な高価買取店で多くの方にご利用頂いております。全国的にはまだ展開しておりませんが出張買取や宅配買取などもございますので是非ご利用下さいませ。また当社では事前にLINEで査定も行っております。売却を考えられているものがありましたら是非ご利用下さいませ。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる