タダオ買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
タダオ

タダオ

MARUKA(マルカ)はタダオの買取にこだわります。

タダオ

ルイヴィトンの男性向けライン ダミエ・グラフィット今やルイヴィトンの定番ラインとして男性にとても人気のある柄ですね、その中にタダオというトートバッグあります。
ビジネス、カジュアル共に使えるバッグでA4サイズが縦でも横でも入る収納抜群で縦長のフォルムがスッキリ見せてくれます。取り外し可能のショルダーストラップがついている2WAYタイプでその日の荷物の量に合わして付け替えができますね。
ルイヴィトンのバッグ様々な種類がありますがこちらの「タダオ」名前がなんだか面白くないですか?日本人の名前みたいで覚えやすいですよね。
それもそのはず実はこの「タダオ」というバッグある日本人「ただお」さんから取った名前なのです。実際ルイヴィトン は探検家などの方から取った製品が数多くあります。そしてどこの「ただおさん」かと言うと安藤忠雄さんという建築家の方がおられます。この方は建築界のノーベル賞とまで言われるプリツカー賞の受賞者でもあるのですね。
ルイヴィトンのグラフィットラインのバッグは他にも多数の建築家の方から名前を取った商品があります。「レム N41446」 こちらはモノグラムのアマゾンとよく似たショルダーバッグ、このレムという名前は2000年にプリツカー賞を受賞したレム・コールは―スから名づけられました
「レンツォ N51243」というメッセンジャーバッグは1988年受賞、銀座のエルメスを設計したイタリアの建築家レンゾ・ピアノから、2WAYビジネスバッグ「ヨーン N48118」は2003年の受賞者シドニーのオペラハウスを設計したデンマークの建築家ヨーン・ウツソンから名づけられております。そんなユニークな商品名の多いルイヴィトンバッグ、グラフィット以外にもモノグラム、ダミエ・エベヌ、ダミエ・アズール、タイガ、エピ、ヴェルニ、マルチカラー、アンプラントなど多数あり人気ですよね、一つ一つに名前があり似たようなものでも個性があるルイヴィトンのバッグは世界中に愛用者が多く長く愛され続けているブランドそれだけファンも多ければ利用者も多いです。なので必然と中古での価格も高く維持されます。マルカは特にルイヴィトンの製品高価買取しております。どこにも負けない買取り価格で高額査定。京都、大阪、東京、横浜でヴィトンの売却をお考えであれば創業70年の実績を持つMARUKAマルカにお任せ下さい。無料見積り、キャンセルOK!お試し査定でお値段聞くだけでも構いません。まずはご気軽にご来店下さい。ヴィトン買取はMARUKAまで、お待ちしております。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる