カデナウォッチ買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > ヴァンクリーフ&アーペル買取 > カデナウォッチ買取

カデナウォッチ

MARUKA(マルカ)はカデナウォッチ買取にこだわります。

LINE@で査定

カデナウォッチ

ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef&Arpels)は数多くのジュエリー、腕時計など発表しておりますが、その中でも特徴的な腕時計がカデナウォッチではないでしょうか。エルメス(HERMES)でもケリーウォッチとして自社のバッグに使われているベルト、カデナをモチーフにした腕時計が展開されていますが、ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef&Arpels)は、想いを繋ぎとめるシンボルと独自の解釈のもと作られています。
ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef&Arpels)が本格的に宝飾時計を製作し始めたのが1920年頃で、イギリス王朝の第二国王「エドワード8世」が退位してウィンザー公爵になり、侯爵と公爵夫人がアイデアを出して1935年にカデナウォッチが完成しました。想いを繋ぎとめるといったコンセプトは、この二人の思想から生まれたようです。
もともと腕時計は、時間を確かめるといった用途よりはファッションとして扱われるものでしたが、カデナウォッチは時計としての機能、ファッション性の両方を兼ね備えた腕時計としてヒットしました。それは今も発売当初よりほとんど形を変えずに受け継がれており、ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef&Arpels)を代表腕時計の一つになっています。
1935年に発売されたカデナウォッチは、ゴールド素材をベースにルビーを独自のミステリーセッティングしたモデルになっています。その後サファイアやダイヤモンドを使ったモデルも販売されています。その他、文字盤にマザーオブパールを使っているもの、ゴールドブレスレット以外のもアリゲーターストラップを使ったモデルもあります。
「ガデナ セルティ」では、スノーセッティングといった、大小大きさの異なるダイヤモンドを雪が降っているかのように配置したコレクションで全体的なデザインは変えずに細かいところでアレンジが加えられています。さらに豪華なパヴェダイヤモンドモデル、ピンクゴールド製の「パヴェサファイアローズゴールド」モデルもあります。
ムーブメントは、スイス製のクォーツで手巻きや自動巻きモデルではありませんが、手間のかからないクォーツの方が女性には好まれていますのでよい仕様かと思います。
ヴァンクリーフ&アーペル買取を強化しているMARUKAではカデナウォッチ買取はもちろん、その他の腕時計買取も高価買取させて頂きます。ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef&Arpels)以外にもカルティエ(Cartier)やブルガリ(BVLGARI)などジュエリーブランドから販売されている腕時計買取もお任せ下さい。
MARUKAは京都西院、西七条を発祥の地として60年、老舗質屋を母体としているからこその時計・宝石・ジュエリーの鑑定眼は他のブランドショップなどとは比較になりません。あなたの大切なVCAを高く売るなら高価買取のMARUKAまで。

line@で査定 買取
選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル こんなものでも買取可能 事前査定 line@で査定
店舗一覧

関東エリア

  • MEGAドンキ港山下ナナイロ店
  • 玉川髙島屋S・C店
  • 東京 銀座本店
  • 東京 渋谷店

阪神エリア

  • 大阪 心斎橋店
  • 神戸マルイ店

福岡エリア

京都エリア

  • 京都 マルイ店
  • 京都 大宮店
  • 京都 四条店
  • MARUKA 楽器
  • 京都 七条店
  • MARUKA WATCH
  • 西日本宅配センター
選べる査定方法
  • lineで査定
  • mail査定
  • 店頭で査定
選べる買取方法
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取
フリーダイヤル
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ