レオナール

MARUKAのレオナール買取について

MARUKAでは、レオナールを強化買取致しております。レオナールは、1943年にジャック・レオナールがニット工房を創立したことが始まりです。この工房から1958年にブランドとしてのレオナールが誕生しました。ブランド名は創業者であるジャックレオナールのファミリーネームに由来しています。レオナールは、『世界で最も美しいプリント』と称されるパリのプリントファッションです。創業当初の目標は、『世界一美しい花である蘭を最高の生地である絹の上にプリントすること』であったそうです。伸縮性のある生地の上にプリントすることが困難であった時代にレオナールは、ニットへのプリント技術を開発しました。さらに技術を磨き、1960年にプルオーバーにプリントを施す『Fully Fashioned』という技法を開発し、一躍脚光を浴びるようになりました。この技術に関しては、1964年に国際特許を取得しました。1969年にはシルクジャージへの多色プリント技術を確立しました。高度なシルクスクリーンプリントは、熟練の手作業によってプリント仕様では異例とも言える30以上の色を重ね合わせ、繊細なグラデーションを表現しています。レオナールの発送の原点でもある『蘭』を中心に、アニマル柄や幾何学模様等のプリントもあり、日本国内のみならず、世界中の女性から愛されているブランドです。1994年以降はヴェロニク・ルロワをデザイナーに起用し、2011年にはナタリー・トリブイヤールがCEOに就任しています。華やかで美しいプリント柄は、ランバンやクリスチャンディオール等の有名ブランドからも高く評価されています。レオナールは、スカーフやバッグ、ネクタイといったアクセサリー類、メンズウェア、ウィメンズウェア、香水等も販売しており、取り扱う商材の種類も幅広くなっています。ショップ自体は世界16ヶ国にあり、142もの店舗を展開しています。日本では高島屋や伊勢丹、三越、松坂屋といった大型百貨店で販売されています。レオナールのドレスや素材は、軽くて独自性を持ち合わせています。革新的なプリント手法を使い、全ての要素がこの目的を念願に置いて考案され、デザインされています。レオナールは絶えず進化し、常に新しい要素を取り込んでいます。レオナールの商品の細部に至る強いこだわりは、身に付ける最高の喜びを実現するために特別に配慮されています。バッグ類は、ショルダーバッグからトートバッグ、クラッチバッグ等が展開され、独自のプリントを施したデザインが大変可愛らしく、上品さも兼ね備えています。アパレル品に関しても、華やかなプリントのものが多く、どちらかと言うと、ドレスタイプのファッションになっております。エレガンスな中にエスニック的な要素も含んでいます。他の人と違いを作りたい方、誰もが知っているようなメジャーブランドを着ることに抵抗がある方は、レオナールを選んでみてはいかがでしょうか。MARUKAでは、現在、レオナールを強化買取致しております。コレクションラインのアパレル品やバッグ、香水、ネクタイ等、高価買取中です。勢いで購入したものの着る機会が無い、好きなファッションのスタイルが変わった等、ファッション好きならではのお悩みあるかと思います。MARUKAでは、そんな方のお悩みにも真摯に向き合い、しっかりとお値段付させて頂きます。レオナール等のアパレル品高価買取なら、MARUKAにお任せ下さいませ。

MARUKAは昭和28年に創業されて以来、現在まで70年も続く老舗質屋を母体としております。京都に本社を構え現在では東京の高級ブティックが建ち並ぶ一等地であり、日本で一番地価が高い場所、銀座に銀座本店、東京渋谷駅すぐ、駅を挟んで道玄坂の向かい側、藤和宮益坂下、交差点のすぐ側に渋谷店、京都JR京都線西大路駅から徒歩15分の場所に七条店、阪急大宮駅から西へ200mの四条通り沿い北川に大宮店、大丸や高島屋、ブランドショップがあり、京都市内一の繁華街に位置する四条店、他大阪心斎橋や横浜にも店舗があります。MARUKAでは、店頭買取査定は勿論ですが、宅配や出張買取査定、さらにはLINE査定も行っております。LINE査定は商品の写真を送って頂くのみで誰でも簡単に査定を受けることができます。MARUKAは査定士の研修を定期的に行っており、品物を見極める力を常に養っています。お客様の大切にされていた品物を丁寧に一点一点査定させて頂きます。バッグや時計、貴金属のみならず、宝石やジュエリー、アパレル品に加え、骨董品やカメラ、お酒等も買取することができます。不要品や整理品御座いましたら、是非高価買取のMARUKAにお持ち込み下さいませ。ブランド売るなら、京都MARUKAにお任せ下さい。お客様のご来店をスタッフ一同、心からお待ち致しております。

マスターマインドジャパン

MARUKAのマスターマインドジャパン買取について

今回はマスターマインド ジャパンについてお話させていただきます。MARUKAではマスターマインド買取も力を入れております。
マスターマインド ジャパンは1997年、本間正章氏と藤田昌洋氏によって設立された日本のファッションブランドです。
ブランド名の由来はmastermind (マスターマインド)=何か1つの事に才能が長けている人とJAPANは日本のブランドとして世界の人々が分かるようにといった意味が込められています。
ブランドロゴにスカルを引用しているのは創設者の「死ぬまで夢を諦めない」という思いが込められています。
ブランドの主軸となる本間正章氏は1970年新潟県の両津市で生まれ佐渡ヶ島で育ちました。父は床屋を営んでおり、その父はファッションが非常に好きで当時の最先端ブランドのイッセイミヤケやヨウジヤマモトなどのハイセンスな服を派手に着こなす、本間氏にとっては異色の存在だったそうです。
本間氏はそんな父の影響で、父の目を盗んでは父の洋服をこっそり着て友達に合うようになったそうです。サイズは到底合いませんでしたが、良いものはデザインももちろんですが着心地も良くどんどん洋服の魅力に填まっていきました。
本間氏は長男だったので必然的に父の床屋を引き継ぐと思っていたそうですが、どうしてもファッションに対しての思いが捨てきれずに、高校卒業後イギリスに1年間留学しました。イギリスでは勉強よりも、クラブに入り浸り、毎日ウィンドーショッピングをし独自の方法でファッションやトレンドについて学びました。
帰国後ノ1989年に当時イギリスにも展開のあった憧れのヨウジヤマモトに入社し6年後の1995年に新ブランドのスペース(共存)を設立。2年後の1997年に独立しマスターマインド ジャパンが誕生しました。
ブランド設立当初は全く売れない状況が続きましたが、当時の安く商品を作る流れと逆行し、他ブランドがしていないハイレベルな素材で商品を作り、高単価になっても胸を張って売ろうという勝負に出た結果、買い付けが増え事業は軌道に乗りました。
ブランド設立から10周年の頃に本間氏は「もし、このブランドの人気が下がったら、既存のお客様はどう思うのか?」それは、他ブランドよりも高い価格の商品に価値を見出し、信じ買ってくださったお客様に対し、時代の流れでマスターマインド ジャパンが廃れてしまったら、既存のお客様は買った服の価値を疑ってしまうと思われ、ブランド設立15周年の2013年を目処にマスターマインド ジャパンのコレクションは一区切り活動を休止しました。
現在は以前からブランドやキャラクターなど積極的にコラボレーションメインの活動をしています。
コラボレーションモデルはプレミア価格で取引されており、もちろんMARUKAではマスターマインドコラボ買取も高額査定です。
モンクレールとのコラボはMAYAダウンジャケットなど全18点、ゴヤールとのコラボはサンルイや財布にマスターマインド ジャパンのアイコンのスカルがペイントされています。ナイキとのコラボはダンクハイやF.C.R.Bとのコラボレーションのエアマックス2012、ビズビムからはハイカットのスニーカー、アディダスからはNMD XR1やTubular Instinctやジャージのセットアップ、ロアーからはスカルと二丁拳銃を組み合わせたアパレルやアクセサリー、VansからはVANS V95 MASTERMIND ERA、リーボックからはLX8500やクラシック “ポンプオムニライト”/”ポンプフューリーロード”(Mastermind JAPAN x Reebok CLASSIC “Pump Omni Lite” / “InstaPump Fury Road”)、ティンバーランドからはブーツ、ポーターからはバックパック、ブリーフケース、サッチェルバッグなど8型、ユリウスからは黒をテーマにカーゴパンツ、Tシャツスウェット、コールハーンからはゼログラウンドのシューズ。マスターマインド ブラック・コム デ ギャルソンやステューシーなど様々なトップブランドとコラボレーションしています。
また、時計もかなりモデルがありウブロからは限定30本のレアピースのビッグ バン。シチズンからはアテッサ世界限定80個。カシオからは2013SS mastermind JAPAN x Casio G-shock Frogman マスターマインド フロッグマン。
2006年にスタートしたオリジナルアパレルブランド「ファッションの仮想劇場」をコンセプトとしているシアター8とマスターマインド ジャパンとのトリプルネームのコラボレーションでローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)のスニーカーやTシャツ、プレイボーイ、ゴッド ファーザー、マリリン モンロー、マイケルジャクソン、マドンナ、ジョン レノン、ガンダム、ワンピース、007、クローズ、ベアブリックなど様々な表現でマスターマインド ジャパンは活動ています。
極めつけはメルセデス ベンツ四輪駆動車の代表モデルのG55 AMG mastermind Limitedが全国限定5台で発売されるなどマスターマインド ジャパンはファッションの域を超えたブランドです。

メゾンキツネ

2001年、黒木理也氏とジルダ・ロアエック(Gildas loaec)が共同でフランス・パリにてキツネ(KITSUNE)をスタートしたことが始まりです。キツネ(KITSUNE)は、世界的に高評価を得ており、フランスを拠点にファッションブランド、アート、音楽レーベル等、様々な活動を行う集団です。もともとは、キツネ(KITSUNE)として展開していましたが、2010年AWシーズンよりブランド名をメゾンキツネに改名しました。『E』には、アキュートアクセントを付した文字が使用されています。メゾンキツネは、ファッションテーマを『ニュークラシック』としており、メンズ、レディース共に展開しています。高品質なフランス、日本、イタリア等の素材をアイテム別に使い分け、コレクションとして落とし込んでいきます。スタイルの質とディテールへの徹底した拘りを持ち、遊び心ある見解を取り入れつつ、シンプルで実用的なデザインが特徴的です。メゾンキツネは、ブランドをスタートしてから、メゾンマルジェラやアーペーセー(A.P.C)に加え、ジェイエムウエストン(J.M.WESTON)といったシューズブランドともコラボレーションを行い、ファッション界に大きな影響を与えています。
MARUKAでは、メゾンキツネの買取を強化致しております。全体的にアパレル品の買取に力を注いでおり、メゾンキツネ以外にも、ラフシモンズ(RAF SIMONS)やヴェトモン(VETEMENTS)、リックオウエンス(RICK OWENS)、フィアオブゴッド(FEAR OF GOD)等のモード系ファッションブランドに加え、ピガール(PIGALLE)、シュプリーム(Supreme)といったストリートブランド、モンクレール(MONCLER)やカナダグース(CANADA GOOSE)、デュベティカ(DUVETICA)といったダウンジャケットやダウンベストも買取強化致しております。ブランドアパレル品の買取なら、MARUKAにお任せ下さいませ。
MARUKAは、京都、大阪、東京、横浜に店舗を構えており、京都一の大通りである四条通に『四条店』、阪急大宮駅すぐに『大宮店』、西大路通に『七条店』、東京渋谷藤和宮益坂下に『渋谷店』、銀座の5丁目の晴海通りと並木通りの交差点すぐのマツモトキヨシ銀座5THビルの6階に『銀座本店』が御座います。京都『四条店』の上階には楽器専門買取販売店である『MARUKA楽器』も御座います。、関西では大阪や三重、関東では千葉や埼玉、神奈川にお住まいの方のご利用も増加しております。MARUKAは店頭での買取査定は勿論ですが、出張での買取査定や宅配での買取査定、さらにはLINEアプリを用いてのLINE査定、メール査定も積極的に行っております。特に評判が良いのが、LINE査定で御座います。品物の情報と写真を送って頂くだけで、誰でも簡単に査定が受ける便利なシステムで御座います。連日、多くのご利用誠に有難う御座います。MARUKAでは、このように、査定方法も様々であり、お客様のご都合に合わせて査定方法をお選び頂けます。たくさんの方のご利用お待ち致しております。ブランド品買取、ブランド品売却なら、MARUKAにお任せ下さいませ。

ウエスコ

MARUKAでは、ブランドバッグやブランドジュエリー、時計、宝石、貴金属以外にブランドアパレル品の買取に力を注いでいます。
ウエスコは、1932年にジョン・ヘンリー・シューメイカー氏によって、アメリカで創業されたワークブーツブランドです。もともと、船乗りのためのエンジニアブーツを製作しておりましたが、第二次世界大戦によってさらにブーツの需要が高まりました。戦後も戦時中と同様に事業を拡大していきます。ウエスコは、簡単なリペアではなく、古いブーツを完全に蘇らせるという当時新しいサービスを展開します。新しいブーツを買うのではなく、長年愛用してきたブーツを再び使えるようにリペアするのは画期的なサービスとして注目されました。
1952年には、ヒールとソールにスパイクを取り付ける機械を発明し、これまで職人が手作業で行ってきたものが、誰でもできるようになりました。1961年に創業者であるジョン・ヘンリー・シューメイカー氏が亡くなった後も、ウエスコはファミリービジネスで経営を行っています。現在もスカプースにある工場で多くの男性に愛されるブーツを生産しています。シルバーアクセサリーブランドの王様であるクロムハーツとのWネームのブーツも展開しており、絶大な人気を誇っています。
ウエスコの代表的なモデルとして、ボスやハーネスに加え、モリソン、ジョブマスター等が存在します。MARUKAでは、現在、ウエスコを強化買取致しております。ウエスコ高価買取ならMARUKAにお任せ下さいませ。
MARUKAでは、アパレル品、シューズ類の買取にも力を入れており、ウエスコ他、ホワイツブーツ、レッドウィング等の武骨なデザインが多いブーツブランドに加え、ジョンロブやジェイエムウエストン、パラブーツ、オールデン等のドレスメインのシューズブランドも高価買取致しております。ソールがすり減り、張り替えした品物でも買取可能で御座います。アパレル品、シューズ類の買取なら、MARUKAをご利用下さいませ。
MARUKAは、東京の高級ブティックが立ち並ぶ繁華街銀座に『銀座本店』、日本のファッションの聖地渋谷には『渋谷店』、京都市一の繁華街である四条通に『四条店』、阪急大宮駅からすぐの場所に『大宮店』その他横浜にも新宿にも大阪心斎橋にも店舗がございます。MARUKAでは、店頭での査定の他、宅配での買取査定、出張での買取査定、メールやLINEアプリを用いての事前査定も行っています。特にLINEでの事前査定は、品物の写真と情報を送って頂くだけの簡単な操作でご利用頂けます。MARUKAでは、知識と経験豊富な査定士がお客様の品物を1点1点しっかりと査定して参ります。ブランド品の売却を検討されている方は、是非、MARUKAにお任せ下さいませ。沢山のお客様のご利用をお待ちしております。

パラブーツ

MARUKAでは、ブランドジュエリーや時計買取、ブランドバッグ、宝石類等の他、アパレル品やシューズ類の買取を強化しております。
パラブーツは、1908年にレミー・リシャール・ポンヴェールによって創業されたフランス初のシューズブランドです。パラブーツは、アルピニストらが集まるフランス東部の町、イゾーに小さな靴工房を開くところからスタートしました。当初はアルピニスト用の登山靴を製作していました。1927年にブラジルのパラ港から出荷される良質な天然ラテックスを輸入し、ラバーソールの自社生産を開始しました。パラブーツのブランド名は『パラ港』に由来しています。パラブーツのシューズ類は、登山靴をルーツとした堅牢な作りが特徴的であり、長時間履いても疲れにくいため、多くのファンから絶大な支持を集めています。パラブーツと言えば、最もスタンダードなモデルに『シャンボード』があります。Uチップのデザインにノルウェージャンウェルト製法の作りで有名です。ブラックやマロン、カフェ等の色が展開されています。そして『ミカエル』も御座います。アッパーにアザラシの毛を使ったモデルも存在し、人気商品となっています。これは、『ミカエルフォック』と言われ、世界的有名ブランドであるエルメス(HERMES)がパラブーツに発注したモデルになります。他にも、あの老舗シューズブランドであるジョンロブ(John Lobb)のウィリアムの原型とも言われるダブルモンクタイプの『ウィリアム』等があります。それほどパラブーツのシューズは魅了的で、絶大な人気を誇っています。
パラブーツ高額買取なら、MARUKAにお任せ下さいませ。MARUKAでは、やジョンロブ(John Lobb)に加え、ホワイツブーツ(WHITE’S BOOTS)やレッドウィング(RED WING)、ウエスコ(WESCO)、ジェイエムウエストン(J.M.WESTON)、オールデン(ALDEN)等のシューズ類も高価買取致しております。
MARUKAは、東京の高級街銀座に『銀座本店』、日本のファッションの聖地である渋谷に『渋谷店』、九州福岡の博多と並ぶ繁華街である天神地区に『天神店』、京都には市内一の繁華街四条通に『四条店』、西大路通に『七条店』、阪急大宮駅から200mほどに『大宮店』、そして10月にオープンしたばかりの『北山店』が京都松ヶ崎駅すぐ側に御座います。MARUKAでは、店頭査定は勿論ですが、お客様のご自宅に査定士が直接伺わせて頂く出張での買取査定や遠方の方のために宅配での買取査定も行っております。また、現在LINEアプリを用いての事前査定やメールでの事前査定も行っており、誰でも簡単に査定が可能なため、大変ご好評となっております。MARUKAのホームページからご利用頂けます。ご不明な点が御座いましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。アパレル品やシューズ類等のブランド品の高価買取なら、MARUKAをご利用下さいませ。