迷ったらお電話を

エル・プリメロ クロノグラフ A384買取

メニュー
エル・プリメロ クロノグラフ A384

エル・プリメロ クロノグラフ A384

MARUKA(マルカ)はエル・プリメロ クロノグラフ A384の買取にこだわります。

エル・プリメロ クロノグラフ A384

世界初の自動巻きクロノグラフと言えばブライトリングなどが協力して制作した「クロノマティック」なのか、それともゼニスの「エル・プリメロ」なのか人により意見は異なりますが、その性能の差は歴然としていました。クロノマティックには秒針がなく、時刻調整を行うリューズが通常よく見かける3時位置ではなく、真逆の9時位置に配置されています。クロノマティックはローターが小さく巻き上げ効率が良い物ではありませんでした。
対してゼニスのエル・プリメロは、発表こそ世界初となりましたが、販売はずれ込み、セイコー社のスピードタイマーからも遅れることになりましたが、前述の通り性能面では圧倒的なパフォーマンスを誇っていました。
ゼニスが発表したムーブメントのキャリバー名は「3019PHC」。これは傘下であるモバードと共同で開発したものになります。巻き上げ効率の良さ、36000振動、約50時間のパワーリザーブは他社を圧倒した性能でした。
そういったところからナンバー1を意味する「エル・プリメロ」と名付けられました。
そしてそのエル・プリメロが搭載されたファーストモデルが「エル・プリメロ クロノグラフ A384」です。
このファーストモデルはゼニスのミュージアムにもない2400本限定の希少なモデルになっています。
製造は約2年間と非常に短い期間での販売という事もありまさに超プレミアとなっております。
そしてこのA384は、アニメの世界でもその確認がされています。そのアニメが「ルパン3世」です。
シリーズ第一話で次元が着用している腕時計こそがエル・プリメロA384です。アニメでは頭文字と最後の文字「Z」と「H」が非常に見えづらくなっているようですが、そのデザインはA384と確認されています。
販売開始40年を迎えた頃には復刻盤として「ニューヴィンテージ1969」が販売されていてケースバックシースルーでインダイアルの配色も3色にチェンジされています。
ちなみにオリジナルモデルはケースバックが2つのZを重ねたロゴが刻印されていて、ブレスレットも巻きブレスとかなり渋いモデルとなっています。時計の歴史に名を刻んだエル・プリメロを搭載したファーストモデル「エル・プリメロ クロノグラフ A384」その40年後に販売された「ニューヴィンテージ1969」などゼニス買取はマルカにお任せ下さい。
MARUKAは京都を拠点に営業しておりますが、今では日本で一番地価の高いブティック街銀座、最新のファションなどを発信している渋谷、関西の中心地大阪心斎橋と全国の都市区を中心に店舗展開しております。ゼニス買取などの時計買取は勿論ですが、ブランド品など買取対象商品も非常に多くしかもそのどれも高価買取をさせて頂いております。LINEで査定など非常に便利なツールもあります。
近くに良い買取店が無いといった方は、出張買取や宅配買取をご利用下さいませ。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • お店を探す
  • LINE査定
  • 買取速報
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランドLADY'S
オススメブランドMEN'S
ヘルプとサポート
閉じる