デイトナ Ref.16520 ブラウンアイ買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
デイトナ Ref.16520 ブラウンアイ

デイトナ Ref.16520 ブラウンアイ

MARUKA(マルカ)はデイトナ Ref.16520 ブラウンアイの買取にこだわります。

デイトナ Ref.16520 ブラウンアイ

キングオブロレックスとも名高いROLEXが誇る唯一のクロノグラフ機能を搭載したスポーツモデル、デイトナ。エル・プリメロをベースにしたムーブメントを搭載したり、2016年にはおよそ16年ぶりの新作が発表されるなど何かと話題になる人気の腕時計です。今回はそんなデイトナの希少モデルについてご紹介したいと思います。
ロレックスの希少モデルはサブマリーナ、GMTマスター、エクスプローラーなど所謂スポーツモデルに多い気がしますね。かくいうデイトナも今ではアンティークロレックスと呼ばれるモデルの頃から希少モデルが存在しており、中には1000万円を超える値段がついてるモデルもある程です。そんなデイトナはロレックスの腕時計の中で唯一クロノグラフの機能を備え、また現在では廃盤になっているRef.16520ではゼニスのエル・プリメロをベース、ロレックスが独自に改良を施したムーブメントを搭載しているなど、いつの時代も多くの腕時計ファンを魅了して来ました。今回ご初回するデイトナのレアダイヤルは、このRef.16520のデイトナにまつわるお話です。通常、デイトナの黒文字盤のインダイヤルは内側が黒色、外側が白(シルバー)が基本色とされていますが、外側の白(シルバー)の部分が茶色に変色している個体が存在します。海外ではそのままブラウンアイであったりパトリッツィダイヤルと呼ばれたりしていますね。このインダイヤルが茶色くなる現象はなぜ起こるのか?最初から外側が茶色になっているのか、はたまた使用に伴う劣化による変色なのか。通常こういった変色は「焼け」と呼ばれている症状に分類されますが、中には殆ど使用されておらず箱に入れて保管してあったままの物を久しぶりに開けてみると茶色に変色していたと言う例もあるそうです。このブラウンアイは主にS品番からW品番の1994年から1995年の個体に多く、それ以前の年式でも見られる事があるそうです。ブラウンアイ自体、理由はなんにせよインダイヤルの白(シルバー)に使われている塗料が変色して茶色に変化しているので言ってしまえば不良品と言う事になりますが、そのなんとも言えない雰囲気からコレクターの間で非常に人気が出ており希少性もぐんと上がっています。
MARUKAはロレックス買取りのプロフェッショナルです。デイトナの希少モデル買取りにも豊富な実績を持っていますのでご安心下さいませ。ご自身がお持ちのロレックスがもしかしたらレアモデルかも知れません、まずは1度MARUKAまでご相談下さいませ、ロレックス買取りでは他店に負けません。店頭買取りをご利用の場合は京都・東京・大阪・横浜の店舗をご利用下さいませ。京都には駅から近くの立地や専用の駐車場を備えた店舗が合わせて5店舗。東京には日比谷・新橋・有楽町・新富町からも近い銀座本店と渋谷店の2店舗があり九州には福岡天神店が御座います。そして大阪の店舗は2017年3月にオープンしました、長堀橋交差点から徒歩数分のガガミラノが入っているビル(BOSEのビルの隣)の5階です。心斎橋店を是非お気軽にご利用下さいませ。近くに店舗が無かったり来店される時間が無い場合は出張買取りと宅配買取りが非常に便利で、現在ではMARUKAの人気のサービスとなっています。またLINE査定やメール査定などではおおよその査定額の他にもお客様からのご質問に出来る限りお答えさせて頂きます。ロレックス買取り、デイトナ買取の際は是非MARUKAをご利用下さいませ。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる