買取速報

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » 買取速報

日々更新中買取速報

  • 店頭買取速報
  • 宅配買取速報
  • 出張買取速報
  • 時計買取速報
  • バッグ買取速報
  • ブランド小物買取速報
  • 金買取速報
  • プラチナ買取速報
  • ダイヤモンド買取速報
  • 宝石買取速報
  • ブランドジュエリー買取速報
  • ブランド食器買取速報
  • お酒買取速報
  • 毛皮買取速報
  • ブランドアパレル買取速報
  • シューズ買取速報
  • 骨董品買取速報
  • 楽器買取速報
  • カメラ買取速報

カレンダー2016年10月08日(土)

店頭買取

Canon キヤノン EOS-1D X Mark II デジタル一眼レフカメラ 買取 京都

  • アイテム名

  • Canon キヤノン EOS-1D X Mark II デジタル一眼レフカメラ 買取 京都
  • ブランド

  • ランク

  • なし
  • 中古
    ランク
    一覧
  • 新品付属品
    等完備
  • 新品未使用
  • 数回使用の美品
  • 使用感有り
  • 傷等有り
  • ジャンク品

金木犀の甘い香りが秋風に乗って、爽やかな季節の訪れを知らせる頃となりましたね♪
今日は24節気の「寒露」。
寒露とは「晩夏から初秋にかけて、野草に宿る冷たい露のこと」なんだそうです。
自然はどんな時どんな事があっても、淡々と歩みを重ねていますね。

過ごしやすくなった爽やかな自然からの恵みに感謝しながら、『カメラ・写真の秋』に、『読書の秋』、『食欲の秋』に、「善き心」を磨いて少しでもお客様や世の中のお役に立てるなれるように、自然と同じように一歩の歩みを大切にしながら、今日もカメラ・レンズの買取り・査定をしています☆

どうも、MARUKA(マルカ)で唯一カメラとレンズ査定担当、フォトグラファーでもある立岡(たっちゃん)です☆




ドーン!
どうですか、この風格と佇まい。
ついにお目にかかることになった、Canon(キヤノン)のフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark II」を、事前にメール査定で買取価格をお問合せになられてから、わざわざ遠くは和歌山からはるばるここ京都・四条烏丸にあるMARUKA四条店にお売りになるためにご来店頂きました。
涼しくなった秋の京都観光を兼ねて、JR線に乗って京都駅から地下鉄烏丸線「四条」駅で下車。
大丸京都店の前を通って、四条河原町方面へ3分ほど歩いてのご来店でした♪
和歌山からですと大阪を経由するので、梅田から阪急電車(京都線)にご乗車頂いても便利ですね。

さぁ、みなさん、Canon(キヤノン)の「EOS-1D X Mark II」って、フラッグシップモデルですよ!
平たく言えば、Canon(キヤノン)の中で一番大きくて、重たくて、一番高いカメラです(笑)

宝石で言えば、ダイヤモンド。
HERMES(エルメス)で言えば、バーキン・ケリー。
ROLEX(ロレックス)で言えば、DAYTONA(デイトナ)、いや価格だけで言えばSubmariner(サブマリーナ)あたり。
Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)で言えば、、、なんだろう(笑)
それくらいにすごいカメラでございます。
この例え方が正しいのか正直不安ではありますが、そこは弊社MARUKAが誇る優秀なブランド品・宝石の査定士たちからのご指摘を待つことにしますw
販売価格は全然およびませんけど…ネ(実勢価格は税込73万円前後。)




さて、お売り頂いた「EOS-1D X Mark II」は、Canon(キヤノン)が誇るデジタル一眼レフカメラの最高峰のカメラ。
同じ国内メーカーのNikon(ニコン)が誇るフラッグシップモデル「D5」と何かと比較される本気(マジ)のプロ仕様機です。
興奮するなと言われても、カメラ好きなら興奮せずにはいられません☆
このカメラをご紹介するための写真を撮影する際に、その手が止まってうっとりと眺めてしまっていたほどです(笑)
気持ち悪いですか?
そっと、スルーして下さいw

ここら辺りでそろそろ買取させて頂いた「EOS-1D X Mark II」のカメラとしてのご紹介をしておかないと、『この人、変な人』で終わってしまいますので少しだけ真面目なカメラのお話をw




東京オリンピックを前に報道プロカメラマンへ向けて、Canon(キヤノン)とNikon(ニコン)からそれぞれこの「EOS-1D X Mark II」と「D5」が発売されたばかりです。
動きの激しいスポーツの撮影の信頼性を高めるために、秒間12コマを誇った前モデルのEOS-1D Xから、最高秒間14コマのAF/AE追従での高速連写が可能になりました。
これは新開発の低ショックミラー駆動方式、CMOSセンサーからの高速な信号読み出し、新映像エンジンDIGIC 6+を2基搭載するなどの最新技術を投入したことにより実現しています。
まさにオリンピックでのスポーツ報道カメラマンのためにある高速連写性能ですね。




プロカメラマンが使うので、とにかく絶対的な信頼性が必要。
過酷な野外でのあらゆる撮影状況にも耐えうる堅牢性や防塵防滴はもちろん、40万回のシャッター作動耐久など動作部分の信頼性は抜群です。

イメージセンサー(撮像素子)には、前機種であるEOS-1D Xと同じ35mm判フルサイズのCMOSセンサーを搭載していますが、画素数が約1,810万画素から約2,020万画素へとアップしています。
またこのイメージセンサーは、EOS 80Dにも採用されているデュアルピクセルCMOSセンサーで、フルサイズセンサー搭載機として初めてこのEOS-1D X Mark IIにも採用されました。
この恩恵は、ライブビュー時のAFの高速化ですね。

さて、そんなすごいプロ機なのに2,000万画素程度?
今時のスマホでも同じくらいの画素数なのに?
と思われたそこのア・ナ・タ♪
「画素数が多い」=「画質が良い」ということではありません。

これに関して語り始めると、かなり長くなるので割愛させて頂きます(笑)
過去に私・たっちゃんの「写心ブログ」に書いておりますので、ご興味がある方は下のリンクからどうぞご覧になってください。
2年ほど前に書いている内容ですが、今でもおよそ通用する内容です。
http://ameblo.jp/marukacamera/entry-11937106074.html




当たり前ですけど、デカイです(笑)
カメラのボディ本体のみの重さが、約1,530g。
これに更にガラスで出来たレンズを付けるので、システム全体の重さは2kgをゆうに超えます。
大きくて重たい望遠レンズなど付けたら、えらいコッチャですw。
当然ですが、女性が片手で持つのは拷問というもの。(男性でも長時間の手持ち撮影は辛いです。)
でも、小柄な女性がこういう大きな「EOS-1D X Mark II」など片手に持って撮影している姿って、かっこ良く見えますけどね。(※個人的見解)
ただ、前機種EOS-1D Xに比べて、右手で握るグリップ部分の形が少しだけ細く変更されたようで、手が小さな方でもより確実にグリップできるようになりました。




外観を見た時に感じた前モデルEOS-1D Xとの一番の違いは、やはりこの頭頂部。 鶏のトサカのようにグッと頭に四角い盛り上がりが出来ました。
この盛り上がり部分にはGPSレシーバーが内蔵されています。 アメリカのGPS衛星、ロシアのGLONASS衛星、日本の準天頂衛星みちびきからの電波を受信しています。
複数の衛星からの電波を捉えることで、より高精度な位置情報が得られます。
この位置情報が写真データのExif情報に書き込まれるわけです。
一時話題になったiPhoneの写真(GPSを利用して位置情報が記録されています。)をFacebook(フェイスブック)などのSNSに投稿したために、自宅の場所や撮影した場所が特定されて騒動になったというのもこの機能のためです。
女性の一人暮らしの皆さまは注意しましょう。
GPS内臓は最近のデジタルカメラの主流になりつつあるので、時代の流れに合わせた正常な進化ですね。




メイン/サブダイヤルとシャッターボタン、各機能ダイレクトボタンなどはEOS-1D Xのものを踏襲しています。
基本的にはCanon(キヤノン)の一眼レフカメラの全ての操作系は共通する部分が多いので、戸惑うことなくすぐに操作出来ます。
ライブビュー撮影/動画ボタンがレバーでの静止画/動画の切り替え方式となりました。
これにより、私・たっちゃんの愛機の一つであるEOS 5D Mark IIIなどと同じ切り替え方式となりましたね。




グリップ部分の縦撮りの際のAFスタートボタン、縦位置AEロックボタン、縦位置AFフレーム選択ボタンの並び自体は同じですだが、縦位置AFスタートボタンが少しだけ離れた位置になりました。
これにより、通常の横位置で撮影時の各ボタンの位置関係と同じになったので、横撮り・縦撮りどちらでも違和感なく操作が可能です。




各種インターフェイス部。
Ethernet用RJ-45端子(IEEE 802.3u)、HDMIミニ出力端子(タイプC)、USB3.0対応デジタル端子(SuperSpeed USB Micro B)
拡張システム端子(ワイヤレスファイルトランスミッターWFT-E8B/WFT-E6B用)、Φ3.5mmヘッドフォン端子、Φ3.5mm外部マイク入力/ライン入力端子、シンクロ端子




カメラ本体の下部、縦撮りの際に握るグリップ部分にバッテリーが入ります。
大きな専用バッテリー(LP-E19)を搭載することが出来るので、長時間の撮影もロングライフで安心です。

その他、細かな機能などは公式サイトや、検索してご覧になって見てください。




和歌山から京都までご来店くださり、お売り頂いたこの最先端技術が惜しみなく投入されたCanon(キヤノン)が誇る最新鋭のフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark II」。
MARUKAでカメラ・レンズをお売りになる際にはお客様のご都合に合わせて、「店頭買取」「宅配買取」「出張買取」がご利用頂けますが、いずれをご利用される場合でも事前にお問合せを頂くと早くスムーズなご案内が可能です。




事前のお問わせは、直接弊社のコールセンターへお電話(フリーダイヤル:0120-89-7875)・「LINE査定」「メール査定」があり、こちらのお客様は「メール査定」にてご連絡を頂戴しました。
お売りになりたい機種名に「EOS-1D X Mark II」とあるのを見て、思わず2度見してしまいましたw
状態は完全新品(保証書無記入)とのこと。

お客様は和歌山にお住まいですが、高額なカメラでもあるので、遠方のお店であっても少しでも高く買取するお店なら足を運んで下さるとのことでした。
結果的には京都にある弊社MARUKA四条店にご来店いただいたわけですが、京都に行くためには必ず大阪を経由しますよね。
大阪なら、京都よりも近い上に、カメラ買取を専門にする有名なお店も多いため、最初はお客様も大阪のカメラ買取店でお売りになる事を考えておられましたが、たまたま『EOS-1D X Mark II 買取』とネット検索されて弊社MARUKAを見つけて下さり、参考までに買取価格をお問合せ頂く運びとなったようです。




EOS-1D X Mark IIを初めとする高額な最新のプロ機は、どのカメラ買取店も喉から手が出るほど欲しいわけです(笑)
なので、どのお店も少しでも高い買取金額で頑張っています。
それは弊社MARUKAも同じです。
他社で提示された金額はお聞きしませんでしたが、最新のデジタルカメラの買取価格に絶対の自信がありますので、「メール査定」でお問合せをいただいたその当日のMARUKAの買取金額をご返答させて頂きました。

最新で上位機種のデジタルカメラほど、買取価格は日替わりで上下に変動しています。
他社と比較される際には、ぜひお売りになる当日・前日などギリギリにお問合せ頂くのがオススメです!




ご返答をしてから3日ほど経ってもご来店がなかったので、他のお店で売られたのかなーと思っておりましたら、MARUKA四条店の富築店長から電話があり、『メール査定をご利用のお客様がご来店されています!立岡さんがお返事した金額で買取をしてもいいですか?』

嬉しかったですね☆
お問合せから1週間も経っていなかったので、メール査定でご返答させてただいた買取金額でお売り頂きました。




やはり大阪のカメラ買取店他3社と比較いただいたとのことで、買取金額はそれぞれバラバラだったが「僅差」であったとのことでした。
最終的にはMARUKAの買取金額がトップでありましたが、京都までの距離が遠い(笑)。
ギリギリまでどうしようか迷われていたそうです。
しかし、MARUKAがカメラ買取専門店ではなく、ブランド・時計・宝石・貴金属・骨董などの買取店ということや、MARUKA四条店の2,3階には、ガウス(西村)店長率いるMARUKA楽器もあったため、ギターもされているので興味をお持ちになられてご来店をご決断されてそうです♪

遠くから京都まで本当にありがとうございました!


私・立岡(たっちゃん)は、カメラ・レンズの買取だけでなく、新しいカメラ・レンズご購入のご相談、その他撮影のアドヴァイスもさせていただいておりますので、お気軽にMARUKAコールセンターまでご連絡ください!
→ フリーダイヤル 0120-89-7875
お電話いただければ、私がありったけの「善き心」をこめてお答えいたします。

※MARUKA(北山店)10/9(日)にOPEN!※
MARUKA(マルカ)の新しいお店が京都・左京区の「北山」の地、松ヶ崎に誕生いたします!
場所は、地下鉄烏丸線『松ケ崎駅』スグ!
書籍とレンタルDVDでお馴染み、TSUTAYAのお店の北山通りを挟んで、ちょうど向かい側の「きんこん館」1Fにございます。
北白川通りから叡山電鉄『修学院駅』からもほど近く、桜並木でお馴染みの川端通りを西へ、有名なノートルダム小学校や京都府立植物園もあって、宝ヶ池公園もスグ近くにあります☆
北山通りは、ウェディング街道とも呼ばれているので、教会もあり散歩するにも快適な場所☆
北区や左京区にお住まいの皆さまにとてもアクセスが便利な場所ですので、ぜひお気軽にご来店下さい(^^)

*********************************************************************************************************************
「銀座本店」では、英語対応にてお買取りのサービスのご利用が可能です。
We are accepting correspondence in English at Ginza shop.

MARUKA is Purchasing SECONDHAND brand‐name goods.
We are absolutely confident because we are dedicated in buying jeweleries, Watch(ROLEX etc), Bags(Louis Vuitton HERMES CHANEL etc).
"Gold, platinum, diamond and other jeweleries..."
Please feel free to contact us!
And also we're looking forward to hearing from you.
[Please make a resavation before visiting. → Tel. 0120-89-7805]
*********************************************************************************************************************

【カメラ・レンズ専門査定士 : 立岡(たっちゃん)】
写心ブログ : https://maruka-camera.localinfo.jp/


MARUKAカメラ・レンズ買取案内ページ
カメラ・レンズ買取案内ページ:https://www.7-7maruka.com/camera/
定休日:年中無休(年末年始を除く)
営業時間:AM10:00 ~ PM7:00


------------- 買取サービス
--------------店頭買取 ... 京都市内4店舗、東京(銀座・渋谷)、福岡天神の店舗にお越し下さい。
--------------宅配買取 ... 商品を「MARUKA西日本センター」にご郵送いただくだけ!
--------------出張買取 ... 査定士が直接ご自宅にお伺いして買取をいたします。

--------------"無料"査定サービス
--------------LINE@で査定 ... MARUKA「公式LINE@」を使って、お気軽にお問い合わせ頂けます。
--------------メール査定 ... 専用フォームからご連絡頂くと、メールでお返事をいたします。
--------------・お電話によるお問い合わせ ... フリーダイヤル:0120-89-7875(何でもお気軽に♪)

査定士

立岡 宏久

MARUKAで唯一のカメラ・レンズの専任査定士、そしてフォトグラファーでもあります。
記録「写真」より記憶「写心」をモットーに、買取だけでなく写真文化の育成のために、フォトグラファーの立場からお客様のそれぞれの写真ライフに合わせたなご提案やアドヴァイスもさせて頂いております。
カメラや写真に関すること(新しいカメラ・レンズの購入や撮影テクニックなどのご相談)など何でもお気軽にご相談ください♪
【京都写心ブログ 】 https://maruka-camera.localinfo.jp/

査定士

line@で査定

MARUKA店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA。全国に現在12店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取方法をこちらからお選び下さい

選べる買取方法

ご利用は全て無料です!キャンセルも無料!

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ