レトログラード セコンド買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
レトログラード セコンド

レトログラード セコンド

MARUKA(マルカ)はレトログラード セコンドの買取にこだわります。

レトログラード セコンド

ピエールクンツは1959年にその名の通りスイスベルンに生まれたピエールクンツが創設し、それから20年以上にも渡り独自の時計制作の実績がございます。ピエールは時計師になる前に時計学では名門のヴァレドジューの学校で正確な時計学、技術などのウォッチメイキングを学びました。卒業後はとある老舗時計メーカーで械式時計の中でも複雑機構の一つと言われる、ミニッツリピーターやトゥールビヨンと言ったグランドコンプリケーション部門の開発、制作の全てを担当しました。その後は複雑機構(グランドコンプリケーション)を独自で開発するフランクミュラーで時計技師として開発に従事しました。ピエールはそこで専属の技術者になってからもその技術の高さを発揮し、ますます才能を開花させていきました。フランクミュラーはピエールの時計師としての類まれなる才能と功績を認め、独立し自らのブランドを立ち上げる事を進めピエール・クンツ ジュネーブの新たなる誕生となりました。ピエールクンツの特徴でもある複雑機構のレトログラードとは、フランス天文学用語の惑星の逆行に例えられる機械式時計の複雑機構です。通常は常に後戻りのしない時計の動きに対して、針を瞬時に逆戻りさせる時計技術の中でも限られた技術者しか作成組上げられない非常に高度な複雑機構の一つでございます。そのレトログラードとはただ複雑と言うだけではなく、その独自の時計の概念に哲学的な意味合いを持たし、見て楽しめるといった美学もレトログラードの特徴の一つとなっております。その機構にこだわり付加価値を付け、ピエールクンツにはその全てのシリーズにレトログラードを採用しております。シリーズを代表するレトログラードセコンド。ピエールクンツの時計の特徴は、全ての時計に一つはもしくは複数のレトログラード機構が組み込まれているという事です。初のコレクションシリーズには、6時側に堂々と配置された30秒レトログラードがシンプルかつクラシックな文字盤にインパクトのあるデザインとなっております。この時計に組込まれた秒表示の独創性と美しさは、レトログラードが鼓動するリズムと躍動感を与えております。レトログラード秒表示は、秒針が0から30秒まで移動した時、瞬時に0に戻るという仕組みで(フライバック)とも呼ばれておりますが、こうした秒針の動きでも時計の精度に影響を与えることは一切ございません。複雑機構と左右非対称のシンメトリーデザインでその機構を美しく文字盤内に収めており、またレトログラードの表示盤の下のみにギョウシェ彫り施しており、さらにピエールクンツの独創的な世界観と美学のレトログラードを堪能できる演出となっております。
MARUKAはピエールクンツなどの機械式時計買取を絶賛強化中です。ロレックスやオメガなどでは満足できないあなたの大切なコレクションを高く売るならMARUKAにお任せください。

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる