ノエ買取

お客様センタ−電話番号

0120-89-7875

年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

メニュー
ノエ

ノエ

MARUKA(マルカ)はノエの買取にこだわります。

ノエ

ルイヴィトンの中でも一際古くから愛されているバッグがあります。発売されたのは今から85年も前、1932年昭和7年の事、花王から「シャンプー」という名の商品が出たこの年にルイヴィトンから後に80年以上も愛されるバッグが登場致しました。そのバッグの名前は「ノエ」と言います。
ノエの一番の特徴と言うと巾着型のショルダーバッグ今でも斬新なデザインに見受けられるこのフォルムを80年も前にヴィトンは完成させておりました。
元々はフランスのシャンパンを製造されている業者からボトルが何本か入る頑丈なバッグを作ってほしいと依頼されたのが発端、ノエのバッグには立て向きのシャンパングラスが4本と反対向けのボトルが1本入るように作られているのです。
ノエの名前の由来は「ノアの方舟」のノアから来ておりノアのブドウ畑が水害にあった後にブドウの苗を植えワインを作ったという逸話からシャンパンボトルを入れるバッグとかけているのだとか
当時は勿論モノグラムラインだけの展開でしたが後にエピラインのノエが登場しダミエライン、マルチカラーと展開してこられました。今尚廃盤になる事なく現行ラインとして続いているのはやはり人気の高いモデルであるからだと感じさせられます。
中の仕様は年代により多少変化しておりますが見た目事態に大きな変化はありません。エピラインはバブル期にカラー物が大変流行り買取りでも非常に多いラインとなっております。赤や黄色、青、緑とありますがトリコロール三色の物もあり多変人気が高かったようです。ダミエラインは女性ラインでもあるアズールのみの展開となっておりましたが近年では男性ラインのダミエ・コバルトにてノエマランという派生モデルも登場しております。
マルチカラーのノエは数々のコレクションを発表しいる村上隆によってデザインされ今までのノエとは違ったポップなイメージの商品となっております。
又サイズ展開もしており少し小さ目の「プチノエ」やポーチとしても使える「ナノノエ」といったパターンもありカラー、ライン、サイズと幅広い展開をし今も女性を虜にするバッグこそがこの「ノエ」でございます。
MARUKAはルイヴィトンの製品なら中古も新品も高価買取、バッグは勿論の事財布や小物、アクセサリーも買取強化しております。
東京、横浜、京都、大阪でルイヴィトン買取ならマルカまで

0120-89-7875

営業時間 / 年末年始を除く
AM10:00~PM7:00

  • LINE査定
  • 電話査定
  • 店舗を探す
  • 宅配査定
  • 出張査定
会員について
調べる
アイテム・ブランド
取扱アイテム
オススメブランド
ヘルプとサポート
閉じる