Sancy Diamond(サンシー・ダイヤモンド)55.23ct

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ダイヤモンド買取» Sancy Diamond(サンシー・ダイヤモンド)55.23ct買取
Sancy Diamond(サンシー・ダイヤモンド)55.23ct

Sancy Diamond(サンシー・ダイヤモンド)55.23ct

宝石の代名詞ともいえるダイヤモンドは人類にとって特別な意味があります。現代ではエンゲージリングとしてごく当たり前の存在ですが昔ではごく一部しか所有していませんでした。
ダイヤモンドの歴史は産地、所有する国や人物によって多くのロマンや伝統が受け継がれております。今回ご案内させて頂くダイヤモンドはかなり古く品質よりも多くの人の手に渡った歴史に注目して頂きたいと思います。これは付加価値として販売される場合や買取りで価格に大きく影響する場合があります。
Sancy Diamond(サンシー・ダイヤモンド)55.23ctは淡い黄色味掛かったカラーになります。宝石学で判断すると黄色を帯びたものや褐色の強いダイヤモンドは窒素、ホウ素の含有物が着色の原因とされておりインド原産の可能性が高いとされております。形状は昔によく使われていたカッティング用法でローズカットもしくはミクストカットと呼ばれているカット面数がやや少ないドーム型をしています。
Sancy Diamond(サンシー・ダイヤモンド)の名前は16世紀にまでさかのぼりフランス人のニコラ・アルレー・ド・サンシーから由来します。サンシーはアルレー家の末裔として1546年に生まれました。フランスの最高行政裁判所主事、トルコ大使、スイス大使、法律家、財政家などさまざまな肩書きがありながらもダイヤモンドコレクターとしても有名な人物でもあります。ダイヤモンドの採集に関してはポルトガル王国のドン・アントニオ・デ・カストロから買取りした説もありますが詳細などは残されていないようです。
Sancy Diamond(サンシー・ダイヤモンド)が公の場に姿を現したのは1772年にフランスで行われたルイ15世の戴冠式になります。王室専用の宝石職人が大きな王冠の留め金飾りにこの大粒のダイヤモンドをセッティングしました。この王冠は後に「リージェント・ダイヤモンド」にも使われておりいかに所有する人物が大物だった事かがわかります。他にもマリー・レチンスカがこのダイヤモンドを使用していた記録がありペンダントとして着用して国家行事に出席していたようです。
歴史の中に数々の諸説を残してきたSancy Diamond(サンシー・ダイヤモンド)は実はいくつか存在していたのではないかと議論がありましたが結論的にフランス当局とアメリカ宝石学会(GIA)との分析によって現在のサンシーダイヤモンドが本流ということで解決されました。現在ではフランスのルーブル美術館で「フランス宝飾品の10世紀」と称して展示されており「リージェント・ダイヤモンド」と「ホープ・ダイヤモンド」と共に披露されております。
現代のグレードで評価するよりは歴史的財産としての価値が高くなります。これは世界オークションで買取りされる価格以上の付加価値がありますので金額で表すことは難しいと思われます。
そんな歴史的なダイヤモンドとは別に一般的な相場で測れるダイヤモンドの買取ならMARUKAにお任せください。MARUKAでは査定士一人一人がしっかりとした鑑定眼を持ち鑑別書の有無にかかわらずしっかりと査定して高価買取いたします。
ダイヤモンドの相場表をWebに記載しているお店は多数ありますが、そのダイヤモンドがその相場表のどこに位置するのかを見極めるのは非常に難しく、バッグや時計と違いダイヤモンドだけはカメラで撮影すると微妙な色味が変わったり、細かいインクルージョンが見えなかったりするのでその場にいる人間が判断しないといけないのです。実はこれが一番難しくお店によっては取り扱い項目に宝石やダイヤモンドを入れておらずお客様が持ってきたら損しないように一番安い金額しかお伝えしない、というところもあるようです。
今まであなたの大切なダイヤモンドを査定に出してあまりにも安い値段で不信に思ったことはないでしょうか?あなたが納得する説明をしてもらいましたか?
MARUKAなら創業60年以上の信頼と実績であなたのダイヤモンドを高価買取いたします。

MARUKAはダイヤモンド買取にこだわります。
手数料、査定料、送料などすべてが完全無料!でご利用になれます。

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

ジャンク品でも査定

できるだけ高く買ってもらうコツ

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    ブランド名又はモデル名がハッキリとしているとスピーディに査定ができプラス査定です。

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    お家で眠っているブランド品は一日一日査定金額は下がっています。一日でも早い方が高額買取に繋がります。

  • point

    できるだけ高く買ってもらう

    お手入れが難しい部分は無理にご自身で手入れをせずにお持ち頂くかお送り下さい。商品のコンディションで査定額が左右されます。

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること

宝石の代名詞ともいえるダイヤモンドは人類にとって特別な意味があります。現代ではエンゲージリングとしてごく当たり前の存在ですが昔ではごく一部しか所有していませんでした。
ダイヤモンドの歴史は産地、所有する国や人物によって多くのロマンや伝統が受け継がれております。今回ご案内させて頂くダイヤモンドはかなり古く品質よりも多くの人の手に渡った歴史に注目して頂きたいと思います。これは付加価値として販売される場合や買取りで価格に大きく影響する場合があります。
Sancy Diamond(サンシー・ダイヤモンド)55.23ctは淡い黄色味掛かったカラーになります。宝石学で判断すると黄色を帯びたものや褐色の強いダイヤモンドは窒素、ホウ素の含有物が着色の原因とされておりインド原産の可能性が高いとされております。形状は昔によく使われていたカッティング用法でローズカットもしくはミクストカットと呼ばれているカット面数がやや少ないドーム型をしています。
Sancy Diamond(サンシー・ダイヤモンド)の名前は16世紀にまでさかのぼりフランス人のニコラ・アルレー・ド・サンシーから由来します。サンシーはアルレー家の末裔として1546年に生まれました。フランスの最高行政裁判所主事、トルコ大使、スイス大使、法律家、財政家などさまざまな肩書きがありながらもダイヤモンドコレクターとしても有名な人物でもあります。ダイヤモンドの採集に関してはポルトガル王国のドン・アントニオ・デ・カストロから買取りした説もありますが詳細などは残されていないようです。
Sancy Diamond(サンシー・ダイヤモンド)が公の場に姿を現したのは1772年にフランスで行われたルイ15世の戴冠式になります。王室専用の宝石職人が大きな王冠の留め金飾りにこの大粒のダイヤモンドをセッティングしました。この王冠は後に「リージェント・ダイヤモンド」にも使われておりいかに所有する人物が大物だった事かがわかります。他にもマリー・レチンスカがこのダイヤモンドを使用していた記録がありペンダントとして着用して国家行事に出席していたようです。
歴史の中に数々の諸説を残してきたSancy Diamond(サンシー・ダイヤモンド)は実はいくつか存在していたのではないかと議論がありましたが結論的にフランス当局とアメリカ宝石学会(GIA)との分析によって現在のサンシーダイヤモンドが本流ということで解決されました。現在ではフランスのルーブル美術館で「フランス宝飾品の10世紀」と称して展示されており「リージェント・ダイヤモンド」と「ホープ・ダイヤモンド」と共に披露されております。
現代のグレードで評価するよりは歴史的財産としての価値が高くなります。これは世界オークションで買取りされる価格以上の付加価値がありますので金額で表すことは難しいと思われます。
そんな歴史的なダイヤモンドとは別に一般的な相場で測れるダイヤモンドの買取ならMARUKAにお任せください。MARUKAでは査定士一人一人がしっかりとした鑑定眼を持ち鑑別書の有無にかかわらずしっかりと査定して高価買取いたします。
ダイヤモンドの相場表をWebに記載しているお店は多数ありますが、そのダイヤモンドがその相場表のどこに位置するのかを見極めるのは非常に難しく、バッグや時計と違いダイヤモンドだけはカメラで撮影すると微妙な色味が変わったり、細かいインクルージョンが見えなかったりするのでその場にいる人間が判断しないといけないのです。実はこれが一番難しくお店によっては取り扱い項目に宝石やダイヤモンドを入れておらずお客様が持ってきたら損しないように一番安い金額しかお伝えしない、というところもあるようです。
今まであなたの大切なダイヤモンドを査定に出してあまりにも安い値段で不信に思ったことはないでしょうか?あなたが納得する説明をしてもらいましたか?
MARUKAなら創業60年以上の信頼と実績であなたのダイヤモンドを高価買取いたします。

買取価格を知りたい

  • スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定
    LINE@で査定を詳しく見る
  • 24時間365日毎日いつでも受付!メール査定
    メール査定を詳しく見るメール査定フォームへ
  • 今すぐ査定士が対応!チャット査定
    チャット査定を詳しく見るチャット査定フォームへ

商品を売る

  • 全国どこでも送料無料で対応致します!宅配買取
    宅配買取を詳しく見る宅配買取のお申込みフォームへ
  • 全国どこでも完全無料で出張致します!出張買取
    出張買取を詳しく見る出張買取のお申込みフォームへ
  • その場で即現金買取致します!店頭買取
    店頭買取を詳しく見る店舗一覧
総合お客様センターまでお電話下さい スマホで簡単最短30秒で査定!LINE@で査定

お客様センターでできること