Noor-ol-Ain Diamond(ヌーロルエインダイヤモンド)60.0ct

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME » ダイヤモンド買取» Noor-ol-Ain Diamond(ヌーロルエインダイヤモンド)60.0ct買取

Noor-ol-Ain Diamond(ヌーロルエインダイヤモンド)60.0ct

>

MARUKAは Noor-ol-Ain Diamond(ヌーロルエインダイヤモンド)60.0ct買取にこだわります。

Noor-ol-Ain Diamond(ヌーロルエインダイヤモンド)60.0ct

Noor-ol-Ain Diamond(ヌーロルエインダイヤモンド)は、インドのゴルコンダ鉱山で発見されたピンクカラーのダイヤモンドで御座います。しかし、正確にいうと、「ディアマンタグランデテーブル」という400カラットのピンクダイヤモンドがインドのゴルコンダ鉱山で発見され、そのダイヤモンドが二つに切断されて、Darya-ye Noor Diamond(ダルヤーイェヌールダイヤモンド)という182カラットのピンクダイヤモンドとNoor-ol-Ain Diamond(ヌーロルエインダイヤモンド)という60カラットのピンクダイヤモンドが誕生しました。ちなみに、Darya-ye Noor Diamond(ダルヤーイェヌールダイヤモンド)は「光の海」という意味を持つ世界でもっとも大きなピンクダイヤモンドで、Noor-ol-Ain Diamond(ヌーロルエインダイヤモンド)は、「光の眼」という意味を持つ、世界で2番目に大きなピンクダイヤモンドで御座います。
その歴史は深く、もともとはムガール帝国第5代皇帝のシャー・ジャハンがDiamanta Grande Table(ディアマンタグランデテーブル)を所有しておりました。このシャー・ジャハンは、現在でも有名な宝石を所有していたコレクターの一家でもあります。しかし、1739年にムガル帝国は、ナディル・シャー率いるアフシャール朝に攻め込まれ、Diamanta Grande Table(ディアマンタグランデテーブル)を奪われてしまいました。
そして正確な記述はございませんが、この頃にはDiamanta Grande Table(ディアマンタグランデテーブル)は、二つのダイヤモンドに切断されていたと考えられております。
そして、1747年にはナディル・シャーが暗殺され、カージャール朝の初代皇帝アーカー・ムハンマド・ハーンの手にこのダイヤモンドは二つとも渡ります。その後の1797年にはアーカー・ムハンマド・ハーンが暗殺されて、ガージャール朝の第4代皇帝ナーセロッディーン・シャーに引き継がれ、Darya-ye Noor Diamond(ダルヤーイェヌールダイヤモンド)は、1848年、腕輪に取り付けられ、一方のNoor-ol-Ain Diamond(ヌーロルエインダイヤモンド)は、1958年にマルカでも買取しているダイヤモンドの名門ブランドのハリーウィンストン(HARRY WINSTON)の手によってデザインされたイランの宝冠(ティアラ)にはめ込まれております。
Noor-ol-Ain(ヌーロルエイン)とは、ダイヤモンドの名前ではなく、婚姻の証として1958年にイランの女王に献上された王冠の名前でございます。これらの世界1位と2位のピンクダイヤモンドたちは、現在イランの中央銀行の地下にある博物館に展示されているそうです。マルカでダイヤモンドを買取している査定士として一度は見てみたいものです。買取したら一体いくらになるのかも気になるところです。
MARUKAでは宝石・ジュエリーの買取を買取業を営むものとして必須項目と位置づけ、特にダイヤモンド買取時に必要なダイヤモンドの査定眼を全査定士に身に着けるよう研修しています。ですのでMARUKAの査定士は鑑定書の有無にかかわらずしっかりとダイヤモンドのカラー、カット、クラリティを見極め最新相場表のなかから的確にそのダイヤモンドに適した相場を見てギリギリの最高価格をつけさせていただきます。
この鑑定眼がないと怖くて高い値段がつけられず安全圏を見て何ランクも下の評価しか下せず必然的に買取価格は安くなってしまいます。
あなたの大切なダイヤモンド買取なら京都で60年以上の歴史を誇るMARUKAへどうぞ。

line@で査定
ブランド品等高価買取いたします!タンスに眠ったままのブランド品等、MARUKAなら即現金化!

創業60余年の老舗買取店の知識と経験を持って正確に鑑定

MARUKAは創業昭和28年の老舗です。ブランド品や金・プラチナ、骨董品などもしっかり査定致します!店頭での買取は勿論、遠方の方には宅配買取や出張買取等もご利用下さい。

  • キズや汚れがあるが、もう使用しないブランド品がある
  • 古いデザインのブランド品を流行のデザインに買換えたい
  • 鑑定書をなくしてしまった宝石の正確な価値を知りたい
  • 飲まないお酒が出てきた
  • 蔵に価値があるかわからない骨董品がある

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

MARUKAならこんな状態でも買取可能

  • 破損した財布
  • 汚れ、変色
  • アクセサリーの台座のみ
  • 古い動かない時計
  • 破損、キズありの財布
  • 剥がれ、汚れ、変色 OK
  • アクセサリーの台座のみ
  • 50年前の動かない時計

思った以上の高価買取もあります!捨てる前にMARUKAにお気軽にご相談ください!

売れるかどうか心配・・・
そんな時は事前査定!

宅配や店頭を利用する前に大体の価格や買取可能かどうかも査定できます。

line@で査定

お客様の声

  • お客様イメージ

    東京都
    40/女性

  • ふきだし
  • 家に金杯らしきものがあります。

    こんにちは、金杯の買取について教えてほしいです。家の整理をしていたら木の箱に入った金杯が出てきました。裏には24KGPと書いてあるのですがこれは買取ができるのでしょうか。

  • こんにちは、MARUKA渋谷店の塚田と申します。 申し訳ございません、そちらは買取することができません。24KGPのGPというのは「Gold Plated=メッキ」という意味になりますので買取が不可の物になります。もし他にも貴金属をお持ちで、金か分からない場合でもお気軽に店頭にお持ちくださいませ。査定士がご説明しながら丁寧に仕分けさせて頂きますので、よろしくお願い致します。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    塚田 哲也

  • お客様イメージ

    東京都
    50/男性

  • ふきだし
  • 高額の時計ですがその日で現金買取可能でしょうか。

    オーデマピげの時計ですが査定してみないと分からないとは思いますが、少なくとも100万円以上の買取りはある時計ですが、成約の場合当日現金でいただけますでしょうか。 なるべく振込は都合上避けたいのですが。

  • ご質問ありがとうございます。 マルカMARUKA渋谷店の野原でございます。 はい!ご成約の場合ご希望であれば当日全額現金にてお買取り、お支払い可能でございます。 ですが高額買取りの場合、現金の用意が必要な場合がございますので、事前に商品のお問合せ頂き来店日時をご相談頂ければ幸いです。 ぜひお問合せお待ちしております。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    野原 秀樹

  • お客様イメージ

    神奈川県
    40/男性

  • ふきだし
  • ロレックス116610LN中古なんですが、海外並行品なんですが買取できますか?

    ロレックスの今使っているサブマリーナ116610LN中古なんですが、海外正規店で購入した並行輸入品で付属品や保証書は揃っていますが、ギャランティに全て英語表記なんですが、買取可能でしょうか。 また平行輸入品と国内正規品とじゃ買取値段かわりますでしょうか?

  • ご質問ありがとうございます。 並行輸入品でも問題なくお買取り可能です。国内正規店と平行輸入品の違いは、少し前であれば説明書が全て英語表記とギャランティの印字が英語などの違いはありましたが、現在は付属品の説明書もグローバル化され3か国語表記になっており時計本体の仕様などはいっさございゴおざいません。買取金額の方もマルカMARUKAでは海外と平行での金額の差はつけておりませんので、ご安心ください。

  • ふきだし
  • マルカスタッフ

    野原 秀樹

MARUKA(マルカ)店舗ご案内

京都で創業昭和28年の老舗買取店MARUKA(マルカ)。全国に現在13店舗ございます。

東京エリア

阪神エリア

福岡エリア

京都エリア

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875
  • ヴィトン最大85%買取
  • ダイヤモンド高価買取
  • 時計高価買取
  • バッグ高価買取
総合トップへ
LINE@で査定

早速査定してみる

LINE@査定

その他の事前査定方法

メール査定

選べる買取方法

店頭買取 宅配買取 出張買取

SNS

毎日更新!
ぜひご覧ください!!

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • マルカ公式youtubeチャンネル
  • スタッフブログ