チュードル買取

高価買取MARUKAロゴ

全国対応
お問合わせ

お客様センター

お問合わせ:0120-89-7875

  1. ブランド買取【MARUKA】 HOME > ブランド小物買取 > チュードル買取
チュードル

チュードル買取は
MARUKAへ

MARUKA(マルカ)ではチュードルの買取強化中です。ロレックス(ROLEX)の廉価版と思われがちですが、華美なブランドを必要とせず質実剛健な機械としての時計を求める人には人気のブランドです。MARUKA(マルカ)ではそのような人々の心意気を理解し、チュードルという時計の本質を理解した最高の査定士が最高の価格であなたのチュードルを買取いたします。

チュードル1
チュードル2
チュードル3
ロレックス高価買取
高級機械式時計高価買取
LINE@で査定

買取実績速報

MARUKAで買取ご成約いただいた例をリアルタイムでご紹介いたします。

なぜマルカは高価買取なのか

買取に関するご相談やわからないことなどは下記の無料通話ダイヤルまでお気軽にお問合わせください。

電話番号:0120-89-7875

チュードルついてのコラム一覧

MARUKAならこんな状態でも買取可能

MARUKAなら、傷や汚れがある商品でも買取できます!
「壊れていても」「汚れていても」しっかり査定いたします!

時計ブランド一覧

その他のアイテム一覧

お客様の声

装飾上

チュードルについて

MARUKA(マルカ)では、ロレックスの弟分として有名なチュードルも高値で買取させていただくことが多いです。ご縁で当サイトに訪れていただいたので、参考になればと思い、ブランド紹介をさせていただきます。個性溢れるデザインでロレックスに共通する高機能が人気で関係性の高いブランドでもある為、当社MARUKA(マルカ)では需要が高い傾向にございます。そんなチュードルの誕生は、1930年に遡ります。当時、今程の名声を手にしていなかったロレックスは、発祥地のイギリス市場の拡大を考えました。そこで、ロレックスのデフュージョンブランドとしてチュードルを創設したのです。チュードルというネーミングは、イギリス王を何人も輩出した名門のテューダー家から付けられた名前だけあり、ロレックスのイギリスへの愛が伺われます。その特徴は、ロレックスよりは低価格なのに安定した高性能を実現している点です。基礎部分にはローコストのETA製エボーシュムーブメントを起用し、その他のパーツなどにおいてはロレックスのものを使用しています。よって、チュードルは、ロレックスの要素が十分に詰め込まれた時計でもあります。そのようなチュードルに高価買取値を付けさせていただくのは、トレンドを追う傾向のあるベゼルやブレス、独自の形を維持し続けるクロノタイムなどは、需要の高いモデルでもある為です。ですので、ぜひMARUKA(マルカ)へご一報くださいませ。他社よりも高額買取にできるようスタッフが査定いたします。是非、お近くのMARUKA(マルカ)へお越しください。店舗案内は、こちらのページをご覧ください。http://www.7-7maruka.com/counter/

チュードル(TUDOR)の歴史

上記のように1930年イギリスでの販売不振を補うため、ロレックス(ROLEX)創始者のハンス・ウィルスドルフはロレックスの販売不振であったイギリスに的を絞った戦略で挑みます。すでにオイスターパーペチュアルで名を馳せ高級ブランドとして確立していたロレックスでは一般向けへの販売不振の打開策に悩んでいました。そのこだわりと高機能でどうしても販売価格は高くなっており、だからこそ高級時計ブランドとしての地位も手に入れたロレックスにとってコストダウンをして廉価版を出すことは技術的には可能でしたが、そうすればせっかく気づいた高級時計メーカーというブランドに傷が付きます。
そこで思いついたのが兄弟ブランドを作り、共通で使える部品は使い安くできるとことは安くし、ロレックス同様のデザイン性と堅牢性を兼ね備えながら一般市民でも手に入れやすいコストで販売することでした。
華美なものを好まない当時のイギリスにあわせケースなどはロレックスと同じオイスターケースを使いながらムーブメントはETA製を使うなどし低価格化を実現しております。モデルによっては竜頭にそのままロレックスの王冠マークがはいったままになっているものもありチュードルファンだけでなくロレックスファンにもコアなファンがいます。
盾のエンブレムと薔薇のロゴ
また現在では盾のエンブレム(ロゴ)ですが、ブランド設立から70年代頃まではバラのロゴ(意匠)が使われており、年代ごとに花びらや葉の形を変え、いくつか種類がありますが繊細な仕上げが施されるバラはコストがかかるため、創立者ハンス・ウィルスドルフの死を機にロゴマークは盾のみとなりました。
例えローコスト商品とはいえ、どこかにこだわりを残したかったハンスですが、結局はそのロゴにコストがかかりすぎると本末転倒となり悩みどころだったはずです、ただそのチュードル・ローズのロゴが残るモデルは現在でも「バラチュー」と呼ばれ、コアなファンには絶大なる人気を誇っております。

日本でのチュードルの展開

日本での正規代理店は現在ありませんのでなかなか情報が入りにくくマニアックなブランドという位置づけがされておりますが、それだけにこのブランドをわかってくれる人と巡り会えた時の嬉しさはひとしおです。
部品を共通の物を使用しているということもあり、モデル展開的にはロレックスと同じ展開でしたが、近年ではチュードル独自のモデルが発表されるなど独立した歩みを示し始めております。
2010年にはチュードル ヘリテージクロノグラフ モンテカルロ復刻モデル(1970年のモンテカルト 二つ目クロノグラフの復刻版)やスモールセコンド部分にチュードル・ローズの装飾がされたチュードル グラマー ダブルデイトなど素晴らしいデザインの逆にロレックスではできない感覚のモデルが発表されいままでと意味合いの違うチュードルファンを増やしています。
正規代理店がないことで全て並行となりアフターサービスを心配される人もおられますが、それらのサービスは全てロレックスが受けてくれますので安心です。

鑑定士が時計好きだからこその高額査定

MARUKA(マルカ)には時計好きの査定士がたくさんいます、というよりはみんな時計好きだからこの仕事をしているといって過言ではありません。是非皆様がチュードルをお持ちなら一度MARUKA(マルカ)へお越しになって査定だけでもいかがでしょうか?
自分がこだわって買った時計その想いまでMARUKA(マルカ)では高額査定させていただきます。是非同じ時計好き同士時を忘れて語り合ってみましょう。

装飾下